Gamerch
食物語攻略wiki

金銀蹄膀・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物語タイトル
触れ合い小獣の飼いならし
  お楽しみに

物語

開始前のあらすじを記載

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


共通






▷ページトップへ

触れ合い

屠蘇酒は金銀蹄膀の怪我をケアしている間に、意外なことが起きたようだ――

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

「屠蘇、何かあったの?」


屠蘇

「君が連れ帰って来たあの狼のことだ。君の治療だけなのに、別に取って食おうとするわけじゃない。ほらみろ、あの怯えざまはなんだ。

手当に精神安定の薬湯を飲ませた時は、大人しくしているが、起きたらすぐ包帯をはぎ取りたがっている。俺の鍼もひっくり返しやがった!

バカ弟子が拾ってきた狼の小僧も、君と同じようにバカだったな!こいつは手に負えない、君に任せる。」


「屠蘇、怒らないで。私が手伝いに来たんじゃないか。」


ベッドの上で、金銀蹄膀は縮こまり、警戒しながら床の鍼を見ていた。

腕の包帯には慣れていないらしく、あちこち触り、ほどく方法を見つけようとしていた。


「この子、おそらく母親を失ってから、長いこと一人で山林の中を野獣から逃げ回っていた。そのせいで、ケガをしても警戒を解かなかった。

ご迷惑をかけてすまなかった、屠蘇。ちょっと彼と話してくる。散らかったものは、あとで一緒に片付けよう。

金くん、起きた?ほら、むやみに動かないで。」


金銀蹄膀

「わ、若!?」


私を見ると、張り詰めた神経がようやく緩んだ。

彼はしょんぼりと包帯を巻いた手を私に差し出した。


金銀蹄膀

「○○、手、動かない、ほどけない……

このハリ、村のばあさんが服を縫った時、刺さると痛い。


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

「大丈夫だよ、金くん。

こうやって包帯を巻けば、しばらくは不便だけど、傷は早く治れるよ。この鍼も治療に使うんだ。適切なツボに刺すと、血液の流れをよくして治療になるんだ。」


金銀蹄膀

「ああ……そうだった、のか。」


金くんは頭をなでられる感触を楽しむように、わかったような目をしてうなずいた。

屠蘇が彼に鍼治療を施しても、歯を食いしばるだけで、反抗しなかった。


体に触れる()

「大丈夫、これは包帯というもの。しばらくは不便だけど、傷は早く治れるよ。

これを使うと、血液の流れをよくして治療になれるんだよ。あとで、屠蘇にもう一度鍼治療してもらってね。ちょっと痛いけど、暴れたらダメだよ?」


金銀蹄膀

「わかった。じゃ、ボクを抱っこしてて。」


私に抱かれて、金くんはおとなしく負傷した腕を伸ばし、顔をそむけた。


手に触れる()

「金くん、動かないで。こうやって包帯を巻けば、しばらくは不便だけど、傷は早く治れるよ。

これを使うと、血液の流れをよくして治療になれるんだよ。あとで、屠蘇にもう一度鍼治療してもらってね。ちょっと痛いけど、私の手をつかんでていいから。」


金くんはわかったような目をしてうなずいた。

鍼治療の時、彼は少し緊張していたが、力を抜いてずっと私の手を軽くつかんでいた。


共通

屠蘇

「薬を塗るだけなのに、こんなに苦労するとは思わなかったな。薬の棚に草が生えそうだ!傷口の手当は終わった。もう帰っていいぞ。」


金銀蹄膀

「ありがとう。これ、わざとじゃない。」


金くんは感謝の気持ちを込めて屠蘇酒の手を握ると、私と一緒に床に落ちたものを片づけ始めた。


屠蘇

「こいつ……もういい。お前のような不器用なヤツに手伝ってもらったら、また刺されて、もう一回治療するのはごめんだ。

戻ったら、しっかり腕を休めるんだぞ。もう俺の邪魔をしないでくれ。」




▷ページトップへ



▷一覧へ戻る

コメント (金銀蹄膀・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる