Gamerch

【ジージェネクロスレイズ】体験版の引継ぎ要素と体験版でできること

最終更新日時 :
1人が閲覧中

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズの攻略wkiです。体験版の引継ぎ要素と体験版でできることをまとめています。

体験版でできること

「ジージェネクロスレイズ」のストーリーモードは、登場作品のストーリーを追体験できる「原作追体験型」。体験版では、本編の中から特定のシリーズのステージ1をプレイできる。

体験版でプレイできる作品

■新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
■機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
■機動戦士ガンダム00F
■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼

ストーリー攻略

◆新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT

◆機動戦士ガンダムSEED ASTRAY

◆機動戦士ガンダム00F

◆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼

体験版から引き継げる要素

体験版で引き継げる内容

  • “シナリオ進行データ”と“システムデータ”を引き継ぐことができる
  • “ステージ中断データ”は引き継げない
  • 通常版&プレミアムGサウンドエディション(パッケージ版/ダウンロード版)のどちらにも引き継ぐことができる

体験版における引き継げる上限

  • ユニット&キャラクター成長上限は共にLV20まで
  • キャピタル(cap.)の所持上限は200万cap.まで
  • 時間短縮アイテムの所持上限は50個まで

体験版で制限されていること

  • 製品版と異なり、グループ派遣で利用できる派遣作戦は1種のみ
  • メニュー画面で「開発」/「設計」/「交換」が行えない
  • 「キャラクター育成(ステータス上昇のみ使用できません)」/「マイキャラクター作成」/「キャラクタースカウト」ができない
  • PlayStation®4版でのトロフィー取得はできません。

システム用語

ユニット

モビルスーツ(MS)やモビルアーマー(MA)などの戦闘機のこと。
敵の戦闘機を撃破することで経験値を取得してレベルを上げていく。レベルアップすると一定のポイントを獲得でき、ポイントを割り振ることで機体の性能を強化できる。

破壊されるとゲームから消失する

過去作に引き続き、敵の攻撃を受けて破壊されるとゲームから消失してしまう。レベルを上げて性能を強化した機体が消失してしまった場合も同様。

戦艦

ユニットを複数搭載して戦場に出撃する母艦のこと。戦艦も戦場で攻撃できるがユニットとは異なり、敵を撃破してレベルを上げても性能を強化することができない。
1つの戦艦に「艦長」「副長」「通信」「操舵」「整備」「ゲスト」の6人のキャラをブリッジクルーとして配置できる
もしも、戦場で戦艦が撃破された場合、マップクリア後にコストを支払うと修理して再び使用することが可能だ。

キャラクター

ユニットや戦艦に搭乗する人達のこと。キャラクターにはレベルがあり、敵を撃破していくと経験値を貰え、レベルが上がると能力が上昇する。また、キャラクターは「専用・汎用アビリティ」を取得することができる。

マイキャラクター

プレイヤーが任意で名前やビジュアルなどを決めることができる完全なオリジナルキャラクター。
初期ステータスは低めだが、登録コストが一切かからないメリットがある。また、鍛えていけば自分好みのキャラに育成することができるのも利点の1つだ。

支援攻撃

マスターユニットの場合

マスターと呼ばれる主人公ポジションのキャラのエリア内で未行動かつ射程範囲内の他のキャラがいる場合、7機まで支援攻撃を受けることが可能。

チームリーダーの場合

リーダーポジションのキャラのエリア内で未行動かつ射程範囲内の他のキャラがいる場合、2機まで支援攻撃を受けることが可能。

小隊員の場合

チームリーダーのエリア内で未行動かつ射程範囲内の他のキャラがいる場合、2機まで支援攻撃を受けることが可能。

母艦の場合

母艦同士でターゲットまでの射程が重複している場合、支援攻撃を受けることが可能。

支援防御

支援攻撃と同様の条件を満たした時、敵の攻撃を支援防御に参加した機体が肩代わりしてくれる。
発動するには機体のアビリティ「支援防御可能」が必要。

援護射撃

マスターユニットやチームリーダーが攻撃する時に、所属している戦艦から受けられる追加攻撃のこと。あくまでもこちらが攻撃する場合に発動するので、反撃時には使用不可

マルチロック

一度で複数の標的に対して攻撃(射撃)すること。ただし、2体目以降は威力と命中率が半減する。また、全ての機体でできるわけではなく、戦艦と一部の機体のみが可能。

エースポイント

キャラクターのスキルと能力を上げるポイント。敵を撃破してレベルアップすると一定量もらえる。

エースボーナス

ステージクリア時に最も活躍したキャラがもらえるポイント。1位~3位までがエースポイントをもらえる。

MP

MPとは感情値のこと。基本的に敵にダメージを与えたり、撃破すると上昇する。逆にダメージを受けると減少する。MPが上昇するとテンションが上がり、減少するとテンションが下がる。
また、一部の武装はMPを消費するものがあるのでMPが0になると一部の武装が使えなくなる。

テンション

テンションはMPの数値に比例して変化し、数値が高いほどテンションも良い状態になる。テンションは「混乱」→「弱気」→「普通」→「強気」→「超強気」→「超一撃」と変化し、「超強気」以上で確実に大ダメージが出せるようになる。

チャンスステップ

戦艦以外の機体は敵を撃破した時、再行動ができる。ただし、再行動ができる回数は制限がある。

キャラクター(役職)の役割

マスターキャラ

自軍グループの中枢となるキャラ。艦長とは別で、パイロットとして戦場にでる。マスターキャラは自分の覚えているマスタースキルを使えるようになる。
マスタースキルは1キャラ1ターンにつき1回使えることができる。再使用したい場合は、母艦に帰投して再出撃すると使えるようになる。

チームリーダー

チームリーダーとは、自分を含む4人編成のチームのリーダーのこと。チームをサポートするスキル「戦闘力アップ」や「経験値アップ」などのアビリティを持つキャラがおすすめ

チームメンバー

チームメンバーは誰でもなれることができるポジション。原作では機体に搭乗しなかったキャラでも様々な機体に乗ることが可能。

ブリッジクルーの役割

艦長

艦長は格闘以外の全ステータスが直接影響する。

副長

艦長と同じく格闘以外の全ステータスがある程度影響する。艦長ほどではないが、比較的バランスよくステータスの高いキャラがおすすめ。

通信士

主に戦艦の命中率に影響するので、射撃ステータスが高いキャラがおすすめ

操舵手

主に戦艦の回避率に影響するので、反応ステータスが高いキャラがおすすめ

整備士

主に戦艦の守備力に影響するので、防御ステータスが高いキャラがおすすめ

ゲスト

主に戦艦クルーや所属チーム全員の取得経験値に影響するので、魅力ステータスが高いキャラがおすすめ

キャラクター能力の効果

能力詳細
射撃射撃系武装の命中率が上昇する
格闘格闘系武装の命中率が上昇する
反応敵の攻撃を回避しやすくなる
守備敵の攻撃ダメージが減少する
覚醒覚醒系の命中率と敵に与える
指揮マスター・グループ・リーダーの各エリアが広がる
魅力取得経験値が上昇する

ジージェネクロスレイズの関連リンク

新機動戦記ガンダムW
少女が見た流星流血へのシナリオ
ヒイロ閃光に散る悲しき決戦
ゼロと呼ばれたG王国崩壊
バルジ攻防戦激突する宇宙
新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
双子座という名のMS鉄仮面の男
オペレーション・パンドラ平和な時代のために
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
静かなる軌道永遠への回帰
機動戦士ガンダムSEED
崩壊の大地アルテミスの傘
宇宙に降る星燃える砂塵
平和の国へ舞い降りる剣
暁の宇宙へたましいの場所
終わらない明日へ
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
REDとBLUE対決!アストレイ対アストレイ
第3のアストレイギガフロート
宿命の決着
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
新たなるGドレッドノートVSハイペリオン
Xアストレイ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
戦いを呼ぶもの世界の終わる時
ローエングリンを討て!蒼天の剣
明けない夜エンジェルダウン作戦
黄金の意志変革の序曲
選ばれた未来
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
宇宙へ星を見る者
機動戦士ガンダム00
天使降臨変わる世界
ガンダム鹵獲作戦統一されゆく世界
変革の刃終わりなき詩
天使再臨アレルヤ奪還作戦
無垢なる歪み天の光
散り行く光の中で交錯する想い
機動戦士ガンダム00F
もう一人のガンダムマイスター
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
ELS来襲叫びの宇宙
来るべき対話
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
鉄と血と赤い空の向こう
いさなとりヒューマン・デブリ
クーデリアの決意願いの重力
鉄華団新しい血
目覚めし厄祭燃ゆる太陽に照らされて
たどりついた真意彼等の居場所
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
仇の名はガンダム

コメント (【ジージェネクロスレイズ】体験版の引継ぎ要素と体験版でできること)

新着スレッド(SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ攻略Wiki)

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ