Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

吉利エビ・手紙

最終更新日時 :
1人が閲覧中

半分風雅

主人公名:

〈封筒からピンク色の紙片が落ちた。〉

『結婚相手募集中』

二十代前半、賢くて有能。

無職だが、夢多き者。

上記条件を満たす、余生を共有できる運命の伴侶を求む。

電話番号:吉利エビXXXXXXXX


着信待ちの吉利エビ


同袍同沢

主人公名:

 最近また新しい方法を見つけたよ! まずは頭の中にラブラブな妄想を巡らせて、そして愛を求めて家から出て散策したんだ! 誠意を尽くせば、きっと運命の人に出会えるからね!

 だから甘い口づけを想像しつつ、僕は目を閉じて部屋を出たんだ。そうしたら、可愛い少女の口癖である「にゃ」って言った柔らかい人とぶつかったんだ……!

 これは運命の人だと思って、僕はキスしたんだよね……でも、相手は激怒した陸吾様だったんだ……

 ううっ……顔をいっぱい引っ掻かれて、痛かった〜。


吉利エビ


以心伝心

主人公名:

 昨日やっとう厨房から桃花粥を一杯もらってきたよ! 「桃花の香りは愛の兆しって言うよね?

 霧の中に吉先生と利姐さんを見てさ。二人は相思相愛で一生を過ごしたんだよ。それとね⋯⋯キミの笑顔も見たんだ。愛というものは数日前に読んだ詩と同じかなぁ?

『ふと振り返れば、薄明かりにあの人がいた。』


吉利エビ


金蘭之契

主人公名:

 結婚相手を募集したら、電話が何本か来たよ。でも応募してくれた人は、僕の理想とするパートナーじゃなかった……愛とは一体、どんな味がするのかな? 果実に例えると、甘酸っぱいみかんか、それとも青くて渋い橄欖のよう……

 試してみたいな……もしよかったら時間があるとき、電話してくれないかな?


吉利エビ


▷ページトップへ


▷吉利エビへ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (吉利エビ・手紙)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる