Gamerch
食物語攻略wiki
絶賛配信中: アカシッククロニクル 絶賛配信中: アカシッククロニクル

臘八粥・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 天魔夜行・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

中元節


タタタ――タ!バン!

小さくて精巧な木の棒は疾風の中を駆け回る。

蜜汁叉焼は木の棒を手に持ち、絵本に出てくる人真似をして独りで悦に入る。


蜜汁叉焼

「おや、この白面のキョンシー、もうお金をもらったのに、なぜ鬼の役人について離れないんだ?」


臭桂魚

「物価が上昇して、お金の価値が下落して……あなたが燃やした紙幣の額面が足りないんです……」


蜜汁叉焼

「黙れ!この空桑はキョンシーが騒ぎを起こすことを許さない――チャンチャン!ブー火炎、仏棒で鬼を払う~」


ブーちゃんはだんだん近づき、「キョンシー」は線香が充満している神台の隣まで跳んできた。木の棒は「シュシュッ」と連続で突き刺して、臭桂魚は回避しようとしたが、慌てて服の裾を踏んで、転ぶところだった。


臭桂魚

「ぐぅ、ま、待ってよ!叉焼ちゃん、もう鬼を演じたくないです…」

【選択肢】

・臭桂魚を助ける

・まずは叉焼ちゃんを落ち着かせる

選択肢

臭桂魚を助ける

救急如律令、鑑定書を一枚桂くんのおでこに貼って、定!


臭桂魚

「わ、若様に捕まえられた、遊びは終了しましたよ」


蜜汁叉焼

「桂くん、それは違うよ。真に迫るためにもっと悲惨に、大きな声で叫ぶべきだよ~」

まずは叉焼ちゃんを落ち着かせる

祝儀をあげるから、叉焼さん、どうかこの鬼を許してください。


蜜汁叉焼

「う……まあいい、桂くん、鬼を演じてお疲れ様、後で兎饅頭を買ってあげる~」

共通

叉焼ちゃんは頭を振って、まことしなやかに木の棒をしまっておいた。

彼はある和尚を見て、笑顔を見せた。


蜜汁叉焼

「鼎湖師匠~さっき受け売りした鬼払いは臘八兄ちゃんほど凄いかな、教えてよ?」


鼎湖上素

「……」


高僧は表情が変わらず、数珠を回すのに集中して、手に持つ仏鉢に向かって唱えている。


臘八粥

「ゴホ、ゴホッ!今日は七月十五、ちょうどいい地獄への入り口が開く日だ。師匠は済度に集中している」

「いい子は大人しく座って、粥を飲んで魔をよける。じゃないと……ほら、左は一匹、右も一匹、彷徨う鬼は子供を連れ去るのを待っているんだよ」

【選択肢】

・また人を脅かして!

・どんな鬼なのか見せて

選択肢

また人を脅かして!

臘八粥

「え?別に余計なことを言ってないよ。例えば……叉焼ちゃん、一匹の太い鬼が若の手の元でこっそり焼き鳥を食べてるよ!」


蜜汁叉焼

「う……うわ!」


臘八粥は空気に向かってよどみない棒法を見せてくれた。


臘八粥

「ほら、もう追い払ったよ!私がここにいる限り怖くないから!」

どんな鬼なのか見せて

臘八粥

「ほら、簡単だよ。この二枚のゆずの葉っぱで目を擦れば、どんな鬼でも見えるようになる!」


蜜汁叉焼

「まずは臘八兄ちゃんが見てよ~」


臘八粥

「ちょ、ちょっと!私は修行が高いから、見たら奴らを驚かせて逃げてしまうよ……」

「若が鬼を見たいのなら、「キョンシー先生」「猛鬼ビル」「田舎の先生」などの映画のリソースがあるから、若と一緒に見るのをずっと待ってたよ~」

共通

蜜汁叉焼

「じゃあ……叉焼ちゃんは鬼払いになる資格はあるか、臘八兄ちゃんが判定してよ~」


話が終わり、夜風が吹いて、仏鈴がちりりんと揺れ始めた。


臘八粥

「叉焼ちゃん……ほら、なぜ仏鈴が揺れてる?」


蜜汁叉焼

「風が吹いてるでしょう~」


臘八粥

「違うよ」


蜜汁叉焼

「えっと……もしかしてブーちゃんと同じ、自分で動けるの?」


臘八粥は少し考えたら、合掌してこう言った。


臘八粥

「風と鈴はどっちも動いてない。目を閉じて落ち着けば、どんな動きも感じなくなる」

「だから、心の揺れが私たちの感情を導いてる……」


蜜汁叉焼

「これは叉焼ちゃんが鬼を払うことにどんな関係があるの?」


臘八粥

「叉焼ちゃん、目を閉じて、何のために鬼払いをするか自分の心に聞いてみよう」


蜜汁叉焼

「う……分からないよ。叉焼ちゃんは何も見えないから」


臘八粥

「鬼払いは鬼と敵になるだけではない。心の悟りも大事な試練なんだ」


臘八粥は机の隣にいる高僧を見て、瞳に懐かしくて優しい光が瞬いている。


臘八粥

「阿弥陀仏。叉焼ちゃんと桂くんが遊んでいるのを見て、あの七月のことを……思い出した……」


過去――


明末、政局腐敗、百姓の激動して安定しない生活を送っている。

明世宗皇帝は「仙人になる」ことに夢中になり、鬼神の法術を推しあがめていた。そのため、鬼払いは活躍していた。

鬼払いと共存するのは、夜に彷徨う妖魔――


書生

「毎晩、この書斎で本を読む時に、毎回飛べる本に命中されて、追い出されてしまいます」


法術壇で、書生は一人の若い鬼払いと文句を言っている。


臘八粥

「おや、この鬼め、聖賢の本を呼んで知識を身につけたか。でも、どんなに博学の鬼でも、この棒法の下で大人しく済度されるしかない!」

「なんにせよ、私は観世音寺の仏光に導かれて、守りにきた鬼払いだから!」


臘八粥

「菩提よ!如來所得の法、此の法は無實無虚なり。人の有目にして日光明照し種種の色を見るが如し」


彼は梅の香の間を飛んで、法器で木魚を叩く。


臘八粥

「于此経受持読誦、則為如来以仏智慧、悉知是人、悉見是人――破邪顕正!」


臘八粥は足を開いて飛び上がって、数珠を横額に打った。

書斎から大きな音が聞こえて、大きな何かが倒れたようだ。


臘八粥

「化け物!やっと姿を現したな!」


臘八粥は部屋に押し入って、小豆ともち米を撒いたら、目を閉じて暗闇の中でやたらに斬っていた。


???

「い……痛いよ」


臘八粥

「化け物よ!我慢しろ、後で成仏できるからな!」


若い和尚一心

「臘八!臘八……」

「やめて、僕たちだよ」


臘八粥は落ち着きよく見たら、見覚えがある若い和尚たちが倒れた本棚の隣に囲んでいるのに気づいた。


臘八粥

「何をしてんだ!万が一のため、ここで十八羅漢陣を用意するって約束したじゃない?」


若い和尚一心

「鬼は出てこないから、組み立て体操で本棚にある本を取って読んでたら、夢中になって……

 う、うっかりして本棚を押し倒しちゃった」


そのとき、書生の足音が扉から聞こえてきた。


書生

「臘八さん、中の状況は……どうなっていますか?」


臘八粥

「しまった、また依頼人の前で恥をかいてしまうよ……」

「窮鼠猫をかむ。何とかしないと……あった!私が鬼を捕まえた振りをして、早く!」

「集まって一緒に「金剛経」を唱えて、できるだけ大きな声で……そして数人はキョンシーの叫び声の真似をするんだ」


???

「ギーーギーーガオ!!!お前の心臓を掘り出して、皮を剥いてやる!」


臘八粥

「南無阿唎耶――婆盧羯帝爍鉗囉耶、菩提薩埵婆耶――」


???

「ぐ……ぐあ……ゆるして……ください」


書生は部屋から諷誦の声、鬼の悲鳴、そして臘八粥が棒を振る音を聞いて、彼らが本当に鬼を払ったと思った。

その後、何度も断ったけど、臘八は書生からのお礼を受けた。そのとき、召使の少年の囁きを聞いた。


召使の少年甲

「先生は頭がどうかしてるよ……あの臘八を呼んできたなんて。彼は無能な鬼払いじゃん?」


召使の少年乙

「それは彼は恥知らずで安いからでしょう?」


召使の少年甲

「恥知らずだね!もし私が彼だったら、大人しく寺で地面を掃いて、掃地僧にでもなるかな……」


▷ページトップへ

二 天魔夜行・弐

◆主人公男女共通◆

共通

臘八粥

「よし、これが法事の報酬だ。飴と新しい服を分けるといい。後で観世音菩薩にそこの線香を上げて」


荒れ果てている寺の中に、若い和尚たちが楽しく報酬を分けるのを見て、冷たい風も暖かくなってきた気がした。

でも、心配事があるため、臘八粥が笑った後、思わず眉をひそめた。


若い和尚一心

「あれ?臘八、どうしたの?」


臘八粥

「飴を食べすぎると、また歯を痛くさせる鬼に絡みつかれちゃうって思ってるよ」


若い和尚一心

「無明覆故、不得解脱って仏様は言ったよ。考え事があるなら、行った方がいいと思うよ!」


臘八粥

「はぁ、仏教は嘘をつくのが許せないんだ……私は鬼を払ってないのに、こざかしく立ち回るようなことをした」


若い和尚一心

「臘八、元気出して!寺に来たあの日のことを覚えてる?」

「あの日、観世音菩薩の仏像が一晩中光っていた。あなたは仏様が僕たちを守るために派遣されてきた人だって方丈は言ってたよ!」


若い和尚たちは自分がやっていることをやめて、臘八粥を囲む。彼らは臘八粥の背中を叩いたり、仏典の物語や信者の面白い話を言ったりして、しばらくしたら、雰囲気がまた楽しくなってきた。

続いて、彼らは「観音聖号」を歌い始めた。嫋々とした禅音を聞きて、臘八粥は悩みを忘れて、ぐっすり寝た。

深夜になり、若い和尚たちがぐっすり寝ている際、臘八粥は突然目が覚めた。何度も寝返りを打って眠れず、仕方なく出かけて散歩する。


臘八粥

「今の皇帝は鬼払いを押し崇めて、私は活躍するはずだったのに、いつも肝心なところで支障をきたすなんて」

「数週後は灌仏会だ。凄い人がたくさん来ると聞いたが、もし私は強い人の弟子になって、強い法術を身につけたら……」


???

「ギーーギーーガオーー!」


臘八粥

「鬼を装っても怖くないよ……待って!違う、髪がある。あなたは和尚じゃない――」


化けの皮の鬼

「ふふ、今夜ずっとあなたの後ろについてたよ。今からあなたの心臓を掘り出して、皮を剥いてやる!」


臘八粥

「しまった、書斎の鬼が私に絡みついた……!」

「うわああああ――」


気味悪い風が吹き、狼が遠吠えする。薄い霧の中、森の中道はうねうねと伸びる。

臘八粥は魂を失ったように狂奔して、袋の中の小豆はぱらぱらと地面に落ちる。


臘八粥

「仏が一尺高くなれば、魔は十丈高くなるってことか!」

「もう随分走ってたのに、ずっとこの道を回っている……もしかして鬼打牆?あれ?」


突然、彼は踏み外して、池辺に転んだ。数重の芦の後ろに、袈裟を着ている人影が霧の中に座っている。


臘八粥

「あ……あなたは?」


鼎湖上素

「施主にとって、ただの赤の他人です。私の名前を知っても、知らないと同然です」


返事があまりにも意外だ。臘八粥は恐怖感少し減って、好奇心が湧いてきた。


臘八粥

「このおかしい和尚!私に追いつくものを教えたら、絶対びっくりするよ!」


鼎湖上素

「およそ姿・形あるものは、すべて偽りである。施主が怯えるものは、全て幻である」


話が終わり、湖からバシャンと音がして、さざ波から顔が白くて牙がある鬼女が出てきた。

彼女は髪を振り乱して、真っ直ぐに和尚に向かって飛んでいった。


臘八粥

「おい!気をつけて、あいつはあなたに向かって行ったよ――」


和尚は相変わらず足を組んで座って、びくともしなかった。


化けの皮の鬼

「あ――あ!」


鬼女の頭が禅杖に当たる時、まるで雷に撃たれたように、震えて進もうとしない。


鼎湖上素

「阿弥陀仏」


小さな声で「入れ」と言ったら、和尚の手元に経文が現れた。鬼女は緑の光に変わって、鉢に吸い込まれた。


最後まで見届けた臘八粥は思わずぽかんとして、驚きながら感服する。

【選択肢】

・和尚に感謝する

・和尚を褒める

選択肢

和尚に感謝する

臘八は地面に這い蹲って、仏教の五体投地の礼をした。


鼎湖上素

「よきかな。地獄で今生した過ちを悟るように」

和尚を褒める

臘八粥

「魔物が1尺高くなれば、仏は1丈高くなる!先生はどうやってあの悪鬼を倒したのか?」


鼎湖上素

「罪は心から生じ、心で滅ぼす」

共通

臘八粥

「先生、本当のことを言う!私は近くにある寺の俗家弟子、臘八だ。観音に感化された以来――」


臘八は腰を曲げて跪いて、うやうやしく両手を地面につく。


臘八粥

「先生のような高僧の弟子になって、合格の鬼払いになるのを望んでいた!」


霧が散り、芦は風と共に揺れる。しばらく押し黙っていたら、和尚のそのかすかではっきりしない声が遠くから伝わってきた。


鼎湖上素

「施主は私に法を求めるより、まずは自分が悟った方がいい。何のために鬼払いになりたいか、目を閉じて、自分に聞いてみよう」


臘八粥

「今妖しがのさばっている。私は妖しを倒す力を手に入れ、みんなに認められてたい!」


鼎湖上素

「力は随行する影にすぎない。あると言ってもいいが、ないと言ってもいい。施主は本当にそう思っていないのが感じられる」


臘八粥

「……分かった、本当のことを言う……私が住んでいる寺が貧乏だから、将来のために役立つ法術を身に付けたいと思ってる」


鼎湖上素

「その答えは心の声に近いが、根本的なことをまだ悟っていない」


和尚は頭を横に振って、霧が散った後、杖を持って立ち去った。

座禅を組む場所に一つ仏のことが残された。臘八がっかりしながら、ぶつぶつと言った。


臘八粥

「「風が吹き、芦が揺れる。風も芦も動いておらず、動いたのは心。全ては心から生じたものである。」」


現代――


臘八粥

「もし縁がなければ、無理に要求する必要もない。だから断られても、あんまり気にしなかった」

「数週後、灌仏会が開催されて、あそこで私は他の人に弟子入りした、その人は――藍道長だ!」


蜜汁叉焼

「わー、藍道長~彼は前の師匠ほど凄いの?」


臘八粥

「それはもちろん!話により、明世宗まで彼に教わって、彼を「青詞宰相」に任命しようとしたよ」

「私は弟子の一人として、よく彼についてお金もちの家で技を見せる。妖しを呼んで、法術を行うとか……」


臭桂魚

「えっと……でも若い和尚たちは?どこに行ったの?」


臘八粥

「藍道長は寺が好きじゃないから……彼に弟子入りしてから彼らに会わなくなっていた。あの日まではな」


過去――


碧瓦重檐は歌と踊りの中で光っている。面白い鬼払いが上演されている。

鬼払いは彷徨う妖しを召喚し、華麗な法術でやつらを一つずつ倒す。邪悪が消え、とっさの間、音楽が奏でられ、平和な雰囲気を作り出した。


府知事

「いい!実にいい!皆さんは鬼を仇敵のように憎み、まるで仙人のようだ。このまま鬼払いをすれば、きっと出世できるだろう!」


臘八粥

「過去の因を知らんと欲すれば、今生受くるが是なり。府知事さまに推薦されるなんて、前世で作ってきた幸運です!」


府知事

「このお兄さん、どうやら仏教の人みたいだな。一緒に廊下に行って、禅言葉や仏理について話してみないか?」


臘八粥は意気揚々と廊下に行って、外を見下ろして、この繁栄の景色を眺めようとした。

予想できなかったのは、彼の未来と同じように盛んにする景色の中で、昔の故人の姿が目に入った。


若い和尚一心

「臘八、助けて――!」


▷ページトップへ

三 タイトル

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通





【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通


▷ページトップへ


▷臘八粥へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (臘八粥・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる