Gamerch
食物語攻略wiki

楚夷花糕・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い基石で天地を語り、基盤の目で地形を図るーー囲碁とは世界そのもの、そんな風には思わないか?
世間話・
其の一
『全面対決』ーーこのゲームは確かに面白いが、あまり夢中にならないように。
賛美成長が見られるな。あなたも明君らしくなってきたようだ。
世間話・
其の二
我の目を治したい⋯⋯? 我にとっては、あなたが抱えているものの方が大切だ。
甘え晴れの日はともにに外へ出かけ、雨の日は室内で囲碁を打つ。あなたと過ごす日々は、何をしても楽しいものだ。
告白これまで、天地も山河も、あなたの運命でさえ、我の掌の中だと思っていた。我の自分の気持ちが、すでに制御できなくなっているとも知らずに⋯。

衣装「衣装名」

衣装

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記


追憶

  楚夷花糕は舜帝が南を旅するとき、女英が娥皇のために作った骨ぬき魚糕が化霊した食魂。化霊の後、舜帝のそばにいて、舜帝の子である「商均」の先生になった。舜帝がなくなったあと、大禹の息子である「啓」が禅譲制度を廃止したことに、楚夷花糕の心はひどく痛んでいた。しかし、それを変える力はなく、舜帝からいただいた基盤を持って隠居した。

  だが、運命のいたずらは、再び楚夷花糕を世俗の争いに巻き込んだ。神力のある基盤を持つ彼は天下を狙う人たちが探し求める者となっり⋯⋯上古の聖王たちの美德が、乱世の中で失われ、民が苦しまれる様子を長年見てきた楚夷花糕は、沈黙で理性的になった。次の基石をどう打つべきか、すべて彼の計算通り。



容姿

  きれいに整った長い黒髪が肩に垂れて、失明した両目はいつも白い布で覆われている。骨抜きの魚糕はとても柔らかくて、そのためか、化霊した後の楚夷花糕は文弱で落ち着いた貴公子の姿になった。

  筍のように生地が重なる衣装に水の模様と湘妃の竹の模様が描かれているのは、自分を作ってくれた湘妃を記念するためだ。魚の尻尾のような裾は、「生まれ変わる」前の容貌を象徴している。この姿の彼はとても気品がよく、胸と袖に飾った金の忘れ草は、さらに高貴に気質をまとった。



技能

  楚夷花糕の碁盤は舜帝からいただいたもの。基石は各大川から集めたもの。これらの石には地下水脈を操る力があり、山川を動かせる。策略に長ける楚夷花糕が操れば、敵を制す神器となる。

  囲碁の達人である楚夷花糕にとって、「天下」という基盤では、誰であろうと基石と同然である。彼は敵の行動を操り、敵を殺い合わせることさえできる。そのほか、彼が布陣した「山河の陣」に引っ掛かれると、戦場の外に遮断され、軍の士気を乱させる。



  舜帝が南を旅し、娥皇が喉の病で骨のある魚が食べられないため、女英は民が献上した魚から骨を取り除き、この「魚を食べているが魚の形が見えない」料理を作った。

  この料理の主な原料は魚糕で、よくレバー、マメ、もつなどの素材を合わせ、黄花菜、キクラゲ、玉蘭などを添えて作られる。できた料理は色が白く、美味しくて、荊楚地域の伝統料理、結婚式で良く出される一品。「合家歓」とも呼ばれる。



天性の才

  楚夷花糕の最初の印象は冷静沈着な貴公子に見える。体が細くて弱く、言葉が少ない目が見えないため、ほとんど部屋に閉じこもって、囲幕に集中していて、周囲のことにあんまり関心がないように見える。

  しかし、彼が弱い人と思うのは、大きな過ち。楚先生はとらわれた鳥ではなく、大志を抱いている鯤鵬である。千年の間積み重ねてきた才能と鍛え上げた絶対的な理性を持ち囲碁を打っているように見えても、実際は天下の未来を謀っている。手に持つ基石はすなわち天下そのもの。彼と戦うことは、大軍と戦うより遥に恐ろしい。知らず知らずのうちに、彼の罠にはまり、基石となり、喜んで死地に向かってしまう。

  しかし、楚夷花糕にも弱点がある。魚糕は骨がないため、化霊した後バランスが悪くは骨がないため、化霊した後バランスが悪く簡単に倒れてしまう。いつも心をかけてその秘密を隠しているため、彼の身近な人しか知らない⋯⋯


「最近Aというものと対局しているが、とうとうつまらなくなってきた。1%sは『ウォー・オブ・ロード』というゲームを我に推薦した。これでまた新しい楽しみができたー七国情報網を西鳳に任せたのは正解だ。喜びというものは簡単に得られないと昔はそう思っていたが、どうやら我の執着が深すぎて、思慮が重すぎたせいだった。今のように余裕の時間を持ち、心の中に常に喜びを感じられる。

  空桑の魂力を吸収したおかげかもしれない、近頃、我の両目は昔ほど光に恐れなくなった。■1%sは郊外へ遊びに行くということを計画しているようだ。春の美しいところは見えないが、花の香、太陽の暖かさにはずっとあこがれていた。」


▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (楚夷花糕・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる