Gamerch
☆愛の光と運命の絆☆ ステラアルカナ 今すぐプレイ ☆愛の光と運命の絆☆ ステラアルカナ 今すぐプレイ

【ドッカンバトル】怒り爆発カテゴリの所属キャラ一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドッカンバトルの「怒り爆発」のカテゴリを持つキャラの一覧ページです。怒り爆発で強力なキャラやパーティ編成例を掲載しているので参考にしてください。

怒り爆発カテゴリ

怒り爆発カテゴリの概要

怒り爆発カテゴリでは、その名の通り怒りによってパワーアップしたキャラ等が所属しています。

LR変身悟空や激怒悟空など強力なLR・フェス限キャラも多くかなり優秀なカテゴリになっています。

怒り爆発パーティ編成例

「怒り爆発」カテゴリキャラのみで編成したパーティです。リーダーであるビルスの気力リンクが「驚異的なスピード」しかないため、編成の幅は狭めになります。

実際に運用する際には「神次元」カテゴリとの併用がおすすめです。


最強パーティランキングはこちら

怒り爆発カテゴリのリーダー

「怒り爆発」カテゴリのリーダースキルを持ったキャラをまとめています。

フェス限リーダースキル
ビルス
ビルス
「怒り爆発」または「神次元」のカテゴリの気力+3、HP130%UP、ATKとDEF170%UP

怒り爆発カテゴリキャラ一覧

怒り爆発に属しているおすすめのキャラ一覧です。

怒り爆発カテゴリLRキャラ

キャラ名パッシブスキル

LR変身悟飯
自身のATKとDEF100%UP、 ターン開始毎に気力+1(最大+5)、 更にATKとDEF10%UP(最大70%)

LR超2孫悟飯
取得気玉1個でATK18%UP&気玉取得で気力が上がるたびに更に気力+1
LRロゼ
LRロゼ
自身ATKとDEF66%UP&自身の気力メーター1につき更にATK6%UP(最大120%)&敵にとどめを刺す度に気力+2(最大+6)&攻撃を受けたターンの終了時にHP6%回復

LR変身ブロリー
必殺技発動時ATKとDEF90%UP&超必殺技を発動した場合さらにATK50%UP&2体以上の敵がいる場合追加で必殺技が発動&条件を満たすと変身する

LRブロリー
必殺技発動時にATK80000UPし自身のDEF20000DOWN&必殺技が追加発動

怒り爆発カテゴリフェス限キャラ

キャラ名パッシブスキル

激怒悟空
自身のATKとDEF77%UP&攻撃を受けるたびATKとDEF15%UP(最大59%)&条件を満たすと変身

ブロリー
気力+6、ATK130%UP、DEF100%UP&条件を満たして変身(バトル中に4ターン経過)

変身ザマス
自身のATK100%UP &受けるダメージを40%軽減 &HP70%以下でHPが7%回復 &条件を満たすとポタラで合体する

ロゼ
自身のATK120%UP&味方の極系の気力+3、DEF50%UP&敵の超系のATKとDEF20%Down

極限合体ザマス
敵の超系のATKとDEF20%DOWN&味方の超系のATK10%DOWN、自身のATK140%UP&「神次元」カテゴリの極系の味方全員のDEF50%UP

極限体ブロリー
気力8以上で自身の気力+4、ATKとDEF80%UP&攻撃時に必殺技が追加発動&攻撃する度に会心率2%UP(最大40%)

技ビルス
ターン開始時ATKとDEF80%UP &攻撃を受けてから4ターンの間 さらにATK40%UP&HP40%以下で激怒(最大2回)

極限フリーザ
必殺技発動時ATK120%UP&1番目に攻撃すると気力+3、DEF30%UP

極限力ブロリー
攻撃時に自身のATKとDEF80%UP

ブルーベジータ
極属性の敵のATKとDEF20%DOWN、自身のATK100%UP

通常ガチャ産

キャラ名パッシブスキル

怒ブロリー
ターン開始毎に自身の気力+1 &自身のATKとDEF70%UP &攻撃するたびに更にDEF20%UP(最大80%) &攻撃を受けるたびに更にATK20%UP(最大80%)

極限2悟飯
ターン開始時に気力+3、ATKとDEF77%UP &攻撃参加中の味方に 「超サイヤ人孫悟空」がいるとき 必殺技発動時さらにATK59%UP

ベジータ&ブルマ
ATKとDEF100%UP&通常攻撃を絶大な威力で反撃&HPが30%以下で1度だけ激怒

未来超トランクス
受けるダメージを40%軽減 &残りHPが少ないほどATKとDEFUP(最大120%)

力ブウ(善)
知気玉を力気玉に変化させ、ATKとDEF50%UP &取得力気玉1個につき更にATKとDEF10%UP

フリーザ(最終形態)
自身のATKとDEF80%UP &攻撃を受けるとそのターン中 さらにATK100%UP

▼カテゴリ一覧

コメント (怒り爆発)

新着スレッド(ドッカンバトル攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ