Gamerch

【第五人格】初心者におすすめのサバイバー【アイデンティティV】

最終更新日時 : コメント(0)

第五人格の初心者におすすめのサバイバーを紹介しています。初心者でも使いやすいサバイバーやどのキャラが序盤は使えるのか特徴なども踏まえて紹介しているので参考にしてください。

目次(【第五人格】初心者におすすめのサバイバー【アイデンティティV】)

※7/11:新キャラ「オフェンス」追加

初心者におすすめのサバイバー

初心者でも扱いやすいサバイバーを紹介しています。

基本的には初期でアイテムを所持しているのかどうか、外在特質の使いやすさなどを考慮して選んでいます。また一部のキャラクターは解放するのに時間がかかってしまうので解放しやすいキャラクターを優先的に選んでいます。

キャラ特徴

庭師
工具箱を携帯しているのでハンターのロケットチェアを破壊する事が出来る。
外在特質によって調整発生時の判定範囲を50%増大、調整発生確率を50%低下させる事が出来ます。

傭兵
肘当てを持っているので一定方向にダッシュすることが出来るので適当に使用しても逃げれます。
板や窓を使って逃げる際に操作速度が10%上昇するのでハンターから逃げ切りやいです。

弁護士
地図を見れるので暗号機の位置などを確認出来ます。
弁護士の近くにいる仲間は解読・治療・破壊速度が10%上昇するので味方のサポートにも向いています。

医師
治療器具を持っているので自分を治療できたり、味方の治療をする事が出来ます。
人を治療する際の速度が60%上昇するので一人は編成に入れておきたいキャラです。

おすすめできないサバイバー

キャラ特徴
オフェンス
オフェンス
外在特質など優秀な物が多いが、役割が周囲のプレイヤーを守ったりすることなのである程度プレイして操作など慣れていないと難しいです。
新キャラなので開放がすぐできない点も初心者の方にはオススメできないポイントです。

泥棒
懐中電灯をハンターに照らし続けることによって気絶させることが可能ですが判定が難しく慣れないと操作が難しいです。
暗号機の調整発生確率を10%上げてしまったり、判定範囲を10%縮小させてしまうので初心者向けではありません。

幸運児
外在特質やアイテムを初期で何も持ってないので他のキャラに比べてメリットが特にありません。
潜在特質を上げたら使えなくはないですが育成が進んでいない序盤はおすすめできません。

慣れてきたら使用したいキャラクター

初心者の方が慣れてきたら使って欲しいキャラクターを紹介しています。

新登場のオフェンスは入手したらぜひ使ってみてください!

キャラ理由
オフェンス
オフェンス
周囲を守ってあげたり、時間を稼いだりハンターにとって非常にやっかいな存在です。
自身が捕まった場合も抵抗速度が10%上昇しているので、庭師などと組み合わて使うことにより生存の確立を上げる事ができるので慣れてきたら必ずゲットしましょう。

泥棒
懐中電灯でハンターを照らし続けられれば気絶させる事が出来ます。しかしサバイバーのキャラの中でも癖が強いので扱いが一番難しいキャラなので他のキャラを使いこんで慣れた上級者からがおすすめです。

おすすめ記事

コメント (初心者におすすめのサバイバーに対して)

注目記事
ページトップへ