Gamerch

【白猫】レオナルド・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
奔放なる電子魔槍
レオナルド・リッツォ
ふまじめな態度の学生。
電子技術とルーンを組み合わせた魔槍を、特に努力もせず使いこなす。


メインストーリー
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ



思い出1


zん?なに?おまえら。

<学生服を着崩した美貌の少年が、ため息を吐く。>

zそんなじろじろ見つめて……

またオレのファンか。悪いけどサインは書かない主義なんだ。

誰がファンよ!アンタのサインなんかいるもんですか!

zえ?違うの?

意外そうにするなぁー!

zへえ……ホントに違うんだ。ふうん……

<少年は、こちらを見て、うれしそうに笑った。>

zいらないって言われると、あげたくなるなぁ。

いらないっつーの!

zそう言うなって。オレはレオナルド。魔道工学院の学生さ。よろしくな。



TOP↑

思い出2



あの、レオナルドさん……

zなんだい、アイリス。オレのサイン、欲しくなった?

じゃなくって……その槍、不思議だなって思って。

zああ、これ? これはアレだよ。ルーンの魔法に、電子工学の技術を組み合わせてんの。

でんしこーがく?

zざっくり言うと、機械で起こした電気を使って、魔法みたくいろいろできるようにする技術さ。

俺の国はルーンの加護が微妙でね。みんな魔力が弱いから、こーゆーの使ってんの。

そうなんですね……使うの難しそう。

zそうでもないよ~?慣れりゃ簡単なもんさ。

ホント……こんなの、簡単すぎて学校で習うまでもないってのに。



TOP↑

思い出3



zいい天気だなぁ……空、青くて。

<仰向けに寝転んで、空を見上げ―――レオナルドは、真剣な顔でポツリとつぶやく。>

zやっぱ、まちがってる。まちがってるよ……

こんな天気のいい日に汗水垂らして勉強するなんて……そんなの、まちがってる!

マジ顔で何言ってんのよ。アンタは……

zだって、そ~じゃん?

主人公もさ、こんな日は何もしないで、昼寝してたいだろ?

猫のアタシでさえ、昼寝しないで働いてるってのに!

zだってさぁ、しょーがないじゃん。

<ふと、真剣な表情に戻って―――レオナルドはつぶやいた。>

z……がんばるとか、努力とか。オレ、そんなコトする必要すらないんだからさ。



TOP↑

思い出4



zふう、やれやれ……

お疲れですか、レオナルドさん?

zああ、ちょっと、クラスメイトに追われててね。

何をやったわけぇ~?

z何もしてないのに、『なんで何もしないんだ! 勉強しろ!』ってつっかかってきてさ。

そういうことね……

zったく……しょーがないじゃん。特に勉強しなくたって、オレはだいたいできちまうんだから。

そうなんですか?

zオレは学院始まって以来の天才さ。勉強も運動もなんでも得意で、努力ってもんをしたことがない。

ついでに背も高けりゃカオもいい。野郎からは妬まれるけど、女の子にはモテる。

オレは何もがんばったことがない。がんばりようがないんだ。全部、普通にできちまうから。

がんばりたくてもがんばれないヤツの気持ちなんて―――がんばるヤツにはわかんねーんだよ。

それに…………いや、まあ、いいや

メンド……



TOP↑

思い出5



zメンド……

レオナルドさん……元気ないですね。

zまあねー。卒業試験が近くってさ。

卒業試験は実技なんだけどさ。みんな、卒業したいもんだから必死で練習してくるわけよ。

でも……どうせオレには勝てない。何もしてないオレが、才能だけでみんなの努力を散らす。

恨まれるのは慣れてるけどさ、でも……やっぱ、気持ちいいもんじゃないよ。

アンタ……嫌なの?努力してきた人たちに、あっさり勝っちゃうのが……

zそれをうれしがるようなヤツ、どこにいるよ?

オレはさ……うらやましんだよ。努力できるヤツ。努力する意思を持ってるヤツが。

それを、またオレは散らすんだ……たんぽぽの綿毛みたいに、せっかくの努力を踏みにじって。

やってらんないよな……あいつらも―――オレも……



TOP↑

思い出6



zえ―――何?なんなワケ?これ……?

すげ……ちょっ……わけわかんねえ―――なんだよこれ。こんな光、世の中にあんのかよ……

<呆然と見開かれたレオナルドの両目から、透明なしずくが流れ落ちていく。>

z知らねえ……オレ、知らねえよ。

こんなの。こんなきれいなもん……オレの人生にはなかったよ……

<レオナルドは、涙を流したまま目を閉じ……ぎゅっ、と小さく拳を握った。>

z……オレの国、みんな魔力が弱いって言ったろ。

でも……オレだけは、他のみんなの何倍もの魔力を持ってたんだ。

えっ……

zだから、本当は電子技術なんか要らなかったんだけど、みんなと違うのは嫌だったから……

みんなと同じフリをしなきゃって。そう思ったのに、結局、オレはできすぎて……孤独だった……

……ここは、あなたの国じゃないですよ、レオナルドさん。

いろんな人が訪れて、いろんな人が暮らす島です。魔力の強い弱いなんて関係なく……

zああ……そうだな。

<涙をぬぐい―――レオナルドは目を開いた。>

z……試験、受けてくるよ。

いいの……?

zああ、みんなに、オレの本当の力を魅せてくるさ。もしそれで、みんながオレを嫌うなら……

オレ……ここに戻ってきても、いいかな……?

<うなずくと―――レオナルドは、穏やかに笑った。>

zありがとよ、主人公。

みんなに嫌われなくても、戻ってくるかもしんねえけど―――ま、よろしく頼むわ!





秀麗の電子槍術士 レオナルド・リッツォ



神気開放

やっほーレオナルド。試験、どうだった?

zん? オレにそれを聞く?

ま、うまくできたんでしょうね。

zあったりまえだろ?

それで……そのあとは、どうなりました?

zなんも努力してねぇオレが、ぶっちぎりで一位取ってさ。

そりゃ――いろんなこと言われたぜ。

……心無いことをですか……?

zそれが多かったけどよ――

――それだけでもなかったぜ……!

え?


 ***


――思うがままにさ。才能出し切ってみたオレを見て、こう言ったヤツがいた。

『ここまでコテンパンにやられると、むしろスガスガしい』ってな。

ま、そーゆーヤツだって多少はいるわけだしさ。


それによ……今回の試験、全力でやってみてオレは思ったのさ。

『才能をフルに活用しようとする』ってのも、ある意味努力なんじゃないかってな。


これからのオレは手を抜かねーぜ。

見せてやるよ。努力に目覚めた天才が、どんなもんかってことをな……!





 魔法学園イロジカル  
ハルカ
フォースター 
目指せ一番、ナンバーワン! Story
ハッピーニューイヤーズデイ! Story
ハルカ
フォースター1stアニバーサリー結果発表! Story
ゆきがたり Story
プリムラ
フォースター 1011
春風と修羅 Story
ミモリ
フォースター 
魔法学園イロジカル

白猫 mark

コメント (レオナルド・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ