Gamerch
食物語攻略wiki

蜜汁叉焼・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 糖蜜の心・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

蜜汁叉焼

「今日は日当たりが強いな~、目も開けられないよ…」

「あれ?あれは桂魚くんだ~!忙しそうに…どこに行くんだろ?」

「ブーちゃん、果樹園の見張りは任せたよ~!

 ちょっと桂魚くんに聞いてみる!」


ブーちゃん

「ブヒブヒ――」


蜜汁叉焼

「じゃ、約束ね!行ってきま~す!…桂魚くん、待って~~!」


ブーちゃん

「ヘブッ!!」


それはとても暑い午後のこと。普段ならだれもいない空桑の広場に、なんと大勢の人が集まっている。


蜜汁叉焼

「ふう…ふう…や、やっと止まったよ~、桂魚くん。さっき何回も呼びかけたんだけど、全然かまってくれない~…うぅ…」


臭桂魚

「ご、ごめんなさい…気が付かなくて…無視するつもりじゃなくて…」


蜜汁叉焼

「ふんっ!わかさまからもらったアメちゃんをくれなきゃ、信じてあげないよ~?」

【選択肢】

・桂くんのこといじめないで

・アメちゃんならあるよ

選択肢

桂くんのこといじめないで

蜜汁叉焼

「うぅ…叉焼、桂魚くんのことイジメてないもん…」

「わかさまみたいな賢い人でも、叉焼のこと誤解するんだね…」

「アメちゃん一つでわかさまを許すつもりはないよ!せめて…せめて抱っこでもしてもらわなきゃ!」

アメちゃんならあるよ

蜜汁叉焼

「やっと、かわいそうな叉焼にもアメちゃんくれる気になった~?」

「やきもちなんてし~らない」

「わぁ~わかさまからもらったアメちゃん甘いな~」

共通

???

「ほう?なんだか危険な匂いがするな――さっさとどけ、この凡人ども!貴様らの安全はこの火の諸――」


蜜汁叉焼

「お父、ここで何してるの?あっ、もしかして、そのアメの缶みたいなのは、ぼくの誕生日プレゼント~?」


焼乳豚

「叉焼!?なぜここに来たんだ!早くお父の後ろに隠れろ!この変なものは昼に突然出てきたのだ!我らを謀殺するつもりで置いてるんだぞ!」


???

「被害妄想は精神疾患の中でも典型的な症状であり、母性愛や正常な人間関係欠乏による症状だ」


糖葫芦

「白先生、よくわからないけど、またすごそうなこと言ってるね!じゃあ、それっていったい何なの?」


開水白菜

「『解良絡繰り術』では似たような記録があるが、その絡繰りは「蜜アメ」という名があり、手をそれに載せると、話者が言っていることが本音かどうかは即座にわかると。本音だったらアメが落ちて、逆に嘘の場合は石ごろが落ちるという」


蜜汁叉焼

「わぁ、縁があるね~!叉焼と同じ名字で、大好きなアメちゃんも落ちるなんて!」

【選択肢】

・同じ苗字?

・アメの賞味期限は大丈夫?

選択肢

同じ苗字?

蜜汁叉焼

「そうだよ!「蜜アメ」も、叉焼も「蜜」って苗字がついてるの!」

「うぅ、わかさまわらってくれない!…叉焼のダジャレ面白くない?」

アメの賞味期限は大丈夫?

蜜汁叉焼

「あっ、そうだ!賞味期限切れのアメちゃんが出てきたらどうしよう?」

「やさしいわかさまが、少しだけ弁償してくれたらいいのにな~…」

共通

蜜汁叉焼

「テストするの?じゃあ叉焼が最初にやるね!」

「叉焼はね、わかさまと、空桑のみんなが大好きだよ!みんなに言った褒め言葉も、嘘じゃないからね!」


蜜汁叉焼は絡繰りに手を載せ、目に溢れる喜びは、まるで密アメのように甘くて喜ばしいものだった。


糖葫芦

「何か落ちた!どれどれ~?」

「なにこのアメ~?薄汚いし黒くて、この前川で拾った丸石の方がよほどきれいだよ!」

【選択肢】

・賞味期限切れのアメだね

・それは石だよ

選択肢

賞味期限切れのアメだね

糖葫芦

「これが賞味期限切れのアメってやつ?味は何か違うかな?」


蜜汁叉焼

「さすが糖葫芦くん、物知りだな~!これあげるね!食べたらその味教えてよ~!」


糖葫芦

「ぺっぺっ! アメの味しないよ! ○○、これ石じゃないの?」

それは石だよ

糖葫芦

「い、石?そ、そ、それは――」


蜜汁叉焼

「わかさまもそれが石だっていうの?叉焼が嘘つきだって疑うの?」

共通

開水白菜

「その主要成分は炭酸カルシウム、足の下にある石と同じ成分だ」


糖葫芦

「ということは、これ、ただの石だよね?」

「ふん、この嘘つき!わたしたちのことまったく好きじゃないくせに!」


蜜汁叉焼

「叉焼は、みんなのことが、だ、大好きだよ!嘘なんかじゃないんだから!」

「桂魚くん、全部本当だよ!信じてくれるよね?」


糖葫芦

「信じちゃだめだよ!桂くん、今のもきっと嘘だよ!」

「みんな、きみのことがこんなに好きなのに!ふんっ!この嘘つき!もう二度ときみと遊ばないっ――」


蜜汁叉焼

「……」


▷ページトップへ

二 糖蜜の心・弐

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

人の群れは四散し、空桑の広場に残ったのは、たった一人ぼっちだった。


蜜汁叉焼

「叉焼は嘘ついてないのに…!」


臭桂魚

「蜜、蜜汁叉焼…み、見つけましたよ!」


蜜汁叉焼

「桂魚くん?も、戻ってきてくれたんだ!…せ、責めに来たわけじゃないんだよね…?」


臭桂魚

「蜜汁叉焼のことは…し、信じます。葫蘆ちゃんも、さっきは受け入れられなかっただけで…

 昨晩までは誕生日プレゼントを考えてたんです…か、彼のこと、責めないで…」


蜜汁叉焼

「責めるつもりなんてないよ!糖葫芦くんは一番の親友だもん!

 お父も言ってたよ、親友はそんなこと気にしないって!」

【選択肢】

・コホン!

・自分も叉焼の親友だよ!

選択肢

コホン!

蜜汁叉焼

「わかさま!?」

「戻ってきてくれたんだ!わかさまなら、絶対ぼくのこと置いてかないって信じてたよ!」

自分も叉焼の親友だよ!

蜜汁叉焼

「わかさまも戻ってきたの!?」

「わかさま、やきもちやいちゃった~?大丈夫だよ、だって若はね、特別な親友だもん!」

共通

蜜汁叉焼

「ぼくをなだめるために戻ってきてくれたの?」

「叉焼はね、メンタルが強いんだよ~!この絡繰りにはきっと何か問題があるけど、それがまだわからなくて…知略に長けているわかさまは、叉焼を助けてくれるのかな~?」


臭桂魚

「わ、私、わかさまと開水白菜兄さんから『解良絡繰り術』を貰ったんです… その中に、この絡繰りの物語が書かれていますよ…」


蜜汁叉焼

「ふむふむ…この「蜜アメ」はもともと製作者が愛する人に贈る結婚の約束のお礼だったんだ。それで、自分の愛を証明するつもりが、逆に愛する人のウソを証明しちゃったんだって…」


臭桂魚

「あ…じゃ、じゃあ…製作者が騙されたんですか?」


蜜汁叉焼

「うぅ…かわいそうだよ…その製作者は、愛する人に刺されて、「蜜アメ」以外の絡繰りも全部奪われちゃったんだって…その後、彼は「蜜アメ」のコアを外して、地下に埋めた…」


蜜汁叉焼

「わかさま、彼らみたいにはならないよね!? 叉焼は嘘ついてないんだよ!みんなとずっと仲良く暮らしていくの!」

【選択肢】

・もちろん!

・勝手にフラグ立てないで!

選択肢

もちろん!

蜜汁叉焼

「うん!わかさまがそう言ってくれるなら、絶対にかなうよ~!」

「わかさまとず~っといっしょにいたい!」

勝手にフラグ立てないで!

蜜汁叉焼

「あれ?わかさまは…鶏茸金絲筍おにいちゃんみたいな言葉つかってたっけ?」

「なんかすごいね~、叉焼も学びたいな~!」

「わかさま教えてよ~!」

共通

蜜汁叉焼

「えへへ、じゃあ約束だよっ!」


臭桂魚

「こ、ここに書いてありますよ、「蜜アメ」のコアを埋めた場所は…ど、どうやら…蜜汁叉焼のうちの地下に埋めたみたいです…」


蜜汁叉焼

「ええ!?桂魚くん、この地図読めるんだね~?」


臭桂魚

「うん…たぶんそこにあります…この前、白先生から少しだけ教わったんです…」


蜜汁叉焼

「うわぁ!桂魚くんすごい!じゃあ、早く宝探しに行こうよ~!」

「みんなを呼んでくるね~!これで叉焼の汚名返上だ~!」



蜜汁叉焼

「たくさん来てくれたんだね!これが叉焼の部屋だよ~」

「鍋包肉おにいちゃんも、徳州おにいちゃんも、床をはがして地面を掘ってもいいって許可してくれたよ~」

「ただし、ものを割らないように気を付けてね、じゃないと、弱くて可哀想な叉焼が自分で片づけるしかないからね~」


焼乳豚

「安心しろ!この火の諸帝がいれば、必ず凡人どもを率いて、コ、コアを探し出すぞ!」


糖葫芦

「い、言われなくても…!た、探検が面白いからやってきたんだ!」



糖葫芦

「あっ、箱があるよ!もしかして、その中には…えっ?」

「アメ、手袋、マイクに…タッセル?」


蜜汁叉焼

「糖葫芦くん、こ、こんなものはほっといて、あっちで宝探ししようよ~」

【選択肢】

・なんか見覚えあるよ

・随分と慌てるね?

選択肢

なんか見覚えあるよ

蜜汁叉焼

「だ、だって、どこにでもあるものだもん!」

「お父のところに行ってみようよ~!何か見つけたみたいだよ~!」

随分と慌てるね?

蜜汁叉焼

「勘違いじゃないかな~、叉焼はちっとも慌ててないよ~」

「最近、麻婆豆腐おにいちゃんとゲームしすぎて、目が悪くなっちゃったのかな?」

「後で、餃子おじいちゃんから煎じ薬をもらっとこ~」

共通

蜜汁叉焼

「とりあえず、今はラッキーな若と一緒に、コアを目指して出発だよ~!」


臭桂魚

「わ、私も…その箱の中のものに…見覚えがありますが…き、気のせいでしょうか?」


▷ページトップへ

三 

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通





【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通


▷ページトップへ


▷蜜汁叉焼へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (蜜汁叉焼・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる