Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

片児川・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 連中三元・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

片児川

「空桑餐庁をもっとよくさせたいのなら、名声と宣伝を重視すべきだ! まずは店に立派な有名人回廊を作って、麺類の歴史を紹介するとか。でも一番の麺の王はもちろんこのボク・片児川だ――」


担仔麺

「ちょっとちょっと。九重天から借りたお金を返すために、食堂はもう赤字になっています、今大事なのは収入を増やして支出を減らすことですよ……」


糖葫芦

「わか、片児川お兄さん、担仔麺お兄さん、ここに集まって漫才をやってるの~?」


担仔麺

「漫才ではありません。料理人協会が食堂経営評定を行うと若様が言っているので、今は対策を考えているんですよ」


片児川

「減らず口を叩くより、ボクと杭州に行って、奎元楼の経営状況を自らの目で確認するといい。そうしたらこのボク・片児川がほらを吹いていたかどうかが分かるさ!」


糖葫芦

「片児川お兄さんは杭州に遊びに行くの?わあっ、葫芦ちゃんも連れてってよ!」


担仔麺

「そうだな、いいですよ。他の麺類と交流したら、啓発されるかもしれませんしね!」


片児川

「○○、君も一緒に来るか?」

【選択肢】

・いいよ

・……

選択肢

いいよ

片児川

「このボク・片児川と奎元楼の評判からして、君は絶対に来ると思ってたぞ」

「ボクと一緒に来れば、サプライズがあるぞ。どんなサプライズって……ふ、すぐに分かる」

……

片児川

「何も言わないなんてどういうつもりだ?このボク・片児川と奎元楼をバカにしてるのか?」

「君は来ないとダメだ。来ないと、わざわざ用意した宴席と舞台が……」

「ほぉ?食堂に出られなくなるのを心配してるのか?」

「君はねぇ、ボクみたいな店主になりたかったら、もっと店員に一人でやらせるべきだ!

 ぐずぐずするな、さっさと出発しよう――」

共通

食通A

「おや、これはこれは。川さん、久しぶりだな。最近は奎元楼の支店を開くことで忙しいのか?」


食通B

「川さん、今日奎元楼は新しい料理を出すと聞いて、わざわざうちの子を連れて食べに来たよ」


片児川

「ゴホン、皆さん、こんにちは。今日は友人が来たため、もてなしが行き届かず、申し訳ありません。机ごとに無料でおつまみを差し上げます」


食通C

「気にしないで。川さんの友達は我々の友達だ。何かできることがあれば、なんでもこの王に言ってくれ!」


片児川

「○○、どうしてそんな目でボクを見てるんだ? このボク・片児川の人気を見てプレッシャーでも感じたのか?」

「ゴホン、普段からボクのところに何度も足を運べば、君にもこの人気をお裾分けできるぞ」


片児川の厚意で、僕たちは奎元楼の「名人長廊」に来た。

その名のとおり、とても長かった――

片児川が有名人と一緒にいる写真が壁に貼られていて、棚に「本物の食材」、「麺類聖手」、「南東独創」など賛美の題字がいっぱいかけられている。回廊の突き当たりが見えない――


片児川

「この毛筆の書は凄いんだぞ。蔡将軍をもてなした時に、彼は奎元楼の麺料理に感激して、その場で揮毫して「南東独創」と書いたんだ」

「「南東独創」がどういう意味か分かる? それはボクの奎元楼が作る麺料理は南東地方では一番という意味だ! ふっ、凄いだろ!」

「そしてこれはボクが京劇名家の梅さん、蓋さんと握手したときの写真だ――」


糖葫芦

「片児川お兄さん、どうしてここに写真が入っていない大きなフォトフレームがあるの~?」


片児川

「それはもちろん――」

「ボクと○○のツーショットを入れるためのものだ!」


話が終わり、片児川は隣にいる店員を呼んで写真を撮ってもらおうとしたが、遊びごころ溢れる糖葫芦は先手を取った。

可愛くて活発な糖葫芦を見ると、店員はカメラを彼に渡し、根気よくシャッターの押し方を教える。


片児川

「○○、どんなポーズがいい? さきに言っておくけど、このボク・片児川の評判に相応しいポーズじゃないとダメだからな!」

【選択肢】

・握手

・手でハートを作る

選択肢

握手

片児川

「有名人のよくやる握手ポーズ?いいじゃないか、○○、やってみよう」

「ダメダメ……この角度はダメ。ボクのかっこいい前髪が映らないだろ! それにこの立ち位置もダメ。ボクの新しい服がちゃんと映ってない!」

「あれ?○○、行くなよ、まだ撮ってないじゃないか!ボクの要求が多い?ボクはただ――」


片児川は慌てて手を壁につき、僕の行く手を遮った――

糖葫芦はちょうど手が滑ってシャッターを押してしまった。

「カシャ――ッ」。「壁ドン」ポーズの写真が奎元楼の歴史の一つになった!

手でハートを作る

片児川

「へぇ?それが現代人が友情を表わすときのポーズだって?」

「ゴホン、君の作る「ハート」は大きくないな。ボクの「ハート」のように、いや、ボクの「ハート」より大きくしないとダメだ」


糖葫芦

「わか、片児川お兄さん、撮るよ!三、二、一、葫芦――」

共通

片児川

「いけたか?葫蘆、カメラを見せてくれ、どんな風に撮れたか確認しないと」

「ふむ……なかなか悪くないな。これを大きな写真にして、ちゃんと壁にかけないと」

「奎元楼の有名人の写真をかけてる長い回廊に?いやいやいや、ボクの部屋にかけた方がいい……」


糖葫芦

「片児川お兄さん、ご飯を食べてもいい?もう長い回廊を通って、写真をいっぱい見たから。葫芦ちゃんはお腹すいたよ~」


片児川

「ダメダメ、片児川の代表的な歴史、発展の過程、有名人達の名言がまだ全部紹介出来てない……」

【選択肢】

・川爺、報告です!お腹がすきました!

・用意していなかったりして……?

選択肢

川爺、報告です!お腹がすきました!

片児川

「なんだよ、片児川の歴史を半分も言ってないのに。みんなもうちょっと頑張って……」


突然、片児川のお腹も「ギュルル~ギュルル~」と鳴き始めた――


片児川

「……」

「ゴホッ、ちょうどボクもお腹が空いてきたところだ、じゃあ全麺宴が終わった後に続きを紹介しよう」


担仔麺

「全麺宴?もしかして、ほとんどの料理が麺食である宴席ですか?」


片児川

「わかってるねぇ!それに豪華なダイニングエリアに、素敵な舞台もあるぞ。ついてこい――」

用意していなかったりして……?

片児川

「な、なんだ?ボクのもてなしを疑ってるのか?」

「ついてこい、おいしい料理、豪華なダイニングエリア、素敵な舞台、見たらきっとびっくりしすぎて開いた口が塞がらないぞ」

共通

片児川はみんなを連れて「豪華なダイニングエリア」に来た。

金や青に輝く内装、美味しくて見た目もきれいな麺食、そしてキレイな服を着た店員は耳をつんざくような声でこう叫んだ――


店員たち

「川さま、いらっしゃいませーー!!!」

「川さまのお客さま、いらっしゃいませ!!!!」


▷ページトップへ

二 連中三元・弐

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

糖葫芦

「片児川お兄さんはほら吹きじゃなかったね~!立派だなっ!」


陳さん

「川さん、みんなは言われたとおりに貴賓宴を用意できました。あとはお客さまの着席を待つだけです」


片児川

「ふむ、さすが陳さん、よくやってくれた。次は舞台の出演者に登場してもらおう」


片児川が手を叩くと、一隊の人々が屏風を避けて入ってきた。彼らは――

【選択肢】

・西湖の古楽社?

・ラーメン職人団?

選択肢

西湖の古楽社?

陳さん

「向かってきているのは西湖の古楽社です。彼らはお客様たちに素敵な演奏をご提供します」


担仔麺

「曲においしい麺食を添えて、実に一流のおもてなしです!素敵な店と言えば、奎元楼を褒めるべきです!」

「なんかまだ通俗詩を作り始めてしまいました。すみません、これは職業病です……」

ラーメン職人団?

陳さん

「次は奎元楼の職人団の生地を伸ばすショー「龍飛鳳舞」です」


糖葫芦

「わか見て!職人さんたちは生地を長く伸ばして、あやとりもできるよ! あの人たちと一緒にやりたいな~!」

共通

片児川

「○○、どうだ、ボクの用意した宴席と舞台、悪くないだろ」

「君を迎えるために、毎月も演習しよう。君が来れば、すぐ貴賓扱いされるから」

「ゴホンッ、ボクの奎元楼では、君はいつでも貴賓だ。○○、分かるか?」


みんなは楽しい宴会に浸り、一人の見習いが陳さんと耳打ちするのに誰も気づいていなかった。

片児川は目敏く、異常に気がついた。


見習い

「陳さん、店がこんな目に遭って、どうすればいいでしょうか。まずはホールに見に行って――」


片児川

「……ボクの前じゃ言えないことでもあるのか?」


見習い

「川さん、えっと」

「あの、麺の材料が粗悪だとクレームが来たらしい…らしいですけど……」


片児川

「なんだと!?「奎元楼」という看板はどういう由来か、忘れたのか!?」

「もう一度ボクに言わせるのか――」



あの時、杭州はまだ「奎元楼」という店は存在せず、あるのは誰にも知られていない街沿いの麺を売る店だった。

もうすぐ郷試が始まる。学者は町に入って試験を受ける。貧乏だった書生は高い料理を食べるお金がなくて、一番安い清湯麺しか食べられなかったから、街沿いの店は彼らにとって最適な選択だった。


片児川

「もう、師匠、道を塞がないでくれよ、麺を零してしまう」


師匠

「お前というやつは、そんな麺をお客さんに食べさせるつもりか?作り直せ!」


片児川

「美味しく作っても意味ないじゃないか? あの書生たちは腹いっぱいになれば満足するし、本を見ながら麺を食べて、ボクのした工夫なんて分かってないんだから」


師匠

「口答えするな!我々は料理人だ。相手が偉い方であろうと貧乏な書生であろうと、心を込めて麺を作らないと人には認めてもらえないんだ!」


片児川

「うわ、いてて、叩くなよ。心を込めてもう一回作ればいいんだろう……」


師匠の話を聞き、片児川は改めて麺を作って、お客さんに出した。


片児川

「お客さん、注文の清湯麺です!」


粗布の服を着た書生は外に座っている。彼は清湯麺を見て、手に持つ本を置いてから、箸を持って食べ始めた。


片児川

「清湯麺、また清湯麺。半月もずっと清湯麺を作ってたなんて、ボクの腕の無駄遣いだ」

「いくら美味しく作ったって、ボクの気持ちが分かる人なんて……」


片児川は隣で小声で文句を言っていたが、お客さんに聞かれていた。


李書生

「それは違いますよ。この清湯麺は他の店よりずっと美味しいです。ネギ油が香ばしくて、汁は透明で旨味があって、麺は滑らかで弾力があります。自分が持ってきた漬物を食べなくても麺を全部食べることができます」


片児川

「ほ、本当に味の違いが分かるのか?」


李書生

「ゴホゴホ、そうですね。本当のことを言うと、小生はここ数日ずっと清湯麺を食べているので、その中でなら違いが分かります」

「他の店の清湯麺はただのお湯と麺の組み合わせですが、あなただけはこの麺に工夫をしています、上昇志向の強い方だ」


片児川

「それは……心を込めて麺を作らないと人に認められないって師匠に言われたから!」

「複雑な食材で麺を作らないと人には認められないと思ってたけど。でも師匠の言ったとおりだ、心を込めて麺を作れば、食べる人はいつかきっと違いに気づくはずと……」


李書生

「学者は偉い官吏になったら百姓に幸せをもたらすが、あなたは麺を作ってみんなに幸せをもたらす。私たちは同じ志を持った同志だから、友達になりませんか?私は李です、あなたは?」


片児川

「みんなはボクのことを川って呼んでるよ!ボクたちは歳が同じくらいだからか、李くんって呼ぶね!」

「李くん、さっき言ってた漬物ってなんのこと?」


李書生

「ああ、これは私の故郷からの漬物で、私はよく麺に添えて食べています。これがあればどんなにまずい麺でも食べられますよ。でも川が作った麺は美味しいから、これを食べなくてもいいですが……」


片児川

「一緒に食べるとさらに美味しくなりそうだ。ボクも食べてもいい?この雪菜の漬物は興味深い……」


李書生が再び店に来たとき、お客さんがみんな見たことのない麺を食べているのに気づいた。

トッピングは漬物、薄切り竹と薄切り肉で、麺の汁は色が鮮やかで、香りが香ばしい。


李書生

「川、今日は店が賑やかですね?」


片児川

「それは新しい麺料理――「片児川」を出したからさ。もう大人気だよ」

「これも李くんのおかげだよ。前回君の雪菜の漬物から思いついて、師匠と一緒に研究したんだ」

「清湯麺の値段に三つ銅貨を増やせば、安くて美味しい片児川が食べられるぞ。どうだ、食べてみないか?」


李書生

「えっと……や、やはり清湯麺にします」


片児川

「どうしてだ?ボクの新しい料理が気に入らないのか?」


李書生は財布を触ると、躊躇したのちに、頭を横に振った。


片児川

「……」


片児川は何も言わず、戻って麺を作り始めた。しかし、彼が出したのは清湯麺ではなく、片児川だった。


片児川

「李くん、ご注文の麺が来たよ!片児川と三つの卵。郷試・会試・殿試の科挙の試験にすべて一番で合格するように!」


李書生

「注文したのは片児川ではありませんが、間違えてませんか?」


片児川

「じゃあ奢りだ!」

「明日は試験を受けるんだろ!ちゃんと食べないと、試験中に力が入らず筆も握れなくなるぞ!」


李書生

「えっと……ありがとうございます!」


片児川

「お、おいおい!男なんだから、泣くなよ……ただの片児川にすぎないんだから。それとも目が赤いのは湯気のせいか?」


李書生

「大丈夫です。ただここで恩人に出会ったことを嘆きたいです」

「お言葉に甘えて、決してこの「麺と三元」の恩には背きません」


▷ページトップへ

三 タイトル

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通





【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通


▷ページトップへ


▷片児川へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (片児川・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる