Gamerch

【白猫】シエラ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

シエラ・スキルニルグ CV:雨宮天
田舎の島で生まれ育った少女。
己の使命のため、一角竜フレイヤと旅に出る。


蒼空の竜騎士
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図


思い出1



<主人公たちが<竜の国>から帰り、しばらくしたある日――

一角竜に乗った少女が、飛行島へと舞い降りた!>


こんにちは。

ここが飛行島ですか。

シエラじゃない。やっほー♪

やっほー♪

田舎に帰ったって言ってなかったっけ?

飛行島に立ち寄ってからでも、遅くはないかなってね。

ふふ、ゆっくりしていってください。フレイヤさんも。

人間。私の名前を気安く呼ばないでもらえますか?

あ……ご、ごめんなさい……

ごめんなさい。フレイヤって、基本こうだから……許してね。

改めて自己紹介してもいいかしら? 竜の国じゃずっとバタバタしてたから、ろくに話もできなかったし。

私はシエラ・スキルニルグ。田舎から来た、農家の娘よ。

こっちの竜が、一角竜のフレイヤ。私の大切な家族であり、親友なの。

…………

アタシはキャトラよ。横の二人が、主人公とアイリス。

竜の国では、色々とありがとう。助かったわ。

気にしないで。アタシたち、面倒事には慣れてるから。

あら、そうなの。

キャトラといいましたか? 子猫の割に、たくましいのですね。

へへ~ん♪

(あら……?)

農家といっていましたね。何を作っているんですか?

なんでも作るわよ。麦にジャガイモ、キュウリにナスにトウモロコシ……

ホントになんでもね。

でも、やっぱり一番はサクランボかしら。

フレイヤの大好物なんだっけ?

ええ。

うちはかなりこだわって作ってるからね。成る実はほとんどが一等級なのよ。

中でも質のいいものは、高級品として大きな島に出荷したりするぐらいで。

赤い宝石<スキルニシキ>とは、私の家のサクランボなのよ~♪

ムム……食べてみたい……!

おすそ分けしたい所なんだけど、持ってきた分は、もうなくなっちゃって……

……そろそろ、食べさせて欲しいのですが。

困ったわ……


TOP↑

思い出2



うーん、いい気持ちね~。ふあぁ……

私の背で昼寝とは、いいご身分ですね。


お二人は、とっても仲がいいんですね。

もう、ずっと一緒だからね。

ずっとって、どのくらい?

私が5歳の時からだから……もう10年以上になるわね。

じゃあ、―角竜と農家の少女の出会いを聞いてみようかしら。

きっとドラマティックなんでしょうね~。

フレイヤはサクランボ泥棒だったの。

ぜんぜんだった!

うちのサクランボ畑を空から見つけて、降りてきたらしいのね。

で、食べようとしていたところに、私が来たってわけ。

フレイヤ、おこられちゃったんだ?

構わず、さっさと食べてしまっても良かったのですが……

幼子にしては、妙な迫力がありましてね。

……それに、シエラの家のサクランボは、絶品でした。

それ以来、サクランボ欲しさに、居つくようになったのよね~。

そんなに美味しいんだ?

別格ですね。サクランボは長年食していますが、<スキルニシキ>は世界で一番と言っても過言ではありません。

じゅるり……

とはいえ、タダであげるわけにもいかないから、ちゃんと働いてもらってるんだけどね。

働く、というと?

サクランボ畑の警備をお願いしているの。

……サクランボって、けっこう盗られちゃったりするものなの?

特にうちのはね。両親から聞いた話じゃ、ある年は木をまるまる持ってかれたこともあるんだって。

ひ、ひどい……

でもフレイヤが来てからは、被害は全く出てないのよ。

サクランボ畑は、私の寝床でもありますからね。

これ以上ないくらいの番人だもんね……

それよりもシエラ。いつになったらサクランボを食べさせてくれるのですか?

あ、そうそう。私、お近づきの印にと思って買ってきたんです。

お口に合えばいいのですが……

わざわざありがとう! よかったわね、フレイヤ。

じゃ、アタシが食べさせてあげる。はい、あーん。

…………

どう?

イマイチですね。甘みが足りませんし、味に奥行きもありません。

わがままいわないでよ。とうぶんは、それで我慢してちょーだいな。

仕方がありませんね。

ねえフレイヤ。気になってたんだけど……キャトラヘの態度は、普通なのね?

ええ。子猫ですから。

…………

私と初めて会ったときは、すごいそっけなかったのに……

それは……しょうがないでしょう。

……なんか、ずるい!


TOP↑

思い出3



ねえ、アイリス。

なんでしょう?

この島って、畑があるのね。ほら、あそこ。

ええ。今は、あまり使ってないようですが……

わりと荒れてるものね。……うーん、気になるわ。

ちょっと、一緒に手入れしない?


 ***


よーし、やるわよー!

<シエラは慣れた手つきで、土を耕し始めた!>

アリャ。シエラとアイリス、いつの間に?

シエラさん、こんな感じでしょうか!

おおっ!なかなか上手じゃない!

うふふ♪

<クワを地中深く入れ、土を起こしていくシエラ!>

いい土ね! けど、耕してあげれば、もっと輝くわ!

慣れたものね、シェラ……! 腰の入り方がプロだわ!

ちっちゃい時から、ずっと手伝ってきたからね。


 ***


はあ、はあ……

明日はさっと筋肉痛ね、アイリス。

……いい運動になります!

……こうやって、堆肥を混ぜていくのよ。

作物によっては、微妙に配合を変えたりするんだけど、今回はこれでいいわ。

やっと終わりましたね……!

まだよアイリス。うねを作らなきゃ。

……ねえ、ちょっと休憩しない?

それもそうね。


アンタ、体力あるのねえ。

農家の娘は、たくましいのよ。クワさばきなら、誰にも負けないんだから!

私が魔獣と戦えるのも、きっと長年の農作業の賜物だと思うの。

私の力のおかげに決まっているでしょう。

ありゃ、いつの間に。

あのキレイな白い服って、フレイヤの魔力で作られたものなんだっけ。

うん。あの服、すごいのよ。体が軽くなるし、力もグンと増すの。

それで農作業すれば、楽なんじゃない?

キャトラ。農家ってのはね、楽をしちゃダメなのよ。

それに、汚れたらもったいないしね。

汚れてもすぐに落ちますよ。意地っ張りですね、シエラは。

衿持よ衿持! 農家プライドなの!


あなたは、シエラさん想いなんですね。

それが何か?

あ、いえ、その……

…………


TOP↑

思い出4



ねえ、聞いてもいい?

……もしかして、フレイヤのこと?

うん……

フレイヤが人間に冷たいのは、理由があるのよ。

よろしければ、聞かせてくれませんか?

……フレイヤはね、とても長い年月を生きてきた竜なの。

あのね、みんな。フレイヤはもともと、人間のことが、大好きだったのよ。

ある時、フレイヤは私に話してくれた……


人と仲良くなりたいと自分から話しかけにいくような、すごく社交的な性格だったそうよ。

そして、仲良くなった人間の頼みを、決して断らなかった。

……友だちが、欲しかったの。だから彼女は、みんなの願いを出来るだけ叶えてあげたいと思った。

時には戦争にも参加した。彼女は自分の<友だち>の為に、その力を存分に発揮して戦ったわ。

でも、フレイヤには……いつまで経っても、友だちが出来なかった。

友だちだと思っていたその人たちはみんな、自分を友だちだとは思っていなかった。

<一角竜>フレイヤ――みんなは、その力だけしか、見ていなかった……

フレイヤは、騙され――

裏切られ――

利用され続けた。

それでも、フレイヤは、人間を信じたかった。

人間という種族とは絆を結べるって、信じたかったの。

でも……

フレイヤはとうとう……人間に期待することを、やめた。

そうして、彼女は何も信じなくなった。関わることも、やめた。


私と出会ったのは、一人で静かに暮らせる場所を探していた、その時だったんだって。

…………

だから……彼女のこと、悪く思わないであげてね。

……はい。もちろんです。

シエラ、ここにいましたか。

…………

アタシとは、お友だちになってくれるかな?

……?

ゴロゴロ~。

<キャトラがフレイヤに甘えだした!>

ゴロゴロ~ン。

毛づくろいですか?わかりました。

<フレイヤは、キャトラに鼻先を寄せた。>

……ありがとう、キャトラ。――けどね。

キャッキャッ♪

フレイヤ、私より心許してない!?ずるいわよーー!


TOP↑

思い出5



さて……と。

みんな。私たち、そろそろ行くわね。

故郷の島に、帰っちゃうの?

充分ゆっくりさせてもらったしね。

……うん。本当に、いい島たった。お世話になりました!

…………

さ、行きましょう、フレイヤ。

本当に帰りたいのですか?

え……?

もっとたくさんの世界を見て回りたい。本当は、そんな風に思っているのではありませんか?

…………

はっきり言いなさい。

……思ってるわよ。

もっともっと、たくさんの島に行って、たくさんの国を見て、色んなことを知りたい。

あなたと一緒に。

…………

けれど、それは出来ない。世界を見て回ることよりも、私は、あなたのことが大事だから。

静かに暮らしたいっていうあなたの考えを、尊重したいから。

遠慮など、することはないのですよ。

……優しいのね。でも、ダメ。

竜の国で、私はあなたをつらい目に合わせてしまった。嫌なことを思い出させてしまった。

これ以上、あなたの心に傷がつくのは、嫌よ。

私はあなたが思っている程、弱くはありません。

帰る事などいつでも出来ます。しかし、あなたがこの世界を見、自身の成長の糧とする機会は、今しかないのですよ。

……その根拠は?

根拠などありません。ですが、確信しています。

…………

……逆ですね。旅立った、あの時とは。



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



シエラ。私は何のために、あなたに魂を託したのですか。

フレイヤ……

確かに、傷つくこともあるかもしれません。

……しかしこれからは、あなたがずっと、一緒に居てくれるではありませんか。

うん……

喜びも悲しみも全て、あなたは私と分かち合ってくれる……そうですね?

うん……!

それに、何よりも――

<フレイヤは、鼻先をシエラの頬に寄せる。>

我が子の願いなのですから。

もう。ずるいわよ、それ……

ありがとう、フレイヤ。


 ***


じゃあ……帰らないことにしたのね?

うん。しばらくは、この広い世界を、たくさん旅しようと思う。

でも、それだけじゃなくてね……

同胞たちに、会いにゆこうと思います。

ほかの竜たちに?

彼らがどのように生きているかを、確かめてみたくなりました。

会って話したい事も、たくさんあります。

……知りたいことが、わかるといいですね。

ええ。

アレッ……フレイヤ……!


人間。……先ほどの光は、何なのですか?

とっても、温かかったわね。

あれは、主人公の力……ルーンの光です。

友情の証ってやつよ。まぶしかったでしょ?

……あなた方にも、少し興味が出てきました。

では、その……よければ、お友だちに……

……名前を呼ぶ程度なら、良しとしましょう。

はい! ありがとうございます、フレイヤさん♪


<シエラとフレイヤは、どこまでも続く雄大な空を、気持ちよさそうに飛んでゆく。>


ねえ、フレイヤ!

何ですか?

世界って、本当に広いわね!





蒼空の絆 シエラ・スキルニルグ






TOP↑

シエラナギ


関連ストーリー
画像説明
シエラ・スキルニルグ
田舎の島で生まれ育った少女。
己の使命のため、一角竜フレイヤと旅に出る。
シエラ(温泉)
相棒フレイヤと共に旅する農家の少女。
手作りの郷土料理は絶品。
シエラ(王冠)
シエラ(蒼空2)
一角竜フレイヤと共に世界を巡る少女。
旅の目的について、改めて考え始めている。
シエラ(茶熊)
茶熊学園に入学した農家の少女。
自分をさらけ出せる友達ができた。

蒼空の竜騎士 Story
シエラナギ
蒼空の竜騎士2 Story


白猫 mark

コメント (シエラ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ