Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

揚州炒飯・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 月夜に背かず・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

青木の机に多くの書物が重ねられ、紙を染めた墨汁が添削の跡を残している。


鴨一

「グワグワ、グワグワグワーッ!」


揚州炒飯

「松鼠桂魚の指導の下、晩生も「鴨語」を理解できるようになって、貴方達の言うことが大体ですが把握できるようになりました。」


揚州炒飯

「「最近睡眠の問題がより深刻になってきて、もう日常生活に影響しているグワッ」。なるほど…陸吾様が仰っていた。睡眠の問題は後に悪影響を及ぼす、と。鴨一さんを困らせている問題は具体的には何でしょうか?」


鴨一

「グワーッグワグワ、グワグワ、グワグワ!」


揚州炒飯

「「住んでいる所に問題があるグワ」。貴方達が住んでいる池は確か…」


突如強風が吹き、部屋の扉を開けた。同時に騒がしい楽器の音が流れてくる。


揚州炒飯

「今は亥の刻、しかし大殿の中ではまだ鳴り物入りで騒ぎたてています。大殿の位置は池に近い、こうして騒ぎ立つと、

 池に生息している鳥類に波及するのも当然ですね。」


鴨一や鴨二の辛い夜を思えば、揚州炒飯は厳しい表情を浮かべ、大殿に向けて急いで走った。


鴨二

「グワ??グワグワグワグワグワ――!」




冷たい月明かりがホールを照らし、フロアには東方では珍しい曲が流れている。

木の床にヒールの音がテンポよく鳴らされ、人影が交錯し、ぼんやりとした光の中、みんながゆっくりと躍っている。


ローブを着ていた揚州炒飯は舞踏会の中を眺めるも、こんなに多くの人の中で、責任者をなかなか見つけることが出来ずにいた。


鍋包肉

「揚州…炒飯?こんな西洋式の舞踏会で会うなんて、実に予想外です。」


揚州炒飯

「晩生は…、舞踏会の責任者に用事があります。どうか取り次いでいただけませんか?」


鍋包肉

「今夜の趣旨は空桑の青年交流会で、主催者は鶏茸金絲筍です。

 ここの軽食も音楽も服装も完璧です。しかし…」


鍋包肉

「そちらに鶏茸金絲筍がいます。若様の隣です。しかし、このまま行かれると、きっと非難されるでしょう――あなたの装いはここに少々そぐわないようで。」


その言葉を聞いた揚州炒飯の耳元は瞬く間に真っ赤になった。フロアで踊っている食魂たちはみんな西洋の服を着ていて、

容姿端麗である。心の中で比べたら、彼は無意識のうちに慌て始めた。


揚州炒飯

「あ……」

体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭・顔に触れる

揚州炒飯

「来ましたか、若様…え、髪に何かついていますか?」


肩・胸に触れる

揚州炒飯

「若様も晩生の衣装がこの場に似合わないとお思いですか?申し訳ありません、急な入用で、失礼しました…」


手に触れる

揚州炒飯

「来ましたか、若様…え、なぜ晩生の手を握るのですか?」

共通

鍋包肉

「若様のその姿勢は…ダンスの誘いですか?

 確かに揚州炒飯は一人で立っていますが、それでもそれは…」


鶏茸金絲筍

「No way!手、を、は、な、せ!社交ダンスに男が男を誘うわけがない!」


鶏茸金絲筍

「それに、揚州炒飯の格好を見てもスキルを見ても、社交ダンスを踊れない!俺様の社交ダンスの調和を壊すから!」

【選択肢】

・それでも誘う

・直接フロアに入る

選択肢

それでも誘う

揚州炒飯

「この美しい光景の中、晩生が断れば面白くないでしょう?

 ○○、揚州炒飯は喜んで貴方と踊りましょう。」


直接フロアに入る

揚州炒飯

「若様、お気を付けて。階段を踏み外しそうでした。さあ、こちらから入りましょう。」

共通

一見か弱く見えるもクラシカルな揚州炒飯はフロアに入った。三拍子の舞曲の中で、彼の服は軽快にひらひら舞いて優雅である。まるで西洋の世界に入り込んだ東方の妖精のようだ。


鶏茸金絲筍

「どういうことだ!?こいつのスピンはあんなにも綺麗で…絶対に練習しただろう!」


鶏茸金絲筍

「だが、俺様の記憶では、あいつはただの平民出身の食会で、労働に集中している…」


鍋包肉

「それは間違いですね。揚州炒飯は砕金飯から派生して生まれた、名実ともに名門の後裔ですよ。」


揚州炒飯

「これは晩生の出身とは無関係です。福建が飢饉にあった年、伊秉綬様が緊急に安い米を購入する必要がありました。とある西洋の富豪を説得するために、私たちは彼の生活や習慣を習ったのです。」


揚州炒飯

「○○、晩生は見た目ほど弱々しくて頑固な人ではありません。あなたは…もう少し頼ってください。」

【選択肢】

・体を近付ける

・カッコイイ所を褒める

選択肢

体を近付ける

揚州炒飯

「わ、わわ若様!?晩生が言ったのは体の方ではありません!

 く、君子の体は冬の梅のよう;君子の心は名月に向かう…」


鶏茸金絲筍

「黄色いスポットライトが当たる二人!揚州炒飯、俺様の下僕とそんなに近付いて踊るんじゃないぞ!」


鍋包肉

「もう少し見てください。近付いて踊っているわけではなさそうですよ。彼は読経をしていますね。」


カッコイイ所を褒める

揚州炒飯

「かっこいい所とは?若様が言ってるのは、揚州炒飯が頼もしくて、もっと多くの人と若の力になれる…」


揚州炒飯

「待ってください、もしかしてかっこいい所とは――!」


鶏茸金絲筍

「ん?揚州炒飯は一体何をしているんだ?ちゃんと踊りもせず、顔を赤らめてずっと逸らしているではないか!

 下僕がきちんと手を握っていなくては、奴は窓の外まで飛んでしまうぞ!」

共通

鴨二

「グワグワ、グワグワグワグワグワ!!」


鶏茸金絲筍

「俺様の舞踏会に、なぜ鴨の鳴き声が…?あ!大殿、大殿が浸水した!」


鍋包肉

「若様、入口の水はもう脛の位置まで上がってきています。鴨まで泳いできました!」


揚州炒飯

「鴨…大変です!」


▷ページトップへ

二 月光に背かず・弐

◆主人公男女共通◆

共通

数年前


壁の外から音が聞こえる。それは泥の上を走る重い車輪のような音だ。

伊秉綬が疲れた顔で庭に入った。ローブは濡れ、靴は泥まみれだ。

それを見た揚州炒飯は、急いで迎えに行った。


揚州炒飯

「先生、お疲れさまでした。ここ数日の公文は晩生が確認しました。「最近揚州の降水量がかなり上昇し、現在の被災状況はまだ不明となっております。」しかし、今年上半期の豊作のお陰で、食糧の価格は下がっていますから、この度の被災者たちは流浪に至らないでしょう」

「嘉慶三年における奉天の洪水と比べると、ここの被災状況はまだ厳重ではありません。

 先生は過度の心配をしないで、この件を州や県の官吏たちに任せるのはいかがでしょう」


伊秉綬

「はぁ、楊舟よ…今回の浸水範囲は小さいが、もう数月も続いている。被災の損失は、公文にも入れられないくらいの状況だ」

「被災地の環境は苦手だと思い、いつも府内で事務処理を担当させていた…しかし、いつまでも机の前で空論をするだけでは、ただお前を本当に民生から遠ざけてしまう…」

「今回、お前も一緒に被災地に行くのはどうだ?」

【選択肢】

・先生の仰る通りです

・畏まりました

選択肢

先生の仰る通りです

揚州炒飯

「晩生は被災地に足を踏み入れたことがなく、水害の救助方法も本に載っている知識程度に限られます。今回の旅はきっと為になるでしょう」

畏まりました

揚州炒飯

「今回先生の力となり、治水ができれば、晩生はもう満足です」

共通

揚州炒飯

「そうだ。昨日宝応県から公文保筒が送られてきました。しかし内容について、晩生にはまだ不明な点があります。見てください。公文に「被災者が多く集まり、家屋が荒涼として、流民がさすらっています。どうか食糧を購入し、賃貸税の免除を開放してください。」」

「しかし晩生は、宝応県と各村は二ヵ月前ですでに食糧購入と兵役緩征を申請したと覚えていますが、こんな短い間に、被災状況はどうして深刻になったのでしょう?」


伊秉綬

「…そうか。では明日宝応県の被災地に行こう」


宝応県に入った途端、馬車は泥の中に陥って動けなくなった。

揚州炒飯が暖簾を捲ると、目の前の状況に驚愕した。

湿った泥の臭いが漂い、見える限りでも沢山の家屋が破損していて、田んぼも既に水に浸かっていた。

飢えた被災者たちは人形のように生気がなく、慌ててこの地から逃げ出していく。


揚州炒飯

「ここは…一体どうしてこんなことに…!」


被災者甲

「そ…それは官吏様の馬車!食糧を配りに来たのか!?」


被災者乙

「官、官吏様…!!お助けください!!」

【選択肢】

・手巾を渡す

・食糧を渡す

選択肢

手巾を渡す

揚州炒飯

「到着が遅れて申し訳ありません。ああ、お召し物が濡れてしまいましたね、冷えないように、まずはお体を拭いてください」

「後ろの馬車に沢山積んでありますので――」

食糧を渡す

揚州炒飯

「遅くなり申し訳ありません。こちらは今夜の食糧です、先に召し上がってください」

「後ろの馬車にもありますから――」

共通

伊秉綬

「皆さん、拙者は揚州知府の伊秉綬、この度は知県に向かって公文を返すのですが、私はもう宝応県の状況を把握しましたから、支援の物資はまもなく届くでしょう」

「どうか皆さん、もうしばらく待ってください。私は皆さんの期待を裏切りません!

 今夜。菜市口高地でお粥を配りますので、どうか他の人にも伝えてください」


県の役所は高い位置にあり、地面に水溜りもなく乾いている。

伊秉綬と揚州炒飯を見た知県は驚いて顔色を真っ青にしては、慌ててどうすればよいのかも分からない。


伊秉綬

「止まれ!」


張知県

「知、知府様…」


伊秉綬

「前回、被災統計には宝応県が入っていないが、支援物資と減税の申請をした。二ヶ月後、あなたはまた支援物資を申請した、しかもとんでもない数だ。これは一体どういうことだ?」

【選択肢】

・まさか前回の物資は…

・よくも嘘の状況を報告し、救助にも手抜いているのか!

選択肢

まさか前回の物資は…

張知県

「どうかご明察を!拙、拙者は横領などいたしません!今年県内の農産物は不作であり、百姓が税金を払えませんでした…

 私は各地が被災されたのを見て、緩征と減税のよい機会だと…」

よくも嘘の状況を報告し、救助にも手抜いているのか!

張知県

「どうかご明察を!拙者…拙者は隠し事なんてしておりません、県内が水災に遭ったのは一回だけでした!」

「前回の支援物資を、私は全て民に配りました。代わりに今年の産量と税金を上げました… そうしないとこの件の税金がまた最下位になります…」

共通

張知県

「で、ですがまさか、数か月後にこの宝応も被災を受けるとは思いませんでした! もうすぐ収穫の時期だというのに、全て台無しになりました…」


伊秉綬

「はぁ…楊舟、どう思う?」

【選択肢】

・思慮に欠ける事です

・人を害して、自分も害する

選択肢

思慮に欠ける事です

揚州炒飯

「張知県、今回貴方がした事は、実に思慮に欠ける事です!今年の揚州は多くに被災し、これは大清の不幸です! こんな時期だからこそ、貴方はもっと物資を大切に!それをより必要とする人々の手に届けるべきです」

人を害して、自分も害する

揚州炒飯

「張知府、こんな大変な時期に、まさか支援物資を利用しようと考えるなんて…まさに人を害し、自分をも害する事です! 揚州各地ではまだ多くの被災者が飢えていて、家がなくなっています!」

共通

揚州炒飯

「水害を受ける事は、公文に書くような簡単なことではありません!村の入り口を見てください! 貴方の民は今帰る場所をなくしています!」


伊秉綬

「張知府、宝応は今回小範囲の被災だったが、あなたの不適切な処置で流民が出た。その涜職の罪は、数日後私が厳しく裁くつもりだが、今はもっとやらなければならないことがある。楊舟――」


揚州炒飯

「はい、晩生達は支援の食糧を持ってきました。今夜は菜市口でお粥を配ります。張知県、ここは貴方の管轄内ですから、どのような方法で配ればよいか、晩生達よりも貴方の方が詳しいですよね」

「晩生達の食糧はたった数日分しかありませんから、また同じ過ちを犯さないようにしてくださいね…」

「これは…晩生が今日学んだことでもあります…」


満月が昇る。揚州は伊秉綬の方へと向かい、目には感謝の気持ちが込められている。




鍋包肉

「揚州炒飯、何を考えているのですか?早く若様をこっちに連れてきてください!」


▷ページトップへ

三 タイトル

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通


▷ページトップへ


▷揚州炒飯へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (揚州炒飯・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる