Gamerch
食物語攻略wiki

片児川・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌いこの世界に、片児川より良(よ)いものがあるのか?
世間話・
其の一
片児川の名前を聞いたことがない? 君は見識が狭いのか、それとも、このボクに喧嘩を売っているのかどっちだ?
賛美
世間話・
其の二
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 片児川は清朝の頃に化霊した。かつて杭州で奎元楼の店主を務めていた経歴がある。彼は裸一貫で事業を起こしており、彼が作った麺は安くておいしい。また、現地の解元から吉運を分けて貰ったので、瞬く間に杭州城の人に敬意を払われ「川爺」と呼ばれるようになった。20世紀の40年代になると、梅蘭芳、蓋叫天、蔡廷鍇などの有名人が奎元楼にきたことで、片児川は全国にまで名が轟いた。


容姿

 奎元楼の店主として片児川はいつも奎元楼を自分の象徴と誇りに感じている。そのため化霊しても看板を持ち歩いている。

 片児川を作る時、下に卵三つを入れることで「連中三元」という良い意味になる。噂によると、その効果はかなり大きいとのこと。片児川は三つの卵を襟元に飾り経歴を自慢している。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷片児川へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (片児川・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる