Gamerch
食物語攻略wiki

エビチリ・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 至高の味と情・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

???

「早く見せてよ、この話にぼくは出てくるの!?」


???

「そんな焦って奪わなくても、千里兄さんのところに、まだたくさん本はあるから。単行本、豪華上製本、文庫本と、記念版、周年版、オリジナル化粧箱入り版があるから!」


前方から騒がしい声が聞こえてきた、とても気になって見に行くことにした!


エビチリ

「焦らなくていいよ、こっちにまだあるから~。」

【選択肢】

・千里の漫画を見てるの?

・1冊を頂戴。

選択肢

千里の漫画を見てるの?

四川火鍋

「ああ。麻婆豆腐がすすめてくれたんだ」


麻婆豆腐

「わしは勧めてないぞ? あんたら、自分が読みたいだけやな!」

1冊を頂戴。

驢打滾

「おっ! 待たせたか? 注文した『中華料理王』豪華改訂版だぞ!」

「第23話を開いてみ。「豆麺ハンター」がどうやってみんなの心を射抜いたのかを読んでみな!」

共通

餃子

「この漫画は確かに面白かった。主人公もすごいよねぇ」


金玉満堂

「きみは作者だからな、彼よりもすごいかも? 見てみたいぞ!」


蜜汁叉焼

「千里お兄ちゃん、あなたも料理をするとき、あの主人公みたいにするの? 蓋を開けた瞬間に鍋の隙間から金色の光が溢れてたり、その後ろでは小人が歌ったり、踊ったりするような感じで!」


エビチリ

「え……?」

「もし僕が料理を盛り付ける瞬間に、誰かが後ろで演奏でもしてくれれば、できるんじゃないかな!」

「まあ、金色の光や小人はいなくても、僕の料理は本当にすごいから!」


四川火鍋

「だったらさ、グルメ漫画家としての実力を見せてくれないか?」


皆が頷いた。すると千里も自信満々に頷く。そして、そんな彼と一緒にみんなで厨房へと入った。




エビチリ

「『厨房の百腕巨人』と言われる、この千里の腕前をとくとご覧あれ!」


千里は素早く野菜を洗い、目にもとまらぬ素早い包丁さばきで、野菜を美しく切り揃えた。


四川火鍋

「わぁ! まさに漫画の主人公のごとき包丁さばきだぞ! 「この作者にして、この主人公あり」を体現したようだ!」


蜜汁叉焼

「さすがに、食材が扇状に飛んで、橋の形になる漫画とは同じじゃないけど、千里お兄ちゃんの所作は、主人公と同じでカッコいいね!」

【選択肢】

・千里、カッコいいね

・千里、もしかして、またアレを入れようとしてるんじゃ……

選択肢

千里、カッコいいね

エビチリ

「ほら、キミに返事をする余裕もあるよ!」

「僕と同じようにカッコいい○○に褒められるなんて、うれしいな!」

千里、もしかして、またアレを入れようとしてるんじゃ……

千里は大きな缶詰に入った真っ赤なソースを手に取った。貝貨も不要といった様子で、懸命に五つの鍋に缶の中身を注いでいく。


エビチリ

「よし、出来た。最後は、盛り付けだよ!」

共通

瞬く間に、千里は五品の料理を作り上げた。千里はBGMを口ずさみながら、寸分の狂いもなく、お皿に料理を盛り付ける。


エビチリ

「さあ、味見して! 昔、四川の人気餐庁でアルバイトしていたときも、僕の料理に対して、お客さんから高評価をもらったよ!」


四川火鍋

「ん? なんで見た目は全部赤いんだ? もしかして……全部辛い料理なのか!? さすが麻婆豆腐の親友ってところか!」


エビチリ

「ち、違うよ!」

「コホンコホン……では、僕の創作料理をみなさんに紹介するよ!」


千里は咳払いをし、大きな声で紹介し始める――


エビチリ

「トマトソースの鍋包肉、トマトソースの土豆絲、トマトソースの茄子蒸し煮、トマトソースのトマト煮込み、そしてエビチリだ!」


四川火鍋

「???」


エビチリ

「遠慮はいらないよ。召し上がれ!」


羊肉泡饃

「変な料理名だけど、味はすごく美味いぞ!」


四川火鍋

「そ……そうか? じゃあ、おれも食べてみようかな」


千里はみんなを椅子に座らせる。そして、食器を運びながら、こっそりとあくびをした。

【選択肢】

・千里、なんかすごく疲れてるみたいだね?

・千里、ちょっと休憩したらどう?

選択肢

千里、なんかすごく疲れてるみたいだね?

エビチリ

「そんな風に見えた? 多分、締め切りのせいだ。ここ数日、徹夜したから! でも、みんなが僕の漫画を気に入ってくれたでしょ、それで疲れも吹き飛んだ。だから、安心してよ」

千里、ちょっと休憩したらどう?

エビチリ

「えっ、どうして? 締め切りのせいで、ここ数日徹夜したから、疲れているように見えるのかな? でも大丈夫、今すごく元気なんだよ、みんなが僕の漫画を気に入ってくれたから、彼らを興ざめさせるようなことはできないよ!」

共通

エビチリ

「そうだ、○○。明日、キミに用があるんだ。原稿を完成させたら、キミに話そうと思ってたんだけど、時間ある?」


彼の生き生きとした様子を見て、拒絶するのに忍びない、誰にしてもこの様子を見て、断ることができないだろう。





朝早い時間に、千里が寝室のドアをノックしてきた。不思議な面持ちで、行きたい場所があると言った。


エビチリ

「○○、僕の手を取って、一緒に来てくれないかな。万象陣を使って、行きたい場所があるんだ!」


彼は陽気だが興奮した様子で、大切にしまっていた秘密のキャンディーを仲間に分けるかのように告げた。


エビチリ

「万象陣が動き出すよ!」





エビチリ

「ここが、キミを連れて来たかった場所だよ!」

「ここはね、横浜中華街にある四川の餐庁だよ。たくさんお客さんが来て、大人気店みたいだね」

「この店は、僕がいつも言ってた四川の餐庁だよ! 僕が化霊したばかりのとき、オーナーがアルバイトさせてくれたんだ。とても親切な人だったな~」


餐庁では人々が語らい、裏の厨房からは食べ物の匂いが漂っている。そして、金色に光る絹のような温かな日差しがロビーに降り注ぎ、半分開いた木の窓から、蕾をつけた枝が入り込んでいる。

【選択肢】

・ここは賑やかだね。

・ここはあったかいね。

選択肢

ここは賑やかだね。

エビチリ

「そうだね。たくさんお客さんがいるよね。相変わらずすごい人気だな~」

「最近忙しすぎて来れなかったんだけど、ここはあの頃と少しも変わってない……内装、賑やかな声、味、窓の外に立つあの大きな木、みんなが僕を迎えてくれているよ!」

「うん。街の住人たちの生活から感じる、あたたかな雰囲気が漂ってるよね!」

「小さな餐庁だけど、まだ化霊したばかりの僕に、居場所を作ってくれた店なんだ。あの頃と、全然変わってない……」

ここはあったかいね。

共通

エビチリ

「ここでアルバイトをしてたとき、美味しい料理を食べたときのお客さんが、すっごく幸せそうな顔してたんだよ! 一品一品の料理が、料理人とお客さんの心を繋いで、その幸せが多くの人に伝わった……!」

「キミをここに連れてきたのは、この美しい場所を見せたかったからだよ。あと……ここで起きた素敵な物語も教えたかったからかな」


▷ページトップへ

二 至高の味と情・弐

◆主人公男女共通◆

共通

エビチリ

「お待たせしました、ご注文のエビチリです」

「キミは目が利きますね。いつも僕の一番得意なエビチリを注文しますから」


漫画家

「へぇ、君が作ったんだ。こんなに口に合うエビチリは他で食べたことがない。お兄さん、ありがとう!」


エビチリ

「キミはいつもここに座って、同じ料理を頼みますから、覚えてしまったんです。僕の料理をこんなに楽しんでくれるお客さまと出会えて、こちらこそ感謝です!」


漫画家

「俺はこの餐庁が大好きなんだ。料理が美味しいだけじゃなく、ここにいるお客さんはみんな幸せそうだ。彼らはリアルな生活の雰囲気をまとっていて、俺にたくさんのインスピレーションをあたえてくれる」


エビチリ

「インスピレーション? キミは……」


漫画家

「ハハッ。俺、漫画家なんだ。常にインスピレーションをメモにとる習慣があってね。ここにいると、いつもより多くのインスピレーションを得られるんだ」


オーナー

「千里、ちょっと来て――」


入口から餐庁のオーナーが声をあげた。いつも笑顔のオーナーだが、この声からはとても焦っていることがわかった。


エビチリ

「はい――」

「すみません、失礼します。ごゆっくりどうぞ!」


扉の近くに、杖を持った身なりの良いお爺さんの姿が目に入る。その人は、オーナーに支えられながら小部屋へと入っていくところだった。


エビチリ

「僕、代わります!」


千里はお爺さんを支えながら小部屋に入った。そして椅子に座るのを手伝う。その後、お爺さんにお茶を出した。


おじいさん

「ありがとう……貴方はとてもいい子だね」


オーナー

「お爺さん、私に御用でしょうか?」


おじいさん

「すまないね。私は東京に住んでいて、今日は昔の記憶を辿ってここまで来た……だが、ここは大分変ったな。かつてここで店の経営をしていた主人も既に引っ越した後のようだ。店の横に立つ大きな木も、あの頃とは違うように見える……」


オーナー

「お爺さん……」


おじいさん

「すまない、面倒をかけたね。ただの気まぐれだったんだ、前もって調べずに、突然思い立ってここまで来てしまった。幼少時代の思い出を探そうとして……」


この言葉を聞いて、オーナーと千里は顔を見合わせた。どうやらふたりとも、アイデアが浮かんだようだ。


エビチリ

「今、ちょうど仕事が終わったところです。もしよかったら、子どもの頃にお食べになった料理を再現してみましょうか? 僕はこの店の優秀な料理人ですから」

「オーナー、いま厨房で使ってない料理道具を借してもらえませんか?」


オーナー

「いいよ。千里、やるならしっかりやらないとだよ!」

「お爺さん、千里はこの店一番の腕前を持つ優秀な料理人です。お客様からいつも褒められています。だから、彼にやらせてもらえますか?」


おじいさん

「ほ……本当に申し訳ない。ありがとう、お願いするよ……」


エビチリ

「う~ん……お爺さんの説明によると、だいたいの手順は恐らくこうだよね。でも、調味料の割合は手探りでやるしかないかな……」

「あ……あとひとつ、絶対に忘れちゃいけないことがあった。いつもみたいにトマトソースを入れすぎないように気を付けないと!」


千里は一生懸命、お爺さんの思い出の味を再現しようと努めている。その間、オーナーは一人座っていたお爺さんを支えて、周りのお客様に迷惑をかけないよう配慮しながら、小部屋からロビーに連れていった。


お昼のピーク時だったため、ロビーが満席だった。なので、お爺さんはなかなか空いている席が見つけられない。


漫画家

「席をお探しですか? 良ければこちらにどうぞ。俺は食事が終わったので、すぐ出ます」


おじいさん

「ありがとう、お兄さん。今日はたくさん、親切な人に会ったんだ。思い出のあの味を見つけられなくても、決して無駄足ではなかった……」


漫画家

「遠くからいらしたのですか? どちらからいらしたか、お伺いしても?」


おじいさん

「恥ずかしい話だ。私は東京に住んでいて、今日は幼少の頃に食べた料理を探すためにここに来た。けれど、あれから何年も経っている。だから、店の主人はとっくの昔に引っ越していておかしくない。なぜそれが予想できなかったのか……」


漫画家

「そうですか……その方の特徴と料理について、教えていただけないでしょうか? 見つかった場合は、ご連絡いたします」


おじいさん

「お兄さん、お心遣いありがとう」


そのとき、よく通る千里の大きな声が、裏の厨房からこちらへ向かって近づいてきた。


エビチリ

「お待たせしました。この料理を食べてみてください!」


千里は料理が盛られたお皿をお爺さんの前に置き、期待の眼差しを向けた。

お爺さんは皿の料理を口に入れ、しばらく噛んでから、複雑な表情を浮かべた。


おじいさん

「とてもおいしい……お兄さん、ありがとう」

【選択肢】

・もしかして、味が違いましたか……?

・おいしくなかったですか……

選択肢

もしかして、味が違いましたか……?

千里はうなだれて、とても落ち込んだ表情を浮かべた。


エビチリ

「満足のいく物を食べたとき、現れる表情は人それぞれだが、そのどれもが幸福感と満足感に溢れていますから」

おいしくなかったですか……

千里はとてもがっかりした様子で、お爺さんの顔色を窺う。


エビチリ

「僕は自分の料理の腕には自信があります……でも、満足するものを食べたときに見られる表情とは違いました……」

共通

おじいさん

「私は役立たずの年寄りで、味覚もほとんど退化してしまってね。今もまた不機嫌な顔をして、人を困らせてしまっている。ただ、かつての思い出だった、あの、どこにでもある味を味わいたかっただけなのだがね」

「お兄さん、すまないね。確かに美味しいんだが、私の探していたあの味ではないようだ……」


お爺さんは千里を慰めるため、彼の頭を軽く撫でた。そして、一口ずつゆっくりと完食する。そしてお爺さんは、丁寧にみんなにお礼を言って、会計を済ませる。その後、杖をついて店から出ていった。

お爺さんの縮こまった後ろ姿を見た千里は、無念さと悔しさをその顔に溢れさせる。


エビチリ

「お爺さん……」


オーナー

「千里、そんなにがっかりしなくていい。お爺さんは連絡先を教えてくれただろ? いつかあの味が見つかれば、お爺さんの願いを叶えられるさ」


エビチリ

「はい……でも、僕はお爺さんを、料理の腕前で満足させられなかったことに傷ついているわけじゃないんです。お爺さんに今日、思い出の味と再会させられなかったことを残念に思っているんです……」

「長い歳月が過ぎたから、お爺さんが素晴らしい記憶が、だんだんと消えてしまったんだね」


一ヶ月後


賑やかな餐庁には、今日も人がいっぱいで、千里も相変わらず、無限に回り続けるコマのように厨房とフロアを行ったり来たりしている。


オーナー

「千里ーー!」


聞きなれたオーナーの声が聞こえ、千里は裏の厨房へと走っていった。


エビチリ

「ん? そちらの方は?」


厨房にはオーナーと他の料理人たちと、見知らぬ男性がひとり立っている。一度も会ったことがないのに、何故か千里はその人物の特徴をどこかで見たことが……聞いたことがあるように感じた。


オーナー

「紹介しよう。こちらは、先月、お爺さんが探していた屋台のご主人のお孫さんだ」


エビチリ

「なんだと!?」


続きが気になるシーンで、この話はストップさせる。千里はいたずらっぽく訊ねた。


エビチリ

「○○、屋台のご主人のお孫さんがどうやって見つかったのか、当ててみない?」

【選択肢】

・お爺さんが新聞に投稿したんじゃない?

・漫画家がお爺さんに連絡したの?

選択肢

お爺さんが新聞に投稿したんじゃない?

エビチリ

「ん、その方法も悪くないね」

「でも、お爺さんは人に迷惑をかけたくなくて、あの日も僕たちにずっと謝っていたよね」

漫画家がお爺さんに連絡したの?

エビチリ

「○○、賢い! 違うけど、だいぶ近いよ!」

共通

エビチリ

「漫画のお陰なのは確かだよ!」


▷ページトップへ

三 タイトル

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通





【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通


▷ページトップへ


▷エビチリへ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (エビチリ・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる