Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

石子饃・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い俺にとって、人々の幸せな笑顔こそが、かけがえのない贈り物だ。
世間話・
其の一
率直に、なんでも言う性格でな。何か気に障るようなことをしたら、遠慮せずに教えてくれ。
賛美こんなにうまく空桑を管理できるなんて、すごいな。
世間話・
其の二
俺の話を聞きたいのか?案外つまらないと思うが……あまり期待しないでくれよ。
甘え綺麗に飾った言葉よりも行動が大切だ。
告白俺はお前を守る。この約束は永遠だ。

衣装「衣装名」

衣装

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

  石子饃は周の時代に化霊した。調理に石が用いられたため、化霊した後の彼は自然地理に興味を抱くようになり、よく旅をする。生来正義感が強く、困難にあった人をよく助ける。そのために、民から「石侠客」と呼ばれた。

  百家争鳴の時代から、墨家「非攻、兼愛、節用」の理念に心酔しており、鉅子に弟子入りした。鉅子は彼にあらゆる知識を伝授し、「子陌」と名づけ、天下の苦難を救うこと期待した。

  当時天下が乱世となり、悲惨な日々が続いた。石子饃は自ら戦乱に身を投じ、自身のやり方で民を守ろうとした……


容姿

  石子饃は体が大きく、髪は石のような灰色をしている。多くの苦難を経験した彼の皮膚は大地のように、人に安心感を与える。

  墨家の学問に憧れ、石子饃は常に「節用」の理念で日常生活を管理している。彼の服は質素で――身にまとう鎧は長年使用されていて、かなりの使用感があっても変えようとしていない。身についた唯一の飾りは、これまで残してきた傷跡だけだ。


技能

  平和主義者の石子饃は争いを好まないが、戦闘が苦手なわけではない。彼は三つの武器を持っている。堅実な体、硬い拳、そして不動の決心。

  墨家の弟子は、苦難から人々を救うことを志し、いかなる困難にも屈せず、死を顧みぬ。彼は味方を守るために、危険に構わず敵をひきつける。長年の武術を修行した彼は、手を出さずとも、たやすく邪念を持つ者を成敗できる。


  石子饃は熱い石の上で焼き上げた餅。古代の「燔黍」という物から変化したものとされている。中国料理の中では極めて長い歴史を持つ。唐の時代では「石鏊餅」と呼ばれ、皇帝に献上された。清朝の袁枚は『随園食単』でそれを「天然餅」と称している。

  現在は好みで油や塩、花や山椒などの調味料を入れている。「きれいな小石で焼きと、膨らみ、金色になったら焼き上がり。とてもやわらかい」。そして長く保存できる。


天性の才

  外観はもちろん、石子饃の性格も石のように堅い。決めたことなら決して揺るがない。このような石子饃は、時に頑固と言われる。長年、旅していて、墨家「兼愛非攻」の理念に従ってきた。争いがあれば、必ず「石侠客」の姿がある。

  墨家でも軍隊でも、石子饃がよく気の強い男たちと接してきた。このような環境のせいか、彼はよく人々の目から「情のない」行動をとる。しかし、他人を守ることに関して、石侠客はいつもとても熱心だ。


  「敗れた服を直そうとしたら、若様が慌てて入ってきた――袖があぶれたようだ。若様の服を縫っていると、若様がまだ若いから、好きかもしれないと思って、花の模様を刺繍した。行軍中に出会った花で、小さくて質素だが、とても好きな花だ。。

  だが、若様が服を着るや否や、すぐに郭執事に呼ばれて離れて、戻ってこなかった。その花を気に入ってくれたかな?




▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (石子饃・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる