Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

太史五龍羹・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物語異獣を訪れて
触れ合いタイトル
ステージ冬眠危機
  お楽しみに

物語

太史五龍羹はずっと空桑の異獣に興味を抱いている。彼なら、あの人と馬が合いそうな気がするーー

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

太史五龍羹

「今回お前が見せてくれるのは、ヒヨコやアヒルじゃあるまいな?」

「空桑には不思議な猛獣がいると聞いていた。

だが今のところ一番凶暴なのは、ワニくらいだな……」


「安心して。もうすぐ着くよ。」

「もう彼と約束しておいたから、今のところ僕たちを待っているだろう。」


空気中に舞い飛ぶ氷の結晶が現れた。

雷音はアンテナを伸ばして雪を感じ取った。

いきなり、近くで聞き慣れた声がしたーー


寒英

「ガォーー」


玉麟香腰

「おや、よく来ましたね。」


太史五龍羹

「お前がそいつの主人なのか?この麒麟は、確かに風格がある。」


雷音は不思議そうに目の前の四足獣を眺め、

しっぽの先を寒英の爪に巻きつけた。

寒英は嫌がらず、おとなしく頭を揺らした。


玉麟香腰

「閣下もこういう動物が好きなのですか?」


太史五龍羹

「俺は強くて美しい異獣しか目に入らない。

そして、それらの力を我のモノにする……」


「太史殷(たいしいん)!

あの……不周山の異獣の話、もっと話して、僕も興味がある!」


太史五龍羹

「話題をそらす方法は相変わらず稚拙だったな。まあいい。」

「不周山の妖獣は、多くが凶暴だ。蠱雕や彘獣など、いずれも人を食らう。」


玉麟香腰

「それは『山海経』に「くちばしを持ち、赤子のように鳴く」と記された蠱雕ですか?まさか、世の中に存在しているとは……」

「ということは、太古の美しい異獣も、どこかで暮らしているということですね?記述を整理して、あとで太史様に聞いてもいいですか?」


太史五龍羹

「わかった。」


玉麟香腰

「では失礼します。寒英、お客さんと遊んであげなさい。」


舞い散る雪の中、雷音と寒英はとても仲よくなった。

寒英が地面に半分横たわると、

雷音のしっぽの先端がその足の爪にしっかり絡みついた。


太史五龍羹が手を振って空中に小さな稲妻を作り出すと、

寒英は興味深そうに爪で捕まえた。

雷音のしっぽの先端が空を切ると、稲妻はその体内に溶け込んだ。


空中には雪が舞い飛んでいたが、太史五龍羹はその場を立ち去ろうとせず、

この一幕をジッと見ながら、口もとにかすかな笑みを浮かべていた。


【選択肢】

・寒くなってきた。あなたは大丈夫?

・まさか、あんなに仲よくなるなんて

選択肢

寒くなってきた。あなたは大丈夫?

「玉麟香腰のお住まいにはいつも雪が降る。もし寒かったら、帰りましょうか。」


太史五龍羹

「必要はない。普通の野獣は、雷音を見ただけで恐れおののく。

こんなに楽しそうに遊んでいるのは珍しい。」


まさか、あんなに仲よくなるなんて

太史五龍羹

「雷音は弱小な獣が好きではない。

力が匹敵できる相手なら、仲間になれる。」


「飼い主とそっくり……」


共通

「なんだか、今日のあなたは普段より喋っていた気がする。」


太史五龍羹

「今日見たことは、確かに興味深い。」


「これからも空桑で、もっとたくさん面白いものを見せてあげよう。」



▷ページトップへ

触れ合い

開始前のあらすじを記載

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通





▷ページトップへ

ステージ

探索から戻ってくると、太史五龍羹の姿はいない。彼の小屋に入ったら、なんとーー

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

蜜汁叉焼

「わかさま、叉焼はたくさん持って帰ったよ〜

叉焼にチューしてください。」


「すごいよ、叉焼!」

「そういえば、太史五龍羹は一緒に帰ってきたの?見当たらないけど?」


蜜汁叉焼

「えっと、太史おにいちゃんは眠かったみたい。

帰ったらそのまま部屋で寝ちゃったんだ〜」


「眠かったみたい?見に行ってくる。」


太史五龍羹はドアをロックしていなかった。

中に入ると、彼はベッドで縮こまって、眉間にしわを寄せていた。

雷音がそばでとぐろを巻いて彼を守っていた。


近づいて彼を起こそうとすると、目の前で急に雷が光ったーー


太史五龍羹

「誰だ?!」


戦闘

VS 太史五龍羹


「僕だ!大丈夫?」


太史五龍羹

「〇〇?むやみに入ると、雷に打たれるぞ。」

「出ていけ。俺の眠りを邪魔するな。」


彼はとてもけだるい表情でそう言うと、手を振って横になった。


「なに?急に……わかった。崑崙虚は寒すぎて、探索させるには向いてない……」


太史五龍羹

「その弱者を見るような目はやめてくれ。」

「ひと眠りしただけなんだ。グズグズして、俺が寝るのを見るつもりか?」


追い払おうとする彼の言葉を無視して、暖炉に火をつけてお湯をわかした。

部屋は少しずつ暖かくなってきた。


「もし次、体の調子が悪くなった時に、1人で背負ったらだめだよ。

少なくとも……僕のことは信頼していい。」

「ほら、お湯を飲むんだ。」


太史五龍羹

「きれいごとを言いやがって。」


「空桑では、僕だけじゃない。みんなこうやってお互いを信頼して助け合ってる。あなたが無事なら、僕は安心した。」


お湯を枕元に置いて出て行こうとすると、雷音のしっぽが軽く僕のかかとに触れた。


太史五龍羹

「気が変わった。」

「せっかく来たんだし、ここで「信頼」とはどういうものか教えてくれ。」

「これは不周山の主の命令だ。」



▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (太史五龍羹・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる