Gamerch
恋と深空攻略Wiki

【恋と深空】スタンプ返信内容一覧・ホムラ

最終更新日時 :
1人が閲覧中
最終更新者:ねこざき
セイヤの返信はこちら レイの返信はこちら

スタンプ返信内容一覧・ホムラ

スタンプ内容

来たよ
「アトリエに来たって?」
「あいにくだけど、渓谷に天藍石を探しに来ていてね。」
「帰ったら、どの石が一番深海の色に近いか選んでくれるかい?」
「この前、街で君を見かけた時、僕はこうやって挨拶したんだ。」
「ワイパーみたいに手を振り続けたのに、君は全く気付いてくれなかった。」
「ちょうどよかった。」
「アトリエ用の装飾画を2枚描いたんだけど、どっちを飾ろうか悩んでいるんだ。」
「君、選んでくれないかな?参考にするから」
「そんなに興奮して、何かいいことでもあったのかい?」
[ちょっと挨拶しただけ]
「やっと気付いたの?」
「まあ、そんなに長い期間じゃなかったけど。」
「あと2日遅かったら、僕は塗り絵を1冊全部仕上げていただろうね。」
[遊びに行こう!]
「もちろん。」
「海の中で、魚の引っ越しを見よう。」
「それとも生まれたばかりの小鹿を見に、森へ行こうか?」
「両方とも面白そうだね。」
「どっちも行く。これで決まりだ」
[あなたのことが気になっただけ]
「確かに今の僕は、気にしてもらう必要がある。」
「昨日は一日中、脚立の上でドーム天井に絵を描いていたんだ。」
「そのせいか、目が覚めたら魂と体が切り離されたような感覚がしたよ。」
「実は、ずっと言っていなかったことがあるんだ。」
「それはね......」
「君はいつも、こっそりアトリエに忍び込んでうまく隠れているつもりでしょ?」
「でも僕は全部気付いているんだ
「君の存在感が大きすぎて、とても無視できないんだよ。」
「こんな時間に、」
「僕と一緒に日の出を待つつもりかい?」
「それなら海辺においでよ。ここなら太陽がよく見える。」
「こんにちは。」
「まだ絵を描き始めたばかりなんだけど、なぜかどんどん眠くなってきて、もう耐えられない。」
「起きたらスマホを修理しに行かないと。」
「スマホに表示されている日付が1日進んでいるんだ。」

トントン
「どう見てもアトリエには玄関があるのに、なぜかいつもショートカットしたがる人がいるんだ。」
「この前の間抜けなカモメみたいに」
「3分間も窓に体当たりし続けて、遂に疲れ果てて地面に落ちてしまった。」
「だから言っているよね?」
「僕のアトリエに来る時は、ノックしなくていいって。」
君のせいでスマホの画面が割れてしまったよ。」
「責任もって君が直してね。」
[直った!]
「2回なでただけで、どうして直るんだい?」
「せめてどんな風に直ったのか、実際に見に来た方がいいんじゃないかな。」
[修理しなくていいんじゃない?]
「まるで何度も割ったことがあるような言い方だね?」
「君のスマホは、一体どんな体験をさせられてきたんだろう。」
「お呼び出しのユーザーは、現在重要な問題について考えています。また後ほどお試しください。」
「それか、一緒に考えてくれない?」
「君とハンターチャレンジに参加したら、体がスッキリしたし、食欲も出てきたし、睡眠の質も上がったんだ......」
「一体どうしてだろう?」
「偶然だね。寝ていなかったの?」
「そうだね。昼の時間はいつも誰かに奪われてしまうけど、深夜は自分だけのものになる。」
「だからこそ、こういう時間にこそインスピレーションが湧いてくるんだよ。」
音声返信(12秒)」

ドヤ
「わかった、わかった。」
「君が僕よりお絵描きクイズゲームが得意なことはわかったよ。」
「でも、これはあまりにも非科学的だね。」
「きっとゲームにバグがあるに違いない!」
「ヒヨコが誇らしげに絵筆を振っているね。」
「君はどうするの?ベッドに寝そべって、足でも振ってみるかい?」
「どうしてそんな得意げな顔をしているんだい?」
[褒められたんだよ]
「どうして他の人に褒められると嬉しいの?」
「この前、君のカクレクマノミみたいな服装を褒めた時、全然嬉しそうじゃなかったじゃないか。」
「カクレクマノミはあんなに可愛いのに。」
[すごいことをやり遂げたんだよ!]
「へえ。それは本当にめでたいことだね。」
「しばらく得意になっていていいよ。」
[笑われるんじゃないかと思った]
「どうして笑わないといけないんだい?」
「僕が子供の頃、初めて絵を描き終えた時は今の君よりずっと得意になっていたけど。」
[あなたの弱みを見つけたんだよ!]
「僕も自分の弱みを知らないのに?」
「本当にそれで僕を脅せると思っているの?」
[あなたの黒歴史]
「ああ、あれか。」
「確かに当時は世間知らずで、大それたことを言っていたかな。」
「でも、それは全部実現したから。」

[あなたが子供の頃に描いた落書き]
「それのどこが弱みなんだい?」
「僕が子供の頃の絵か。技術は未熟だけど、見返すとなかなか面白い。」
「君のおかげで気付いたよ。子供の頃に描いたこの絵を描き直して、完成させるべきだって。」
「腰に手を当てて顔を上げれば姿勢が良くなるし、」
「笑えば10歳は若返ることができる。」
「まとめると、腰に手を当てて笑うことは、心身の健康にとてもいいことなのさ。」
「君はそのまま得意げにしていていいよ。」
「そんなに何度も自慢してくるなんて。一体君がどんな大業を成し遂げたのか、聞きたいな。」
「一緒に海辺で花火を打ち上げて、お祝いしようか?」
「その時に、詳しく教えてよ。」
「一日にこんなにたくさんハンターチャレンジに挑めるのは......」
「結果はどうであれ、誇るべきことだね。」

「大げさすぎるなら、控えめバージョンもあるよ。」

ハンターチャレンジやった日?
音声返信(13秒)」

私って天才
「そんなに自信があるのかい?」
「なら今度の絵画展の開幕式の時、マスコミの質問対応をお願いするよ。」
「決まりだね」
「サングラスをかけると、頭が良さそうに見えるって?」
「大きな帽子に大きなヒゲ、大きなカツラも必要じゃない?」
「僕の知っている芸術家の先生達で、そういう格好をしている人が何人もいるよ。」
「僕も天才さ。」
「昨日ペットが病気だって言い訳をして、飲み会の誘いを断ることに成功したんだ。」

「ちなみにペットっていうのは、アトリエに迷い込んできた小さなカニのことだよ。」
「その顔は何かな?」
「また僕が集めた貝殻をこっそり並べて、変な模様を作ったのかい?」
「見てくるよ。」
「どんな偉業を成し遂げたの?」
[(斬新なアイデア)]
「君のおかしなひらめきは、起きることがないのかな?」
「僕もそのひらめき力が欲しいよ。コツを教えてくれるかい?」
「ずっと考えにふけりながら、お風呂に入っていたくないからね。」

[(問題解決)]
「それって、君が最近悩んでいた頭痛の原因かい?」
「頭痛薬はもう配達中なんだけど、どうしようか?」
[(イタズラ)]
「君の賢さは、いつも用途を間違われているね。」
「いいと思うよ」
「ちょっと待って。僕にイタズラしたんじゃないよね?」
「はいはい。君は頭が良くて、すごく賢くて、機転が利くって知っているよ。」
「これからは「頭が良くてすごく賢くて機転が利く○○」って呼ぶね。」
「いや、それは毎日何度も呼ぶのに疲れてしまうな。」

ぶりっこ
「この仕草が可愛いのか可愛くないのか、いまいちよくわからないな。」
「君が一度お手本を見せてくれたら、結論を出そう。」

「もっと大きいのをあげる。お礼はいらないよ。」
「この動きをするには、顔に肉をつけないといけないよね。」
「まずはたくさん食べて。そうじゃないと、触り心地がよくないから。」
「正直に言うね。」
「君がほっぺたいっぱいに食べ物を詰め込むたびに......」
「触りたくて手がムズムズするんだ。」
「真夜中にこっそり可愛い自分をひけらかして、僕が気付かないとでも思った?」
「もうパターンはわかっているんだ。」
「誰にも見られていないところでは、君はいつもの2倍も3倍も大胆になるってね。」

見物
「何か面白いことでもあったのかい?ちょうど退屈していたんだ。」
[ネットのゴシップ記事を見て!]
「またどこかの愛憎劇や確執の話?」
「つまらないよ。」
「それならいっそ、顔なじみのイルカにできた新しいガールフレンドを見に行きたいな。」
[芸術は人生から生まれるものなんだね]
「芸術よりも人生の方が、よっぽど刺激的だよ。」
「大先輩達に絵を習っていた時、時々若い頃の話をしてくれることがあったんだ。」
「それを話している時の彼らは、講義の時よりもずっと熱がこもっていた。」
[小動物の喧嘩を見てるんだよ]
「じゃあ、君はその仲裁をしているのかい?」
「いや、違うな。」
「君がその場を乱さないことが、一番の仲裁さ。」
「今夜は君に豪華なディナーをご馳走しようと思ってたんだ。」
「でもこんなにたくさんポップコーンを食べていたら、満腹だろうね。」
「豪華ディナーはなしにして、消化を促す薬に変更しよう。」
「この前、僕が何人もの美術商に追いかけられた時......」
「君はそうやって、」
「トラブルが起きたら面白いのにって顔をしていたよね。」
「こんなにたくさんポップコーンを食べて、喉が乾かないのかな?」
「君もおやつを食べながら水分を取らないよね。」
「どうなっているんだ?」
「どうしてあんな面白いものが見られるところに僕を誘わなかったんだい?」
「まあいいさ。君が野次馬を代表して、そのゴシップをまとめてくれるのを待とう。」
「約束して。」
「今度海鳥が僕のピカピカのコレクションを奪いにきたら、ただ見ているだけじゃ駄目だからね。わかった?」
「少なくとも僕に知らせてもらえるかな。」

考え中
「ちょうどよかった。山猫の毛の絵筆が見当たらないんだ。」
「どこにありそうか、君も考えてみてよ。」
「子供の頃、家宝の大事な彫像を壊してしまった時、」
「1時間近くこの状態だった。」
[その後どうなったか、予想できたよ]
「壊したことがバレた時、大人達は「修復の方法を考えていて偉い」って褒めてくれたよ」
「その後で、しっかり叱られたけどね。」

[それで、あなたはどうしたの?]
「接着剤で、壊れた彫像を完璧にくっつけたんだ。継ぎ目がわからないように。」
「でも、結局バレてしまった。」
「もう少しで刺身にされるところだったよ。」
「何を考えているの?」
「そんなにわからないなら、この巻き貝にでも聞いてみたらどうだい?」
「僕がキャンバスの前であごに手を当てている時は、」
「ただぼんやりしているだけだよ。そんなに大事なことは考えていない。」
「だから次は黙っていないで、声をかけてほしいな。」
「考えないといけないことが多いんだね。」
「でもせっかく僕と会話しているんだから、」
「そろそろ僕に関することを考えてほしいな

バカなの?
「そんなに叩いても賢くならないよ。」
「それが効くなら、僕はとっくに頭を思い切り叩いている。」
「こうやって、イーゼルの前で思案に暮れることになる前にね。」
「自分のことをそんな風に言わないで。」
「?」
「最近は何もしてないけど。」
「岩礁に落書きもしていないし、焼き立てのパンを消しゴム用のパンと間違えたりもしていない。」
「批判は受け付けないよ。」
「僕が最近君にこうしたいと思っていると、どうしてわかったんだい?」
「君の頭の中で何が起こっているのか見たくてね。」

こっそり見てます
「今日の僕の服、特別だと思わない?」
「シャツの柄は僕が自分で描いたものなんだ。」
「一点物で、レプリカもないんだよ。」
「君が僕を見つめている時ーー」
「僕も君を見つめているんだ。」
「こっそり観察してみてどうだった?」
「僕が最近何を描いているか、わかったかな?」
「ヘルプモードを1回使えば、ヒントをあげるよ。」
「言いたいことがあるなら言えばいいじゃないか。隠している方が、よっぽどおかしいよ。」
[あなたが忙しいかどうか確認してる]
「忙しい、超忙しい、それはもうすっごく忙しいよ。」
「だからこそ、遊びに行こう。」
「水中にいる時、たまに岸に上がって空気を吸わないといけないのと同じ理屈さ。」
[あなたが絵を描くのを邪魔したくない]
「いや、君が僕の邪魔になることはない。ごく一部の場合を除いてね。」
「それにその「一部の場合」っていうのは、僕側の問題だし......」

「とにかく君のせいじゃない。」
[私がアトリエでトラブルを起こしても?]
「その動きは、観察をしているようには見えないね。」
「問題を起こした後、いつ出ていけば罰を受けないで済むかを見計らっているように見える。」
「どうして僕がそれを知っているかは、聞かないで

退屈
「眠れないの?」
「それなら、いつまでもベッドの上で転がっていても仕方ないよ。窓を開けて夜風に当たって、夜景を眺めるといいかもしれない。」
「海風に当たることはお勧めしないけど。」
「海風は、当たれば当たるほど目が覚めるから。」
「退屈していてーー」
「でも動きたくなくてーー」
「そして今、何をして遊ぼうか悩んでいるんでしょ?」
「全てお見通しだよ。」
「お腹がすいてきたな......」
「グリルの上で転がる鶏肉に見える......」
「この前、絵を描くのに行き詰った時にこうしていたな。」
「床がひんやりしていて気持ちいいんだよ。」
「もう少しで寝るところだった。」
「退屈は、まさに全ての生物の天敵だ。」
「君と僕で同盟を結んで、退屈を倒すっていうのはどうかな?」

くやしい
「僕もつらいんだ。」
「同じ苦しみを持つ者同士、慰め合おうよ。」
「誰にいじめられたんだい?」
「海の小魚達に言っておくよ。」
「そうすれば、世界中の川や湖、それと海がある場所に、君をいじめる悪い奴のことが知れ渡るからね。」
「どう、少しは気が楽になったかな?」
「ただでさえ不機嫌なのに、絵筆を噛んだら固くてもっと嫌にならないかい?」
「別のものに変えよう。」
「例えば、スルメとか海苔巻きとかたこ焼きとか。」
「気分が晴れた後、食べられるしね。」
「どうしたんだい、泣き虫さん?」
[失敗しちゃった]
[感動したけど、泣くのを我慢してる]
「どうして?泣くのは恥ずかしいことかな?」
「感情表現が豊かなのは悪いことじゃない。一日中感情の波がないなんて、それこそつまらないよ。」
「喜怒哀楽が全部、顔に出ている君の方がいい。とても生き生きしているから。」
[口論でやりこめられた]

ショック
「希望のチケットが取れなかったのかい?」
「それとも、お気に入りのお店が閉店しちゃったかな?」
「もしくは、悲しい結末の本や映画でも見た?」
「君の涙でプールができそうだ。」
「これ以上泣かれたら、アトリエが水浸しになってしまう。」
「紙や絵の具に罪はない。何かあるなら僕にぶつけてくれないかな。」
「だから、まずは涙を拭いて?」
「大丈夫だよ。」
「これから僕には十分な休みがある。一緒にゆっくり元気を取り戻していこう。」
「前よりも、もっと元気になれると思うよ。」
「落ち着いて。」
「背泳ぎはそうやって覚えるものじゃないよ。」
これは......」
「夜中に情緒不安定になったのかな?」
「それとも、僕が君にひどいことをする夢でも見たのかい?」
「起きて。その僕は偽物だよ。」
「本当の僕は、絶対そんなことはしない。」
「待って。何がそんなにショックなんだい?」
[あなたが私を無視するから!]
「いつ?」
「ちょっと待てよ......」
「まさか昨日の朝止めた音楽は、アラームの音じゃなくて......?」
[人生に打ちのめされたの]
[今見てる作品が残酷すぎて......]

まだ赤ちゃんですから
「どうして君は殻に閉じこもっているんだい?」
音声返信(2秒)」
「......確かにどこかに閉じこもりたい気分だ。」
「はいはい、僕が証明してあげるよ。君はまだ赤ちゃんだって。」
「しかも、保育園の中で一番ヤンチャな子だ。」
「僕のパレットにこっそりブタさんを描いて、楽しかったかい?」
「いつも「自分は立派な大人だ」とか言っているくせに、」
「心細くなったら赤ちゃんに戻るのかい?」
「いいよ。立派な大人の僕が、君の尻ぬぐいをしてあげる。」
「前は葉っぱに隠れていたのに、今の誰かさんは卵の殻を使って隠れるんだね。」
「出ておいで。見えているよ。」
「赤ちゃんって?」
「ああ、君は今、保育園のお昼寝タイムから目覚めたところかい?

関係ないもん
「昨日、僕が落書きしたリンゴの横に、「酸っぱくておいしくない」って書いてあった
「君の仕業じゃないって?」
「こんなことする幼稚な人が、この世に2人もいるのかな?」
「教えて。何をしたんだい?」
[子犬と喧嘩した]
「君の喧嘩相手はいつもユニークだね......」
「前回は壊れた鍵だったし、前々回は重いネット回線だったかな。」
「でも本当に腹の立つことがあると、君はむしろ冷静になる時もある。不思議だよね。」
[あなたの白い絵の具に......]
「なるほど。どうりで白い絵の具を付けたはずなのに、虹が描けたわけだ。」
「でも、そのおかげでいい絵になったと思うよ。」
[どこかに傘を忘れてきた......]
「......もう慣れたよ。」
「傘は、君がそこに行った記念の印ってことにしよう。」
「将来、街のあちこちに君が来たっていう伝説が残るんじゃない?」
「どうしてそんなに慌てているの?」
「慌てなくていい。僕のアトリエになら、いつでも避難してきていいから。」
「昨日誰かさんは、「明日は早起きしないといけないから」って言っていたよね?」
「結局、月よりも遅くまで起きていたじゃないか......」
「君が言っていないなら、誰が言ったの?」
「額の冷や汗が、全てを物語っているよ。」
「言ってごらん。どんな悪さをしたの?」
「そう?」
「でも君は「私がやった」という顔をしているよ。」
「認める?それとも、僕を共犯者にしたい?」

フン!
「何を怒っているの?」
「でも大丈夫。僕は事前に準備をしておいたからね」
音声返信(25秒)」
「どう?ストレス発散できたかな?」
「絵筆を投げるだけじゃ、気が済まないでしょ?」
行こう。クレーンゲームで手触りのいいぬいぐるみを取ってあげる。好き放題殴っていいから。」
「でも実際取れたら、ぬいぐるみの可愛さに殴れなくなるかな?」
「うわっ!あっ!わあ!」
「どう?絵筆の悲鳴が聞こえたかい?」
「怒ってもいいけど、罪のない絵筆に八つ当たりしないでほしいな。」
「絵筆の所有者は、しばらく八つ当たりされても平気だけど。」
「さっきは絵を描いてたから、メッセージに気付けなかったんだよ。」
「少し遅れてしまっただけだ。」
「たったの5~6時間じゃないか......」
「君の空模様は、快晴から暴風雨になりつつあるみたいだね。」
「もう機嫌を直してよ。冷静かつ論理的に解決できない物事なんてないでしょ?」
「まだ寝ていないのかい?もしかして仕事をしてるの?」
「僕だったら全部明日にして、まずはぐっすり眠るけど。」
「八つ当たりは終わった?外は真っ暗だよ。太陽を送って励ましてあげるね。」

取り込み中
「取り込み中なのに、わざわざ時間を作ってメッセージをくれるの?」
「うん、確かに受け取ったよ。」
「①僕も君に会いたい。

 ②僕も君のことを考えている。」
「これは、君が忙しくしている時のリアル映像かい?」
「頭からデスクまでの距離を見るに、」
「誰かさんは10分以内に眠ってしまうだろうね。」
「まだ残業しているのかい?」
「夜食に何を食べようか考えるならともかく、今はベッドに横になって星を眺める時間だよ。」
「でも君と一緒なら、忙しく働きながら星を眺めるのも悪くないかもしれない。」

???
「目が覚めた?」
「今日は2333年2月33日だよ。」
「こんな現実を受け入れるのは、確かにちょっと難しいよね。ゆっくりでいいよ
「?」
「僕の顔には、絵の具もご飯粒もついていないはず......」
「どうしてそんな顔のスタンプを送ってくるんだい?」
「一日の半分の君は、そんな感じだよね。」
「そうか。頭の回転が速い人もいれば、そうでもない人もいるってことだね。」
「困っているの?」
「早く寝た方がいい。答えはきっと、夢の中で見つかるから。」
「卵の殻を閉じるのを忘れずにね。」

!!!
「これまでも波乱万丈な経験をしてきたはずだけど、何が君をそうさせたんだい?」
「もし宇宙から来たエイリアン猫が地球を乗っ取ったっていうなら、僕が言ったことは忘れて。」
「大人になる第一歩は、情緒をコントロールすることだ。」
「何があっても冷静にいられるように。」
「ちょっと待って、トウがまた美術商を連れて来た!君のところに避難させて!」
「すごくいい事でもあったのかい?」
[すごいビッグニュースがあるんだ!]
「スタンプを送る余裕があるんだから、悪いニュースではなさそうだね。」
「当ててみよう。ずっと追いかけているドラマの続きがようやく更新されたか、どこかのショップの新作が君のセンスを刷新したとか......」
「とにかく、今日の君にはたくさんのサプライズが起こったってことだね?」
[ポケットから1000円札が出てきた!]
「それは昔の君が今日のために用意したサプライズだね。」
「いいことを聞いたよ。何着かの服にお金を入れておこう。」
「来年の自分に、たくさんサプライズをするんだ。」
[定価で買ったものがセールになってた]
「早く買うことより、買うタイミングをつかむことの方が大事なんだね。」
「それならセール価格でもう1個買って、平均価格を下げたらどうだい?」
「そうすれば気が楽になると思うよ。」
「これは君が最近練習してる、サトウキビを一口で食べるスキルかい?」
「もうちょっと頑張らないと。今はフライドポテトくらいしか飲み込めなさそうだよ

「はいはい。」
「もうオオカミには騙されないよ。」
「○○」
「どうしたの?夢から覚めたのかい?」
「まだ太陽は昇っていないから、もう少し寝られるよ。」
音声返信(9秒)」

あっちいって
「僕が何をしたっていうの?そんなに怒るなんて
[八つ当たりの対象急募!]
「へえ、今の僕の役割はサンドバッグなのか。」
「でもサンドバッグを追い返したら、その後どうやって憂さを晴らすんだい?」
「風船ガムをいくつかあげるから、ストレスと一緒に息を吐き出して膨らませるといいよ。」
「親切な注意:膨らませすぎて宙に浮かないようにね。」
[ボディガードをストライキしたい!]
[限定品の発売日を忘れてたの!]

「僕はずっと家で座っていただけだけど、僕のせいにするつもり?」
「いいよ。僕のせいってことで。」
「どうしてすぐに僕を追い返すんだ......」
「僕が何をしたっていうんだい?」
「まあいいさ。これも芸術の道を歩む上で、向き合わなければならない苦難かもしれない。」
音声返信(17秒)」

帰る
「ちょうど声をかけようと思っていたのに、どうして帰ってしまうんだい?」
「この絵、あと数回筆を入れれば完成するんだけど。」
「さりげなくて、伸び伸びしたタッチが必要なんだ。君、やってみない?」

おはよう
「わかった。」
「わかった。」
「わかった!」
[君って目覚まし時計だったの......]


「静かに眠っていたスマホを起こしてくれてありがとう......」
「すごく元気そうだね。」
「昨日は体を鍛えて山の頂上を目指す夢でも見たのかい?」
「どうやら、窓の外の晴天が君にエネルギーを与えたようだね。」
「安心して羽ばたくといい。何かあったら、僕が解決の手助けをするよ」
「おはよう。」
「今日は僕の方が早く起きたから、僕の勝ちだね。」
「ご褒美にビーチを散歩する権利が欲しいな。」
「君も一緒に来るかい?」

「君が目を覚ます前にこの彫像を完成できるか挑戦していたのに。」
「少し遅かったか。やれやれ。」
「ようやく長い冬眠を終わらせる人がいるようだね。」
「さあ、起きて。ご飯の用意はできているよ。」

ハート
「空からハートは落ちてこない。」
「つまりこれは、この先に罠があるということかい?」
「まあ、そうだとしても僕はそこに飛び込むけど。」

「君にもあげるよ。壊さないようにちゃんと受け取って。」
「これは限定品だから、簡単に誰かにあげられるものじゃないからね。」

「プレゼント交換は対等であるべきだよ。」
「これで足りるかな?」

だっこ
「人間って、ときどき不思議だよね。」
「機嫌がいいとハグしがたるのに、機嫌が悪くてもハグしたがるんだから。」
それで、今の機嫌はどう?」
「聞くまでもないか。じゃあ......」
「やれやれ、僕を一緒に寝るためのぬいぐるみだとでも思っているのかな?」
「わかったよ。僕も眠れなかったし、たまには代役をするのも悪くない。」
「はい、ぎゅーっ。おやすみ。」

他キャラのスタンプ

スタンプ内容
「今夜の予定は?」
「描き終わったら見せてあげるよ。」
「瞳の輝きが画面から飛び出してきそうだ。」
「僕ならもっとハートを出せる:
「こんなに早く寝るなんて珍しいね。」
「信じない。」
「こんばんは。」
「描......き......終......え......た......ら......僕......も......」
「いい調子だ。そのまま続けて。」
「任せて
「?読心術を使ったのかな?」
「行こう。この星から君を連れ出してあげる。」
「目を覚まして!」
「僕はまだ何にも言っていないよ。」
「水を飲む時間だってリマインドしてくれたんだね。」
「なんて冷たい息なんだ。」
「そんなに激しく首を動かせるんだね。」
「スマホをいじっている人を見つけた。」
「お断りだ。」
「凍りつきそうなほど冷静だね......」
「いや、僕は火遊びをするんだ!」
「どうしたの?」
「その眼鏡は君に似合わないね。後で僕が選んであげる。」
「○○のお説教なんて、聞こえない聞こえない。」
「急いでね。」
共通「もう起きたの?僕は寝るよ......」
「こんばんは。」
「今夜の予定は?」
「何か言いたいことがあるなら聞くよ。」

※2個以上見つけたものは共通に入れています。

コメント (スタンプ返信内容一覧・ホムラ)
  • 総コメント数21
  • 最終投稿日時 12時間まえ
新着スレッド(恋と深空攻略Wiki)
Wiki内ランキング
ゲーム情報
タイトル 恋と深空
対応OS
    • iOS
    • リリース日:2024/01/17
    • Android
    • リリース日:2024/01/08
カテゴリ
ゲーム概要 君のリアルに届ける恋愛シミュレーションゲーム

「恋と深空」を
今すぐプレイ!

注目記事
ページトップへ