Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

【TEPPEN】死と生の歪みのカード評価と使い方【テッペン】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

TEPPEN(テッペン)の「死と生の歪み」のカード評価をまとめています。カードの効果や使い方なども解説しているので、テッペンのデッキ構築の際に参考にしてください。

死と生の歪み

死と生の歪みのカード情報

死と生の歪み

カード名死と生の歪み
レアリティレジェンダリー
タイプアクション
MP8

死と生の歪みのカード効果

全てのユニットを除外する
自分と相手は墓地からユニット3体を場に出す

死と生の歪みの補足情報

フレーバー
テキスト
カードNo.DON
収録セットDON
イラスト
シリーズバイオハザード

死と生の歪みの評価と使い方

評価点暫定7

盤面をひっくり返すことが可能

死と生の歪みは相手、自分の盤面にいるユニットを除外して、墓地からユニット3体を出します。

MP8とコストは若干高いですが相手に盤面を取られている場合、相手のユニットを除去しながら、こちらの強力なユニットを出し、カウンターを狙うことができます。


除外したユニットは1体でも0体でも墓地から3体ユニットを出すことができるため、蘇生としても使うことができ、汎用性が非常に高いです。

ウロボロスデッキと相性が良い

序盤で高コストを墓地に送り、復活させて攻撃するウェスカーのウロボロスデッキと相性が良く、後半で一気に高コストのユニットを3体並べることも可能です。そのため第二の「ウロボロス」として活用しても良いでしょう。

ユニット強化デッキに対して優位にたてる

ユニットを出した後にスタッツを強化し、フィニッシュを決めるデッキに対して死と生の歪みを使用することで、テンポロスやコンセプトを崩すこともできます。



コメント (死と生の歪み)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2019/10/11 20:36
  • 表示設定
    • 1
    • ななしの投稿者
    2019/10/11 20:36 ID:rr58mdc6

    これ使われたときなんで自分のユニットの方が先に攻撃してることになってんだよ。説明に書いてくれ

新着スレッド(TEPPEN(テッペン)攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ