Gamerch

ディオニス(ギャラクティカ)・思い出

最終更新日時 :

ディオニス・ヴァランガ CV:前野智昭
目に入るすべてを守る鋼鉄の名君。
甲冑竜のスティールと絆を結ぶ。
2017/09/25


思い出1


ディオニスだ。

ここに来るのは久しぶりだな。

いらっしゃ~い。

では早速、この島を視察させてもらおう。

貴公らの安全を確認せねばならぬからな。

おおげさねえ。とくに危険なことなんてないわよ。

本当にそう言い切れるか? これを見よ!

え?

ドングリが落ちている。踏むと危険だ。

は?

む、ハンモックの紐が緩んでいるぞ。

放っておけば事故につながる……補強しておこう。

えっと……なにもそこまでしなくても……

相変わらず過保護ねえ。

俺は国王だ。民を守るのは当然の責務。

それだけでなく俺は、目に入る者すべてを守る。

……まあ、守ってくれるのはありがたいわね。

けど、それで自分の国のことをおきなりにしちゃダメよ。

それについては心配無用。

我が<鎧の国>は鉄壁の要塞だ。

他国からの攻撃を未然に防ぎ、内乱が起こらぬように細心の注意を払っている。

つまり、国外にさえ出なければ民は安全というわけだ。

なるほどね。

けど、アンタは外に出て大丈夫なの? しかもひとりで。

国王様なら命を狙われることだって……

なあに、俺にはこの最新式の鎧がある。

それに、心強い友がついているからな。

とも?

そういえば、紹介が遅れたな。

おーい、こっちだー。

ド、ドラゴン……!?

こいつはスティール。<甲冑竜>と呼ばれるドラゴンだ。

体が硬いだけでなく、頭も良くてな。実に頼りになる。

へー、そんなドラゴンが……

 グルル……

ぎにゃ!? なによこいつ、アタシを睨んでる!

スティールは認めた相手にしか懐かないのだ。

慣れるまでは近づかないほうがいいかもしれぬな。

そういうのは早く言ってよね……


TOP↑

思い出2


vチッ。

なに舌打ちしてんのよ! さっきはよくも……

どうしたのキャトラ?

こいつ、アタシに尻尾をぶつけようとしたのよ! 主人公が守ってくれたからいいものを……

vギャギャ♪

なんか、主人公にはなついてるわね……

腹立つわ!

いろいろとすまない。俺が目を離した隙に――

――っつう――!?

どうしたの? 首が痛むの?

あ、ああ……スティールにつけられた傷がな。

え?

だが、この傷は俺とスティールの友情の証だと思っている。

vギャッギャッ♪

えっと、話がみえないんだけど……

一ヶ月前のことだ。突如、スティールはたった一匹で我が国を襲撃した。

そして、いとも容易く第三、第二の防壁を突破した。

俺はすべての兵を召集し、スティールを迎え撃った。

互いに一歩も引かず、この戦は三日三晩続いた。

……そして激闘の末、スティールは負けを認め、俺の前にひれ伏したのだ。

幸い、死者は出なかった。建物の被害はそれなりだったが。

話を聞いたかぎりだと、ずいぶんと凶暴なドラゴンね……

それを手なずけるなんて……

まあ、結果的にはな。俺はただ、国を守ることに全力を尽くしただけだ。

その思いが通じたのか、今ではスティールも国のために働いてくれている。

vギャッ♪

けど、どうしてスティールは国を襲ったのかしらね?

こういう性格だ。どこか虫の居所が悪かったのだろう。

そんな単純なことかしら……なにか他にも理由があったんじゃ……

vグルルゥ……!

な、なに!? アタシまずいこと言った?

落ち着けスティール。ほら、お前の好きな干し肉だ。

vギャギャギャ♪

なんだかこのドラゴン、あやしいわね……

本当にディオニスになついてるのかしら?




TOP↑

思い出3



どうやら関節部分を強化したことで、重さが増してしまったようだ……

これでは機動性が低下するだけでなく、翼自体に負荷を……

ならば合成金属を使おう。強度は多少落ちるが、軽量化できる。

さすがは御大! この難しい注文にも見事な対応だ!

ディオニス殿の発想力があってのことだ。

あとは尻尾の部分を繋げれば……

v…………

鍛冶屋が騒がしいと思ったら……ふたりとも、さっきからなにやってんの?

スティールの鎧を作っているのだ。

ドラゴンに鎧を? 必要あるんでしょうか……

確かにスティールの体は硬いウロコで覆われている。だが、それにも限界がある。

最悪の事態を想定して、守りを強化しなければ。

ここまでくると過保護というか、なんというか……


 ***


よし、ついに鎧が完成したぞ!

うむ、かなりの自信作だ。

ご助力いただき誠に感謝する。是非今度、お礼を兼ねて御大を我が国に招待したいのだが……

気持ちは嬉しいが、私はここを離れるわけにはいかんからな……

アタシたちが代わりにいってもいいけど。

……う、うむ。考えておこう。

さて、せっかく作ったのだ。この鎧をスティールに試着させるぞ。

v…………

ヘー、鎧を着るの嫌がると思ったけどおとなしいじゃない。

うむ、サイズはぴったりだ。どうだスティール、付け心地は?

vギャギャギャ♪

とっても嬉しそう。

それはなによりだ。しかし、喜ぶのはまだ早い。機動性を確かめなければ。

このまま飛行訓練といくぞ、スティール!

ギャッ!

<ディオニスは鎧を装着したスティールにまたがり、空へと飛び出していった。

うーん……

どうしたのキャトラ?

あのドラゴン……やっぱりおかしくない?

ディオニスに従順すぎるし。ふつうドラゴンが鎧なんて着るかしら?

考えすぎよ。

そうかなぁ……




TOP↑

思い出4



<ディオニスはスティールに乗り、空の上から鎧の国を目指していた。>


しばらく国を離れすぎたか……民が心配だ。

vグルル……

おい、スティール。もう少し急いでくれないか?

vグゥ……

どうした? やはり鎧が重いのか?

辛いかもしれぬが頑張ってくれ。鎧の国はもうすぐだ。

v…………

<スティールは大きく旋回した。>

こ、こらスティール! どこに向かっている! 引き返せ!

v…………

えーい、言うことを聞かぬか! そっちにはなにも……

!? な、なんだあれは……

ドラゴンの群れがこちらに向かってくる。

あれはレッサードラゴンか? どうして……

vグルルゥ……!

スティール? ま、待て! ここは様子を見てから……

<レッサードラゴンの群れに、スティールは敵意をぎらつかせ襲いかかった。

ぬおおお!? なにをしているのだ!

v…………

ギャギャ!!!

お前、このドラゴンたちと喧嘩をする気か……?

vギャー!!!

くっ……止まってはくれぬか。仕方ない!

武器を取り、意気込むディオニスだったが、スティールに体を振られ狙いが定まらない。

その間、無数の鋭い爪と牙がディオニスの鎧を容赦なく斬りつけていく。

ふん。俺の鎧にそんな攻撃は効かぬ!

……それにしても、さっきからなぜか俺ばかり狙われて……

vギャギャ♪

スティール、まさか俺でドラゴンの攻撃を防いでいるのか?

vギャ♪

……そんなことをしなくても、俺がお前も守ってやるというのに……

これではまるで道具あつかいだ……いや待て。

それよりこの喧嘩……スティールが自分から仕掛けたもの……

じゃあなにか? お前は最初から俺を道具として利用するために……

vギャギャギャ♪

そう……なのだな……

くそっ……悔やむのはあとだ。まずはこのドラゴンたちを退けなければ。

鎧の国には何人たりとも近づけん!

いくぞ、スティール!

vギャー!!!


 ***


……ふう。なんとか追い払えたようだな。

vギャ♪

……用はすんだか? だったらすぐ国に戻るぞ。

スティール……お前は……



TOP↑

思い出5



――鎧の国。謁見広間。


俺とスティール、二人きりだ。なにも心配するな。

v…………

お前について調べさせてもらったよ。

……スティール、お前は住処をレッサードラゴンに襲われたらしいな。

つまり、その復讐を成し遂げるためにこの国を襲い……使えそうな人間を探した。

そして俺は、お前のお眼鏡にかない……利用されたと。

そういう……わけなのだな……

v…………

正直、失望したよ……お前の復讐のために俺は……

<ディオニスは首に手を当てた。>

俺たちの絆が偽物だったとはな……

v…………

目的を果たしたお前にとって、俺はもう用済み……なのか?

v…………

ギャギャ!

なに? 俺の武器がどうしたのだ?

まさか、復讐はまだ終わっていないのか?

……悪いが、俺は無益な争いは好まん。

vグルルゥ……

お前とはこれからも仲良くやっていきたいと思っている。

だが、もしもこれ以上争いを続けるというのなら……

vグルルゥ……!!!

む、なんだその眼は。

vギャッ!!!

なっ!?

<スティールがディオニスの腕に噛みついた。>

こ、こら、放せ!

やっほー、ディオニス。今日はお城に招待してくれてありがとね~。

ま、待ちなさい! 勝手に入ってはダメだ!

すいません、うちのキャトラが……

お、おお、貴公らか……

vグウゥゥ……!

というか、アンタ。スティールとなにやってんの?

噛まれてるみたいですけど……

しょ、少々、戯れているだけだ。

そうなの? そのわりにはスティールが怒ってるような……

vギャーーーーッ!!!

きゃっ!? スティールが火を吐いたわ!?

はっはっはっ、案ずるな。この鎧は耐熱性の樹脂でコーティングされ……

vギャッ!!!

ディオニス様! 危ない!

<スティールは尻尾を振り回し、周囲を薙ぎ払った。>

ぬっ!

どわっ!?

だ、大丈夫か! くっ……気を失っている……

兵士の心配してる場合じゃないわよ。アンタの鎧にヒビが……

なに……!?

vグルルゥ……!

<スティールがディオニスにトドメを剌そうとしている。なんとかしなければ。>

主人公!

――。


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



こ、この光は……

邪魔だーっ!!!

!?

<ルーンの光を跳ね返した!?>

なにやってんのよアンタ!

鎧など必要ない!

<言ってディオニスは鎧を脱ぎ捨てた。>

v!?

これで少しは、倒しやすくなっただろ?

さあ、絶好の機会だぞスティール!

v…………

ディオニスさんなにを……!

どうした? 怖気づいたか?

v…………

争いたかったんだろ?

vグルルゥ……

グガー!!!

くっ!

vギャ!

まだだ……!

vギャギャ!

がっ……あぁ……そんなものかー!!!

!?


はあ……はあ……

どうして倒れないんだ? そんな顔をしているな。

それはなスティール……俺は鎧をまとっているからだ。

v?

俺は王として、民を守らなければならない。

この体には民たちの未来が、国の命運がかかっている。

だから、なにがあっても倒れるわけにはいかない……

これこそが俺の<信念>……俺の<鎧>だ!

v…………

いいかスティール。守るものがあるからこそ、人は強くなれる。

お前にも……守るものがあるはずだ。

だからこそ俺は、お前に鎧を授けたのだ。

v…………

攻めるな、守れ。争いからはなにも生まれない。

お前のその力は……誰かを守るために……

……ぐっ……!


ディオニスさんが倒れた……

無理もないわ、鎧なしでスティールの攻撃を受け続けてたんですもの。

大変、早く治療しないと……!

…………

ついでに気を失ってる兵士もね。


 ***


くっ……体が動かない……

vグウゥ……

あら、アンタが他人の心配するなんて珍しいわね。

また……傷が増えてしまったな……

v…………


ねえ、スティール。

ディオニスさん……さっきみたいに全部一人で抱え込んで無茶をするときがあるの。

だから、もしもまたそうなったときは……

守ってあげてね。

v…………

ギャッ♪


ふっ……頼んだぞ。







鉄壁の絆

TOP↑

その他



相関図



注目記事
ページトップへ