Gamerch

ストーリーをメインに更新中。

パメラ・ホーク

最終更新日時 : コメント(0)

パメラ・ホーク




本能と力が支配する世界――

強者が弱者を屈服させることが正義とされる、弱肉強食の世界。

それを、パメラは疑問に感じていなかった。そういうものだと、当たり前のように思ってきた。


彼女は領主の娘として生まれた。竜人と契約した祖先が、力ずくで勝ち取った領だ。

領民たちは頭を垂れ、自ずと税を捧げていた。

パメラの一族には祖先の得た竜力が受け継がれており、決してかなわないと知っているからだ。

弱者がこの世界で生きていくには、強者におもねるしかない。


祖先は、苦難の果てにこの力を得たのだ。

強くあるために努力をした者が、そうでない弱者を屈服させるのは当然の権利であり、正当な財産だ。

祖先の努力は、祖先の遺してくれた力は、パメラの誇りだった。

街に降りると、領民たちは幼いパメラにも一様に頭を下げた。なんとも気分の良いことだった。


パメラは同年代の子らに混じり、意気揚々と彼らに命令を下しながら存分に遊ぶのが好きだった。

特に、セーナという少女がお気に入りだった。いつもパメラの後ろについてきて、パメラが望めばいつでも遊び相手になってくれた。


ある日、いつものように遊び場に向かうと、セーナの姿がなかった。

他の遊び仲間に問いかけると、彼らは重々しい□調で答えた。


「セーナは……もう来ません」

「な――なぜだ? 私は、そんな命令は出しておらんぞ!」

「命令されても、来られないんです。セーナは……遠いところへ行ってし

まったから」


セーナの父は乱暴な遊び人で、金がなくなるたびセーナの母にせびりに来ていた。

そしてついにセーナの家の金が尽き、父は強引にセーナを連れて街を出たのだと言う。

どこかでセーナを売りさばき、その金で遊び暮らすつもりなのだろう。

みな、そうわかっていた。しかし止められなかった。セーナの父親は強かったから。


その話を聞いて――パメラは愕然として理解していた。

か弱いセーナは、ひどい未来が待っているとわかっていても、強者たる父親に抵抗さえできなかった。それがこの世界の理だからだ。

今、パメラは初めて、この世界のありように恐怖を覚えていた。「セーナの身になって考える」ということができたからだった。これまで得意になっていた自分を刺し殺したくなるほどの、猛烈な慙愧の念がパメラを襲っていた。


その後、パメラは矢のごとくセーナの父を追い、圧倒的な力を以ってセーナを奪った。

そして、泣きじゃくるセーナを胸に抱き、決意の叫びを上げた。


「私は……私は、あんな強者にはならない!

 なるものか……なってたまるものか! おまえを悲しませるような強者などに……!」


    * * *


――十数年の時が経ち、パメラは旅に出た。見聞を広めたいと思ったのだった。

鎧をまとい、槍を携え屋敷を出るパメラは、見送る侍女に穏やかに笑いかけた。


「行ってくる。留守を頼むぞ、セーナ」

「お帰りをお待ちしております――パメラさま」


侍女となったセーナは、心からの笑顔で応えた。

強者と弱者。しいたげる者としいたげられるべき者。

その関係にありながら、ふたりの間には、確かに分かちがたい絆があった。

コメント (パメラ・ホークに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
ページトップへ