Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

【コードヴェイン】ストーリー攻略チャート10「棺の塔」【CODE VEIN】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

攻略チャート10「棺の塔」

※赤点線枠は階層が異なります

ヤドリギ墜ちたヤドリギ
印象読本:アイコン03再生力の拡張因子
深層の地図[煙霧の廃都]ヤドリギの根
ウォーリアーの血英核ウォーリアーの砕けた血英A
ヘパイストスの砕けた血英Bヘパイストスの砕けた血英C
A
ヘパイストスの砕けた血英A白銀の装衣+8

ボス「焔砲の従者&氷刃の従者」

焔砲の従者&氷刃の従者の倒し方のコツ

2体同時のボス戦。焔砲の従者は動きが遅いが遠距離攻撃を仕掛けてくる。氷刃の従者は動きが素早く、刀を使った近接攻撃がメイン。先に氷刀の従者から倒していこう。氷刀の従者と戦闘中に焔砲の従者の遠距離攻撃が来るので回りもよく見ないといけない。

氷刃の従者

動きが素早くステップを使い攻撃を避けることがある。大振りの後や、突きの後に地面が水色になったら氷柱が飛び出してくるので、ガードを解除したり回避を忘れないようにしよう。

焔砲の従者の遠距離攻撃に注意

氷刀の従者と戦闘中に焔砲の従者の遠距離攻撃がくる。特に地面を爆発させる攻撃は注意。地面が赤くひび割れるようになったら範囲外に回避しよう。

溜め突き

溜め突きは剣先をこちらに向けて止まっている状態から一気に突いてくるので、剣先が向いたら回避する準備をしておこう。

また、突き後の吹雪は柱や焔砲の従者を貫通してくるので隠れていても避けないと、くらってしまう。

ジャンプ突き

ジャンプ突きは少し離れた場所から足元付近に突いてくる。突いた後は地面がから氷柱が飛び出してくるので回避・ガードを忘れないようにしよう

焔砲の従者

動きは遅いが、遠距離攻撃や範囲攻撃を使用してくる。攻撃のモーションも素早く無いので1対1の戦闘になると回避もしやすい。

肘殴りの後は隙きが大きい

肘で少し突進してくる攻撃は回避がしやすいのでガードではなく回避してすぐに後ろに回り込もう。

火炎放射

直線上に炎を放射するのではなく、半円を描いて放射する。火炎放射は焔砲の従者に張り付くと攻撃を受けずに攻撃できる。また、ステージにある柱でも安全に防ぐことができる。

ボス「ジュウゾウ・ミドウ」

「焔砲の従者&氷刃の従者」を倒した後、奥に進むと戦闘になる。再生力やHPを回復してから挑もう。

ジュウゾウ・ミドウの倒し方のコツ

大きな片手剣を使用してくるが、遠距離攻撃も使うことができる。剣は連撃が多いので、なるべく回避していこう。4連撃後や後半の突き後に隙きが生まれる。

連撃攻撃(最大4)

連撃攻撃はガードするとスタミナを大量に消費するので、なるべく回避で避けよう。連撃が終わったタイミングでスタミナが残っていれば攻撃していこう。

後半(HP役半分)から攻撃パターンが変わる

後半になると、バニッシュ状態になるこうげきや、左手に血で剣を作り範囲が広い薙ぎ払い攻撃などをしかけてくる。

ガード不能の赤い球

ジュウゾウが放つ赤い球はガードが不可能なうえ、受けると大ダメージをくらう。正面から飛んできたら真横に回避しよう。

爆発する黒い球

プレイヤーを囲う様に4個の爆発する球を放つ。2個ずつ爆発するので、実際の爆発回数は2回。爆発する直前に2個の球が1個に融合し赤く発光するのでガードで防ごう。

コードヴェインの関連リンク


コメント (【コードヴェイン】ストーリー攻略チャート10「棺の塔」【CODE VEIN】)

  • 総コメント数3
  • 最終投稿日時 2020/05/07 03:55
  • 表示設定
    • 3
    • ななしの投稿者
    2020/05/07 03:55 ID:pqc1aygo

    中ボス2体は100lvで倒しました。

    同行はヤクモがいいですね。他は柔らかすぎて役に立たないです。

    やっと倒せましたが、攻略にある通り氷刀優先で。無駄に連続切りするのではなく攻撃かわしたら1,2攻撃。近くに焔砲がいる時は血を溜めたい時以外は無視がいいかと。

    ボスはこれからです何回死ぬのやら( >_< )

    • 2
    • ななしの投稿者
    2020/04/17 11:56 ID:q12ienbn

    どれくらいレベル上げたら、楽に戦えますか??

    • 1
    • ななしの投稿者
    2019/10/20 18:52 ID:o9p1ze0n

    追尾してくる弾もあるんですがね 回る球体の2爆破もガードの位置ではめくられるし 攻

新着スレッド(コードヴェイン(CODE VEIN)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ