Gamerch

【コードヴェイン】5種類の武器の特徴とモーション【CODE VEIN】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

コードヴェイン(CODE VEIN)の5つの武器種とその各モーションについて紹介しています。

コードヴェインの5つの武器の特徴とモーション

コードヴェインの武器は、片手剣、両手剣、銃剣、斧槍、大槌の5種類に大別される。それぞれの武器によって攻撃力、モーション速度など細かな違いや特徴がある。

コードヴェインの片手剣

振りが早く隙が少ない攻撃が魅力。扱いやすく初心者向けの武器。

片手剣・弱攻撃 □

袈裟斬り→横斬り→縦斬り→切り上げの4段攻撃。

弱攻撃

片手剣・強攻撃 △

軽いタメの後前方を斬り払う攻撃。

強攻撃

片手剣・チャージ攻撃 △長押し

敵に向かって踏み込みながら、回転斬りを放つ。

チャージ攻撃△長押し

片手剣・特殊攻撃1 R1+□

大きく踏み込みながら、剣を突き出す突き攻撃。
片手剣の中で一番リーチが長い。

特殊攻撃1R1+□

片手剣・特殊攻撃2 R1+△

剣を逆手に持ち斬りあげる。集中時は敵を上空に打ち上げる。

特殊攻撃2R1+△

コードヴェインの両手剣

攻撃速度は遅いが、リーチが長く、攻撃力の高い一撃が特徴の大型の剣。

両手剣・弱攻撃 □

強烈な叩きつけから左右に薙ぎ払う2段攻撃。

弱攻撃

両手剣・強攻撃 △

軽いタメから右から左に大きく薙ぎ払う。

強攻撃

両手剣・チャージ攻撃 △長押し

両手剣を持ち上げ、タメてから振り下ろす強力な一撃。

チャージ攻撃△長押し

両手剣・特殊攻撃1 R1+□

前方に突き攻撃を行う。リーチが長い。

特殊攻撃1R1+□

両手剣・特殊攻撃2 R1+△

その場でアッパー攻撃を行う。集中時は敵を上空に打ち上げる。

特殊攻撃2R1+△

コードヴェインの銃剣

近距離攻撃と遠距離からの銃撃が可能な武器。銃撃には冥血が必要になる。

銃剣・弱攻撃 □

斬り上げ→突き→なぎ払い→下がりながらの回転攻撃。

弱攻撃1

銃剣・強攻撃 △

冥血を消費した銃撃。遠距離からの攻撃が可能。

強攻撃

銃剣・チャージ攻撃 △長押し

チャージすることで射程が伸び、より誘導がかかるようになる。

チャージ攻撃△長押し

銃剣・特殊攻撃1 R1+□

前方に大きく踏み込みながら斬りつける。

特殊攻撃1R1+□

銃剣・特殊攻撃2 R1+△

バックステップで距離を取ってから、一気に距離を詰めて斬りあげる。集中時は敵を上空に打ち上げる。

特殊攻撃2R1+△

コードヴェインの斧槍

柄の長さを活かした広範囲攻撃が魅力の武器。技の癖が強く攻撃タイミングには慣れが必要。

斧槍・弱攻撃 □

切り上げから範囲の広い回転攻撃。

弱攻撃1

斧槍・強攻撃 △

回転して勢いをつけ、真上から叩きつけるように振り下ろす。

強攻撃

斧槍・チャージ攻撃 △+長押し

タメた後その場で一回転する広範囲攻撃。

チャージ攻撃△長押し

斧槍・特殊攻撃1 R1+□

その場で軽くジャンプして斧槍を振り下ろす。

特殊攻撃1R1+□

斧槍・特殊攻撃2 R1+△

その場で敵を斬りあげる。集中時は敵を上空に打ち上げる。

特殊攻撃2R1+△

コードヴェインの大槌

リーチは短いが高い攻撃力とダウン力を持つ、パワフルな武器。

大槌・弱攻撃 □

叩きつけてから横に薙ぎ払う2段攻撃。

弱攻撃1

大槌・強攻撃 △

大槌を振りかぶって大きく薙ぎ払う範囲が広い攻撃。

強攻撃

大槌・チャージ攻撃 △+長押し

前方に進みながら3回叩きつける。大きく前に前進するため少し距離があっても当てられる。

チャージ攻撃△長押し

大槌・特殊攻撃1 R1+□

前方に軽く飛びながら大槌を振り下ろす攻撃。

特殊攻撃1R1+□

大槌・特殊攻撃2 R1+△

その場でアッパー攻撃。集中時は敵を上空に打ち上げる。

特殊攻撃2R1+△

コードヴェインの関連リンク

コメント (5種類の武器の特徴とモーション)

  • 総コメント数2
  • 最終投稿日時 2019/09/30 10:27
  • 表示設定
    • 2
    • ななしの投稿者
    2019/09/30 10:27 ID:r8rknlul

    銃剣の一部にあるチャージ攻撃で散弾が出るものの場合は□攻撃がただ横薙ぎ気味に切り続けるだけの攻撃になるので参考に

     

    バヨネット系統とライオットスマッシャー系統が今のところ上記に該当する

    • 1
    • ななしの投稿者
    2019/09/08 11:25 ID:l81oae4h

    特殊攻撃の□は武器によって性能が違うから注意

新着スレッド

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ