Gamerch

バー・エピソード

最終更新日時 :
1人が閲覧中

レストラン機能の1つ「バー」で一定確率で読むことができる、食霊とのストーリーをまとめたページです。

◀バーの解説ページに戻る


情報が不足しているため、ページコメントに解放したエピソードのスクリーンショットやテキストを打ち込んでいただけると幸いです。

常連客(アイコンクリックで各エピソードにジャンプ)

※本来プレイヤー名が表示される所を、ここでは「御侍」と書いています。


UR食霊ストーリー

B-52

B-52ブラウニーは、睡眠不足は人々の思考を遅らせ、発達を妨げ、エネルギー不足を引き起こし、免疫力を低下させ、さらには体を弱める可能性があると語っていた。」

B-52「夜は遅い、あなたはもう休まないといけません。」

御侍「私……今日だけだよ、これが終われば絶対寝るから!」

B-52「あなたの手にある小説はまだ446ページあります。」

B-52「1ページあたり110秒の頻度に基づくと、読み終えるまでに14時間掛かります。」

御侍「……」

御侍「わかったよ!も、もう読まないから。」

B-52「君が向かっている方向に寝室はありません。」

御侍「…………ブラウニーは君に何を教えたんだ!」

御侍「B-52……次から……」

御侍「窓から飛んで入らないで!」

B-52「では……」

御侍「屋根もダメ!」

B-52「……わかりました。」

B-52「ではバイクで来ます。」

御侍「?」

御侍「B-52!君もここにいたんだ。」

B-52「たまたまバーを見つけたので……」

御侍「うーん、席がないみたいね。」

B-52「ここに。」

御侍「えっ、良いの?」

B-52「うん。」

御侍「ありがとう!ちなみに、この酒の味はどう?」

B-52「甘い……」

御侍「えっと……それだけです……」

B-52「もっと欲しいです……」

御侍「へへっ!それは良い!今日は私が奢るよ!」

御侍「あれ…どうして厨房はこんなに暑いんだ……誰かが物を燃やしているのか?」

御侍「B-52、厨房で何をしているの?」

B-52「消毒をしています。」

御侍「……???」

B-52ブラウニーが、キッチンは消毒する必要があると言った……そうしなければ、病気になると、」

御侍「その通りだけど……だけど」

御侍「誰も燃やして消毒してって言ってないよ!」

B-52「パーツが熱くなっています……冷却する必要があります……クッ……」

御侍「B-52?どうした?気分が悪いの?」

B-52「パーツが損傷し……身体機能が低下しました……」

B-52「原因不明な波動要因を検測しました。」

御侍「え?!深刻そうだけど?!」

B-52「原因不明の……眩暈が……」

御侍「B、B-52……君……酔ってる?」

御侍「ねぇちょっと!どどど、どうして私に寄り掛かってるの……」

B-52「力が足りません……着陸をしました……」

御侍「まっ……!まぁ、いいや、少しだけ肩を貸してあげる。」

御侍「B-52ーー!」

B-52「出前ですか、それとも機械修理ですか?」

御侍「……いや、前にロボットをくれた事で礼を言いに来たんだ!」

御侍「ロボットのおかげで、料理の提供が更に便利になったよ!」

B-52「……」

B-52「それ用ではないです。」

御侍「えっ?!じゃあ何に使う用なの……」

B-52「それは……忘れてください……あなたの好きなように使ってください。」

御侍「話し方も君にそっくり!まぁ、お客さんと話が続かない時もあるけど……」

B-52「僕がいない時に……あなたの傍に居てくれればいい……」

御侍「大きな問題はないよ!うん?なんか言った?」

B-52「……何でもありません。」

B-52「温度上昇……眩暈が酷くなっています……」

御侍「B、B-52……?また酔ったの?!」

B-52「セーフティ機能が作動しています……攻撃を開始できません……」

御侍「えっ、私の事?……いや、B-52どこに行くんだ!」

B-52「すぐに冷却する必要があります……すぐに冷却する必要があります……」

御侍「ねぇ!自分の体に氷をぶつけないで!」

B-52「すぐに冷却する必要があります……すぐに冷却する必要があります……」

御侍「待って……!氷が入ったバケツに体ごと突っ込むなーー!」

御侍「B-52どうして. アンドレを抱きしめてるの」

B-52「酔っているから。」

御侍「???」

B-52「……ウォッカに飲まされました。」

御侍「???酔っぱらってアンドレにまで手を出したの?!」

御侍「B-52は大丈夫?!待って……翼はどうしたの?!」

B-52「……いや。」

B-52「転びました……」

御侍「B-52……一つだけお願いできるかな……」

B-52「勿論です。」

御侍「テイクアウトの注文があって……君にお願いするかもしれない……」

B-52「承知。」

御侍「話を全部聞いてから答えて。桜の島に届けなきゃいけないんだ……もし面倒なら……他の方法を考えるよ。」

B-52「……」

B-52「問題ない。」

御侍「しかし……」

B-52「……どこでも構いません。」

御侍「良かった!君が帰ってきたら、君の翼の修繕費用を負担するよ!」

B-52「……」

B-52「どう……されましたか?」

御侍「あぁ、実は厨房の機械が止まっちゃって……」

B-52「……見に行ってみます。」

御侍「君が修理できる事を忘れていたよ……ありがとう、B-52!」

B-52「……修理が完了しました。」

御侍「流石!君がいてよかったよ……あれ、君の髪にクモの巣がついてる……」

B-52「……」

御侍「動かないで、私が取ってあげるから。」

B-52「近……過ぎます……」

御侍「よし!もういいよ……」

御侍「B-52!ど、どうして煙が出てるの?!どうかした?!」

シャンパン


お屠蘇

お屠蘇「御侍!いつもの酒を頼む!」

御侍「いらっしゃっい……あれ……お屠蘇、手に持っている黒いものは何?」

お屠蘇「あぁ、これはよもぎ団子から貰った丸薬だ。」

お屠蘇「酒に加えて飲むと少しは健康的になるそうだ、試して欲しいと頼まれた。」

御侍「君が素直に了承するとはね、だけど……この丸薬……本当に食べれるの?」

お屠蘇「御侍が味見してみたらわかるだろう──」

御侍「待って!言いながらそれを私の酒に入れるな!」

御侍「お屠蘇、遠くからでも楽しそうに笑ってるのが見えたよ。

楽しいことがあったんなら良かったら教えて?」

お屠蘇「楽しそう?そうか?!」

御侍「まあ……机が揺れているしね。」

お屠蘇「御侍にもワンタンの顔を見せたかったハハハッ――!」

御侍「彼はどうかしたの……」

お屠蘇ワンタンは今日、私に庭の雑草を抜くように頼んできた、だけどまさか――それは全部亀苓膏の薬草だったんだ!奴が私たちを見た時、顔は奴の服よりも黒くなってた。

ワンタン亀苓膏にこっぴどく叱られたさハハハッ!やっと怒られるのは私だけじゃなくなった!」

御侍「合ってるけど、なんか違うような……」

お屠蘇「御侍!なんでも良いから酒を貰えるか?」

お屠蘇「もう三日は酒を飲んでない……」

御侍「三日?らしくないね……」

御侍「どうしたの、酒を控えようと思ったの?」

お屠蘇ワンタンの奴が、私は絶対三日も禁酒出来ないと賭けてきてな。」

お屠蘇廬山雲霧茶と二日茶を飲んできたが、今日はもう我慢出来ずに出てきてしまった。」

御侍「ぷはっ!流石はお屠蘇。」

お屠蘇「茶を飲むのはつまらない。」

お屠蘇ワンタンに今日ここに来た事を言わないでくれ、そうすれば私の勝ちだ!」

御侍「そうなんだーー聞こえた?ワンタン?」

お屠蘇「?!先に失礼する!」

御侍「ぷははっ!嘘だよ!」

お屠蘇「御侍、酒をくれ!」

御侍「お屠蘇、ご機嫌だね?」

お屠蘇「なんでもない、たださっきまた堕神を倒してきただけだ。」

御侍「確かに、それは喜ばしい事だ。」

御侍「今日は私の奢りだよ!」

お屠蘇「じゃあ遠慮せず頂こう!まぁ本当はこの件だかじゃないが。」

御侍「じゃあ……誰かがお礼として君に酒を奢ったとか?」

お屠蘇「ヤンチャな子どもたちが、私が堕神を退治しているのを見て、師匠になってくれと頼んできた。」

御侍「ぷっ――そして?」

お屠蘇「彼らに、基礎が出来てからまた出直して来てと伝えた。」

御侍「子どもたちを拒否したの?」

お屠蘇「やかましいのがまた増えるのが嫌だったから。」

御侍「ちょっと彼らがかわいそうになってきた……」

お屠蘇「御侍!御侍!御侍!」

御侍「お屠蘇?どうした、そんなに慌てて?」

お屠蘇「シーッ!静かに!」

御侍「どうして……?」

お屠蘇亀苓膏がもし追ってきたら、見えなかったと伝えて欲しい!」

御侍「亀苓膏?君は……また彼を怒らせたのか?」

お屠蘇「ただ堕神が追っているときに間違えて他人の酒場を……」

お屠蘇「しかし、店はもう修理したのに、奴はまだうだうだと……」

お屠蘇「とにかく、誤魔化してくれると!」

御侍「逃げ足は速いな……」

お屠蘇「あれ?その目と口は……御侍のようだなっ!」

御侍「……お屠蘇酔ってるね……」

お屠蘇「私が酔う訳ないだろう……」

御侍「帰って休もう、ね?」

お屠蘇「ダメだ!私はまだ飲める!もう一本持ってこいーー!」

御侍「そこはバーカウンター!乗っちゃダメ!」

お屠蘇「おい、どうして亀苓膏みたいにくどくどと……」

お屠蘇「奴といえば、またワンタンと何か忙しくやっているみたいだ……私の酒にも付き合ってくれない……ヒクッ……」

御侍「お屠蘇?何を言ってるの?」

お屠蘇「ヒクッ……御侍も……年末になると捕まらなくなる、年末は忙しいからか……」

御侍「だから一人でここに来たの?確かに最近は少し忙しくて、君のことを蔑ろにしていたかも……」

お屠蘇「奴らに時間が出来たら絶対酒に付き合ってもらう!ヒクッ――」

御侍「……」

お屠蘇「御侍、今日何を発見したと思う?」

御侍「今日は機嫌がいいみたいね、何があったの?」

お屠蘇ワンタンが居ない隙に、飥魂に酒を飲ませた。」

御侍「で?!」

お屠蘇「御侍どうした急に興奮して。」

御侍「私……ただ気になっただけで……」

御侍「その後、何が起きたの?」

お屠蘇「結果、飥魂を捕まえた瞬間、ワンタンは慌てながら急に現れた。」

御侍「見つかっちゃったの?彼は飥魂と通じ合ってるの?」

お屠蘇「それはわからない。あっ!そうだ、次は御侍が飥魂に酒を飲ませな。」

御侍「え?!」

お屠蘇「安心しろ、私が見張っておくから、ワンタンの奴は絶対に入って来れない。」

御侍「えぇ、私はまだやるって言ってないけど!」

お屠蘇「うぅ……柔らかい……温かい……」

お屠蘇「御侍の手みたい……」

御侍「私の手だよ……落ちそうになってたよ……」

お屠蘇「ヒクッ……御侍来たのか。」

御侍「ごめん……こんなに待たせて、店が忙しくて……」

お屠蘇「仕事してる時の御侍も……ヒクッ……可愛い……」

お屠蘇「いや!し、仕事していない時の御侍も……ヒクッ……可愛らしい……」

御侍「ゴホッ……ありがとうお屠蘇……」

お屠蘇「頬を染めて更に可愛くなったな!ヒクッーー」

お屠蘇「御侍!こっちだ!」

御侍「ごめん!遅れちゃって……」

お屠蘇「いや、私が早く来すぎただけだ。」

御侍「お屠蘇は本当にお酒が好きなんだね。」

お屠蘇「酒は良い物だ、さぁ、一杯やろう!」

御侍「うっ――苦くて辛い!」

お屠蘇「悪い!水を出そう!」

お屠蘇「少し良くなったか……?こんなに酒が弱いとは思わなかった……」

御侍「こんなに強いお酒、お屠蘇しか飲めないでしょう。」

お屠蘇「大丈夫だ、何杯か飲めば慣れる、もう一杯試して……うん?御侍、どうしてそんな所に座ってるんだ?」

御侍「……」


ロンフォンフイ

ロンフォンフイ「御侍御侍ーー質問がある!」

御侍「急にどうした?」

ロンフォンフイ「そんな目をすんな、オレは真剣だ。」

ロンフォンフイ北京ダックと酔っ払いアヒルの作り方を」※醉鸡(酔っ払い鶏、酒漬け料理)のことかと思われる

御侍「?」

ロンフォンフイ「どうしたんだ?普段売ってるもんだろ?」

ロンフォンフイ「あーっ、醤油煮もそのまま蒸すだけでもいいな……へへっ……」

御侍「よだれを一旦拭いて、これ聞いてどうするつもりなの……?」

ロンフォンフイ「勿論、あいつが飼ってるアヒルをどう食ってやろうか考えてんだ。」

御侍「アヒル……?も、もしかして北京ダックの?!」

ロンフォンフイ「……俺は誰かなんて言ってねぇぞ!」

ロンフォンフイ「御侍ーー一杯付き合ってくれねぇか!最近暇すぎてよぉ!」

御侍「だから毎日ここに来てるんだ。どうしたの、龍井の手伝いは?」

ロンフォンフイ「あいつのせいで、町はどんどん平和になっていく。」

ロンフォンフイ「オレはガキ共と一緒にドジョウをすくうみてぇな雑事はごめんだ、せめてチンピラ退治ぐれぇ手ごたえがねぇと。」

御侍「それは良い事じゃない、みんなの生活が良くなった証拠だ。」

ロンフォンフイ「そうだがーーオレはどんどん暇になる。」

御侍「なんかしたいなら、ここの手伝いなんかどうだ?」

ロンフォンフイ「酒と肉くれんのか!あるなら、考えてやってもいい!」

ロンフォンフイ「わっはっはっは!この酒は強い!気に入った!」

ロンフォンフイ「御侍、こっちだ!」

御侍「あれ?一人なの?」

ロンフォンフイ「そうだ。雄黄酒と龍井はここがうるさいってよ、だから一人で来た。」

御侍「光耀大陸以外の酒を飲んだのはもしかして初めて?」

ロンフォンフイ「そうだ。まさか外にはこんな酒もあるとはな!あいつら来ねぇなんて勿体ねぇ事したな。」

ロンフォンフイ「だが誰も飲み過ぎだとくどくど言ってこねぇのはいいもんだ!ははっ!」

御侍「ははっ、なんだか楽しそうだね。」

ロンフォンフイ「そりゃそうだ!ただ自分で来るのは面倒だ……次は佛跳牆の船に乗せてってもらおうか!最近あいついつもこっちに来てるだろ?」

御侍「あーもしかしたら今後光耀大陸でも飲めるようになるかも。」

ロンフォンフイ「おっ?本当か?」

ロンフォンフイ「御侍!いつもの酒を頼む!」

御侍「ロンフォンフイいらっしゃい、なんだか楽しそうね。」

ロンフォンフイ「ははははっ!それは今日ある事が起きてよぉ!」

御侍「なんか良い事でもあったの?」

ロンフォンフイ「今日、龍井は男の子の願いを受け取ったんだ。家の食べ物が『フラーケン』に取られたから、龍井様に取り戻して欲しいそうだ。」

御侍「フ、フラーケン?!」

ロンフォンフイ「ははっ!御侍はオレよりも良い反応をするな!」

御侍「……そこは重要じゃないでしょ、それから?」

ロンフォンフイ「オレらが辿り着いた時はーーはははっ!何を見たと思う?」

ロンフォンフイ「野良猫たちが袋に入った煮干しを分け合ってたんだ!はははっーー!」

御侍「…………」

ロンフォンフイ「凶暴だった、まるで……怒った雄黄酒みてぇだ!煮干しを二袋買ってあいつらに与えてやっとどっかに行ってくれた。あれは化け猫だな!」

御侍「子どもたちの想像力は豊かだね……」

ロンフォンフイ「御侍!バーにいたチンピラ供を追い出してやった!」

ロンフォンフイ「次また同じ事があったら、直接俺に言いな!」

御侍「ありがとう、ロンフォンフイ。君が居て助かったよ、そうじゃないとお客さんが逃げちゃってた。」

ロンフォンフイ「あはははっ!安心しろ、もう二度と来る事ねぇよ!」

御侍「うん……まぁ、テーブル二つとイス四つを壊したけど……まぁ……」

ロンフォンフイ「御侍、怒らねぇでくれ!」

御侍「怒ったりしないよ、今日の酒を私の奢りだ!」

ロンフォンフイ「ははははっ!だよな!今度またこういう事があったら、またタダ酒が飲めるな!」

御侍「?」


佛跳牆


SR食霊ストーリー

うな丼

うな丼「わっー!このかくしりはスッキリするでござるな!」

御侍「これはカクテルだ!テール、尻尾だ!」

うな丼「うっ、大体合ってるではないか!全部鳥の尻ではないか。」

うな丼「鳥の尻で作った酒がこんなにも美味いとは、聞いた事が無かったでござる!」

御侍「……全然違う!カクテルは鳥の尻で作った物じゃない!」

うな丼「鳥の尻でなければ……わかったでござる!その名の通り、鳥の尻尾で作ったんでござるな!」

御侍「……」

うな丼「帰ったら焼き鳥に教えてやらねば!あいつもきっと知らなかったであろう!あははっ……」

うな丼「おいっ、御侍どうして拙者を叩く!」

うな丼「御侍!さぁさぁ!千夜豆!」

御侍「???」

うな丼「どうしたでござるか?先日乾杯の時に『千夜豆』と言っていたのを聞いたでござるよ!」

御侍「……もしかして『チアーズ』って言いたかった?!」

うな丼「それそれでござる!格好いいとは思わぬか!」

うな丼「千夜豆、千っ……う、ぐふっ……」

うな丼「ゴホゴホッ、御侍どうして急に鶏ももを拙者の口にいれたでござるか!しかし美味でござる……へへっ……」

御侍「その鶏もものが似合うと思うよ。」

御侍「う、な、丼!昨日私が呼んだマジシャンを怒らせたって?!」

うな丼「まじしゃんとは?あぁ、昨日いた人を騙している奴の事でござるか?」

御侍「……騙すって!あれはショーの一種だ!」

御侍「で、何したの?」

うな丼「うっ、薔薇を出していたので、酒を出せとお願いしたら、断られたでござる。」

うな丼「その後、皆の衆に奴は薔薇を袖の中に隠していたと伝えたら、怒って帰ったでござる。」

御侍「……」

うな丼「しかし拙者は本当に薔薇を袖に入れていたのを見た!拙者でも出来る!」

うな丼「鶏ももとサツマイモを隠して、豚骨ラーメンにバレなかった事もあるでござる!」

御侍「……それとは話が違う!」

うな丼「御侍!屋根は修理できたでござる!何か褒美は……」

御侍「お疲れ様!あとあっちの壊れたテーブルもお願い!」

うな丼「お安い御用!」

うな丼「テーブルが直れば、 何か食べ……」

御侍「厨房の機械もちょっと故障してるみたい、 それもお願いできる?」

うな丼「……御侍!拙者は雑用係ではない!」

御侍「自分から手伝うって言いだしたんじゃん。」

御侍「しかも豚骨ラーメンが言ってた、こういうの得意だって。」

うな丼「……わかったでござる。では夕飯に鶏ももを一つ追加してくだされ!」

御侍「うな丼……また豚骨ラーメンに殴られたのか?」

御侍「殴られたのになんでそんなにヘラヘラしてんだ……本当に大丈夫か?」

うな丼「そうではない!殴られたわけではないし、「また」とは聞き捨てならぬな!」

御侍「心配してるんだ。そうじゃないならいい。」

うな丼「ただ先程誤って白髪で大きな剣をもった奴の酒を取ってしまったでござる。」

御侍「それって……ロンフォンフイ?」

うな丼「そうでござる!ロンフォンフイ!」

うな丼「あんなに凶暴な者に会った事がなかった、喧嘩をしたでござる。」

御侍「???」

うな丼「しかし勝負はつかずじまい、最終的に酒を分け合ったでござるよ。今は拙者の兄弟となった!」

うな丼「御侍、御侍!」

御侍「うな丼どうしたのこそこそして?」

うな丼「シーッ!静かに!豚骨ラーメンにバレてはならぬ!」

御侍「はぁーー正直に言って、また何かやらかしたの?」

うな丼「やらかしてなど……!ただ仕事中に酒をこっそり飲んだだけでござる、少しだけ!」

御侍「ジーッ、その様子じゃ少しだけじゃない気がーー」

うな丼「あぁ!その通りでござる、気付いたら……」

うな丼「御侍!豚骨ラーメンには言わないで頂きたい!一週間飯抜きにされてしまう!」

御侍「彼女が自分で気づいちゃったら、助けられないよ。」

うな丼「そんな事はーー気付かれてしまったら、焼き鳥がやったと言おう!へへっ!」

うな丼「よお、御侍!この酒美味しいでござる!」

御侍「気に入ってくれて良かったよ、また来てねー」

うな丼「勿論でござる!次は豚骨ラーメンも連れて、焼き鳥の奴は……いいや!」

御侍「良いよ、一緒に来てくれるなら大歓迎だ。」

うな丼「あー!ここで飲む酒は美味い!」

うな丼「御侍よ、人は足りているか?保証する、拙者がここにいれば、チンピラ共は来ないでござるよ!」

御侍「気持ちはありがたいけど、しばらくは護衛は必要ないかな。」

うな丼「そうでござるか。しかし何かあればいつでも拙者を呼ぶと良い、報酬はいらないのでーー」

うな丼「ーー酒を何杯か頂けると!」

御侍「わかったわかった。」


カッサータ

カッサータ「御侍、最近チーズがいつも来てるみたいだが、毎回ドリンクを持って帰ってくる。全部御侍が作った物なのか?」

御侍「そうだよ、最近新しい酒を作ったからカッサータもどう?」

カッサータ「うん?今日出来た新しい酒か?」

御侍「そうだよ、ここ何日いつもチーズとこのお酒を作ってた。」

御侍「チーズは独自の配合があるみたいで、それを試したいんだって。」

カッサータ「……チーズと作った酒は青いのか?」

御侍「うん、そうだ!冷たい青色、海みたいな、口当たりも良いぞ。」

カッサータチーズが持って帰ってきた時、その酒は赤になってたが?」

御侍「…………」

御侍「カッサータピザに宜しく伝えといて」

カッサータ「よぉ、御侍!このバーは良いな。」

御侍「そうでしょう、私の見る目を信じて。そうだ、今日は何しに来たんだ?」

カッサータ「バーがオープンするって聞いて、ピザチーズも来たいって騒いでたんだ。」

御侍「じゃあピザたちは?」

カッサータ「……あのバカはチーズと一緒に市場で遊んでる。」

御侍「あはは……相変わらずだね……」

御侍「だけど、二人だけ外にいるのも心配だね。」

カッサータ「あぁ、だから顔だけ出しに来た、もう帰る。」

御侍「早いね?」

カッサータ「仕方ない、俺はあのバカの護衛だからな。」

御侍「カッサータ……そんなに急いで……何かあったのか?」

カッサータ「御侍、ウイスキー来てなかったか?」

カッサータ「何かされてないか?」

御侍「安心して、何もしてなかったよ。」

御侍(彼が来て、リラックスできるわけがない)

カッサータ「じゃあ、これから頻繁にここに来ないと。」

カッサータ「御侍、これからも宜しく。」

御侍「えっ?!待って、まだ承諾してない!」

御侍「あぁ、本当に、毎回ウイスキーの事になると、三人とも心配性なんだから。」

カッサータ(今回は、絶対守る)

カッサータ「過去は過ぎ去った……今が新たな始まりだ……」

御侍「あれ……カッサータ……寝ちゃった?」

カッサータ「どこ……どかだ……ピ…。。」

御侍「……カッサータ、大丈夫?」

カッサータ「お前を……騙したくない……」

御侍(悪夢でも見てるのか?)

カッサータ「行くな……」

御侍「?!手が掴まれた……」

御侍「上着を掛けようとしただけなんだけど…」

カッサータ「俺がずっと……守ってやる……」

カッサータ「変な夢を見た……」

御侍「変な夢?」

カッサータ「自分は呪われた狐になって、チーズは薔薇に、ピザは王子に、おれたちは城に住んでいた。」

カッサータピザチーズを拾って、水晶の瓶に隠した。」

御侍「気付かない内に夜鶯によぅって薔薇が盗まれた……」

カッサータ「だけど人魚王子の元で薔薇を見つけ出した。」

御侍「最終的に本当の友達になり、城で幸せに暮らした。」

カッサータ「意外に、本当の夢かも……」

御侍「今も一緒に幸せに暮らしているじゃない?」

カッサータ「そうだな、じゃあ御侍、先にどうして俺の夢を知っているか教えてくれ。」

御侍「カッサータチーズピザの保護者みたいだね。君がいなかったら、二人は困るだろうな。」

カッサータ「そうか?俺に出会わない方が、アイツらにとっては幸せだったかもしれない……」

御侍「えっ、カッサータ?」

カッサータ「俺の言葉を本気にした?」

カッサータ「心配するな、彼らと出会った事を俺は一度も後悔した事はない。」

御侍「(わかってる、君たちは今の生活を壊したくないんだって)」

御侍「いや、本気にしてないよ。君は、ピザたちに影響されて私の反応を見たいだけだよな?」

カッサータ「やはり御侍にはかなわない。」

御侍「それなら、罰として三杯飲んでいきな。」

カッサータ「ああ、ありがとう。」

御侍「???」

カッサータ「本当に、ありがとう、御侍。」

カッサータ「どうしてか、御侍を見てると悩みを忘れられる。」

御侍「褒められてる気はしないな。」

カッサータ「本当に褒めてる、心が優しい人じゃないと出来ない事だ。」

カッサータ「だから、俺もかつては優しい人になりたかった。」

御侍「うん?何か言った?聞こえなかった……」

カッサータ「何でもない、ただ俺は幸運だなと……」

御侍「幸運?」

カッサータ「あぁ…お前らに出会えて幸運だなと……」

カッサータ「御侍、申し訳ないけど……」

御侍「ピザ……?どうしたの?」

カッサータ「酒飲めないくせに、少しだけで酔っぱらってしまった。」

御侍「酔い覚ましを用意してくる。」

カッサータ「待ってくれ……出来れば、ここに寝かせてやってくれないか?」

御侍「うん?」

カッサータ「後で一緒に片づけてやる。」

カッサータ「明日折角の休みだろ、ピザはお前と一緒に出掛けたいんだと。」

御侍(明日朝一に私に会うために、ここにいるつもり?)

カッサータ「明日何も知らないフリして欲しい。このバカは彼なりに頑張ったんだ。」

御侍「カッサータ、本当に大変だ。」

カッサータ「うん?いや、これは俺の楽しみと言える。」

御侍「カッサータ?それは……誰かと喧嘩でもした?!」

カッサータ「……いや。」

カッサータ「たまたまバーの近くで堕神を見かけたから、ついでに倒しといた。」

御侍「だけど黒蛇の影が見えたような……」

御侍「カッサータ、本当に大丈夫?」

カッサータ「大丈夫だ、少し休めばいい。心配するな、ピザみたいな表情をしないでくれ。」

御侍「こういう時に冗談は言わないで。」

カッサータ「じゃあ、笑ってくれ、御侍。」


エッグノッグ

エッグノッグ「御侍様、こちらに来てくださいませんか?」

御侍「どうした?」

エッグノッグ「先程作ったお酒を味見してみてください――安心してください、酔いませんよ。」

御侍「ん……甘い!美味しい――」

エッグノッグ「先程お酒には甘さが足りなかったんですが、貴方が来たら丁度良くなりました。」

御侍「……さっきの言葉を撤回する。」

エッグノッグ「もう二分経ちましたので、撤回は出来ませんよ。」

御侍「……」

エッグノッグ「あれ、ビールが持ってきた本は面白いな。色んな話が載ってる、聞きたい?」

エッグノッグ「御侍様、ローストターキーはこっそり来てませんよね?」

御侍「来てないよ、どうしたの。彼から逃げてるの。」

エッグノッグ「……いつもながら変わった発想をお持ちですね。」

御侍「一緒に居る時間は一番長いでしょ、どうして私に聞くの?ローストターキーの行方は君の方が詳しいでしょう?」

エッグノッグ「……」

御侍「ふふん、言ってご覧、また何か怒らせたの?」

エッグノッグ「いえ……ビールが帰って来ていまして……彼がローストターキーに話をしている時……」

エッグノッグ「ついでに自分が創作した詩歌をですね……ローストターキーに更なる薫陶を受けさせるため、自分を犠牲にして逃げ出すしかありませんでした……」

御侍「…………」

御侍「ローストターキーには申し訳ないけど……少し気持ちは理解出来る気がする……」

御侍「ゴホッゴホッ、エッグノッグ。考えてみない……このバーで働く事?」

エッグノッグ「ん?御侍様は僕と離れがたいという意味として捉えても良いでしょうか?」

御侍「エッグノッグが来てから、客足がグングンと伸びたからね――特に女性客。」

御侍「(まるで客寄せパンダだ!)」

エッグノッグ「……」

エッグノッグ「しかしローストターキーは恐らく……」

御侍「ローストターキーはいくら出してるんだ!三倍出す!」

エッグノッグ「???」

エッグノッグ「御侍様、深夜まで営業するのはよくないですよ。」

エッグノッグ「早めに休まないと、体に障ります。」

御侍「大丈夫、毛根には自信あるから。」

エッグノッグローストターキーは何日も続けて自分を書斎にこもっていましたが――」

エッグノッグ「羽から結構な量の羽が抜け落ちたそうですよ……」

御侍「それは君にいじめられたことが原因じゃなくて?」

エッグノッグ「……そんな事はしませんよ。」

エッグノッグ「この事は絶対彼に言うなよ、更に抜け落ちちゃいそうだ。」

エッグノッグ「だから――お休みして頂けますか?」

御侍「最近、君とビールなんか変じゃない?」

エッグノッグ「うん?どこがでしょうか……」

御侍「ジーッ、もしかして何かから逃げてるーー」

エッグノッグ「御侍様、何を仰ってるんですか、意味が分かりませんよ……」

御侍「ジーッ、あっ!わかった!ローストターキーから逃げてるんでしょ!」

エッグノッグ「……どうしてわかったんですか?」

御侍「いつもならこの時間は、ローストターキーと一緒に書斎で公文書を読んでる時間でしょう?」

エッグノッグ「それは最近王宮の事情が少し変わったからで……」

御侍「本当に?でもローストターキーはそんな事言ってなかったなーー」

エッグノッグローストターキーは何を?大した事ではないのに……」

御侍「だから何をしたんだ?」

エッグノッグ「僕たちはただ彼に、ここは子どもが来る場所じゃないと言っただけです。」

エッグノッグ「まさか僕たちに付いて来ようとするとは、なのでこっそり来るしかなくなりました。」

御侍「ぷっ、ははははっ!そういう事か。」

エッグノッグローストターキーは何を言ったんですか?」

御侍「ローストターキーはねーー何も言ってないよ、嘘だよー」

エッグノッグ「……それはビールの影響ですか?」

御侍「エッグノッグ、今日もお酒作り手伝ってくれてありがとう!」

エッグノッグ「御侍様のお役に立てているのなら、苦ではありませんよ。」

御侍「お酒を飲みに来たのに、逆に手伝わせちゃって……」

御侍「だけど君のおかげでお客さんは増えた!みんな君のお酒を褒めちぎってるよ!」

エッグノッグ「貴方もそう思いますか?」

御侍「勿論!ただどうやってお礼をしたらいいか……じゃあ……今後君が飲むお酒は全部私の奢りでどうだ!」

エッグノッグ「あぁ——それより一日の時間が欲しいです。」

御侍「一日の時間?」

エッグノッグ「1日空けて、僕に付き合って欲しいです。」

御侍「えっ……?」

エッグノッグ「二日でもいいですよ?」

エッグノッグ「ここがビールが言っていたバーですか。あぁ、センスは良さそうですね。」

御侍「ビールに進められて来たんだね。」

エッグノッグ「御侍様もいらしてたんですか、良かったです。では先程貴方の為に作ったお酒を味見して頂けませんか?」

御侍「いいよ、前作ってくれた酒美味しかった記憶がある。」

エッグノッグ「覚えててくださったのですね、嬉しいです。あれは貴方のために作ったものですから――」

エッグノッグ「あぁ、貴方が酔った姿も可愛らしかったですよ。」

御侍「……何も言ってない事にして!」

エッグノッグ「わかってます、僕しか見てませんから。」

エッグノッグ「今日はどんなお酒が良いですか?新しいお酒を作る事も可能ですよ?」

御侍「わ、私今日はもういいかな!」


スノースキン月餅

御侍「スノースキン月餅、お酒は好き?」

スノースキン月餅「お酒は……特別……他の物と味が違う……」

スノースキン月餅「嫌いじゃない……」

御侍「今後作った新商品の味見をお願いできないかな?」

スノースキン月餅「御侍さまが……必要としているなら……いいよ。」

御侍「ヘヘッ、これを飲んでみて。」

スノースキン月餅「うん……甘い……」

スノースキン月餅「これは……御侍さまの味……」

御侍「スノースキン月餅、絵を描いてるの?」

御侍「あれ、どうしてこのお酒を全部描いてるの?」

スノースキン月餅「とても……綺麗だから……御待さまから貰ったから……」

御侍「いっぱい描いたね……!スノースキン月餅凄いよ!」

スノースキン月餅「うん……」

御侍「これを印刷してバーの宣伝冊子を作っても良い??絶対お客さんいっぱい呼べるよ!」

スノースキン月餅「御侍さま……好き?」

御侍「大好き!あれ、最後のページは……」

スノースキン月餅「なんでもない……!」

御侍「スノースキン月餅どうして隠しちゃうの?人が二人いたような……」

御侍「わかった、きっと新しい本の表紙を描いてるんだね、だから見て欲しくないのかな?」

スノースキン月餅「…………」

御侍「なるほどね……あれ 顔赤いよ……?」

御侍「スノースキン月餅、手紙を書いてるのか……ごめん、邪魔しちゃった?」

スノースキン月餅「いえ……御侍さまに会えて……嬉しい……」

御侍「邪魔してなくて良かった。これは……納豆たちに……?」

スノースキン月餅「うん……この面白い場所を……教えようと。」

御侍「ヘヘッ、褒めてくれてありがとう。」

御侍「もし本の中で勧めてくれなかったら、こんなにお客さんは来なかったかもしれないよ。」

スノースキン月餅「御侍さまの……お役に立てて……良かった……」

御侍「スノースキン月餅ー君の本を店に置いたら、お客さんは更に増えたよ!」

スノースキン月餅「御侍さまの役に立てているなら……良かった……」

御侍「でも彼らはきっと気付かないんでしょうね。自分が好きな作家はもしかしたら隣に座っているかもしれないという事に。」

御侍「今度君が私にくれたサイン本を見せびらかしてくるー!」

スノースキン月餅「御侍さま……」

御侍「分かってるよ、安心して。作者の事を勝手に他人に教えたりしないから!」

スノースキン月餅「うん……これは……わたしと御侍さまだけの……秘密……」

スノースキン月餅「御侍さま……冊子が……見つからない……」

御侍「まずい!さっき何かをこそこそと懐に隠していた人を見た……まさか?!」

御侍「スノースキン月餅安心して!まだ遠くに行っていないはず、絶対取り返してあげる!」

スノースキン月餅「御侍さま……違う……」

御侍「あの泥棒はきっと君の原稿を使って偽の本を出版するつもりだ!」

御侍「ダメだ!君の本を守るために!絶対取り返してやる!」

スノースキン月餅「持っていかれたのは……わたしの本じゃない……」

御侍「えっ?君のじゃない?」

スノースキン月餅「バーの……メニュー冊子が……なくなった……」

御侍「?!」

スノースキン月餅「御侍さま……機嫌悪い……?どうしたの……」

御侍「冰の在庫が足りなくなってきた……」

スノースキン月餅「冰……うっ……」

スノースキン月餅「御侍さま……あげる……」

御侍「どこから出したの?!」

スノースキン月餅「わたしの蓮から……もっと出せる……全部御侍さまに……」

御侍「えっ?!待って?!多過ぎる!」


テキーラ

テキーラ「あぁ!気分が良い、こんなにお酒を嗜むのは久しぶりだ!」

御侍「そんなに飲んで、なんかいい事でもあった?」

テキーラ「いえ……近頃法王庁は猫の手も借りたい程に忙しく、やっとクロワッサンの目を盗んで出てこれたんです……」

テキーラ「待ってください、クロワッサンはここに来てませんよね?」

御侍「クロワッサンは君みたいにサボったりしないよ。」

テキーラ「ふぅ、良かったです。サボってなんかいません、堂々と休憩をしているのです。」

テキーラ「どこからか堕神が大量発生して、倒しても倒してもきりがないんです……」

御侍「もしかしたら、年末だから決算で忙しいんじゃない?」

テキーラ「どういう事でしょうか?」

御侍「テキーラ、慌ててどうしたの?また何かやらかしたの?」

テキーラ「違います、クロワッサンが報酬を払わなくてもいい僕たちみたいな労働力を酷使しているんです。」

御侍「あら、クロワッサン、ちょうど良い時に……」

テキーラ「さ、さっき言った事は冗談です!一か月も法王庁の掃除をするのはごめんだ!」

テキーラ「サボってないです!酒が飲みたかっただけなんです……」

御侍「ぷははっーーまさかクロワッサンがウソ発見器になるとは。」

テキーラ「……御侍、サマ!」

御侍「えぇ、そんな目で見ないでよ。」

御侍「全部マティーニが教えてくれたんだ。」

御侍「テキーラテキーラ?」

テキーラ「あぁ、御侍サマでしたか。」

御侍「ボーっとしてたから、何回も呼んだよ、何見てるの?」

御侍「あれ、マルガリータ?」

テキーラ「何を言ってるんですか、ダーツを投げている人を見ていただけです……あの人よりフィッシュアンドチップスの方が上手く投げられます。」

御侍「そ、そうか。マルガリータは良く手伝いに来てくれるよ、もし……」

テキーラ「思い出しました、クロワッサンからの任務はまだ終わってないんでした……お先に失礼致します……」

御侍「彼女は普通に生活しているよ、何の異常もないよ。」

テキーラ「……」

テキーラ「わかりました……ありがとうございます、御侍サマ。」

テキーラ「御侍サマ、一緒に一杯飲みませんか?」

御侍「いいよ、今日は一人だけ?」

テキーラ「そうですね。クロワッサンはバーの騒がしさを嫌って、マティーニどこに行ったかわかりません。フィッシュアンドチップスはーー彼の酒量は信用できないので。」

テキーラ「だから僕一人しかいませんよ。どうしたんです?失望しましたか?」

御侍「なんかつまらなそうに見えたから。」

テキーラ「だから、御侍サマ、アナタを探しに来たのですよ。」

テキーラ「僕を歓迎してくださらないのですか?それは悲しいですね……」

御侍「ま、待って!近いよ。」

テキーラ「ふふっ、何を緊張されてるのですか?」

テキーラ「御侍サマー早く僕が焼いた手作りクッキーを食べてくださいー」

御侍「わっ、甘い。」

テキーラ「ははっ、僕のクッキーを食べたなら、アナタは今から僕の物になりましたね!」

御侍「今吐いたらチャラにならない……?」

テキーラ「……ダメです、ダメですよ。」

御侍「またどこからそんな話を聞いて来たんだ?」

テキーラマティーニの言ってた事と違うじゃないですか。」

御侍「何ブツブツ言ってるの?」

テキーラ「いえ……!マティーニにまたからかわれました……」

御侍「えっと、このクッキーを食べないと、私は君の者にはなれないのかな?」

テキーラ「御侍様、彼をどこかに閉じ込める事は出来ないでしょうか?」

御侍「フィッシュアンドチップス寝ちゃったの?」

テキーラ「僕に飲み比べを挑んできたのですが、何杯も飲まない内に倒れてしまいました。つまらないですねー」

テキーラ「寝るだけならまだいいのですが、いびきの音がだれよりもうるさく、よだれも僕の銃に跳ねそうになってましたよ。」

御侍「ぷっ、ハハハッ。流石フィッシュアンドチップス。」

テキーラ「そうですね、連れてくるんじゃありませんでした。しかし、」

テキーラ「御侍サマが楽しそうに笑っているので、許してあげてもいいでしょう。」

テキーラ「御侍サマ、こちらを見てください。」

御侍「綺麗な花!」

テキーラ「あぁ、やはり御侍サマには似合いますね。」

御侍「マティーニから教わったんでしょう?」

テキーラ「彼から教わる訳ないじゃないですか。今日来る途中、あるお嬢さんが困っていたので、チンピラ退治を助けたところ、お礼に頂きました。」

テキーラ「魅力的すぎるのも、時には悩みの種になりますね。」

御侍「見くびっていたみたいだね。ナルシスト度合いは、彼とそう変わらないみたいだ。」

テキーラ「御侍サマ――独りぼっちの僕を見て、何かしてくださらないのですか?」

御侍「グラスが二つ置いてあるじゃないか。」

テキーラマティーニがここを出てからもう一時間が経ちましたよ。」

テキーラ「もしかしたら、お手洗いに行く最中、またはお手洗いから帰ってきた時に迷ってしまったのでしょうね。」

御侍「???」

テキーラ「あぁ、しかしこのような素敵な夜を無下に出来ませんね。そうですよね、御侍サマ?」

御侍「マティーニは?」

テキーラ「僕と一緒にいる時に、他の人の事を考えるのですか?安心してください、流石の彼も法王庁までの道を忘れたりしませんよ。」

テキーラ「だから、今は僕たち二人だけの時間です。」

御侍「えっと……マティーニが戻ってきたって……言いたかったんだけど……後ろにいるよ。」

テキーラ「……タイミングが悪いですね、次はもっと遠い場所まで追っ払わないといけませんね。」


ビール

ビール「たまに新鮮なカクテルを試してみるのも、悪くない体験だ。」

ビール「カラフルな色どりで、味もそれぞれ違う。」

御侍「へへッ、今飲んでるのは私が作った物だ。」

ビール「しばらく会わない内に、また腕を上げたな。頻繁に通わなけねば。」

御侍「本当は、みんなに助けられて出来たんだ、私だけの力じゃない。」

ビール「御侍の進歩を見られて、僕は嬉しい。」

ビール「今後旅する時、きっとこのバーを人々に紹介するよ。」

ビール「そうすれば、僕も力になれるのでは?」

御侍「ん……良い匂いがする、まるで……クコの実のような……」

御侍「あれ……でもなんでバーにこんな匂いが?!」

ビール「あぁ、御侍も良い匂いだと思うか?」

御侍「ビール……?手に持っているのは……保温瓶?!」

御侍「もしかして……ビールの中にクコの実を入れたの?!」

ビール「御侍は賢いな、どうだ味わってみるか?」

御侍「……それ誰から聞いたんだ?」

ビール「あぁ……グルイラオで若者に教わった。」

ビール「こうすれば養生できると。僕も変わってる方法だとは思ったが、御侍も普段からこうするのか?」

御侍「……」

ビール「バーの若者たちを見ていると、自分も若くなったような錯覚を感じる。」

御侍「ビールも見た目は若いよ。」

ビール「それは僕の容姿を褒めているのか?それは嬉しい。」

御侍「……その表情をしなければもっと良いけどね。」

ビール「そうか、なら御侍ももっと笑わなければ。」

ビール「あと運動もしないと。踊っている若者見ていると、青春は良い物だなと感じる。」

御侍「また……」

ビール「やっぱり仕事の後に飲む冷えたビールは最高だな!」

御侍「そうだなーー気持ちが良いーー!」

ビール「この提案悪くなかったでしょ?」

ビール「この休憩時間に、一曲歌ってやろう……」

御侍「待って!君も一日疲れただろ、ちゃんと休まなきゃ。」

ビール「だが、歌を歌うというのもリラックスする方法の一つだ。」

ビール「しかも最近新しい曲を作った、御侍もきっとまだ聴いた事がない。」

ビール「パラータで旅をしていた時、現地の伝説を元に作ったんだ。」

ビール「美しい黄砂ーー純白の雪花ーーあれ?御侍はどこに行ったんだ?」

ビール「酒もまだ飲み終わってない、もったいないな。」

ビール「やはり御侍がいるところで飲む酒はこういう魔力が宿る。」

御侍「それはきっと、私が作る酒が美味しいからだ。」

ビール「僕が言いたいことを言ってくれるなんて、相性抜群のようだ。」

御侍「客観的な事実だからね。」

ビール「では僕の主観で感じた事を伝えよう。この酒を飲んだ時、僕はティアラで旅した日々を思い出す。目くるめく毎日、 そよ風で揺れる髪先、 潮騒に抱かれる海岸、 星の光がまぶされた空……」

御侍「……」

ビール「あぁすまない、劇を見たからか、気付いたら気持ちが溢れ出てしまった。」

御侍「……」

ビール「その表情……このポエムは良くなかったのか?もう一度読もうか?」

ビール「えっなんでぶつんだ?」

ビール「冷えた酒も良いが、冬に飲む熱い酒も気持ちが良い。」

御侍「外で雪が降っていれば、尚素晴らしいーー!」

ビール「はははっ、同じ考えみたいだな。」

ビール「うん?御侍、どうして窓を開けているんだ?室内は暖かいが、風を引いてしまったらよくない。」

御侍「わかったよ……今日雪降るか見てたんだ。」

ビール「ぷっ、相変わらず可愛らしいな。」

御侍「あれ……?窓の外に見える人影、ローストターキーみたいだけど……」

ビール「……本当に来たんだな。」

御侍「うん?ビールなんか言った?ローストターキーがどうしたって?」

ビール「あーなんでもない、ここは子どもが来る場所じゃないと言っただけだ。」

ビール「今日、バーで流れている曲はなんだか聴き覚えがあるような。」

御侍「えっ、知らないの?これはティアラで今一番売れてる曲だよ。」

ビール「少し前に旅していた時、聴いたかもしれない……紹介してくれるか?」

御侍「この曲は『Baby Baby☆私たちは君のハニー』と言って、『一緒にミドラドシドラドソドラドソー♪』。あはは……歌っちゃった……聞かなかった事にして!」

ビール「なるほど……可愛らしい曲名と特別な曲調……今まで聴いて来た曲と違うな。」

ビール「あぁ、もう若者たちの流行りについていけてないのか……」

御侍「ビールの曲も良いよ、それぞれの良さがあるから。」

ビール「御侍が認めてくれるなら、僕の歌も捨てた物じゃないな。」

ビール「その気持ちに応えて、是非一曲聴いてくれ……」

御侍「?!え、えっとまだやる事があるから!残念だけど、またね!」

ビール「……歌を歌う代わりにおやつを頂いた……」

ビール「あぁ、御侍はいつも慌ただしいな。」

ビール「外の雪が融け始めた、御侍、どういう事を意味しているかわかるか?」

御侍「それは……春がやってくるって事?」

ビール「そうだ、太陽が僕らを照らしているという事。」

ビール「かつてある国を訪れた事がある。そこの人々は強くて素敵だが、ある冬に彼らは大自然からの罰を受けた。」

ビール「最初は、病気を患ったのは一人だけだった、しかし気付けば国全体がその病気に侵された。」

ビール「しかし人々の揺るぎない善良の心によって、最終的に国は救われた。」

ビール「最後、雪が融け、春陽によってその国は照らされた。」

御侍「これは考えさせるような話だ、大自然の力は計り知れない……」

ビール「もし……僕らが尊重を覚えなければ、この話は僕らの身に降りかかるだろう……」

ビール「脅かしているだけだ、そんなにビビるな。」

御侍「……」

ビール「御侍、どうして僕はこの詩歌を飽きもせず歌い続けていると思う?」

御侍「好き……だから?」

御侍「ビールは今まで色んな所に行って、その場所全てを愛しているから。」

ビール「流石御侍は僕の事をよくわかってる。」

ビール「そうだ、歌う価値があるから。どんな場所の景色も、歴史も、美しい歌に乗せて歌う価値がある。」

御侍「僕は自分の力を使って少しでも貢献できるなら、それはとても良い事だとは思わないか?」

ビール「こんな場所でこのような真面目な話をするものではないな。」

ビール「ではーー御侍のバーのためにも新しい歌を作ったんだ、聴いてくれるか?」

御侍「……」

御侍「これが君が何も言わず歌う理由か!」

ビール「バーは僕のような流浪してる旅人にお似合いだ。お酒をありがとう、御侍。」

ビール「あぁ、出来る事なら、ここに残って離れたくない。」

御侍「ビール……ここに残ろうと思わないのか?」

ビール「ここに残ったとしても行く場所がない、法王庁は……クロワッサンがきちんと管理している。」

ビール「僕は彼を信じている、彼が僕を信じているのと同じように。」

ビールローストターキーの傍にもエッグノッグがいるし、彼らもちゃんとしている。」

ビール「あぁ、あとは僕のような年寄りしかいない。」

ビール「だからまだ生きている内に好きに世界を回っているんだ。それがいいだろ、御侍?」

御侍「……そういう事を気軽に言うな!」


ブラッディマリー

ブラッディ・マリー「御侍様、僕と一曲踊らない?」

ブラッディ・マリー「適度の運動は血液の流れを加速させ、味わいも……良くなる。」

御侍「……」

ブラッディ・マリー「このダンスフロアは宮殿より劣るが、及第点かな。」

御侍「私踊れない……」

ブラッディ・マリー「御侍様は嫌?大丈夫、ゆっくり教えてあげる──」

ブラッディ・マリー「──覚えるまでね。」

ブラッディー・マリー「うーん、ビーフステーキの気配を感じる、今夜運命の出会いを果たせるだろうね。」

ブラッディー・マリー「気配はここから感じ取れる……あら、御侍様どうしてここに?」

御侍「ビーフステーキたちなら、もう帰ったよ。」

ブラッディー・マリー「たち?チッ……また赤ワインの奴か。」

御侍「そう、ビーフステーキ赤ワインがお会計で揉めて、ジンジャーブレッドに追い返されてたよ。」

御侍「確かあっちに向かっていったよ。」

ブラッディー・マリー「……まぁいい、ビーフステーキの分は僕が予め払っておくよーー」

ブラッディー・マリー「勿論、あいつの分はナシで。」

ブラッディー・マリー「ついでに、彼の為にブラッディーマリーを頼んでおく。」

ブラッディ・マリー「まさかここに新鮮な血液がこんなにあるとはーー」

ブラッディ・マリー「ーーでも、彼女たちのより君のが美味しいみたい。」

御侍「えっと……他の表現はないのかな……」

ブラッディ・マリー「じゃあどういうのがいい?絶品……それとも味わい深い?」

御侍「美食評論家になった方が良いと思う……」

ブラッディ・マリー「それならまず目の前の美味を味わってみないと、評論できない、でしょう?」

御侍「?!」

ブラッディ・マリー「ちっ、あいつを見かけた。」

ブラッディ・マリー「もう少しビーフステーキの傍から離れられないのか?」

御侍「えっと……ブラッディマリー……気を付けて……グラスが割れそう……」

ブラッディ・マリー「あぁ、御侍様。」

ブラッディ・マリー「ここ最近、いつもあいつがバーにいる、御侍様も気を付けて。」

ブラッディ・マリー「あいつに言いがかり付けられたらすぐに僕を呼んで、退治してあげる。」

御侍「赤ワインは……ビーフステーキと喧嘩した時に皿を割ったから、代わりに働いてるんだ。」

ブラッディ・マリー「御侍様、それって……?」

御侍「あと一か月はここに居るかな……」

ブラッディ・マリー「……安心て、御侍様に免じて、このバーで手は出さない。」

御侍「でも……もう私のグラスに手を出してるよ……」

ブラッディ・マリー「フン、まさかあの真面目そうな神父もここに来るとは。」

御侍「まるでここは不真面目な所みたいに言わないで……」

御侍「そんな堂々としてて大丈夫?プレッツェルにバレたらどうするの?」

ブラッディ・マリー「どうして怖がる必要がある?」

御侍「常連のよしみで、彼はこちらに気付いて近づいてきてるよ……」

ブラッディ・マリー「……今日の所は勘弁してやる。」

御侍「逃げ足……早いな……」

ブラッディー・マリー「御侍様が本当に試したいのなら、次は作ってあげる。」

御侍「……結構だ!飲みたくない!」

ブラッディー・マリー「あら、僕の可愛くて温かい御侍様じゃないか。」

ブラッディー・マリー「僕が居ない間、つまんなかったんじゃない?」

御侍「昨日来たばかりじゃ……」

ブラッディー・マリー「だけど、君がいない毎分毎秒は、僕は冷たく感じた。」

ブラッディー・マリー「見て、無情にも夜の帳が下される、温もりを渇望したりしないの?」

御侍「私……」

ブラッディー・マリー「今の僕は冷気に囲まれ、御侍様にしか救えない。」

御侍「えっと……氷バケツの傍で話さなければいいかなと……そこは確かにちょっと寒い……」

ブラッディー・マリー「……」

ブラッディー・マリー「御侍様、僕が用意したプレゼントを見て、もう待ちきれないでしょう?」

御侍「また何か入れてないよね……」

ブラッディー・マリー「そういう目で見ないで、普通のブラッディマリーだ。」

御侍「……」

ブラッディー・マリー「御侍様、恥をかかせないで欲しい……」

御侍「じゃあ信じよう……うっ……」

ブラッディー・マリー「どうだ、味は悪くないだろう?」

御侍「うん、味は良いけど……」

ブラッディー・マリー「僕の独自の配合を加えたからね——何かって——それは秘密。」

御侍「???」


ペッパーシャコ

ペッパーシャコ「ここは思っていたより騒がしい……」

御侍「まぁ、バーだから、ちょっと騒がしい方が良いよ。」

ペッパーシャコ「兄貴が好きな場所だから……嫌いになれない……」

御侍「じゃあ君自身は?麻辣ザリガニが好きだからここにいるの……」

ペッパーシャコ「……」

ペッパーシャコ「嫌いじゃない……お前がいるから……」

御侍「本当にー!そう言うと思ったへへっ!」

ペッパーシャコ「お前が作った酒は美味しい……」

御侍「……私の酒にしか興味ないのか!」

ペッパーシャコ「……?」

御侍「ペッパーシャコ、こんな所に座っていたのか。毎回端っこの隅にすわるね。」

ペッパーシャコ「ここは……静かだ……人間は騒がしい。」

御侍「えっ……もしかして私も……」

ペッパーシャコ「お前は違う……お前は……うるさくない……」

御侍「ありがとうペッパーシャコ……今後この席は、君のために残してあげるよ。」

御侍「えっ?ペッパーシャコ、もう遅いのにまだいるのー」‬

ペッパーシャコ「お前を守るために残ってる……」‬

‪御侍「ぶっ、どうしてそうしてくれるのかわからないけれど、ありがとう。」‬

ペッパーシャコ「銃を持ってる奴がお前に話しかけてた。」‬

‪御侍「銃……テキーラの事?彼は何もしてこないよ。」‬

ペッパーシャコ「あと大きな剣を持った奴。」‬

‪御侍「あれはロンフォンフイだ。」‬

ペッパーシャコ「刀を持ってた奴。」‬

‪御侍「あれは鰻丼。」‬

ペッパーシャコ「……」‬

‪御侍「なるほど、彼らに傷つけられるか心配してくれたんだ。安心して、彼らは君と同じ食霊だよ。」‬

ペッパーシャコ「わかった……」‬

御侍「ペッパーシャコ、ずっと座ってるけど、誰か待ってるの?」

ペッパーシャコ「兄貴を待ってる……」

御侍「なるほど……今日はまだ見てないな……」

ペッパーシャコ「兄貴は来る。」

御侍「もし見かけたら、すぐに知らせるよ!」

ペッパーシャコ「……必要ない。」

御侍「えっ?」

ペッパーシャコ「明日の夜の約束だ……俺は早めに来ただけだ。」

御侍「流石に早すぎるでしょ!」

ペッパーシャコ「ここか……兄貴が好きなバーは……」

御侍「麻辣ザリガニの事か?確かに良く来てるな。」

御侍「とにかく、ここに来た人はみんなお目が高いよ!」

ペッパーシャコ「兄貴の見る目は……良いに決まってる……」

御侍「ここは色んな人が来るから、もし気に入ったんなら、ちょくちょく寄ってってよ。」

ペッパーシャコ「気に入らない……人間が多過ぎる……」

御侍「……そればかりはしょうがないよ。」

御侍「でも、人が少ない時間帯は教えられるよ!」

ペッパーシャコ「さっき言った事に……お前は含まれてない……」

御侍「えっ?本当に!なんか嬉しいな!」

ペッパーシャコ「……」

ペッパーシャコ「マスクを触るな。」

御侍「ご、ごめん!わざとじゃないよ……酒が跳ねてたから……」

御侍「ほ、本当に触ってない……」

ペッパーシャコ「……」

ペッパーシャコ「ごめん……」

御侍「クッ……大丈夫だ。」

ペッパーシャコ「怖がらせた。」

御侍「いやいや、全然怖がってないよあははー」

ペッパーシャコ「……グラスが震えてるみたいだが。」

御侍「……グラスが勝手に動いてるだけ!」

御侍「ペッパーシャコー新しく調合したお酒を味見してみない?」

ペッパーシャコ「うん……」

御侍「いつもウォッカばかり飲んでるから、たまには味を変えてみないとー」

御侍「どう?悪くないだろ?」

ペッパーシャコ「あぁ……美味しい。」

御侍「へへっ、気に入ってもらえて良かった!」

ペッパーシャコ「あの……」

御侍「うん?」

ペッパーシャコ「ありがとう……」

御侍「認めてくれて嬉しいよ!」


マルガリータ

マルガリータ「御侍様、これは自分のやり方で作ったお酒です、味わって……頂けないでしょうか?」

御侍「いいよーー!うっ……?!」

マルガリータ「御侍様、味は……どうでしょう?」

御侍「初めてで……ここまで出来るのは凄い……」

マルガリータ「それは……褒め言葉でしょうか?しかし……どうして顔を顰めてらっしゃるのですか?」

御侍「……それは……美味しすぎるから……!味わっているのさ!」

マルガリータ「本当に……本当に認められたのですか?ならもっと精進いたします!」

御侍「ただ……次からは……レモンを丸ごと入れないように……」

マルガリータ「えっ?」

御侍「マルガリータ?どうして隅っこにいるの……?!」

御侍「新しいお酒を造ったから、飲んでもらおうと……?!」

御侍「マルガリータどうして泣いてるの?!誰かにいじめられた?!私がやっつけてくる!」

マルガリータ「違います……誰もいじめてないです……」

マルガリータ「全部私のせいです……御侍様お気に入りのグラスを割ってしまいました……罰を受けなければいけません……!」

マルガリータ「御侍様……申し訳ございません……わたしがとろいから……うううっ……」

御侍「なるほど……大丈夫だよ、そんなに自分を責めないで!」

御侍「私もグラス一杯割ってるし、大丈夫だよ!」

マルガリータ「しかし……割ってしまったのは創世日祭典の限定グラス…」

御侍「?!」

御侍「だ……大丈夫だ……たかが……創世日祭典の……限定……全ティアラで……唯一の……宝石で作られた……グラスだとしても……」

御侍「全然……大丈夫……問題ない……」

マルガリータ「お、御侍様……涙が……零れてます……全部私のせいだ……うううっ!」

マルガリータ「御侍様……ヒクッ……片づけ終わりました……」

御侍「マルガリータ、そんなに飲んでどうした?」

マルガリータ「ヒクッ……今日のお酒は……まだ一杯残ってます……」

マルガリータ「も、もったいので!ヒクッ……御侍様が……悲しみます……」

御侍「だから残りのお酒を全部飲んだと……」

マルガリータ「シーッーー御侍様に言ってはいけません……ダメです……御侍様に知られては……」

御侍「はいはい、御侍様には言わない。」

マルガリータ「へhっ…御侍様のお酒は……一番美味しいです……!」

マルガリータ「御侍様……ここで……かつての神様を見かけたような……」

御侍「かつての神様……それって……」

マルガリータ「彼は依然と同じく……温かかった……」

御侍「テキーラは……」

マルガリータ「しかし今のわたしには……彼を神様と呼ぶ資格はありません……」

御侍「いや……テキーラは君より立場が上だと思った事は一度もないよ……」

御侍「君はよくやってる……誰も責めたりしないよ……」

マルガリータ「ありがとうございます……御侍様……」

マルガリータ「とにかく……もう二度とわたしの神様に傷一つ付けさせません……」

マルガリータ「御侍様、入口のカーペット……竹鼠に噛まれてしまいました……」

御侍「なんだって?!」

マルガリータ「うっ、わたしが見た時はもう……半分しか残ってませんでした……その後緑色の髪の人についていって……御侍様どうされました!」

御侍「…………」

御侍「あのカーペットは……大金を叩いて….佛跳牆から買ってきたんだ……」

マルガリータ「えぇ……ではわたしが直しましょう……お、御侍様?」

御侍「半分しか……残ってない……私の……金……」

マルガリータ「御侍様……?あああっ、倒れてしまいました!た、助けてください!」


マッシュポテト

マッシュポテト「御侍様、これらのドリンクを味わうと、大自然の味を感じられます。」

御侍「もっともな事を言っているようだけど……」

御侍「今飲んでるのは白湯だよ?!」

マッシュポテト「この透き通った水を見ていると、山の麓の湯水を思い出します。」

マッシュポテト「御侍様が言いたい事はわかります。」

マッシュポテト「しかし御侍様、忘れてはいけませんよ。大自然にあるのは植物だけではありません。」

御侍「君の心には植物以外もあったんだね。」

マッシュポテト「勿論、大自然の中で一番かわいいのは植物ですよー」

御侍「マッシュポテト、どうして顔を顰めているの?」

マッシュポテト「御侍様、今の学生たちはみんな言う事を聞いてくれないのでしょうか……」

御侍「そんなに悩ませるなんて、カプチーノくらいしかいないでしょう?」

御侍「また何かしでかしたの?もし良ければ話聞くよ。」

マッシュポテト「本当は……そこまでの話ではないのですが……彼は毎回僕を困らせるような事を言ってくるんです。」

御侍「まぁ、マッシュポテトは優し過ぎるから。ミネストローネだったら、もう少しうまくやれたかもしれないね。」

マッシュポテトミネストローネ……まあいいでしょう……悩みの種をもう一人増やしたくありません。」

マッシュポテト「思いつきました!もし今度カプチーノが言う事を聞かなかったら、御侍様のバーに連れてきてもいいでしょうか?」

御侍「待て、うちは子供は採用してないよ。」

マッシュポテト「ずばり、校外学習という事です。こういった職業体験も勉強には欠かせない事ですよ。」

マッシュポテト「あぁ、このライムが付いたミントのモヒートは、夏の味がしますねー」

マッシュポテト「御侍様、この感覚は最高ですねー!」

御侍「『いいね』は受け取ったよー引き続き味わってねー」

マッシュポテト「やはり植物が添えられたお酒は、こういった意外な効果が発揮されますね。」

御侍「そうだね、お酒は本当に不思議だね。」

マッシュポテト「御侍様、最近新しい植物を育てているんです、これらを使ってみてはいかがでしょうか!」

御侍「この草の色……なんか危険そう……この花……動いた?!」

マッシュポテト「このお酒から様々な植物の香りがします、嗅ぐだけでリラックス出来ますね。」

マッシュポテト「御侍様、もしかしてさくらんぼと葡萄が入ってるのではないでしょうか?」

御侍「その通り、さくらんぼのブランデーが入ってる!」

マッシュポテト「ただこの葡萄は、発酵する前に十分な陽の光を浴びていないためか、果肉の味は存分に発揮されていないようですね……」

御侍「こんな事までわかるの?!」

マッシュポテト「忘れないでください、僕は詳しいんです。」

御侍「じゃあ……と、隣のバーに行ってみてくれない?今大人気のお酒を売っているらしい!配合さえわかれば……」

マッシュポテト「……御侍様、そういう事はよくありませんよ。」

マッシュポテト「もし新たなレシピが欲しいのなら、「エデン」で調べて、現場調査にまで連れて行ってあげられますよ。」

御侍「あはは……そこまでしなくても……冗談だよ……」

マッシュポテト「御侍様、植物への理解が更に深まりました。」

マッシュポテト「こんなにも多くの植物がお酒に使われているなんて、やはり植物の価値は無限大ですね。」

御侍「その角度で見ると、確かに特別だね。」

マッシュポテト「このバーを僕の研究資料に加えておきますね。」

御侍「そう言われると、急に高級バーになった気分だ。」

マッシュポテト「もし可能なら、ここを新たな研究所にする事はできませんか?そうすれば学生たちはより多くの実験に携われるようになると思います。」

御侍「?」

マッシュポテト「良いアイデアですよね、御侍様?」

御侍「どこが?!」

マッシュポテト「そして、御侍様もです―」

マッシュポテト「御侍様、見てください!」

御侍「可愛い苗!私にくれるの……?」

マッシュポテト「近頃浮かない顔をしていたので、わざわざ持ってきました。」

マッシュポテト「先日この苗を見つけた時、 もう枯れかけていました……でも今はもう元気になりましたよ。」

マッシュポテト「この子はとても強い子です、 今ものすごく成長しています。」

御侍「だけど……どうして私にくれるの?」

マッシュポテト「僕はこの子を見ていると元気になります、 御侍様にも元気になって欲しいからです。」

御侍「ありがとう、マッシュポテト……」

マッシュポテト「もう少ししたら、 花が咲きます。その時になれば、 全ての悩みは消え去っていくでしょう。」

御侍「うん……だけど……水やりとか必要でしょう?」

マッシュポテト「……御待様、それは常識ですよ!」


ポーローパーウ

ポーローパーウ「御侍ーおやつを取って欲しいっすー」

御侍「ダメ、もう今日の分は終わり。」

ポーローパーウ「えぇ……なんで……」

御侍「ポーローパーウ、量をちゃんとコントロールして!」

ポーローパーウ「どれだけ食べても、関係ないっすよ……うちは気にしないっす!」

御侍「食べても大丈夫だとしても……少しは運動しなければ、バーに来てから全然動いてないだろ!」

ポーローパーウ「うっ、そんな事ないっすよ……本を読んでる時は指を動かしてるっす、物を食べてる時は口を動かしてるっすよ!」

御侍「……とにかく今日の分のおやつはおしまい!」

ポーローパーウ「じゃあ……ミルクティーちょうだい、ミルクティーはおやつに入らないっすよね!」

ポーローパーウ「あぁ、どうしてみんな外に出たがるんっすか……」

御侍「外には楽しい物事がたくさんあるからね。」

ポーローパーウタピオカミルクティー先生の本にこのバーが書いてなかったら、絶対出なかったっす……」

ポーローパーウ「確かにここの酒は美味しいっすけど、出かけるのは面倒……」

御侍「考えてご覧?もしかしたらタピオカミルクティーに出会えるかもよ?」

ポーローパーウ「うっ、まじっすか?」

御侍「へへっ、もし先生に会えたんなら、もっと宣伝してもらいたいっすー」

ポーローパーウ「……タピオカミルクティーの本はそういう物じゃないんだけど!」

ポーローパーウ「ここは賑やかだけど、帰りたくなってきた……出掛けるの疲れる……」

御侍「ポーローパーウ?出掛けてるなんて珍しいね!」

ポーローパーウ「うん……御侍っすか……」

御侍「落ち込んでる?楽しくないの?」

ポーローパーウ「ううん、違うっす……ただ少し眠いっす……」

御侍「そう言えば、どうして出掛けてるの?」

ポーローパーウ「はぁ……罰ゲームっす……」

御侍「こう見ると、君のためにそうしたんだろうね。」

ポーローパーウ「違うっす……そうっす!御侍いるなら、家まで送って欲しいっすーもう動けない……」

御侍「ポーロ―パーウ?まさか自分から出掛けるなんて!」

御侍「でも――どうしてそんなに本を持って来てるの?!」

ポーロ―パーウ「それは、ここにしばらく住むからっすよ。」

御侍「ポーロ―パーウ?なんか間違えてない?」

ポーロ―パーウ「気付いたんっす。ここには食べ物も、飲み物もあって、ソファーもある。自分で動かなくても、家にいるより快適だって――」

御侍「でも……」

ポーロ―パーウ「ダメっすか?もしかして御侍はうちの顔見たくないの……?せっかく出てきたのに……」

御侍「そういう意味じゃないよ……わかった。」

ポーロ―パーウ「へへッ、絶対許してくれるってわかってたっす――じゃあ御侍様、おやつちょうだいー」

御侍「はぁ……何も言えない……」

ポーローパーウ「あぁ、出かけるだけで大変なのに、よくそんなぴょんぴょんはねてられるっすね……」

御侍「適度の運動はリラックス効果があるからね。」

ポーローパーウ「リラックスの一番の方法は、家にこもって寝ておやつを食べることじゃないっすか?」

御侍「どっちも間違ってないけど、自分が落ち着く方を選ぶといいよ。」

ポーローパーウ「じゃあ御侍、もう帰って良い?」

御侍「……ダメだ!せっかく呼び出したのに、無駄になる。」

ポーローパーウ「えぇ……なんで……じゃあ御侍おやつちょうだい、もう動きたくない……」

ポーローパーウ「御侍が呼び出したんだから、責任取って貰わないと困るっす。」

ポーローパーウ「3472秒……3473秒……3474秒……」

御侍「ポーローパーウ、何数えてるの?」

ポーローパーウ「3475秒……御侍っすか……」

ポーローパーウ「出掛ける前に賭けをしたんっす、もし外で1時間以上居れたら、来週のおやつを彼が用意してくれえうんすよー」

御侍「そういう賭けの仕方もあるんだ……」

ポーローパーウ「見てて欲しいっす、もうすぐ勝つからーあれ……どこまで数えた?!」

御侍「3、3475秒……」

ポーローパーウ「ダメ、また頭っからっすーうぅーー!」

御侍「…………」

御侍「そのまま続けて数えればいいじゃん!」

ポーローパーウ「冷たいーーここは海っすか?」

ポーローパーウ「あれ……大きいアイス……甘くない……」

御侍「?!ポーローパーウどうして氷バケツを抱えてるの?!早く氷を吐き出せ!」

ポーローパーウ「この声は……思い出したっすーへへっ……おやつを買ってくれる人っす!」

御侍「ある意味正解だけど……」

ポーローパーウ「お、お礼をしないとっすね!……光る鳥を取ってあげるっす!へいっー!」

御侍「待って!それはバーの照明だ!鳥なんかじゃないー!」

御侍「ポーローパーウポーローパーウ!」

ポーローパーウ「ん、御侍?どうかしたっすか?」

御侍「もう何回も呼んだよ、またタピオカミルクティーの本を読んでるの?」

御侍「私が知る限り、タピオカミルクティーの本をもう八百回は読んでるでしょ。」

ポーローパーウスノースキン月餅の本も見つけて、読んでみたら面白かったっすー」

御侍「うん?「浮気」するなんて珍しい。」

ポーローパーウ「うぅ……それはタピオカミルクティー先生が新刊を出してないからっす……」

ポーローパーウ「でもまた読めるようになるっぽいっすー」

ポーローパーウ「御侍ー御侍ー早くスノースキン月餅の他の本も買ってきて欲しいっすー」

御侍「ポーローパーウ、もう半日もその花握ってるよ。」

ポーローパーウ「うっ、花占いで今日出かけるかどうか決めようと思ってたっす……」

御侍「ポーローパーウ、まさか出掛ける気があるのか?!」

ポーローパーウ「ここから遠くない場所で、タピオカミルクティーの新刊イベントがあるっす。」

ポーローパーウ「だけど出かけるのがめんどうで……」

御侍「なるほど……でもどうして花びらを取らないの?」

ポーローパーウ「だって、一枚ずつ取るのも、めんどうじゃないっすか……」

御侍「…………」



叫化鶏


塩辛い豆花

塩辛い豆花「あーここの音楽はつまんねー、オレのロックに変えちまおうぜ!」

塩辛い豆花「無限の力が湧いてくるぜ。」

御侍「だけど……ロックは他のお客さんの迷惑になるかも。」

塩辛い豆花「チッ、それもそうだ。てめぇ以外、ここにいる誰もオレのロックを楽しむ権利はねぇ。」

塩辛い豆花「それじゃあ、二人だけでこの素敵な音楽を楽しもうぜ。」

塩辛い豆花「どうした、こっち来いよ、ヒヒヒ。」

御侍「…………」

塩辛い豆花「もう少し近づけ、こんな風にな……そうだ、それでこそオレの玩具だ、ヒヒヒ。」

塩辛い豆花「こっち来い、聴かせねぇもんがあるんだ。」

御侍「うっ!ヘッドフォンの音大きすぎる……!」

塩辛い豆花「シーッ、喋るな。」

塩辛い豆花「何か感じねぇか?」

御侍「この曲……なんだか懐かしい……君がいつも聴いてる物と違うね?」

御侍「でもなんか声に聴き覚えが……」

塩辛い豆花「ふふふ、これは放浪者から貰ってきた奴だ。」

御侍「その放浪者って……まさか緑の長い髪に長い服を着た毎日ニコニコしている人!?」

塩辛い豆花「多分そうだけど、そんなのどうでも良い─」

御侍「……どうやってビールと知り合ったんだ?!」

塩辛い豆花「……ビールって誰だ?」

塩辛い豆花「素敵な夜だな、今日はオレのこと想ってくれた?ふふ。」

御侍「甘い豆花?さっき麻辣ザリガニと一緒に帰ったんじゃ?」

御侍「あっ、まさかさっきのは……」

塩辛い豆花「まさか兄さんとオレを間違えるなんてな、あぁ、残念だ。」

塩辛い豆花「じゃあ、どうお仕置きしたらいいんだ?ヒヒヒ。」

御侍「ごめんなさい……わざとじゃなかった。」

塩辛い豆花「ふふふ、可愛いな。お仕置きできる訳ねぇだろ、そんな事出来ねぇ。」

御侍「…………」

塩辛い豆花「だが、何か目印を残さねぇとな……」

塩辛い豆花「そうすれば──次はもう間違えねぇな、ヒヒヒ。」

塩辛い豆花「これはてめぇのために作った酒だ……ちゃんと全部飲めよ。」

御侍「美味しい……」

塩辛い豆花「兄さんも……同じの作ってやっただろ。」

御侍「……」

塩辛い豆花「どうしてわかったって?ふふふ、全部見てたから――兄さんはいつもそう。兄さんのとオレの……どっちが好き?」

御侍「私は……」

塩辛い豆花「わかった、答えなくてもいい。」

御侍「まだ何も言ってないのに……」

塩辛い豆花「ヘッドフォンをつけてても、てめぇの足音が聴こえてくるぜ。」

塩辛い豆花「チクタク、チクタク……おもちゃみてぇだ、だろ?」

御侍「……邪魔したかな?」

塩辛い豆花「ふふふ、そんな事ねぇよ。この素敵な旋律はこの時のために生まれたんだ。」

塩辛い豆花「どうだ、てめぇと一緒にこれを分け合おうと思ってる。」

御侍「……」

塩辛い豆花「あっ?どうしてそんなに遠くに立ってんだ、聴こえねぇだろ。」

塩辛い豆花「どうした、オレと一緒に聴くのはいやか?」

御侍「私は……」

塩辛い豆花「わかった、オレから近づいて欲しいんだなーーヒヒヒ、恥ずかしがんな。」

塩辛い豆花「ふぅ……兄さん……」

塩辛い豆花「兄さんはここにいる……ふぅ……」

御侍「甘い豆花の事?」

塩辛い豆花「違う……兄さんがいたから来た訳じゃねぇ……」

塩辛い豆花「兄さんがどうなろうと……オレと関係ねぇ……ふぅ……」

御侍「はぁ……」

塩辛い豆花「ふぅ……無理やり来させた……兄さんに……オレを見せるため……」

塩辛い豆花「こうすれば……兄さんは……オレを忘れない……ふぅ……ふぅ……」

御侍「ふぅ……やっと戸締まりが出来る。」

塩辛い豆花「おい、まだ客はいるぜ。」

御侍「塩辛い豆花、まだいたんだ……。」

塩辛い豆花「オレに気付いてなかったのか?ずっとここに座ってたぜ。」

御侍「私は……」

塩辛い豆花「悲しい……」

塩辛い豆花「だけど……今はオレとてめぇしかいねぇ、ヒヒヒ。」

塩辛い豆花「オレを元気づけてぇなら……何か……オレを楽しませるような事をしろ。」

御侍「?」

塩辛い豆花「可愛い玩具、こんな所にいたのか。」

御侍「……どうしたの?」

塩辛い豆花「ふふふ、一日会えてなかったから。」

塩辛い豆花「オレの事考えてくれた?」

御侍「酒の匂い……」

塩辛い豆花「シーッ、大人しくしろ、声出すな、兄さんに見つかる。」

御侍「……」

塩辛い豆花「もしかして、兄さんと一緒にいたいのか?オレの方が――お前を喜ばせられる――。」

御侍「塩辛い豆花、酔ってるよ……」

塩辛い豆花「酔ってねぇ、音楽はまだ止まってねぇ……」

御侍「塩辛い豆花、なんだか嬉しそうだな。」

塩辛い豆花「ふふふ、今日は兄さんが居ねぇから――」

塩辛い豆花「てめぇに会いに来た。」

御侍「……」

塩辛い豆花「そのリアクション、オレに会いたくなかったのか?」

塩辛い豆花「大丈夫だ、怒んねぇよ。」

塩辛い豆花「それなら俺のことを見ててもらおうか、ずっと――オレの事を好きになるまで。」

塩辛い豆花「ふふふ、オレと一杯飲むか?」

塩辛い豆花「今日は兄さん居ねぇから、今はオレら二人だけの時間だ。」

御侍「さけど、もう遅いよ。」

塩辛い豆花「夜こそ一日の中で一番楽しみの時間じゃねぇか、ヒヒヒ。」

塩辛い豆花「音楽がありゃもっと良かったぜ。」

御侍「……そろそろ帰らないと、お兄さんが心配するんじゃ?」

塩辛い豆花「ふふふ、兄さんはそんな事しねぇよ。」


M食霊ストーリー

たこ焼き

たこ焼き「御侍はん!こんなとこでボーっとしてたんや!」

御侍「たこ焼きまだ半日しか来てないのに、仕事全部代わりにやってくれたから……」

御侍「お客さんもいないし、ここでボーっとするしか……」

たこ焼き「御侍はんのためにやってるんやから。」

たこ焼き「もう、お客はんがおらんくても、今は営業時間中やで、手を抜いたらあかん。」

御侍「へへっ……たこ焼きは優しいな。」

御侍「たこ焼きがいてくれれば、なんも心配いらないな。」

たこ焼き「フンッ……御侍はんがサボる口実が欲しいだけや。今回だけやからな……今回だけや!」

たこ焼き「御侍はん、早くウチが作ったお酒を飲んでみてくれへんか!」

たこ焼き「味悪くないやろー」

御侍「美味しい!爽やかで特別な味がする!」

たこ焼き「ほらな、たこ焼きを作る以外にも、ウチに料理の才能はあるんやで。」

御侍「これを売り出せば、きっと大人気になるよ!」

御侍「じゃあ……これを次の新しい目玉にしようか!たこ焼きはどう思……」

たこ焼き「御侍はんはほんまに……!」

御侍「私、また何か間違えた……?」

たこ焼き「これは売りもんとちゃう!これは、これは……」

たこ焼き「御侍はんのために特製した唯一無二のお酒や!」

御侍「たこ焼き……ご、ごめん……わざとじゃないよ……」

たこ焼き「フンッ……残りは全部飲まんと許さへん。」

たこ焼き「御侍はん、ここにある酒全部飲んだるで!」

御侍「たこ焼き……どうした……」

たこ焼きお好み焼きの奴が、ウチは酒が飲めへんってからかってきたんや!フンッ、証明してやる!」

御侍「だけどこの量、明日になっても飲み切れないでしょ。」

たこ焼き「ほ、ほないっちゃん強いお酒出してくれへんか!」

御侍「うん、言っておくけど自分で言い出した事だからね。」

たこ焼き「ゴホッゴホッーー!辛っ!苦っ!ゴホッゴホッ!」

たこ焼き「うううーー水ーー水が欲しいーー」

御侍「ちょっとは落ち着いた?実は一番強い酒じゃないんだ。」

たこ焼き「ゴホッ、よくなったで……ゴホッ……」

たこ焼き「ほんま……どないしてお好み焼きの奴の言う事を気にしたんや……ゴホッ」

御侍「ぷはっ!わかればいいよ。」

御侍「たこ焼き……それって……たこ焼きの中にお酒を入れてるの?!」

御侍「だからこんなに酒を頼んでたのか!」

たこ焼き「御侍はん声が大きいねん、これは企業秘密なんやで。」

御侍「……もしかして、酒入りたこ焼きの開発を進めてるの?!」

たこ焼き「シーッ!まだ出来てないんやから、企業秘密を叫んだらあかん!」

御侍「……流石……天才……」

たこ焼き「そない褒めてもなんも出せへんよーあとちょっとで歓声やー!」

たこ焼き「見てみ!御侍はん、ウチの特製たこ焼きの完成や!」

たこ焼き「先に清酒味にするか?それともワインがええか?あと焼酎味もあるで!」

たこ焼き「お……あれ?御侍はんどこに行ったんや?」


おでん

おでん「一生懸命働く御侍さまを見てっと、安心する。」

御侍「自分がやるべき事をやっただけだよ……」

おでん「その情熱がある限り、御侍様はもっとうまく出来るはずだ。」

御侍「情熱を保ち続けるのは……大変な事だよね……」

おでん「このバーを経営する目的はなんでいっ?」

御侍「それは……来てくれたお客さんに満足してもらって、喜んでもらうため。」

おでん「それがお前さんの情熱ってもんだ。あたしだけじゃねぇ、みんなもよーくわかってらぁ。」

おでん「しかも、御侍様は今まで失望させた事はねぇだろ、今後もだ。」

御侍「わかった、ありがおうおでん!」

御侍「だけど……そうしてそんなに肯定してくれるの?」

おでん「それは……お前さんが御侍様だからでいっ。」

おでん「御侍様の商売が繁盛すんなら、あたしも心から嬉しい。」

御侍「へへっ……色んな人が手伝ってくれるけど!おでんが教えてくれた技が役に立ってる。」

おでん「どうって事ねぇさ、御侍様の役に立ってんならそれで良い。」

御侍「特に『お喋り』をするってのが良かった!」

おでん「すまねぇ、どういう意味だ?」

御侍「あっ、つまり『世間話』、いつも言ってるじゃん、お客さんの声を聞いて、話をしないとつて。」

御侍「この方法で、お客さんにより多く酒を買ってもらう事に成功してる!流石良い方法だ!」

おでん「……」

おでん「何か……誤解してるように感じるが……」

御侍「うん?何か問題でも?」

御侍「おでん、良い知らせがある!昨日残していってくれたおでんは売り切れたよ!」

御侍「しかも限定の奴が大人気で!一個も残らなかった!」

おでん「御侍様……それはお前さんに残したもんでいっ、売ってしまったのかい!?」

御侍「えっ、えっ?!私にくれたの?!」

御侍「ご、ごめん……あまりにも数が多くて…売り物だと思っちゃった……勝手な事して申し訳ない……」

おでん「謝る必要はねぇさ、あげた物は自由に処理して構わねぇ。」

おでん「あたしにも否はある、声かけずに帰ったからなぁ。しかし、御侍様も頭が良い、役に立てて良かった。」

御侍「ふぅ……怒ってなくて良かった……今思えば、あんなに美味しいおでんを食べてないなんて……残念……!」

おでん「ははっ、御侍様は何かお忘れで?欲しければ、いくらでもーー」

おでん「ーー供給してやらぁ。」

おでん「暖かくなってきた、清酒が飲みたくなるなぁ。」

御侍「春とお酒、心地よい響きだね。」

おでん「楽しそうに笑ってるなぁ、御侍様は春が好きかい?」

御侍「四季は全部好きだ、ただどうしてか……今の私は春の訪れを心待ちにしている。」

おでん「それは、雪風に埋まってない物が、春に復活するから。」

おでん「だから、春は希望と期待をもたらすんでいっ。」

御侍「その通りだ……春は良いものをもたらしてくれると信じてる。」

おでん「だから、御侍さまが気にかけてる、悩んでるこたぁ、全部良くなる。」

おでん「御侍様、何か悩んでるようだなぁ、言ってご覧?」

御侍「はぁ…最近売り上げが落ちてて…客足も減った…」

御侍「もしかして皆はもう私のお酒は飲みたくないのかな…」

おでん「御侍様は自分を否定しないでやって、あたしから見りゃ、十分出来てらぁ」

おでん「もしかすると…春がやって来たから、忙しくなって、客足が減っただけかもねぇ」

御侍「一理ある」

おでん「全ては順風満帆にはならねぇ、起伏があるもんだ。御侍様も気にしすぎっと、身体に障る」

御侍「お客さんを呼ぶ方法を思いついた…言って良いかわからないけど…」

おでん「何か良い案が浮かんだのかい、あたしを信用してくれんなら、言ってご覧」

御侍「実は…前売ったおでんが…反響がよくて…もし可能なら…」

おでん「…わかった。」

御侍「うん…じゃあ…折半で!どうかな!」

おでん「それは大した事じゃねぇ、お前さんのためならどうって事ねぇさ」

おでん「御侍様、今日は何か悩みがあるんかい、思いっきり言ってご覧なせぇ。」

御侍「悩みはないけど、気持ちは貰っとくよー」

おでん「そりゃあ良かった、何にも束縛されねぇで好きな事をすんのは幸せなこった。」

御侍「それは……お客さんが良い人ばかりだから、勿論君もね。」

おでん「そりゃあ、御侍様の人があったけぇからでいっ、だからこのバーに来た客はみな嬉しくなるんでい。」

御侍「へへっ……そう言われると、もう少し頑張らなきゃだな!」

おでん「自分を縛り付けんのもよくねぇ、あたしからすりゃ、お前さんはもうよく出来てらぁ。」

御侍「励ましてくれてありがとう!もっと美味しいお酒を作るよ!」

おでん「遠慮すんな、今後もなんか悩み事がありゃ、なんでも言ってご覧。」



▼おすすめ最新情報

▶フードファンタジー攻略wikiトップに戻る

コメント (バーエピソード)

  • 総コメント数53
  • 最終投稿日時 4日まえ
  • 表示設定
    • 76
    • 黒豆@管理人
    4日まえ ID:it1ryrvm

    情報ありがとうございます!↓まで反映しました。

    • 75
    • ななしの投稿者
    5日まえ ID:f9utui4q

    ブラッディー・マリー「御侍様、僕が用意したプレゼントを見て、もう待ちきれないでしょう?」

    御侍「また何か入れてないよね……」

    ブラッディー・マリー「そういう目で見ないで、普通のブラッディマリーだ。」

    御侍「……」

    ブラッディー・マリー「御侍様、恥をかかせないで欲しい……」

    御侍「じゃあ信じよう……うっ……」

    ブラッディー・マリー「どうだ、味は悪くないだろう?」

    御侍「うん、味は良いけど……」

    ブラッディー・マリー「僕の独自の配合を加えたからね——何かって——それは秘密。」

    御侍「???」

    • 74
    • ななしの投稿者
    2020/08/25 21:41 ID:f9utui4q

    ロンフォンフイ2/2

    ロンフォンフイ「御侍、怒らねぇでくれ!」

    御侍「怒ったりしないよ、今日の酒を私の奢りだ!」

    ロンフォンフイ「ははははっ!だよな!今度またこういう事があったら、またタダ酒が飲めるな!」

    御侍「?」

    • 73
    • ななしの投稿者
    2020/08/25 21:40 ID:f9utui4q

    ロンフォンフイ1/2


    ロンフォンフイ「御侍!バーにいたチンピラ供を追い出してやった!」

    ロンフォンフイ「次また同じ事があったら、直接俺に言いな!」

    御侍「ありがとう、ロンフォンフイ。君が居て助かったよ、そうじゃないとお客さんが逃げちゃってた。」

    ロンフォンフイ「あはははっ!安心しろ、もう二度と来る事ねぇよ!」

    御侍「うん……まぁ、テーブル二つとイス四つを壊したけど……まぁ……」

    • 72
    • 黒豆@副管理人
    2020/08/25 10:45 ID:nrmzb2ck

    ↓ここまで反映しました。

    • 71
    • 黒豆@副管理人
    2020/08/25 10:24 ID:nrmzb2ck

    いつも情報提供ありがとうございます。

    ページの文字数オーバーで編集が出来ないので、反映は少々お時間ください。なんとかします。

    • 70
    • ななしの投稿者
    2020/08/24 22:17 ID:f9utui4q

    ブラッディ・マリー2/2


    ブラッディー・マリー「見て、無情にも夜の帳が下される、温もりを渇望したりしないの?」

    御侍「私……」

    ブラッディー・マリー「今の僕は冷気に囲まれ、御侍様にしか救えない。」

    御侍「えっと……氷バケツの傍で話さなければいいかなと……そこは確かにちょっと寒い……」

    ブラッディー・マリー「……」

    • 69
    • ななしの投稿者
    2020/08/24 22:17 ID:f9utui4q

    ブラッディ・マリー1/2


    ブラッディー・マリー「御侍様が本当に試したいのなら、次は作ってあげる。」

    御侍「……結構だ!飲みたくない!」

    ブラッディー・マリー「あら、僕の可愛くて温かい御侍様じゃないか。」

    ブラッディー・マリー「僕が居ない間、つまんなかったんじゃない?」

    御侍「昨日来たばかりじゃ……」

    ブラッディー・マリー「だけど、君がいない毎分毎秒は、僕は冷たく感じた。」

    • 68
    • ななしの投稿者
    2020/08/24 22:06 ID:f9utui4q

    エッグノッグ2/2


    エッグノッグ「1日空けて、僕に付き合って欲しいです。」

    御侍「えっ……?」

    エッグノッグ「二日でもいいですよ?」

    • 67
    • ななしの投稿者
    2020/08/24 22:06 ID:f9utui4q

    エッグノッグ1/2


    御侍「エッグノッグ、今日もお酒作り手伝ってくれてありがとう!」

    エッグノッグ「御侍様のお役に立てているのなら、苦ではありませんよ。」

    御侍「お酒を飲みに来たのに、逆に手伝わせちゃって……」

    御侍「だけど君のおかげでお客さんは増えた!みんな君のお酒を褒めちぎってるよ!」

    エッグノッグ「貴方もそう思いますか?」

    御侍「勿論!ただどうやってお礼をしたらいいか……じゃあ……今後君が飲むお酒は全部私の奢りでどうだ!」

    エッグノッグ「あぁ——それより一日の時間が欲しいです。」

    御侍「一日の時間?」

新着スレッド(フードファンタジー攻略wiki)

注目記事
ページトップへ