Gamerch

【ロマサガ リユニバース】能力上げ周回おすすめクエスト

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ロマンシングサガ リユニバース(ロマサガRS)で能力上げにおすすめの周回クエストを紹介しています。おすすめクエストの推奨戦闘力や有効攻撃属性などもまとめているので、周回時の参考にしてください。

能力上げにおすすめの周回クエスト

能力値アップイベント時におすすめの周回

メインスタ半イベント(期間限定)

メインスタ半

開催期間6/7(金)4:00〜6/20(木)4:00

メイン1話~11話の消費スタミナが半減されるイベントが期間限定で開催中です。期間中はメインストーリークエストで主な能力上げ周回を行いましょう。

杖キャラ(期間限定属性別SS)おすすめ

SSスタイル能力アップ2倍

開催期間6/12(水)4:00〜6/20(木)4:00

属性別でSSスタイルの能力アップが2倍になります。

対象の属性は2日毎に切り替わるため注意です。

▼現在の対象スタイルと開催期間

杖SSスタイル

杖SSスタイル
開催期間
6/18(火)4:00〜6/20(木) 4:00

※育成するキャラ決めの参考にお使いください!


▼杖キャラおすすめの周回場所

9-1-4、9-2-2、10-1-3、11-1-2、11-2-1

クエストステータス限界値/特徴解説
武闘会
HP約710/能力値約50未満
・爆速でHP700↑を目指せる
VH9-1-4
HP約790/素ステ旧上限値+7
・不死&陽弱点の敵のみが出現するため、ブルーやコウメイで狩りやすい
武闘会の次の周回におすすめ
VH10-1-3
10-1-3
HP約810/素ステ旧上限値+10
・スライムメインなので熱/冷/雷/陽/陰どれも効果的
VH11-1-2
11-1-2
HP約830/素ステ旧上限値+12
・SSウンディーネ/ロックブーケ等
・冷/雷/マヒがささる
VH11-2-1
死海魚
HP約840/素ステ旧上限値+13
・現限界値を目指せる
・ある程度育っていても打/冷/雷属性から1体は必要

▼対象クエスト

聖塔アセルスキャラのおすすめ

開催期間6/9(日)12:00〜6/21(金)4:00

▼対象クエスト

  • メイン1話~11話(能力アップ2倍)
  • 聖塔アセルス(能力アップ3倍)

▼対象キャラ

アセルス/T260G/白薔薇姫/特殊工作車

▼おすすめの周回場所

聖塔アセルスH9、VH9

能力上げにおすすめのクエスト(期間限定)

武闘会

武闘会

開催時期5/29(水)メンテ後~7/1(月)4:00
オート推奨戦闘力20,000~
ステータス目安HP約710未満/各能力値約50未満
おすすめポイント・スタミナ消費が5
・1バトルのみで終了

期間限定で開催される「武闘会」イベントはスタミナ消費が5と少なく、1戦でバトルが終了するため高速周回が可能で、能力上げに非常に適しています。

※副産物がない点には注意

◆ 主にHP上げにおすすめ

武闘会はスタミナ消費が少ないため、主に周回数を増やすのに便利です。そのため、他の能力値よりも上がる頻度が高く、より多くの回数を稼ぐ必要がある”HP”を上げたい場合で特におすすめになります。

◆ 技ランク上げにも有効

スタミナ5で周回できるため、1周に10〜20のスタミナを消費するメインクエストに比べて少ないスタミナで技ランクを上げることが出来ます。

特にBP10以下の技3、技2のランク上げに最適です。

属性で周回おすすめの武闘会[上級]1層

突属性のスタイルをメインで育成したい場合は、突弱点が多く出現する武闘会・激がおすすめです。

突全体攻撃を編成して高速周回を目指しましょう。

武闘会・激の攻略情報はこちら

属性で周回おすすめの武闘会[上級]1層

打属性のスタイルをメインで育成したい場合は、打弱点が多く出現する武闘会・豪がおすすめです。

打全体攻撃を編成して高速周回を目指しましょう。

また、武闘会・豪は現在開催中の半周年ミッションのクリア回数報酬の対象になっています。

武闘会・豪の攻略情報はこちら

能力上げにおすすめのクエスト(恒常)

遺跡潜り

能力値上げにまずおすすめなのがデイリークエストの『遺跡潜り』です。能力値が上がりやすく、同時に装備の進化素材集めが可能です。より上層のクエストのほうが能力値が上がりやすいです。

▼迷ったら「三光石」

遺跡潜りはデイリーで解放されるものと常時開催されている三光石がありますが、上がりやすさに変わりはありません。迷ったらあらゆる装備の進化素材にも使用する「三光石」を周回するのがおすすめです。また、通常クエストよりオーラムのドロップも多いので金欠対策にもなります。(プレイヤー経験値は少なめ)

▼階層別の推奨戦闘力

クリア推奨戦闘力おすすめ階層
~100001層~3層
10000~150004層~6層
18000~250007層~9層
27000〜10層
▶遺跡潜りの攻略情報はこちら

戦闘力25,000/各能力値40までの周回場所

各能力値40まで

ジャン靴遠征の実装により、あえて周回する必要性はなくなりつつありますが、旧限界値付近のクエスト周回が難しい場合などにおすすめの周回場所をまとめています。

武闘会が開催されているならそちらを優先しましょう。

◆ メインVH3-1-1.草原をゆく

オート推奨戦闘力16,000~
ステータス目安HP約500未満/素ステ約30~40未満
有効攻撃属性突/打/冷
おすすめポイント・敵の出現数が少ない
・緑の石がドロップ
  • 突/打/冷で周回しやすい+オーラム稼ぎ

メインのベリーハード「3-1-1.草原をゆく」は出現する敵が少なく、強力な攻撃もないためオートでも楽々周回が可能です。ドロップする緑の石はもちろん覚醒素材としても有用ですが、売却すればオーラム稼ぎにもなります。

戦闘力30,000/旧上限値付近の周回場所

旧上限値付近まで

ジャングル遠征だけでは上がり辛くなってきた頃におすすめのクエストをまとめています。旧限界値に近づくほど上がり辛くなるので、旧限界値+3以降のクエストを周回できるようであれば先に進むのがおすすめです。

◆ メインVH4-1-5.影に潜んで

オート推奨戦闘力20,000~
ステータス目安HP約710未満/素ステ約50未満
有効攻撃属性斬/陰
おすすめポイント・敵の出現数が少ない
・Sランク拳武器の厳選が可能
  • 斬/陰属性で周回しやすい+拳のS武器厳選

メインのベリーハード「4-1-5.影に潜んで」は出現する敵が少なく、強力な攻撃もないためオートでも楽々周回が可能です。また、同時に拳のS武器厳選ができます。

魔塔ロックブーケVH7.塔・中層・奥

オート推奨戦闘力20,000~
ステータス目安HP約710未満/素ステ約50未満
有効攻撃属性突/打/冷/雷
おすすめポイント・敵の出現数が少ない
  • 突/打/冷/雷で周回しやすい+スタミナが少ない

魔塔ロックブーケのベリーハード「7.塔・中層・奥」は出現する敵が少なく周回しやすいクエストです。

こちらは"VH4-1-5と比べて"スタミナ消費が少ない代わりに副産物がないので一長一短です。

クエスト内容は敵の耐性以外ほぼ変わらないので、育成したいキャラの武器種などと相談して周回場所を選択するのがおすすめです。

◆ メインH6-1-5.山岳・入り口

オート推奨戦闘力20,000~
ステータス目安HP約710未満/素ステ約50未満
有効攻撃属性突/打/熱/陽
おすすめポイント・スタミナ消費が13
・育成済みのSSコウメイ/ブルーほぼ一人で周回できるためパーティのほとんどを育成枠にできる
  • スタミナ消費が少なく、編成の自由度が高い

メインのハード「6-1-5.山岳・入り口」はベリーハードのクエストと比較しても同レベルに能力値が上がりやすいクエストです。

ハードのためスタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSブルーがいれば他は誰でもいいのでパーティの自由度が高いのも魅力です。


  • 理想周回には育成済みコウメイorブルー必須

理想的な周回をするためには、まずコウメイorブルーの術覚醒や知力値の強化、カンストに近いランクのライトボールの準備など育成要素を満たす必要があり、敷居は高めです。


  • 周回編成例
ブルー
ブルー
育成枠育成枠育成枠育成枠
陣形陣形効果
龍陣
龍陣
①腕力/体力/素早さ/知力+25%
②③素早さ+10%
④⑤素早さ-25%
継承
・ブルー←Aブルー(ライトボール)

◆ メインH7-1-3.砦・大広間

メインVH7-1-3.砦・大広間

オート推奨戦闘力20,000~
ステータス目安HP約710未満/素ステ約50未満
有効攻撃属性打/熱/陽
おすすめポイント・スタミナ消費が13
・全体攻撃で楽々周回
  • 打/熱/陽で周回しやすい+スタミナが少ない

メインのハード「7-1-3.砦・大広間」はベリーハードのクエストと比較しても同レベルに能力値が上がりやすいクエストです。

出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。


  • HP上げにおすすめ

全体攻撃持ち1~2体で周回速度も早く、スタミナ消費も少ないので、新規スタイルを入手した際のHP上げで試行回数を稼ぐのにおすすめです。

戦闘力35,000↑/旧上限値+3~現上限値までの周回場所

オート周回の難易度は高くなりますが、旧上限値を超えた育成が可能なクエストをまとめています。

このあたりからワンパンされることが増えるためヒーラーの需要が一気に上がります。

基本的には最新のメインの〇-2が現在の上限値を目指せるクエストです。

※検証中の内容も含む場合があります。

◆ メインVH7-2-1.逃走

メインVH7-2-1.逃走

周回推奨戦闘力27,000~
ステータス目安HP約740未満/素ステ旧上限値+3
有効攻撃属性熱/冷/雷
おすすめポイント・S棍棒(属性)の属性厳選が可能
  • S棍棒の属性厳選が可能

VH7-2-1でドロップする「バトルハンマー」は属性武器になっているので、並行して属性厳選が可能です。

棍棒は現状でも複数属性を所持しておきたい武器種なので、周回にはもってこいのメリットとなっています。


  • 状態異常が有効

出現する敵の状態異常に対する耐性が全くないので、空気投げや影縛りといった低コストの行動封じ技があると意外と安定します。

◆ メインVH7-2-4.塔・上層

メインVH7-2-4.塔・上層

周回推奨戦闘力28,000~
ステータス目安HP約740未満/素ステ旧上限値+3
有効攻撃属性打/冷
おすすめポイント・S大剣(属性)の武器厳選が可能
  • 状態異常が有効

道中の敵には全ての状態異常、ラウンド3のマンティスゴッドにはマヒ、石化以外の状態異常が有効です。

そのため、VH7-2-1と同様に空気投げなどの低コストスタン技などが刺さります。


  • 耐性面では斬耐性を最優先、次点で打耐性

道中からボス戦を含め、一貫して斬属性の高火力技を使用してくるため、耐性面では斬耐性を意識しましょう。

ボス戦ではストーンシャワーなどの打属性攻撃も使用してくるため、次点で打耐性も意識しましょう。

◆ メインVH8-2-3.静けさに潜む

メインVH8-2-3.静けさに潜む

周回推奨戦闘力28,000~
ステータス目安HP約770未満/素ステ旧上限値+6
有効攻撃属性冷/陰
おすすめポイント・S小剣の属性武器厳選が可能
  • 状態異常が有効

道中の敵には全ての状態異常、ラウンド3のカンヘルドラコにはマヒ、混乱などの状態異常が有効です。

安定度を少しでも上げるためにマヒ役をいれるのは十分ありです。

◆ メインVH9-1-4.第一幕・朽ちる

VH9-1-4.第一幕・朽ちる

周回推奨戦闘力28,000~
ステータス目安HP約790未満/素ステ旧上限値+7
有効攻撃属性突/熱/陽
おすすめポイント・編成の自由度が高い
・敵の弱点が統一している
  • 9話の中でも比較的周りやすい

周回するには難易度が高めのクエストが多い9話のなかでも、VH9-1-4は敵の出現数も少なく、厄介な状態異常などがないため周回しやすいのが魅力です。


  • 副防具は斬耐性の上がるものを

敵の使用する技の中で強力なのがファングクラッシュで、斬耐性が低いと一撃でやられてしまいます。

生存率をあげるためにも、副防具は斬耐性を意識しましょう。


  • 引率役に突/熱/陽アタッカーを編成

敵は全部で3種類出現しますが、弱点は突/熱/陽で統一しています。そのため、引率役となるアタッカーは突/熱/陽属性アタッカーから編成しましょう。

ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、全体攻撃持ちがおすすめです。

◆ メインVH9-2-2.第二幕・落下

メインVH9-2-2.第二幕・落下

周回推奨戦闘力30,000~
ステータス目安HP約800/素ステ旧上限値+9
有効攻撃属性/熱/雷
おすすめポイント・9-2の中でも回りやすい
  • ゴブリン9体用に全体攻撃持ちを連れていこう

ラウンド2でゴブリンが9体出現します。 

1体当たりのHPが低めになっているので、全体攻撃でまとめて処理することが可能です。

オートの場合ラウンド1突破時にBPがカツカツになることが多いので、スウィングやライトボール、スコールなどの低コストの全体攻撃があると便利です。


  • 状態異常が有効

道中の敵には主にマヒなどが、ラウンド3のヌエにはスタンが主に有効となっています。

マヒ役にルージュやロックブーケ、スタン役にバーバラやジャミルを編成するのがおすすめです。

◆ メインVH9-2-5.遊戯

メインVH9-2-5.遊戯

周回推奨戦闘力30,000~
ステータス目安HP約800/素ステ旧上限値+9
有効攻撃属性冷/陽/熱
おすすめポイント・ヒーラーや毒付与キャラなどを中心に育成が可能
  • ウォッチマン6体用に全体攻撃持ちを連れていこう

ラウンド2でウォッチマンが6体出現します。 

1体当たりのHPはそこまで多くないので、全体攻撃を重ねて倒すのがおすすめです。


  • 毒耐久パがおすすめ

バルテルミーは毒耐性が+50と低めになっているため、比較的容易に毒を付与することができます。

毒付与でおすすめなのはSレオニードで、火力は出せませんが、かなり高確率で毒を付与してくれます。


毒付与後に削りきるまで耐久する必要があるので、ヒーラーを2〜3体編成するのがおすすめです。


  • 周回編成例
レオニード(聖杯の守り手)
レオニード
アザミ(体でバッチシお返し)
アザミ
ウンディーネ
ウンディーネ
白薔薇姫
白薔薇姫
テティス(ネレイドの願い事)
テティス
陣形陣形効果
ラピッドストリーム
ラピッドストリーム
①~⑤素早さ+50%、体力-15%
継承
・クリスマスアザミ←Aアザミ(気弾)
・Sウンディーネ←Aウンディーネ(生命の水)
・Sテティス←Aテティス(生命の水)
VH9-2-5.遊戯(バルテルミー戦)攻略詳細へ

◆ メインVH10-1-2.娘たち

周回推奨戦闘力29,000~
ステータス目安HP約810/素ステ旧上限値+10
有効攻撃属性斬/陰
おすすめポイント・編成の自由度が高い
・敵の弱点が統一している
  • 10話の中でも難易度が低め。編成の自由度も高い

VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。

敵の弱点は斬/陰で統一されているため、斬アタッカーの引率役がいると処理が楽です。


  • 副防具は陰耐性を上げるものを

ステージを通して陰属性を持つ技の使用頻度が高いため、副防具で陰耐性を高めることで生存率を上げることができます。

次点でラウンド2のみじん切り対策に斬防具がおすすめです。


  • マヒ役を1体は編成したい

出現する敵は全てマヒ耐性が0のため、オート周回時でもマヒ役を編成しておけば被ダメ軽減にもつながり安定しやすくなります。


  • スタンも有効

全ての敵にスタン耐性がなく、スタン要員を編成しておくと楽になります。

敵はなかなか素早いため、陣形をラピットストリームにして先手を取りやすくすれば安定します。

◆ メインVH10-1-3.水音をたどる

周回推奨戦闘力30,000~
ステータス目安HP約810/素ステ旧上限値+10
有効攻撃属性熱/冷/雷/陽/陰
おすすめポイント・ライトボール引率で回りやすい
・S剣武器の属性厳選が可能
  • ライトボール系キャラで回りやすい

VH10-1-3は属性系が弱点のスライムがラウンド1、3で出現するため、ライトボールなどの低コスト全体攻撃で回りやすいクエストになっています。


  • Sランク剣の厳選が可能

VH10-1-3では現状最高性能のSランク剣武器である「ファランギー」の厳選も同時に行うことができます。

◆ メインVH10-2-4.カラミヤの洞窟・深部

周回推奨戦闘力32,000~
ステータス目安HP約820/素ステ旧上限値+11
有効攻撃属性
おすすめポイント・斬属性が一貫して刺さるため、斬アタッカーで周回しやすい
・S大剣武器の属性厳選が可能
  • Sランク剣の厳選が可能

VH10-2-4では現状最高性能のSランク大剣武器である「フランベルジュ」の厳選も同時に行うことができます。


  • 斬アタッカーで引率で周回しやすい

現状最終版のクエストということで出現する敵は強めですが、出現数がそこまで多くない点と、斬属性が一貫して刺さることから比較的周回しやすくなっています。


ある程度育成された斬アタッカー3人とヒーラー1人、育成枠1人での周回がおすすめです。


  • フルフルの水鳥剣に注意

ラウンド3で出現するフルフルは縦一列攻撃の水鳥剣を使用してきます。範囲攻撃ながら火力が非常に高いので、縦に多く並ぶラピットストリームなどの陣形は避けましょう。


斬アタッカーの腕力を底上げできるスペキュレイションなどがおすすめです。

◆ メインVH11-1-2.ウィルミントン・西の森

11-1-2.ウィルミントン・西の森

周回推奨戦闘力30,000~
ステータス目安HP約830/素ステ旧上限値+12
有効攻撃属性冷/雷
おすすめポイント・敵の出現数が少ない
・マヒ役で動きを封じやすい
  • 11話の中でも難易度が低め。編成の自由度も高い

VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。

敵の弱点は冷/雷で統一されているため、冷/雷アタッカーの引率役がいると処理が楽です。


  • マヒ役を1体は編成

出現する敵全員マヒ耐性が0なので、ルージュなどのマヒ役を編成すれば被ダメを大幅に軽減できます。

◆ メインVH11-2-1.隠れ里を目指して・再び

11-2-1.隠れ里を目指して・再び

周回推奨戦闘力32,000~
ステータス目安HP約840/素ステ旧上限値+13
有効攻撃属性打/冷/雷
おすすめポイント・打/冷/雷属性アタッカーで周回しやすい
・S棍棒武器の属性厳選が可能
  • 打アタッカーメインでも周回しやすい

出現する敵は全員打/冷/雷属性が弱点です。

11話は冷/雷属性が刺さるクエストが多いですが、11-2-1は打属性主体でも周回しやすいのが魅力です。


  • 現状の限界値を目指せる

ストーリー最終盤の11-2ということもあり難易度は高いですが、代わりに能力値は限界値付近まで目指すことができます。


  • Sランク棍棒の厳選が可能

VH11-2-1では現状最高クラス性能のS棍棒である「ツイスター」の厳選も同時に行うことができます。

◆ メインVH11-2-3.隠れ里への道・その2

周回推奨戦闘力33,000~
ステータス目安HP約840/素ステ旧上限値+13
有効攻撃属性打/冷/雷
おすすめポイント・打/冷/雷属性アタッカーで周回しやすい
・S小剣武器の属性厳選が可能
  • 打アタッカーメインでも周回しやすい

11話は冷/雷属性が刺さるクエストが多いですが、11-2-3は打属性主体でも周回しやすいのが魅力です。


  • 現状の限界値を目指せる

ストーリー最終盤の11-2ということもあり難易度は高いですが、代わりに能力値は限界値付近まで目指すことができます。


  • Sランク小剣の厳選が可能

VH11-2-3では現状最高性能のS小剣である「炎のロッド」の厳選も同時に行うことができます。


その他、戦闘力上げについては以下の記事を参考にしてください。

戦闘力の効率的な上げ方

ベリーハードで武器集めと合わせて周回

ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。

周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。

装備のドロップ場所や能力付き武器について

能力上げ時に押さえておくべきポイント

定期開催の能力アップ○倍イベントを狙う

能力アップ2倍イベント

新キャラが登場したタイミングなど、期間限定で一部の関連キャラに能力アップが2倍/3倍になるアビリティが付与されることがあります。

この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。

素ステの上限値について

「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いたキャラの純粋なステータスのことです。素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。

クローディア

1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sクローディア(心を射貫く者)の器用さは旧上限値51に対し、Aクローディア(森の守護者)は旧上限値54まで伸びます。

このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違うスタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。

▶全キャラ素ステ上限値まとめ

◆ 旧上限値や現上限値について

ロマサガRSでは基本的に最新のメインクエストの○-2で能力の上限値が更新されていきます。

そのため、最初のリリース時の上限値を旧上限値、現在の上限値を現上限値、現在までに実装された各メインの上限については旧上限+○などと表記する場合があります。

HPは試行回数、能力値はより高難度を周回

HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。

逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。


そのため、HPだけ上げたいのであればH6-1-5やH7-1-3で試行回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。

HP400/素ステ40までは遠征超級で育成しよう

遠征超級

HP400/素ステ40までは遠征超級を利用して上げるのが一番早く効率がいいです。本格的に能力値上げ周回を始めるのはHP400/素ステ40~で考えてみましょう。

また、HPに関しては1度での上がり幅が減るものの、HP600程度まではジャングルで伸ばすこともできます。

▶遠征についてはこちら

そもそも能力上げとは?

能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること

「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの基本能力値を上昇させることです。

スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

能力値についてさらに詳しい情報はこちら

▼最新おすすめ記事

注目動画
【ロマサガRS】初心者必見!《キャラ・スタイルの違い》ゲームシステム解説

コメント (能力値上げにおすすめの周回クエスト)

  • 総コメント数695
  • 最終投稿日時
  • 表示設定
    • 712
    •  
    ID:cjacqhil

    >>709

    上昇率にラピストの真ん中が影響するのかは分かりませんが、そういやうちのぶっちぎりエースもずっとラピストの真ん中が定位置だったなぁと。

    真相は闇ですが、確かに成長スピードは圧倒的だった気がします(笑)

    裏ステは、素のステータス画面の各種ステータスの右に+○○で表示されてるやつですので戦闘力に加算されます。

    というより戦闘力は何上げても加算されます。

    • 711
    • ななしの投稿者
    ID:fj7royc9

    >>710

    なるほどそれなら納得です。ありがとうございます。


    >>706

    さんが教えてくれたみたいにステによって戦闘力の数値の影響があるっていうのと、裏ステが影響してたんですね。


    裏道場が一番戦闘力高いやつにって話があったのでそんなにアルカイザーだけ上がったら困る!と過敏になってました。


    スッキリしましたありがとうございました

    • 710
    • ななしの投稿者
    ID:chi7qdf5

    裏能力全開放すると約300ぐらい違うよ。

    同じようなステ&HPの皇帝(全開放)とカタリナ(力のみ)で300位の差がある。

    • 709
    • ななしの投稿者
    ID:fj7royc9

    >>706

    数値は覚えてないですけどアルカイザーだけ毎回回ってました。

    初心者ですみません、裏ステって戦闘力に乗るんですか?乗るなら戦闘力の話でも上だし、裏ステの分数値が上なのはナットクです。


    たまにラピストの真ん中だと上がりやすいとか聞きますけど、アルカイザーも真ん中にいたのも関係してるのかなと思ったり

    • 708
    • ななしの投稿者
    ID:ifcf4zv1

    >>707

    697が言ってるのはそう取れるけど

    704がそう取ってないように取れたからね

    • 707
    •  
    ID:cjacqhil

    >>706

    >>697

    から察するに、上がり方にキャラごとに偏りがあるんじゃないかって話だと思うのよ。

    • 706
    • ななしの投稿者
    ID:ifcf4zv1

    >>704

    戦闘力の話なら

    HP>腕力=体力>素早さ=知力=精神=器用>魅力=愛

    だからアルカイザー>アザミになるのは当然


    腕力や体力の倍率基礎値に優れるキャラは戦闘力が高くなり

    素早さ器用さや知力の基礎値倍率に優れるキャラの戦闘力は控えめになる


    鍛える前はアザミのほうが戦闘力高かったってことは

    裏全開放してるアルカイザーが相当基礎値低かったんじゃい?

    • 705
    • ななしの投稿者
    ID:ipjf2k90

    >>696

    余裕と言いつつキャラ限定しててわろた

    • 704
    • ななしの投稿者
    ID:fj7royc9

    >>697

    なんかあるのかね。

    俺も打2倍の時に1121周ってて全員6500以下ぐらいだったのにアルカイザーだけ6900オーバーまで上がったけど次点でアザミが6700ちょい。。。鍛える前はアザミの方が戦闘力高かった


    アルカイザーは裏全開放してるんだけどそんなん関係ないですよね

    • 703
    • ななしの投稿者
    ID:fj7royc9

    >>702

    俺と全く同じや

    さっき乱れ突き×2で崩壊しそうになったけどw


    時間かかるけど負ける要素ないよね

新着スレッド

注目記事
ページトップへ