Gamerch

【白猫】KINGS CROWN3 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中



<>


……いい天気ね。あの日を思い出すわ……

……なにかが起こる日ということよ!


おーーーい!キャトラーーー!

ほらみなさい!シエラとガルガがやってきたわ!

…………

おつぎはキアラとジュダだわ! ゆっくり歩いてくる!

みな、久しいな。

アイシャさんにエレノアも!

わかったわ!

……王冠ね!精霊の王冠ね!

正解だ、キャトラ。よくわかったな。

だってキアラがこれみよがしに持ってるんだもの!

<キングス・クラウン>……


水の現身、オウスイ――

炎の化身、カジャ――

雷の化現、ライダス――


正しき者に力を与える、精霊の王冠……

……いま再び、継承者を選んだということですね。

ガルガさん、キアラさん、そしてエレノアを、王冠が選んだ。

……アイリスさん。キャトラちゃんに、”あなた”も……

どうしたの?感極まっちゃって。

……あ、いえ!

はじめまして。私、キアラ。将来の夢は小説家とピザ職人になること。

初めまして。エレノアといいます。

ガルガだ。

みなさんが、私のもとへ来たということは……

あとは戴冠を残すのみだ。

整理しておこう。力を授かるには二つの手順が必要だ。

一つめは、王冠から課される試練を乗り越えること。

二つめは、<白の巫女>たるアイリスから戴冠されること――

それでようやく、力を得られるというわけだ。

セキュリティがすごい。

……試練、どうだった?

z厳しい戦いだったが……得るものはあった。

レペルアップできた気がする。

……エレノアも、乗り越えたのね?

はい、アイリスさん。つらかったですが……

私なりに、答えを出しました。

じゃ!そういうことなら、今回もやりましょーか!戴冠式!

もちろん、パーティーもあるわよ!

パーティー?

せっかくだからね。アンタたちの知り合いをよんで、みんなでワイワイ祝うの。

おいしいものもたくさん出るわよ。希望があれば、うけつけるわ!

でしたら、アイリスさんの山菜鍋を……

骨だ……

私、ミートパイがいい!

干し肉以外なら何でも。

ジェリービーンズを用意してくれるとうれしい。

ピザを所望します。

オッケー!よーするにカニカマね!

ああ、それから。いま思いついたんだけど……

アンタたちが乗り越えた試練のことで、ちょっと相談があるの。



TOP↑

story




す、すごい……思った以上に豪華です……!

……これほどまでに華やかな場所に来たのは、初めてかもしれん。

シャンデリアがすごい。いっこほしい。

ふふん、今回もハリきったわよ!

み、私、みなさん……!なんだか落ち着きません!

私、ここにいていいのでしょうか!?

エレノア、落ち着いて……

hエレノア殿。この度は、誠におめでとうございます。

グラハムさん! ありがとうございます。

h『正しき力は、正しき者へ』――でしたな、アイリス殿。

……はい。

hエレノア殿が選ばれるのも得心がいきます。


「ちょらっぱー!エレノアちゃん、このたびはおめでわんぱく~!

「イケてるパーティーだなおい! ダンスフロアはどこだ!

みなさんも来てくれたんですね!

「よう、サバイバル女。元気にしてたかよ?

ふふ、そのあだ名、なんだか懐かしいです。

「精霊が集まってできた王冠なんですよね、それ。同じ精霊として、実に興味深いです……!

「エレノアちゃんよう! こっちで一緒に踊ろうぜ!

「いぇいいぇいふうー♪ わんぱくわんぱく!

「来て速攻、何やってんだあいつら……

ふふふ。


fこの度はおめでとうございます、ガルガ。

……よく来たな。

「パーティーなんて久しぶりだわ。

「選ばれし者……漢の憧れッス!

「弟よ! お前も選ばれるような漢になれ!

力を授かるにふさわしい人間は、他にいくらだっている。俺は、運が良かっただけだ。

「なんて謙虚な……! 姉貴、ちょっとはガルガさんを見習ったほうがいいぞ。

「なんだと!? 我はいつだって謙虚だ!

「どこがだよ!

愉快な姉弟だな。

fふふ、そうですね♪

z……それよりもだ。見ろ、この馳走を。

fすごいですよね。おいしすぎて、ちょっと泣きましたよ、私。

最高級のフルコースだそうだ。滅多に食べられないぞ。

f……泣きながらお腹につめこみます。


lキアラ、おめでとう。

r精霊の王冠に選ばれるなんて、すごいじゃない。

選ばれてしまったよ。やっほほーい。レクトくん、リネア、やっほほーい。

lrや、やっほほーい……

「わっしょーい! きたぜ、キアラ!

アマタ、わっしょーい。

「お祝いのおだんご作ってきたよ。みんなで食べてね~。

「やったな、キアラ、エレノア。君たちの栄光に――ふっ、乾杯だ!

「キアラさん、エレノアさん、おめでとうございます!

ありがとうみんな。

エマさん、ヴィシャスさん、お久しぶりです!

「お元気そうで、なによりです。

エマとヴィシャスは、エレノアと知り合いなの?

実はそうなんです。

世間はせまい……


……なんだか、思い出すわね。私たちが受け継いだ時のこと。

授かり得た答えを、今度は託す……か。

託すような柄ではないが……やるしかないのだろうな。

うん。私たちが、そうしてもらったようにね。


はいはーい!みんな注目!

ここらでひとつ、聞いてほしい話があるの。

「なあにー??

こんかいは、王冠を継ぐことになった三人に――

精霊の試練について、話してもらおうと思うの。

v……ほう。

みんなにとっても、タメになる話だからね。

r賛成!ぜひ聞いてみたいわ。

「良き教訓となりそうだ。よろしく頼む!

じゃあ、ガルガ、まずは……お願いしていい?




ガルガ・王冠の試練 Story


キアラ・王冠の試練 Story


エレノア・王冠の試練 Story




TOP↑

story








~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (KINGS CROWN3 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ