Gamerch

アイシャ・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ



アイシャ・アージェント CV:井上麻里奈
特務機関<狩猟戦旗>に席を置く女性。ジェリービーンズを手放さない。


思い出1



「――むぐっ。

ふむ……グリーンアップル味か。出会いの暗示だったな。」

「?」

「ジェリービーンズ占いを知らないのか?

まあそうだろうな。私が勝手にやってる占いだ。結果も適当。」


「改めて自己紹介しよう。アイシャ・アージェント。地質学の研究家だ。

いうまでもなく、ここは……特筆すべき島だ。調査をしてもいいだろうか?」

「♪」

「ありがとう、君に幸あれ。ところで、ジェリービーンズは好きかね?」

「♪」

「それはよかった。では君も試してみるといい。」


<アイシャが、ジェリービーンズを一粒くれた……!>


「これは……ザクロ昧だな。約束の暗示か……

どういう意味かって?そうだな。約束とは絆であり、道しるべでもある。

約束を信じて進むことだ。どんなに道に迷っても、約束が君を導いてくれる。

ああ、もちろん全部適当だ。誰にでも当てはまることを意味ありげに語っただけさ。

でも、少しだけ楽しくなったろ?」

「♪」

「楽しんでくれたのなら、何よりだ。

ほう、占いをする理由を尋ねられるのは、久しぶりだ。

会話を円滑に進めるため。私に興味を持たせるため。

こうやって話をすることで、様々なことを知ることもできる。

警戒することはないさ。それとも君。何か隠しておきたい秘密でもあるのかい?」

「……」

「君はなんというか……顔に出やすいタイプだな。

もっともこの反応が示すのは、秘密の有り無しではなく、君がいい人だということだ。」



TOP↑

思い出2



やっほーアイシャ!帝都で会ったわね!

ああ、君たちにも世話になった。

ジュダとかみんな元気してる?

しているとも。骨をくわえて元気にはねまわってるさ。

ジュダはグルーミングしてあげると喜ぶのよ!

そうらしいな。狼らしい。

アタシもナデナデされるの好き!

なでなで。

ゴロゴロ……


アイシャさん。地質学の……研究家さんなんですよね? どんなことをするんですか?

地面について研究している。

地面……?

土地のたどった歴史を探るのさ。

飛行島についても?

研究すれば、わかることもあるだろう。

……ねえねえアイシャ、あれやって!

いいとも。

<アイシャは、ジェリービーンズを指で弾いた!>

パクン。

<キャトラは見事に口でキャッチ!>

むぐむぐ……

ええっと……なにこの味。あまじょっぱいわ。

ポップコーン味だ。

たまに変なのまざってんのね。

まるで運命のようだろう?アイリスもどうだ?

普通にお願いします……失敗しちゃいそうで。

行儀も悪いしな……さて、君の運勢はいかに。

あっ。ピンク色……

サクランボ味だな。秘められた想いの暗示だ。

アイシャの占い、テキトーよ。

ネタ晴らしはよくないな。


TOP↑

思い出3



<アイシャが、飛行島の土を調べている……?>


ドロンコを調べてどうすんの?

土は様々なものを教えてくれる。

ポエム?

現場に残された土砂を分析すれば、そこに誰がいてどこから来たか、特定できるからな。

ドロンコなんか、みんな同じじゃない?

土にはそれぞれ個性がある。

それを調べるのが、ちしつがく?

土だけではないがね。

迷子探しに使えそうね?

いいアイデアだ。


アラ、きれいな小石があるわ。ジェリービーンズみたい。

<アイシャは、ジェリービーンズを指先で弾く。>

キャッチ!パクン。

これ、バナナ味?

正解。

カニカマ味、無いの?

無いね。


アイシャさん、お昼ご一緒にどうですか?

<アイリスが、ランチボックスをもってきた……>

心遣いありがとう。だが私は結構だ。

普通の食事というのは、いまいち慣れなくてね。

あっ……忘れてました。ごめんなさい……

だが、せっかくの機会だ。そこのサンドウィッチを……

(パンは上部に膨らんだ生地。伝統的な焼き型を使っている。おそらく歴史あるべーカリーだ。

挟んである野菜は購入してから数日食料庫に置かれていた。保存にはルーンを使っている。

モモ肉のハムは面白い。ゼメキア風だがこのスパイスは凪の海域特有の香りだ)


もらおうか。

たくさん食べてくださいね!



TOP↑

思い出4



いくぞ――

<アイシャが、ジェリービーンズを手に取った。

ジェリービーンズが、空高く舞い上がる!>

はむ。

<見事に口でキャッチ!>

パチパチパチ。

お上手ですね♪

小さい頃に覚えた。

パパが教えてくれたの?

ママの可能性もあるだろう。

こういうのやるの、パパだわ。

気がする、という話だろう?それで話を進めるのは危険だ。

パパね。

この世で最低の男だ。

はんこうき?

事実を述べたまでだよ。

人をバカにすることに、命を賭けていた。

ゲッ……

とことんまで人を追いつめ、いきなり梯子を外しては、憐れな標的を嘲笑う。

私も、何度編されたことか……

ええっと……わるもの?

文字通りの悪者だ。

パパが嫌いなの?

あれを親だと思ったことはない。

(あいつが死んだときいつものゲームだと思った。

ドアを開けると……いつものように、にやにや笑っている。おそらく台詞はこうだ)


『あの世は退屈だったから、帰ってきたよ。

ジェリービーンズはどうかな? 私の怪物』


<アイシャは、ジェリービーンズの瓶を、手に取って中身をつまんだ。>

マシュマロ昧か……

何の暗示かしらね。

ウソつきの暗示だ。

誰が?

さあね。




TOP↑

思い出5



退屈だ……

……たいくつ?

平和が一番です♪

もちろん平和はすばらしい。しかし度し難い退屈は精神の活動を鈍らせる。

よって私は解決すべき問題を求める。

それじゃあ、冒険家ギルドにいってみましょう。

……ギルドか。いいだろう。


 ***


<ギルドの世話人>

ほぉ~。最近はそうだねえ。ふむ、そういえば風車の島で変わった魔物が出たとか。

マッチョバードの変種だな。デスメタルを聞かせると大人しくなる。

そうなのかい……?じゃあ伝えておこう。

他には?

蜃気楼の海域の調査とかはどうだろうかねえ。

あの海域には何もない。一つだけいっておくと、海そのものが蜃気楼だ。次。

セイクリッド家の御令嬢が、<水晶の花>を探している。

<水晶の花>の話を広めた男は素性が怪しい。デマもしくは詐欺の線が考えられる。次。

もうないよ……

その場で依頼を解決する子、初めて見たわ……!

嘆かわしい。冒険家が聞いてあきれるな。

そんなこといわれてもねえ。

退屈極まるな……度し難い退屈だ……

それじゃあ、自分でどこにでも冒険にいったらいい。

……その通りだ。問題がなければつくればいい。

アイシャ?


 ***


大変だわ! 伝説の悪魔なぞなぞ大王が復活したって!

クイズに正解しないと、ぶたさんになっちゃうらしいわ!

そんな……!早くこの<パクチーのルーン>を届けないと大変なことになるのに!

どうしたの……?まさか、秘密結社『居眠り団』が動き出したわけ!?

いったいどうなってるのよ!ヘンな依頼が次から次に!

ぎにゃー!!寝る間もないわ!


どうしたんだ、騒がしいじゃないか。主人公。

ジェリービーンズでも食べるか?


――ハハーン。

キャトラ?

主人公!真実を明らかにするのよ!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



ほう。

それで……これがどうしたんだ?

アンタが犯人でしょーがー!!

何のことをいってる。

問題!!荷馬車がカーブを曲がる時、何かを落としてしまいました!何を落としたでしょう!

出たわぁ!!なぞなぞ大王!

あっ!?

フハハハ!パクチーのルーンはいただいたぞ!

……こいつら寝てないな……グッスリ眠れ!

<謎の男が、不気味なガスを噴射した?>

ガスだと!?……ね、ねむい……

眠く……なって……ぐう……

ぐーぐー……

<ダメだ、眠く……ならない?>

疑問があるようだな。


さあ答えは!

スピード。

正解!

彼は古の魔王の一人だ。見てのとおりクイズが好きでね。

クイズに正解したら魔王が復活するとはさすがに驚いたぞ。


ぐーぐーぐー……

<黒い手袋団>の工作員だ。情報を流したら、すぐに来たな。警吏につきだしたら報酬が出る。

彼は<居眠り団>の団員だ。私は彼らのスポンサーでね。

このあたりの島の人々は<不眠のルーン>の影響で、ほとんど眠れてない。

苦しむ人々を救うために、組織を結成したというわけだ。


ハッ……アタシ寝てた?

……すっきりしたわ。そういえば昨晩あまり眠れなくて……

睡眠不足を解消するガスだ。君はよく寝ていたから効果が無かったな。

何を怪訪な顔をしている。

何してくれてんのよ!


 ***


<――帝国と呼ばれる国がある。あまたの島を傘下に有する、未曽有の超大国。

その国を、影より守る者達がいた――>


……ふざけた真似をしてくれたようだな。

誰も傷ついてないし、法にも触れてない。

今はどうなんだ? まだ退屈か?

これから、面白くなると期待したいね。

<アイシャは、ジェリービーンズを指で弾いた――>


さて、何が出るかな?







第十戦旗<業火>


TOP↑

その他


ソウルオブナイツ Story
帝国戦旗 Story
帝国戦旗Ⅱ Story
序章 帝国編/連邦 本編 帝国編 連邦編 決戦編 アフター

相関図


帝国

(獣人の皇帝が君臨し、元老院が統治を補佐する大国。

白の王国の後継者として名乗り上げていることもあり、もう1つの一大勢力である連邦とは敵味方では単純にくくれない、複雑で不穏な関係を保っていた。)


皇帝
元老院
帝国の真の支配者とされる組織。
ジュダによると帝国を牛耳っていると錯覚している老いさらばえた害虫らしいが、詳細は不明。
ジュダ・バル・アーウェルサ CV:子安武人
1人で構成された特殊な帝国軍十三軍団「葬送」に所属。
親友である皇帝への忠義は非常に強く、帝国の敵には一切の容赦をしないことから「帝国の棺」と呼ばれ、恐れられている。
アイシャ・アージェント CV:井上麻里奈
特務機関<狩猟戦旗>に席を置く女性。ジェリービーンズを手放さない。
軍隊

帝国領


ローンスター島

タンポポ島

東部ワイルドキャッツ


サンクトフィート島 (セイクリッド公爵領)

帝国産高級紅茶葉はセイクリッド家御用達の品。


連邦

(白の王国の直系と称する聖王家を中心とし、ガランド王国をはじめ、嵐の国、鋼の国、森の国、海の国など、多数の自治国家が集まった勢力。)


冬の国 (ガランド王国)
インヘルミナ・B・ガランド CV:
連邦の中でも有数の力を持っているため、国外だけではなく連邦内部の各国からも狙われている。
輝きの島
アレクサンダー
かなり歴史が古い王国であり、連邦加盟国としてそれなりに発言権がある。
嵐の国 (数十の島を有する大国)
ライフォード・エバンス
連邦加盟国<嵐の国>の騎士にして軍人。人間と冒険を愛してやまない。
剣の国
ディーン・バルト CV:逢坂良太
褒められることが人生の目標という騎士。称賛を求めて人助けを続ける。
盾の国
ヘクトル
?鎧の国 ヴァランガ
ディオニス・ヴァランガ CV:
若くして国を治める王。何者にも崩されない守りが国の平和を約束する。
インヘルミナとは顔見知りだが、他国に侵略し続ける彼女のことを敵視している
鋼の国
ビゴー
貴石の島・センテリュオ

ルーンナイト (特殊なルーンを体に埋め込み、その力を武器や防具として具現化して戦う。)
聖王家
サイファー・オブニアル CV:三上哲
聖王家の特務機関<V.O.X>の一員。危機的状況でもユーモアは欠かさない。
紅土の国・ルブラム
グレン
銀の諸島
エリーナ
王家を倒すため、スラム街の孤児たちが革命軍を結成。
王家は<連邦>に、革命軍は<帝国>に助けを求めようとしている。
スラグヤード

(いくつもの島を征服して栄えたが王家の贅沢と度重なる戦争で、国は借金まみれに)



ワスカ島

 (人口二万五千人。奴隷を使って『ワスカの葉』を製造している。他国との交流も限定的)


???

(アイリス「連邦にも帝国にも属さず、法王がいる国……なんて、一つくらいしかないものね?」)


オズマ
ジョニー

黒の飛行艇部隊
└傭兵 ダージリンプイレイヴン



ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ