Gamerch
食物語攻略wiki

玉麟香腰・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物語迷子の鹿
触れ合い雪中遊び
ステージ喧嘩の名仲裁
  お楽しみに

迷子の鹿

年糕が農場で一匹の病弱な小鹿を見つけた。動物の言葉が通じる玉麟香腰が小鹿に何が起きたか聞いてみようとしている――

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


共通






▷ページトップへ

雪中遊び

玉麟香腰が自分の能力で、空桑に大雪を降らせた。皆が雪の中で楽しんで遊んでいる――

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(回想の選択肢)

体に触れる()

手に触れる()


共通





▷ページトップへ

喧嘩の名仲裁

厨房に入ったら、麻婆豆腐とドウジャオ魚頭の喧嘩声が聞こえた。私は二人の喧嘩を仲裁しようとしたが、なかなか出来なかった。その時、玉麟香腰がやって来た――

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

麻婆豆腐

「ドウジャオ魚頭ーーー!!

あんた、また何かやらかした?」


ドウジャオ魚頭

「なーーにーー?

ムカつく。ちょっかい出したのは君じゃないか!」


○○

「あなたたち、また喧嘩をしているのか。

落ち着いて、事情を説明して!

待て、あなたたち、鍋や碗などを持って何をやるつもり?

早くやめなさいーーー!」


戦闘

VS ドウジャオ魚頭、麻婆豆腐


麻婆豆腐

「ああ!○○、さっきから一方の肩を持っただろう!わしが魚頭を殴ろうとしたが、あんたに引っ張られたんだ。だが、魚頭がわしを一発殴ったのに、あんたは彼を引っ張らなかった!」


○○

「それは……違うよ!」


ドウジャオ魚頭

「お前、お前、得をしていい子になるなんて!僕はさっきひしゃくで君の頭を殴るとき、○○が直接君の前で立ちはだかっていたよ!あああーーー思い出すとムカつく!」


玉麟香腰

「これは……また喧嘩ですか。」


○○

「あっ!いいところに来た。早くこの二人を説得して!」


玉麟香腰

「じゃ、二人とも少し落ち着いて!」


だが、目の前の二人はなお一触即発の様子だった。

玉麟香腰は軽く笑いながら頭を振っているが、前に出ようとせず、玉笛を持ち上げて吹き始めた___


玉麟香腰

「……。」


その音色は春風駘蕩たる趣があり、まるでしなやかな春の霧、一筋の暖かい春の日差し、ひとしきりのぼんやりと霞む春雨のようだ。

麻婆豆腐もドウジャオ魚頭も争いをやめて、静かにそこに立って、この抑揚のある美しい曲に聴き入った……


麻婆豆腐

「……。」


ドウジャオ魚頭

「……。」


笛声が徐々に消え、しばらくしてから、ドウジャオ魚頭が顔を上げた___


ドウジャオ魚頭

「豆児、さっき僕は冷静さを無くした!ごめんなさい!」


麻婆豆腐

「いいや、とんでもない!わしはさっきひどく焦っていらだっていた。わしも謝るべきだ!」


○○

「おや……えっ?なぜ雰囲気が急に変わったの?」


○○

「これはいったいどんなスキルだ?武侠小説の中の「清心普善咒』よりすごいよ!

あの思りっぽい性格の二人はこれを聞くと、すぐに静かになって、その上、お互いが謝っていた。

以前なら、喧嘩したら必ず戦うよ。

終わったら、たぶん鍋やお椀などを新しく買わないといけない……」


玉麟香腰

「ハハハ!そんなに珍しいことではありません。

学びたいですか。教えてあげましょう!」


○○

「はい、ありがとうございます。「玉先生」!」


▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (玉麟香腰・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる