Gamerch

【コードヴェイン】錬血システムについて・アクティブとパッシブの違い【CODE VEIN】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

コードヴェイン(CODE VEIN)の錬血について詳しく説明しています。パッシブとアクティブの違いについても詳細に説明しています。

コードヴェインの錬血について

技を発動したり自身を強化するスキル

錬血には装備するだけで恒常的に効果のあるパッシブ錬血装備後、使用することで効果を発揮するアクティブ錬血がある。

アクティブ錬血は冥血を消費して発動

アクティブ錬血を使用するには、冥血を消費して発動できる。威力の高い錬血ほど消費する冥血が多くなる。

冥血の回復方法

武器での攻撃、吸血攻撃を敵に当てるか、敵の攻撃をガードに成功することで回復することができる。

錬血には「陽」と「陰」の2種類の系統がある

錬血には「陽」と「陰」にの2種類に別れており、それぞれブラッドコードや吸血牙装によって数値が異なってくる。

コードヴェインの錬血の使用方法

ブラッドコードを選択する

ブラッドコードはクラスみたいなもので、近接に特化したタイプや探索におけるサポートタイプなどブラッドコードによって使用できる錬血が変わる。

ブラッドコードの詳細はこちら!

錬血スロットにセットする

錬血スロットはアクティブが8枠、パッシブが4枠の合計12枠セットすることができる。使いたい錬血は忘れずにセットしよう。

コードヴェインの錬血使用の注意点

錬血によって必要パラメータが存在

使用するのに一定以上のパラメータが必要な錬血が存在する。「ストライクライザー」の場合必要パラメータが「腕力 B」なため、腕力がBを超えないと使用できない。

使用条件が決まっている錬血がある

錬血によっては必要パラメータが存在しないが、使用条件が決まっているものもある。新しい錬血を解除したら、使用する前に確認しておこう。

コードヴェインの錬血を他ブラッドコードに継承する方法

錬血の熟練度を限界まで上昇させる

ブラッドコードごとに使用できる錬血は決まっているが、錬血の熟練度を最大にするとブラッドコードを変更した後も装備、使用することが可能になる。

ヘイズと素材を使用して熟練度を最大にできる

敵を倒して少しずつ熟練度を上げなくても、ヘイズと素材があれば熟練度を一気に最大にできる。

コードヴェインの関連リンク

コメント (錬血システムについて・アクティブとパッシブの違い)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ