Gamerch
ドッカンバトル攻略Wiki

【ドッカンバトル】あの世を守る正義の心・パイクーハンの性能とパーティー編成

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドッカンバトル(ドカバト)の【あの世を守る正義の心】パイクーハンの性能とステータスを掲載しています。パイクーハンのスキルやカテゴリなどを掲載しているのでパーティー編成の参考にして下さい。

パイクーハンの評価

総合評価
SSランク
リーダー評価:8.8サブ評価:9.3
最強キャラランキングはこちら

ユニット必殺技で全属性抜群

パイクーハンは「孫悟空(天使)」か「ベジータ(天使)」がいれば全属性に効果抜群が追加された必殺技を撃つことができます。

LR悟空&ベジータ天使やLR悟空天使&ベジータ天使などの強力なキャラはパーティーに無理なく編成できるため、基本的にはユニット必殺技を撃っていくことができるでしょう。

ずば抜けた火力を持ったキャラではないですが、効果抜群を加味すればどんなイベントでも通用する火力になるので必ずユニット必殺技を発動できるように編成するのがおすすめです。


▼LR悟空&ベジータ天使と並べた時のステータス

無凸(55%)属性気玉3個取得(リンクLv10)
150%リーダーATK:1,844,224
抜群:2,766,336
DEF:102,312
170%リーダーATK:2,028,646
抜群:3,042,969
DEF:112,543

状態異常が優秀

パイクーハン特有のATK大幅低下や虹気玉取得時の必殺技封じでバトロ攻略の適正が高いキャラになっています。

特に必殺技封じとATK大幅低下の組み合わせが強力で、敵1体のダメージを大きく抑えることができるでしょう。

最後の1体相手にはアクティブスキルで余裕を持って倒すことができるため、事故なく極限バトロを攻略しやすい性能です。

パイクーハンのステータスとスキル

レア度UR属性速属性
コスト58最大レベル120
ステータスHP:12,600 ATK:11,900 DEF:6,700
入手方法ドッカンフェス
リーダー
スキル
「つながる希望」カテゴリの気力+3、HPとATKとDEF170%UP、または超系の気力+3、HPとATKとDEF130%UP
パッシブ
スキル
自身のATKとDEF150%UP&取得属性気玉3個以上で超系の味方全員の気力+2、更にATKとDEF30%UP&虹気玉を取得すると更に自身の気力+4、高確率で敵の攻撃を回避、攻撃した敵の必殺技を封じる
必殺技1ターンATKが大幅上昇し、相手に超絶特大ダメージを与え、AKTを大幅低下させる
ユニット必殺技【条件】
名称に「孫悟空(天使)」か「ベジータ(天使)」を含むキャラが攻撃参加中の味方にいるとき発動可能

【効果】
1ターンATKが大幅上昇し、相手に超絶特大ダメージを与え、全属性に効果抜群で攻撃し、ATKを大幅低下させる
アクティブ
スキル
【条件】
バトル開始から4ターン目以降、敵が1体で敵のHP50%以上のとき発動可能(1回のみ)

【効果】
ターゲットした敵1体の攻撃ターンを1のばす

リンクスキルとカテゴリ

リンクスキル

リンクスキル名Lv効果
至高の戦士Lv1気力+1
Lv10気力+2、ATK10%UP
紳士Lv1気力+2
Lv10気力+2、DEF10%UP
歴戦の戦士Lv1ATK10%UP
Lv10ATK15%UP
驚異的なスピードLv1気力+2
Lv10気力+2、DEF5%UP
あの世の戦士Lv1ATK20%UP
Lv10ATK20%UP、DEF10%UP
冷静な判断Lv1DEF20%UP
Lv10DEF25%UP
超激戦Lv1ATK15%UP
Lv10ATK20%UP

リンクスキルのLv毎の効果一覧

カテゴリ

カテゴリ一覧
つながる希望好敵手
劇場版HEROあの世の戦士
頭脳戦救世主

最強カテゴリパーティランキング

パイクーハンのテンプレパーティー

「つながる希望」カテゴリ

パイクーハンの状態異常が活かせるバトロなどの短期戦向けパーティー編成です。

防御性能に特化したキャラが存在せずダメージを抑えるのが厳しいので、必殺技封じやATK低下で対応していきましょう。

入手条件が厳しいのでここには入れていませんが、LR元気玉孫悟空を所持しているならば、更に安定したパーティーが編成可能です。

「頭脳戦」&「魔人ブウ編」カテゴリ

ユニット必殺技の条件として最も相性に良いLR悟空&ベジータをリーダーとして編成できるので、特におすすめのパーティーです。

耐久力の高いキャラも揃っているので安定して攻略しやすくなっています。


注目記事


▶ドッカンバトル攻略Wikiトップに戻る

コメント (あの世を守る正義の心・パイクーハンの性能)

新着スレッド(ドッカンバトル攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ