Gamerch

【白猫】絶海の侵略者 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
開催日:2016年3月7日~4月4日 15時59分


目次


Story1 蒼海少女

Story2 潜伏せよ

Story3 冒険家と侵略者

Story4 海底のディナータイム

Story5 海の音が聞こえる

Story6 世界の裏側

Story7 復讐か、正義か

Story8 方舟

最終話 錨を上げろ


登場人物



誰でもない男
ネモ
蒼い海の少女
ノア




プロローグ



<島は、燃えていた。男は炎の中を走る。>


「………何故だ。」


<焼け落ちた家屋。倒れる人々。>


「いたぞ! 撃て!」

「裏切られたことはあるか?

俺は、信じることに疲れた。どうせ裏切られるなら、何も信じない方がいい。

最後に信じられるのは、己だけ最後に信じられるのは、己だけだ――」


…………

……


「だから俺は――侵略する。」




TOP↑

story1 蒼海少女



<ギルドからの依頼で、主人公はとある島を訪れていた。

目的はこの島に隠された、古代のルーンである。苦難の末、一行は――>


見て! ようやくたどり着いたわ!

<目の前の台座には、光り輝く結晶がはめこまれていた。これが目的のルーンに違いない。>

やったわね。早く持って帰りましょう。

待ち伏せッ!?

ルーンが!

<魔物たちの中を縫って現れた何者かが、ルーンをつかみとった。>

あっ、魔物がルーンを!

魔物じゃないわ! あれは……人!?

<魔物たちが殺到する! 多勢に無勢だ!>

くうー!! こうなったら逃げるわよ! どうにかして包囲網を抜けないと!

ゆらり。

アンタ、危ないわよ!

こんにちは。ノアといいます。

よろしく、ノアさん。

ゆらゆら~♪

独特な雰囲気の子ね。って……

追いつかれちゃったわ!

こちらの抜け道を、ゆらっとどうそ。

助けてくれるんですか?

助けになれば、素敵なのです。



TOP↑

story2 潜伏せよ


ルーンを持ってったアイツ、一体何なのよ!

魔物を操っていたみたいね。

<主人公たちは、海岸に追い詰められた!>

船と逆方向に出ちゃったわね。

泳ぐのはイヤ!

大丈夫です。そこの崖からふわっと飛び降りるのです。

なんでよう!

…………! 飛び降りましょう!

ちょっ……どうしてっ!! アアアー!!

ゆらゆら~。


tチュッチュー!!

<飛び降りた主人公は吸盤のついた触手にキャッチされた!>

たすかったわ!? って……タコ!

tハヤク、ノリコムッチュ! キヅカレナイ ウチニ!



…………

……



<……信じられない。ここは海の中を進む船の中だ!>


こんな乗り物があるなんて!

アルゴノート号は潜水艦なのです。海の中をゆらりと進むのです。

せんすいかん?

ノア、なぜ部外者を乗せた。

困っているみなさんを助けたのです。

<男は、凄まじい殺気を放っている。>

アンタ……何者?

俺は<侵略者>だ。

悪い奴ね!?

実はいい人なのです。ゆらり~。

なあんだ。

かけつけ一杯、海水はどうだ?

いい人じゃないわ!

お前たち、なぜあの廃墟にいた。

ルーンの回収に来たんです。

ルーンが狙いの冒険家か。……近くの島で降ろしてやる。大人しくしてろ。

なんかムカつくわね。あれ、どうしたのアイリス

……この船……何か、変な気配……?


…………

……


<潜水艦は、とある島の海岸沿いに浮上した。>


ネモ、ここって無人島みたい、別の島にしてよ。

助けを待つんだな。


魔物がいるわ!

なんとかしろ。

ネモ、冷たいです。

ノア。たいがいにしろ。

ノアは、お助けするです。ゆらゆら~っと。



TOP↑

story3 冒険家と侵略者



そこそこやれるらしいな。

主人公はこうみえても期待の若手よ?

なるほど。じゃあな。

ちょっと待ちなさい、ネモ。

なんだ。

取引よ。

冗談がすぎるぞ。

アタシらは、ルーンを持って帰らないと依頼がパアなの。だから協力してあげるわ。

まさしく猫の手か。

アンタたち、ルーンを奪った奴を追いかけてるんでしょ?

なんでそう思った?

ノアがあの島にいたのって、それが理由でしょ? あの変なのにルーンを奪わせて、アンタらは後を追うってワケね。

頭は働くようだな。食料と水を三日分やろう。

ケチね!

……ネモさん、一つだけお願いがあるんですが。

いってみろ。


…………

……


tチュッチュッ!!

<船内には、タコのようなクルーたちがいる。>

……この子なのです。

<透明なカプセルの中に、タコのようなクルーが眠らされている……>

t…………チュ。

カプセルの中で、眠らせているのです。

<闇>に、取りつかれている……

……知っているのか。

私達にも、よくわかりません。ただ<闇>は……この世を呪う存在です。

らしいな。

<*×○■!&%$…………>

<アイリスの詠唱が響き渡ると、クルーはカプセルの中で目を覚ます。>

tチュッチュー!!

<闇>が消えた……!?

元気になったのです……!

どう?

人が住む島まで、送ってやる。

あら、これ以上寄り道したら、あいつらが追いかけられなくなるわ。

そうなのです。みなさんの力を借りるのです、ネモ。

邪魔だけはするな。

tソウトキマッタラ<ショクリョウ>ヲ<チョウタツ>ニイクッチュ! カングイノ<ウタゲ>ッチュー。



TOP↑

story4 海底のディナータイム



<艦内の食堂で、遅めのディナーが始まった。>

今日はご手伝ってくれてどうもです。今日はごちそうなのです。

<呼吸のルーン>って便利ね。水の中で呼吸できるから、海の幸が取り放題。

自給自足なのね。にしても……

tチュッチュ、チュッチュー!

タコヤキサラダに、タコヤキ串。タコヤキライス……

我が艦の伝統だ。

タコヤキ、嫌いですか?

tチュッチュッチュ!

むぐむぐ。あれ? 変わった味。オイシイけど。

海でとれるもので作ったタコヤキだからな。

ねえ、このタコ……

食えれば問題ない。

ところでネモ。侵略ってどういうこと?

言葉通りだ。俺たちは侵略者。この世界を侵略する。

なんでそんなこと!

知る必要はない。

あるのです。同じタコヤキを食べた仲なのです。

tチュッチュー!

……つまらん話だ。



…………

……



……俺は、<連邦>海軍の潜水艦乗りだった。

当時連邦は、帝国と制海権を巡って争っていた。戦時中、俺はある島を守れという任務を受けた。


「艦長、この島は……どうなるのでしょう。」

「ご安心ください。我々が、守り抜いてみせます。」

「ですが……!」

「まだ、我々の艦があります。」


最悪の状況だった。魚雷は残り三発。増援無し。


「くそっ……」

<波間から、少女が顔を出した。>

「ゆらり。」

「…………」

「悲しい顔、してるのです。」

「俺に言ってるのか。」

「悲しい時は、海でゆらゆらするといいのです。」

「海は嫌いだ。」

「だったら、どうしてずっと海を見ていたのです?」

「さあな。」

「……えい。」

「なっ!

何をする。」

「ゆらゆら、するのです。」


「…………」

「…………」

「……………………!」


「ぶはっ……!!」

「悲しく……なくなったですか?」

「……はははは……!」

「……よかったのです!」


――そこはとても、静かな島だった。




TOP↑

story5 海の音が聞こえる



敵の侵攻は一時おさまり、以来俺は、何度か島に立ち寄った。


「いつも島を守ってくれて、ありがとうです。」

「礼などいい。」

「島のみんなも、ゆらっと喜んでいるのです。」

「任務を果たしただけだ。」

「艦長さんは、やさしい人です。」


…………

……


「このままでは、こいつが帝国に奪われる……!

だというのに、潜水艦一隻残して、守備隊は全滅とは……

今はあの若造に賭けるしかない、か……」


…………

……


ネモがお休みの日には、二人でずっと……海辺にいたのです。


「見てください、です。」

「……貝殻か。かわった形だな。」

「耳にあてると、海の音が聞こえるのです。」

「それは、ノアの体が出している音だ。」

「体の中には、海があるのですね。……深いです。」

「海、か……」

「どうして艦長さんは、海が嫌いなのですか?」

「嫌いというか、本当は怖い。潜水艦乗りは、負ければ海で溺れて沈むことになる。」

「溺れたら、ノアが助けるのです。」

「…………ノア。」

<ノアは、制服の袖をつかんだ。>

「…………」ノア


…………

……


「どうして帝国は、この島を?」

「我々には、さっぱり……」

「ならいい。俺たちの仕事は変わらない。……侵略者を討つ。」

「艦長、どうしてそこまでして、……私達の島を?」

「帝国の砲撃で、俺は腕と故郷を失った。俺は六歳だった。あの時は、何もできなかった。」


…………

……


ネモは……いろんなことを教えてくれたのです。


「ノアは、いろんな島にいってみたいのです。」

「島を出たいのか?」

「この島は大好きです。でも、いつかは海の向こうにもゆらりといってみたいのです。」

「いつか……叶うといいな。」

「戦争が終わったら、艦長さんとはお別れなのです。」

「……ああ。」

「寂しいです。」

「……戦争は、終わった方がいい。」


…………

……


俺は心に決めた――命に替えても、守り抜くと。


「艦長、ソナーに感あり!」

「至近弾っ!」

「……沈むわけにはいかない!」


「艦長……? 敵、退いていきます!」

「何だと?」

「味方です!増援だ!」

「ヒャッホー!! ……おや? 揚陸艇? どうして島に接舷を?」

「揚陸艇……だと?」




TOP↑

story6 世界の裏側



俺が見たのは、燃え盛る島だった。島には、兵士たちが大挙していた。

島は<侵略>された。味方であるはずの、連邦の手によって――


「なぜだ……! なぜ連邦がこの島を!」

「反逆者は殺せ!」

「ノア!!」


…………

……


「……島が……燃えてる……」


ノアは、深手を負っていた。


「艦長さん、ごめんなさい。ノアはもう……」

「ノア、しっかりしろ……!」

「艦長さんっ……!!」

「お前は……死なせない!」


…………

……


そんなことが……あったのね。

連邦は、島を砲撃で消し去った。

どうしてそこまで……!

俺はその理由を探すため、軍を抜けた。そして答えにたどり着いた。

理由は、島にあった遺跡だ。そこには<方舟>というものが眠っていた。

なにそれ?

古代の兵器――らしい。

そんなものがあるの……?

どうやらな。連邦は<方舟>を我がものとした。島の住人を犠牲にして。

ずいぶんな連中ね。

tチュッチュー!!

クルーのみんなも、連邦に捕まっていたのです。

t<カンチョウ>二 タスケテ モラッタッチュ!

こいつらは、連邦の研究施設で実験動物にされていた。

ひどい……!

帝国も似たようなものだ。奴らのやり方は、もっと巧妙だがな。

――

ねえ。アタシらの狙ってたルーンを横取りした奴って、もしかして……

連邦の特務機関。あの島から<方舟>を奪った連中だ。奴らは力のるルーンをかき集めている。

どうしてルーンを?

紋章魔法というものがある。ルーンを組み合わせて改造するという魔法だ。

何をしようっていうの?

方舟を目覚めさせ――――操る力をもったルーンを作り出すつもりらしい。

そうなったら……悲しいことになるのです。

大変な時に乗り合わせたのね。にしてもアンタら、まるで正義の味方みたいだわ。

正義では悪は討てない。だから俺たちは、侵略する。

t<カンチョウ>! <ターゲット><ウミノハカバ>二 ハイッタッチュ!

墓場ッ!?

暗礁海域だ。難所だな。


……

光も射さぬ海の底…一つの巨大な船影が行き過ぎる。その船内で――


「このルーンに何の意味があるか? つまらぬことを聞くものだな。ルーンの機能に意味は無い。

どうせ紋章魔法でルーンの特性を変えるのだ。力のあるルーンならなんでもかまわん。

我々は完全ではない。なぜか? いずれ死ぬからだ。滅びゆくものは不完全だ。

不完全な存在は不要だ。よって――この世界は滅びねばならん!」



TOP↑

story7 復讐か、正義か



<暗礁海域を抜け、一行は火山島に到達した。>


……うっ。

どうしたんですか、ノアさん。

何でも……ないのです。

敵の船影はここで消えた。威力偵察に向かう。

t<カンチョウ>ドノニ、ケイレイッチュ!

俺たちが戻らなかったら、そのときは離脱しろ。そしてもう関わるな。

tマッテルッチュ。ズット、マッテルッチュ。

……そうか。

一人で行くつもり?

弾除けになりたいのか?

ネモ、それは悪い癖なのです。

自分の身は、自分で守れ。


…………

……


――

行ったみたいです。

あっ! 見て……! ルーンよ!

ルーンが機械につながれてるわ。

こうやって機能を制御しているらしいな。

……呼んでる……

ノア、どうした。

<ノアは、工場の奥へ進んでいく。>

これって……でっかいくらげ?

……違う。記録映像より大きい。

まさか、これが……

<方舟>だ。

その通りです。艦長……!

この大層な仕掛けで<方舟>を操るつもりか。ヤプ医者め。

医師とは仮の姿でして。島では<方舟>研究チームを指揮しておりました。

<ネモは、現れた人影をためらいなく撃つ。だが銃弾は人影をすり抜ける。>

<幻影のルーン>か。

どうして、島の人たちまで……手にかけたのです……!

帝国にべらべらしゃべられても、面倒なんですよ。スパイもいたでしょうしね。

お前たち連邦はいつもそうだ。小さな犠牲は止むを得ないといいながら、弱いものを殺す。

連邦ぅ? あんな無能な連中といっしょにしないでください! 我々はもっと大きなものに仕えているのですよ!

帝国か……? いや、違うな。帝国はお前のようなバカは真っ先に排除する。

我々が仕えているのは、この世界の絶対的な<法則>というべきもの。

<法則>……?

そうです。あの<方舟>であらゆるものを滅ぼせば、彼はきっと喜んでくれる――!

その前にお前を始末する。

いいのですか、艦長。あなただって、この<方舟>を求めていたのでしょう?

俺が?

艦長は、帝国と戦い、連邦を裏切った。全ては復讐のため。そうではありませんか。

連邦も帝国も、なにもかも滅ぼしてしまいましょう。艦長が守ったこの<方舟>で!

汚い口を閉じろ。

いいでしょう。でしたら……<闇>に呑まれなさい!



TOP↑

story8 方舟



<ネモは、無慈悲に工場の施設を破壊していく……!>


ネモ!<方舟>が動いてるわ!

言い忘れておりましたが、こいつはもう目覚めています。一足遅かったですな。

全てを喰らい、永遠に生きる。それが<方舟>だったか。

その通りです。人の時代は終わり、完全なる秩序が復興する。

アルゴノートⅡ! 照準合わせ!

通信など届きませんよ!

<ネモが乗っていた機竜が変形し、ネモの義手と合体一巨大な砲身となった。>

主砲はこいつだ。

<医師と名乗った男は、施設の最深部で嘲笑を浮かべる。>

64層の隔壁と、187のルーンによる魔法防壁。そんな豆鉄砲で!

主砲、発射――

無駄だと……

<ネモの<砲撃>は、施設の防壁とルーンによる障壁を貫いた!>

え、エピタフ様ぁ!!

<医師の立体映像は掻き消えた。>


もう一撃だ。アルゴノートⅡ……あの<方舟>を破壊する!

駄目。

<方舟>は殺せないのです。

どけ。

あれは兵器ではないのです。大昔の人が作った、すべての命を救うための<方舟>なのです。

命を救う……?

<方舟>が呑み込んだものは、永遠に生きるのです。<方舟>の中で。

いずれ来る滅びの時を超えて、永遠に……

お前は……何者だ。

私は<方舟>の使者……<方舟>が今の時代を知るために生み出した、分身なのです。

嘘をついていたのか。

違うのです! 知らされてなかったのです。

<方舟>はどうするつもりだ。

<方舟>は、救いたいのです。人が、世界が滅ぶ前に。

あいつの狙いは、あたったわけだ。

ネモ。聞いて欲しいのです。

俺は撃つ。

私は……<方舟>を止めるのです。まだ人は、やり直せるのです。

<ノアは<方舟>の前に進んだ。>

行くのか。

みんなを助けたいのです。ネモが、私を助けてくれたみたいに。

…………

さよなら、ネモ。


待ってください、ノアさん!

ノアー!!

<ノアの体は<方舟>の中に吸い込まれていった――>


……これでいい。


…………

……


<事件の全貌は公にされなかった。

全てを知るはずの<侵略者>も光射さぬ海底に消えた……>



TOP↑

最終話 錨を上げろ



<動き出した<方舟>は――海底に沈んでいった。ノアと共に。

一行は、潜水艦に戻った。>


ネモ! ノアが……!!

……出航する。もう俺たちにやることはない。


<ネモは、主人公の拳を受け止めた。>

あいつは行った。俺にどうしろと?

あの島で助けた時、ノアは致命傷を負っていた。だが数日で完治した。<方舟>と無関係なはずはない。

わかっていた。こんな終わりになることくらい。


――悲しく……なくなったですか?――


このままでいいの? アンタ、侵略者でしょ!

侵略者……?


――わたしは、いろんな島にいってみたいのです――


ここで好きにやらないで、どうするわけ?

ネモさん……ノアさんを!


――溺れたら、ノアが助けるのです――


ノア……!


……

…………


<機竜アルゴノートⅡは……ネモを乗せて、深海に沈む。>


そうだ、俺は……

好きにやらせてもらう!


<ネモが持っている<呼吸のルーン>のおかげで、水中でも呼吸は可能。

しかし、深海の水圧は、容赦なく侵略者と機竜を苛む。

ネモは方舟の中に突入した。全ての命を取り込む方舟は、ネモの体を受け止める。


……心が、安らいでいく……憎しみも……悲しみも……だが!

これが俺の、侵略だ!

ネモ……!

来い!


主砲発射!

<砲撃は海に風穴を開ける! 機竜と乗り手は全速力で海に開いた道を突き進む!>

振り落とされるなよ!


……<方舟>……さようならです……!

<方舟はゆっくりと沈んでいく。誰の手にも届かぬ、海の底へ。>


…………

……


<ネモは主人公にルーンを投げてよこした。>


確かに<発酵のルーン>です。

こんなものを探してたとはな。

……アンタら、これからも侵略を?

続けるのです。

<ネモは一冊のファイルを手にしている。施設から奪い取ったものらしい。>

ターゲットには、事欠かないからな。

たまには飛行島にも、遊びにきなさいよね!

ああ、そのうち侵略してやる。


…………

……


「ネモ、これからどこにいくのです?」

「終わったと、伝えにいこう。……あの島に。」

「<イカリ>ヲ アゲルッチュ!」


「アルゴノート号、発進!」





絶海の侵略者 -END-




関連ストーリー
 絶海の侵略者  
絶海の侵略者 Story2016
03/07
ノアネモ
白猫ミステリーランド!
解答
09/16
ネモライフォード
サマーバケーション2016 Story
ノアセルジュ
07/29
テニス
大会の侵略者 Story
ネモMVP版
ノア
2017
01/11
深淵の追撃者 Story
序章前編後編
04/14
シンマナ
混沌インフィニティX
序章前編後編番外編
05/16
ネモノアルル
テニス
熱戦 こだわりの味を求めて! Story
07/10
テニス
納涼 月下の夏祭り
07/21
茶熊学園2017 Story12/15
ノアネモ


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (絶海の侵略者 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ