Gamerch
食物語攻略wiki

四川火鍋・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い飯は辛くないと食べられないんだ!若さま、飯を辛くすればもっと美味しくなるよ!
世間話・
其の一
古堰流碧(こせきりゅうへき)、祠堂柏森(しどうはくしん)、青城畳翠(せいじょうじょうすい)……成都市内には有名な観光地がたくさんある。どこに行きたい?まずはパンダ見るか?
賛美若さまは竹を食べてるパンダみたいにものを食うんだな。かわいいぞ!
世間話・
其の二
パンダの腹(はら)を触りたい?ほら、ふわふわして触り心地がいいぞ、こいつらも気持ちよさそうだ!
甘えなぁ……花椒と八角のために、おれと一緒に山で竹を探さないか?今すぐ行こうぜ〜。
告白おれと一緒に、成都に行かないか?うまいもん食えるし、遊べるところもたくさんあるからさ!

衣装「灼熱の舟」

衣装
指先に伝わる愛情三
指先に伝わる愛情二
指先に伝わる愛情一
挨拶
相伴朝
相伴夕
結陣
入陣
破陣
救援
刹羽
勝利
喜悪
雑談一
賛美
雑談二
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 四川火鍋は清の時代に長江の岬で誕生し、化霊した。長江の周りに住む民の積極的で楽観的な生活態度に影響を受け、彼も勤勉で楽観的な人に成長した。

 ある日彼は竹林の中で二匹のパンダを救い、仲良くなった。彼はやんちゃな方を「花椒」、大人しい方を「八角」と名付けた。パンダたちは四川火鍋と一緒に竹林で拳法と棒法を練習し、たまに大道芸人をしていることもある。

 生粋の成都人である四川火鍋の生活に火鍋と川劇は欠かせない。巴適成都は、まさに彼の幸せな日常の表れである


容姿

 四川火鍋は化霊してからずっと成都に住んでいた。その地の文化に深く感化された彼は、同地のすべての名産を心から愛している。身につける服は蜀錦で作り、川劇を代表する臉譜の図案が刺繍されている。腰にさげた竹模様の布袋にさえ、四川の火鍋料理に欠かせない調味料や器具が入っているのだ。

 さらに、パンダが大好きな彼は、常に「花椒」と「八角」を引き連れているため、成都の街を歩けば、二匹のパンダと大道芸で金を稼ぐ四川火鍋に出会えるかもしれない。


技能

 八角と花椒は火鍋の私生活での良きパートナーであるだけでなく、戦場においても素晴らしい相棒だ。2匹はいつも、火鍋とともに竹林で拳法や棒術の訓練を行い、1人と2匹が共に敵に立ち向かい、見事な合わせ技を繰り出す。

 2匹のパンダに「マーク」された敵は花椒から特別な「おもてなし」を受けると言われている。対象に必殺技が当たるとパンダエネを得られ、威力が大幅に上がり、戦えば戦うほど勇猛になるのだ。


 四川火鍋は四川料理に属し、特有の痺れ、辛さ、熱さ、鮮度などの味わいで各地の人々に好かれていて、四川、重慶地方の看板料理になった。

 四川火鍋は個人の好みで紅湯、白湯と干しの三つの種類に分かれて、どんな季節でも、友達を誘って火鍋を食べるのはいつもいい選択である。


天性の才

 四川火鍋は成都で化霊したため、成都の文化に対して強い共感愛着を持っている。よく成都文化を口にしており、まさに成都文化の宣伝大使である。

 四川火鍋は爽やかで活発、仁義に厚い。彼は「八角」、「花椒」と一緒にパンダを守るために努力している。彼の日常生活は多くの成都人と一緒で、火鍋を食べたり、川劇を観たり……実に楽しい!


「若さまは花椒と八角のことを相当気に入ったみたいで、いつもしゃがんで彼らを抱っこしたりなでなでしたりして。ハハッ!やっぱりパンダは誰も拒めない可愛い動物だな!


でも、若さまがいきなり俺を見上げた時、ある想いがピンっと来た……パンダより可愛いものは存在するんだなって。」


▷ページトップへ


▷四川火鍋へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (四川火鍋・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる