Gamerch
ドッカンバトル攻略Wiki

【ドッカンバトル】極限スーパージャネンバの評価とパーティー考察

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドッカンバトルの【邪悪な侵犯】スーパージャネンバの性能をまとめています。極限スーパージャネンバの評価やテンプレパーティーについても掲載しているので参考にしてください。

極限ジャネンバ

極限スーパージャネンバの性能評価

極限スーパージャネンバ

リーダー
スキル
極力属性の気力+3、HPとATKとDEF130%UP、または超力系の気力+3、HPとATKとDEF90%UP
パッシブ
スキル
ATKとDEF100%UPし全ての攻撃をガード&中確率で攻撃を回避する&回避するたびにそのターン中さらに回避率10%UP
必殺技相手に超絶特大ダメージを与え、DEFを超大幅に低下させる
カテゴリ心身の浸食、劇場版BOSS、変身強化

全属性ガードで鉄壁の防御力

極限Z覚醒によってDEF100%UPスキルを持ち、非常に使いやすくなりました。

全属性ガードも合わせれば高難易度でも問題なく壁役をこなせるようになるでしょう。

回避の確率は25%と低いですが、敵の攻撃回数が多いところに投げられるキャラなので発動機会も多くなると思われます。

極力属性130%リーダースキル

極限Z覚醒したことで130%リーダースキルを得て強力な属性リーダーキャラとなりました。

有利属性相手だとガードが活かせないので採用されづらかったですが、十分なDEFステータスを得たので問題なくリーダーとして採用していけるでしょう。

「BOSSキャラ」や「恐怖と絶望」などリンクスキルも優秀で、リーダーとして非常に優れた能力を持ったキャラです。

テンプレパーティー編成

知属性の極限スーパージャネンバと同名のキャラとなるので、場所を入れ替えるだけで強力な編成となるでしょう。

変身強化

「変身強化」カテゴリには相性の良いキャラが多く所属しており、様々なパーティーが編成できます。

防御性能は十分なので、リンクスキルを活かして火力の上昇を狙って編成しましょう。

心身の浸食

「孫悟空の系譜」カテゴリが相手にいることを想定した「心身の浸食」カテゴリパーティーです。

リーダーの変身ジャネンバと共にパーティーの壁となってLRキャラの火力を通していくと攻略しやすくなります。

おすすめキャラ一覧

スーパージャネンバパーティーと相性の良い極力属性キャラをまとめています。


キャラパッシブスキル
変身クウラ
変身クウラ
自身のATKとDEF100%UP &敵が1体の時「変身強化」カテゴリの 味方全員の気力+2、ATKとDEF30%UP &敵が2体以上の時は「恐怖の征服」カテゴリの 味方全員の気力+2、ATKとDEF50%UP
LRフリーザ(第一形態)
LRフリーザ
自身のATKとDEF50%UP &1番目か3番目に攻撃すると 自身の気力+3、更にDEF50%UP &超必殺技発動時に更にATK50%UP &超系の敵を攻撃するとき更に気力+3
極限力パーフェクトセル
極限セル
ターン開始時にATK100%UP、DEF50%UP &気玉を6個以上取得すると さらにATKとDEF30%UP &敵が2体以上の時はターン開始時に 敵全体のATKとDEFを20%DOWN
極限超一星龍
極限超一星龍
敵全体のATK40%DOWN &自身のATKとDEF80%UP &「フルパワー」カテゴリの 味方全員の気力+2、ATK40%UP

リンクスキル説明と相性の良いキャラ

リンクスキル1 BOSSキャラ
HP80%以下でATK、DEF25%UP
リンクスキル2驚異的なスピード
気力+2
リンクスキル3 変身タイプ
HP5%回復
リンクスキル4残虐
ATK500UP
リンクスキル5 悪夢
ATK10%UP
リンクスキル6 恐怖と絶望
気力+2
リンクスキル7超激戦
ATK15%UP

おすすめの潜在スキル

スキル名おすすめポイント

会心
強力な必殺技が苦手属性の敵にも攻撃が入る。反撃にも会心が入るのでおすすめです。

回避
さらに回避率の成功率をUP

潜在スキル一覧とおすすめキャラ

極限スーパージャネンバの対象の超激戦と技上げ方法

スーパージャネンバの技上げ方法と対象の超激戦をまとめています。

技上げに使えるキャラ

力スーパージャネンバの技上げには通常ガチャのSSRが必要になるので老界王神や力属性の大界王神を使うことをおすすめします。


極属性フェス限の技上げ方法

対象の超激戦

  • 圧倒的な邪悪パワー!!

圧倒的な邪悪パワー!!


圧倒的な邪悪パワー!!の攻略
注目記事


▶ドッカンバトル攻略Wikiトップに戻る

コメント (【ドッカン】新スーパージャネンバの評価とパーティー考察)

新着スレッド(ドッカンバトル攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ