Gamerch

Wings of hearts 2 Story1

最終更新日時 : コメント(0)
開催期間:2018/00/00


目次


Story1 エルゴ村

Story2 快活少女

Story3 潜在能力

Story4 レインの思惑


主な登場人物




story1 エルゴ村




悪魔の国<サタニアス地方>――

過激な思想を持つ悪魔たちか多く住む島の一角に、

人間たちの集落があった。


「昨日到着した人間たちです。」


「ようこそ<エルゴ村>へ。

ぼくが村長のエルゴラムです。」


「この度は、本当にありがとうございます……!

「いいんだよ。困ってる人を助ける。それがぼくの使命だからね~。

ちなみに村の名前は、ぼくの名前から取ったんだ。ラムが逆さでエルゴ村。

面白いでしょ?

「は、はあ……

がっ!

「笑えよ。

「……は、ははははははは!


「村でのことは、シルヴィアちゃんがサポートしてくれるから。


「みなさんのお世話をしています、シルヴィアです。


「どひゃー! キレイな悪魔さんだー!

「えっ……

「これからよろしくね!

「よ、よろしくお願いします。


「おいガキ。誰がしゃべっていいと言った。

「あいさつぐらいいいじゃん!

「……何だと?


「あー、いいっていいって。

君。仕事を説明するから、ついてきて。

「は、はい!


「女の子たちは、シルヴィアちゃん、よろしく。

「わかりました。


 ***


「こ、これはー体……

「ルーンコンベア。見たことない?

「いえ、そうではなく、コンベアに流れているものは……

「悪魔の頭蓋骨。

「ヒッ!

「正しくは反サタニアス悪魔の頭蓋骨ね。ここの名物みやげでさ。

綺麗に洗って、磨いて、装飾するんだ。ま、売れないんだけど~。

「そ、それで、僕はなにをすれば……

「流れてくる頭蓋骨に、花を一輪さしていってね。

「あ、あのう……作業場のすぐ後ろが、マグマの溜まり場なんですけど……

「落ちないように気をつけよう!


 ***


「……以上が、毎朝の流れとなります。

「そ、それ全部、日が昇る前に?

「……はい。すべて、確実に終わらせるようにしてください。

「ウソでしょ……

「ごめんなさい。重労働なのは、充分わかっています……

でも、そうしないと……


「ねーねー、お姉さん。

あたしはなにをすればいいの?」


「あ……えっと、子どもには、村の掃除をお願いしています。

「らーじゃー!

「……やり方を教えますから、ついて来てください。



TOP↑

story2 快活少女




「さっさかさっさかさっさかさ-!

こーんな感じ?

「はい、そんな感じです。

「これを毎日やるんだね?

「……ごめんなさい。子どもに、こんなきつい仕事を……

「いいのいいの! あたし、体力だけはあるから! ムキムキだから!

この掃除にいったいなんの意味かあるのかはわかんないけどね!

「…………

「あ、悪口いっちゃいけないんだっけ? ごめんごめん。

「い、いえ……その、なんというか……

「……?

「……あなた、名前は?

「あたし? リサだよ!

「リサ、ちゃん。

「ふふ。お姉さんのお名前は?

「私はシルヴィアといいます。

「名前もキレイだ!

こりゃあさしずめ、サタニアスのまどんなといったところか……

「…………

「ねえ、さっきからどうしたの? あたしの顔、なんかついてる?

「……ちょっと、めずらしいなって。

なんというか……とっても、明るいから。

ここに住んでいる人はみんな……そういう顔を、していないから。

「うーん、たしかに、雰囲気くらいよね。

「ですから、あなたの笑顔が、なんだか不思議で。

「そのうちあたしも、ずーんて暗くなっちゃうかもよ?

ここでの生活、きびしそーだからなー。

……あ、でも! お姉さんが一緒なら、そんなことないかもね!

「え……?

「それにさ。家も食べるものもあるってだけで、ホントにありがたいもん。

ぜーたくはいえないよ! だから、かんばって働かなくっちゃねー!

「…………


「おいお前ら。

さっさから何をペラペラと……

「お姉さん、またお話してね!


「……リサちゃん、か……



TOP↑

story3 潜在能力




「はあ、はあ、はあ……!

「頑張れ頑張れー。頑張って花さしてー。


「エルゴラム様。

「おっ。村の方はどうだい?

「新人のガキなんですがね。どうも、シルヴィアに懐いたようで……

「……ふうん。

「といっても、性格なんですかね? 全員に同じ感じではあるんですが……

「それの何が問題なの?

「生意気だと思いませんか? 口ごたえするし、やたらヘラヘラ笑ってますし。

俺らにもタメ口なんすよ? そんなの、たとえガキでも、許されませんよね?

「……ま、いいんじゃない。

「俺は嫌っすよ。指の一、二本落としてきていいっすか?

「ダメ。

……ただ、二人のことは、よく観察しておいてくれるかな。これ、命令ね~。

「……承知しました。あと、シルヴィアのことなんですけど。

なんであんなザコを側に置いてるんすか?

「君、失言だよ。次そんなこといったらクビにするから。

「す、すいません。でも……

「まあ、知らないのも無理はないよね。

君はよく頑張っているから、特別に教えてあげようかな。

ぼくはあの子を、次の<悪魔殺し>にしようと思っているんだ。

「……ウソでしょ? あれを?

「確かにねえ、あの子は一見弱く見えるけどねえ、実は違うんだな。これが。

「シルヴィアちゃんはね、とてつもない潜在能力を秘めた子なんだ。

きっとレイン以上の悪魔殺しになるって、ぼくは確信してるね。


彼女、悲しむだろうねえ。

大好きな人間に、憎まれちゃうんだもの――


TOP↑

story4 レインの思惑




「…………

あれだな。」


 レインは繁みに潜み、エルゴ村の様子をうかがう。


(ここが人間の村……か)


「食事は用意できたのか?

「は、はい……もうすぐです……

「急げよ。腹が滅って死にそうなんだからよ。


(……フン。エルゴラムも、よく考えやがる

人間の感情を集めるだけなら。こっちの方がよっぽど効率的だぜ)


「うう……

「フラフラするな。さっさと行け!


(……集めるだけなら、な)


「ちょっと、待ってください……!


(……あん?)


「何だ。

「この人は、朝から熱があるんです。す、少しぐらい、休ませてあげても……!

「駄目だ。


(……あのガキ……)


「い、いいんですシルヴィアさま。大丈夫です、働けます。

「でも……!

「仕事に戻ります。お食事、すぐにお持ちしますので。


(シルヴィア……確か、エルゴラムが目をつけていた……)


「…………


(……気になるな

ヴォルカナに向かったか。……あそこに行くのは、さすがにまだ早い。

……お)



 遠くの方を、悪魔たちが歩いている。


(ありゃ……サコだな。

……早速始めるとするか)


「おい、テメーら。

「き、貴様は……! 悪魔殺しッ!!

「今はもう違う。

「何故ここに……!

まさか、クソ天使を助けに来たのか……!?

「あいつは大人しくしてるか?


「……おい、お前ら! こいつを捕らえるぞ!

エルゴラム様に認めていただくチャンスだ!


「クク、やっぱサコだ。

「黙れ!この裏切者が!

「……サタニアスの悪魔をブチのめすのは、久しぶりだな。

「……う……

「なぜ来たかって? 決まってるじゃねーか……

テメーらクソ悪魔とケンカするためだよ!!」


TOP↑


back next





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (Wings of hearts 2 Story1に対して)

注目記事
ページトップへ