Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

エビチリ・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い漫画と美味しいごはんは、僕の人生に不可欠なものだ!だから、僕は美味しいごはんを描く専門の漫画家になってみたんだ。へへ、僕って賢いでしょ?
世間話・
其の一
僕の声、もしかしてうるさかった?あわわ!ご、ごめん!ちょっと不注意だったかも……!
賛美若の生い立ちと経歴は良いよね。キミが主役の漫画を描きたいよ!
世間話・
其の二
ま、まずいよ!締め切りもうすぐだぁっ!部屋にこもって作業するからさ、ここのことは、若に頼むね!
甘え僕と一緒に取材に行きたくない?僕は歓迎するよ!若がこの間大変そうにしてたからさ、どこか連れてって気分転換させてあげられないかなぁ、って思ったんだよね!
告白キミはわかってるのかなぁ?僕は自分の漫画でキミを主役にしたいだけじゃなくって、僕の人生でもうひとりの主役になってほしいんだよ!

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

エビチリは現代に化霊し、現在は美食の聖地と言われている横浜中華街の近くに住んでいる。化霊したばかりの頃、四川料理の餐庁に引き取られ、そこで働くようになった。それがきっかけで、彼は料理文化に深い愛を持つようになる。

餐庁で働いていたとき、エビチリはある有名な漫画家と知り合って影響を受け、「美味しい食べ物を漫画で描きたい」という夢が徐々に芽生えていった。漫画家がエビチリの元を去るとき、自分が愛用していたペンをエビチリに贈った。エビチリはそのペンを肌身離さず持つようになった。たゆまぬ練習と奮闘を重ね、エビチリはようやく夢を叶えて漫画界の輝く新星となった。


容姿

エビのような薄いピンクの短髪を後ろに束ねてエビのしっぽのようにしている。ピンクの目はいつもエネルギッシュに輝き、漫画家としてエビチリはいつもおしゃれな装いを心がけている。実際の料理と同じくカラフルなものが好きで、鮮やかな衣装をこよなく愛する。人混みの中でも一目で彼を見つけられる。

衣装のあちこちに、当然の如くエビの模様をあしらってある──黒いベレー帽に入ったエビの模様は、暗色の中に、明るいアクセントを添えている。通りを歩くと、赤いスカーフが風になびき、エビが風の中を自由に泳いでいるように見えるだろう。彼の漫画に登場するエビ太郎というエビ形状のマスコットは、服やアクセサリーにもたくさん描かれている。


技能

グルメ漫画家であるエビチリは、自分の筆を武器としている。敵と対戦時、拡大灯を持ち出し筆を拡大してから敵に強力な一撃を与える。彼の漫画に出ているマスコットの「エビ太郎」も、危機一髪のところで勇敢に立ち向かって、爆発という方法でエビチリを守っている。

絶対に原稿提出を遷延しないと誓ったエビチリは、敵に邪魔されるとき、味方を浄化して、雑念を排除する。さらに邪魔されないように、すべてのドアを閉めて、味方全員の防御を上昇する。

拡大灯の由来やエビ太郎が爆発できる原因……?これは、「神秘なサザエ」のみ知っているかもしれない。


エビチリはもともと、豆板醤で味付けされた伝統的な四川料理であったが、日本に渡ってから、現地の人たちの好みに合わせるために、陳さんという料理人がトマトソースを入れて豆板醤の辛さを和らげた。こうして日本人に広く愛されるエビチリが生まれた。

エビチリの作り方は熱した油にエビを入れ、火が通ったら取り出し、新しい油を追加する。豆板醤などの調味料を入れて、トマトソースを加え、辛みを和らげる。しばらく炒め、エビと塩、中華だしに砂糖と酒を加えて、片栗粉でとろみをつけ、ラー油を加えてかき混ぜる。最後にブロッコリーで彩を添えてでき上がり。すっきりとした口当たりで、甘酸っぱさの中に微かな辛さを味わえる。


天性の才

エビチリは活発で明るく、スピーカーのように大きな声を出す。漫画家のため、基本的に彼は、遅く寝て、遅く起きるため、決して規則正しい生活とは言えない。そんな生活習慣から周囲には、とても気ままな人物という印象を与える──絵の具まみれで散らかった作業台は、彼が締め切りに追われている証しだ。

彼の創作は『美食』がテーマで、「料理は愛情を込めるもの。それは漫画も同じ」が座右の銘。漫画を描いているときは、やさしい第二形態になる。締め切りが迫ると、第三形態になるといわれているが、その全貌はシークレットとされている。


「空桑には漫画のキャラみたいな人がたくさんいるな〜。みんなと友達になりたくて、たくさんトマトを摘んでトマトソースを作ったよ。そのトマトソースの瓶にすっごくかわいいエビ太郎のイラストを描いた。明日はトマトソースを配付する日なんだ。みんな気に入ってくれるといいな〜

  ……

今日は厨房でまた手が滑ってトマトソースを三杯も入れちゃったけど、サイコーの味に仕上がったよ。陳さんの料理人としての極意もしっかり受け継いだんだ!でも、トマトソースを入れるたびに、いつも麻婆豆腐が騒がしい──んー、トマトソースで辛みを和らげるアイデアに感心してるのかもだけど、そんな驚いた声を上げなくてもいいのにな!」




▷ページトップへ


▷エビチリへ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (エビチリ・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる