Gamerch
食物語攻略wiki

三鮮脱骨魚・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い俺は昔から偉大な芸術品しか求めてこなかった。けれど、常人にはそれを理解するのは難しいようだな。
世間話・
其の一
行動する目的を、複雑化してしまうのは何故だろう? その『目的自体』がないのだが?
賛美俺の傍にいたお陰だろうな。若も少し『芸術家』っぽくなってきたぞ。
世間話・
其の二
闇があるからこそ、光が引き立つ。俺もそのために存在するのだ。フッ、俺は本当にすごいな。
甘えいつも好き放題してるって思われてるかもしれないが、俺だって多少は考えているぞ……君の気持ちをな。
告白怪盗の心が読まれたかもしれないとき、どうすればいい?俺もその答えがわからない。だから、仕方なくその人に聞きに来た……

衣装「衣装名」

衣装

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

  三鮮脱骨魚の化霊の時代は不明。かつてスラム街にさまよい、貧しい生活を送っていた。その瞳がさまざまな善と悪を映し、長い髪が天国からの白雪と深淵からの泥土に染まったとき、彼の心の中に、完全に自分だけの法則ができあがった。

  それ以来、三鮮脱骨魚は暗闇で活躍する捕食者に変貌を遂げた。目を付けた宝は必ず手に入れるのだ。官府を悩ませている「千面の影」と呼ばれるこの怪盗は、盗むという芸術を追求することと、捕まらないことのバランスを完璧に保っている。どこからともなく吹きつけてくる疾風のように、他人を混乱させ、なすすべをなくさせるのだ。


容姿

  三鮮脱骨魚は魚を自分のマークにしている。手にしているのは魚の骨でできた鋭利な刃物、身に着けている黒のスーツに刺繍してあるのは魚と波模様。白黒のマントも魚の尾びれのようにのび、三鮮脱骨魚が空中を自由に飛び交うとき、ひるがえる「魚の尾びれ」は彼の翼のようだった。

  そして、この料理が魚の骨をすべて取り除いたものであるように、化霊後の三鮮脱骨魚の体も骨がないかのようにやわらかい。狭い箱の中に身を潜めることも、指一本分の幅しかない柵の中を簡単に通り抜けることもできた。しなやかな体と回転の速い頭のおかげで、彼はどんな危険にさらされても簡単に脱出できるのだ。


技能

  三鮮脱骨魚の武器は魚の骨から作られた青白い鉈と、長年の鍛錬によって柔軟になった体だ。

  このずる賢いな男は、攻撃と同時に、軽やかに、そして優美に、まるで曼陀羅華でも摘むように、敵のバフ状態を盗むことさえでき、それを利用して自分の攻撃時に追加ダメージを与えることもできる――まさに、狐のようにずる賢くて、豹のように猛獣な怪盗だ。


  三鮮脱骨魚は江蘇地域の伝統的なごちそう。この料理を作るには、魚の形を保ったまま背骨を取り出さなければならない。魚の中に豚肉、エビのむき身、タケノコ、鶏肉、シイタケなどで作ったあんを入れた後、全体に醤油を塗った魚をラードで両面金色に焼き、紹興、醤油、ネギ、ショウガ、砂糖などの調味料を入れて煮る。

  煮立ったら弱火で二十分ほど焼き、最后に熱々のラードをかけて強火で煮詰めたら、できあがり。しっかりと味かしみこみ、とても風味がある料理の完成だ。


天性の才

  怪盗として名高い「千面の影」である三鮮脱骨魚は、一度目を付けた宝は、どんなに入手困難であろうと手に入れる。

  これまでの経緯から、彼の行動は偏屈で奔放、礼儀などないかのような振る舞いをおこなうふしがある。ときには他人には理解しがたい大胆な考えが浮かぶが、自身の機敏さにより、すべて現実してしまう。

  自分なりの怪盗の美学があるらしく、いろいろと奇妙なこだわり定めている。たとえば、現場の美しさを追求したり、限られた時間内に仕事を終わらせるなどだ。それも彼独自の魅力なのかもしれない。


  「この空桑という場所は、なかなか面白い。驚くほどおかしな奴らばかりだ。もしかしたら、この目にとまる獲物にも出会えるかもしれないな!

……

  今日、たまたま揚州とかいうやつが、空桑の若はすべての食魂の宝だといっているのを耳にしたが、それを俺様が盗んだら?なんとも楽しみだね~」




▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (三鮮脱骨魚・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる