Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

石子饃・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

触れ合い水中の碧さ
  お楽しみに

水中の碧さ

石子饃と岸辺で石烹のための小石を拾っていると、青黒い石の中に突然、キラキラしたものが混ざっている――

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

石子饃

「……」


「石兄さん、どうして止まっているの?」


石子饃

「この浅水の石は丸くて綺麗なのに気づいて。これを洗って、皆さんに烤饃を創ってあげようかと思って」


「僕も一緒にやるよ。僕は石子饃を作ったことがあるけど、その時は始めから用意された石を使っただけだった。石の選ぶ方も見てみたいしね!」


石子饃

「では、頼む」


「こちらこそ、石の選び方、教えてくださいね」


「……?」


石子饃と一緒に半時間ほど石を選んだ。急に、遠いところにある緑色の何かが見えた。

水底に沈んでいるようだが、水面が揺れるたびに泡のような光を発している……


石子饃

「……」

「あれは――」


石子饃も僕の視線をたどって、その緑色の何かを見つけ、掬い上げようと手を伸ばした。

よく見ると、それは碧色の石だった。彼のごつごつした掌に載せられたそれは、固い土の中から生える、緑の葉っぱのカタバミにも見えた。


石子饃

「さっきはこれを見ていたか?これも石だ。見てみるか?」

体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(彼の汗を拭く)

石子饃

「俺の汗を拭きたいのか?」

「よせ、お前の綺麗なハンカチが汚れる。俺は適当に袖で拭き、後で顔を洗えば十分だ」

「だが、ご厚意に感謝する」


石子饃

「ずっと手に持って見ているとは、よほどこれがお好きなのか」

体に触れる(少し近づく)

石子饃

「……!」

「あまり近寄らないでくれ。先ほどの石拾いで汗びっしょりだ。お前の白いシャツが汚れる!」


「大丈夫だよ。僕も汗びっしょりだから、お互いさまだよ」


石子饃

「お前もかなり石を拾ったな」


石子饃

「ずっと手に持って見ているとは、よほどこれがお好きなのか」

手に触れる(石を受け取る)

「ありがとう」


石子饃

「遠慮はいらない、大したものではないから」

「……」

「そんなに嬉しそうな顔をして、本当にこれが気に入ったのか」

共通

石子饃

「実をいうと、俺には他の石とどこが違うのかよくわからない。でもお前がそれほど気に入ったのなら、きっといいものに違いない」

「これから外出する時にも、似たようなものが見つかったら、必ず取ってくる」


▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (石子饃・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる