Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

西鳳酒・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い兵書を修すれば、戦場に応じた戦術で、戦わずして敵を降伏させることができる。実に素晴らしい。
世間話・
其の一
日々の積み重ねは、ここぞという勝負のため。鍋包肉も理解してのことだろう、彼の追加特訓には賛成だ。
賛美ふむ、少しは上達したようだな。だが、オレに勝とうなんてまだ早いぞ。
世間話・
其の二
策を弄し戦いを避け、少ない兵力で勝利をつかむ。この二つの戦略は、うまくつかいこなしているようだ……。それで、今度はオレに何をする気だ?表情にでているぞ。
甘えひとりで簫を吹くのもいいが、合奏の音色を聴きたい気分だ。……オレが教えてやるから、裏山で練習しないか。
告白オレが求める人材に、義理深く人徳もある奴がいる。……どうすれば、そいつの心をオレに向かせられると思うか?

衣装「衣装名」

衣装

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

西鳳酒は殷周時代に発祥したもの、酒官をやっていた彼は過ちを犯したせいで罰せられ、奴隷となった。後に、貴人に助けられ軍に入った。功績を残して運命を変えようとしたが、国主が他界へいった後、彼は殉死の奴隶に選ばれた。移送される途中、西鳳酒は放火して、隙を作って逃げた。その後の数百年間、彼は各国を旅しながら勉強して、運命に抗おうとした·····最後、彼は秦国に戻り、才智と胆略で国主に上卿に任じられ、徐々に権力を掌握し秦人に尊敬され、敵国に畏れられる 「西上卿」となった。


容姿

西鳳酒が鋭い両目を持っているとよく言われる。彼の目には剣の殺気もあれば、火の情熱もあり、酒の辛さもあり、そして貪欲な野心もある。彼の神経はいつも敏感で、まるで敵に襲い掛かろうとする獣のようだ。秦人は黒色が好きなため、秦酒から化霊した西鳳酒も黒い服を着ており、とても冷酷に見える。 眉間と胸に記された赤い鳳凰の模様、および服に刺繍された白い鳳凰は、彼の願望を物語っている······彼が求めているのは 一体どんなものなのか?

技能

西鳳酒は辛口の酒から化霊した食魂、とても酒を好む。千杯を飲んでも酔わない能力を持っている。戦闘中、酔うことは決してない。彼の武器は身に着けた竹簫。簫に隠された刃は敵を倒すことができる。しかし、本当の刃は彼の心にあるーー彼は酒で剣を洗い、士気を上げる。この士気で鳳凰を呼び寄せる力を与えてくれる。士気が高ければ高いほど威力が高くなる。士気が最大に達すると、大軍を滅ぼすことは簡単なこと。

西鳳酒は陕西鳳翔で発症したもの、古代では秦酒、柳林酒と呼ばれる。高梁を原料として、中国四大名酒の一つである。そしてもっとも歴史の長い名酒の一つである。殷商時代より、今では三千年余りの歴史がある。武王が帝辛を討伐する際に、この酒で皆の士気を高める。唐代では、「封を開ければ香りが十里まで届き、隣人を酔わせる」という言葉で高く評価されている。その色が透き通って、味は深くて爽やか。濃いだが渋くなく、猛烈だが調和が取れている。「鳳酒」 という種類の中でも代表的な酒となる。


天性の才

秦国の重臣となった西鳳は度胸があり、果敢に行動し、自分の野心を隠そうとしない秦国の酒のように、透き通って猛烈だった。そして、彼の知恵も相当優れたもので、かつては秦国の軍隊を指揮し、多くの戦争に謀略を貢献した。文武両道の人材である。西周の時期、西鳳は奴隷として、悲惨な過去があった。運命に抗いながら、彼は社会の底の民を救うには権力を手に入れるしかないと悟った。自身の努力で旧勢力を一掃し、自身の才能で国家を復興させなければならないーー彼がどんなに権力を渇望していても、心の中には、常に原則を貫いている。


「X月X日 あいつはよく楚逸と一緒に変な箱で「ウォー·オブ·ロード」というゲームを楽しんでいる。 城を占領し土地を奪い取ることだけでなく、国を支配することもできると、オレにも誘われた。 そんなの誰か信じるか。それに、オレは七国情報網を管理しなければならない、 そんな暇あるわけない。

X月X日 今日は知らない間に「ウォー· オブ·ロード」というゲームを6時間も遊んでいた。 あいつが笑いながらオレに 「こういうのは「食わず嫌い」という」とか言っていた。 言葉の意味を調べないといけないーーあいつが言ってきた言葉だから、 いい言葉のはずがない!だが、あいつ、あのゲームをやるのはなかなか上手だったな。なんども敗北から挽回できるということは、確かにいい人材に違いない······」



▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (西鳳酒・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる