Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

金銀蹄膀・誕生祝い

最終更新日時 :
1人が閲覧中

共通

金銀蹄膀

「○○、やっと来た!ボク、ずっと待ってたんだゾっ!

今日は、オマエの誕生日。ほら、ケーキ作ったゾ!

テレビっていう黒いヤツが言ってた。

誕生日は、ケーキを食べるって!みんな食べる。オマエも食え!」


私が一切れ食べるのを見ると、ワクワクしていた彼の表情にかすかな不安が浮かんだ。


金銀蹄膀

「今まで作ったことがないから、おいしいかどうか、わからない……」


【選択肢】

・もちろんおいしい。金くんすごい!

・金くんが自分で作ったの?

選択肢

もちろんおいしい。金くんすごい!

金銀蹄膀

「喜んでくれて、うれしいゾ!

村にあんな食材はなかった。

作ったこともないから、まずいかもしれないって思ってた。」


金くんが自分で作ったの?

金銀蹄膀

「こんなモノ、今まで作ったことがない。

だから、空桑の人に教えてもらった。

みんな……イイ人。オーブンの使い方を教えてくれた。

ボクのこと、ヘンだと思わなかった。」


共通

金銀蹄膀

「これ、オマエにあげたい。」


彼は少し申し訳なさそうに木でできたくしを取り出した。

そのくしは派手ではなく、デザインもシンプルだったが、表面は滑らかで、古式ゆかしい美しさがあった。


金銀蹄膀

「これ、ボクが作ったモノ。くしの歯は整ってるから、

オマエの髪の毛を傷つけたりすることはない!」


彼の言葉は自信に満ちていた。その表情からはかすかな誇りがうかがえた。

彼はそっとそのくしを差し出した。



【選択肢】

・どうして手にやけどの跡が!?

・大切に使わせてもらう!

選択肢

どうして手にやけどの跡が!?

彼はずっと隠していたが、手を差し出すと、やけどの跡があるのが見えた。

私に気が付かれて、金くんはサッと手を背後に回した。


金銀蹄膀

「オーブンの使い方は難しい。うまく使えない。でも、次はできると思う。

大したことない。心配ない。ツバでもつけとくゾ。」


大切に使わせてもらう!

金銀蹄膀

「髪をとかしてやろうか?」


そう言って、彼は期待を込めた目で私を見ながら、無言で許可を求めていた。

私がうなずくと、彼は跳ね上がった髪をやさしくとかしてくれた。


共通

金銀蹄膀

「誕生日おめでとう、○○!

空桑に来て、ボクはうれしいゾ。オマエがいて、ボクも楽しかった。

ほしいモノがあったら、何でも言ってくれ。

必ず、取ってやる!」


▷一覧へ戻る

コメント (金銀蹄膀・誕生祝い)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる