Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

詩礼銀杏・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 奇珍異宝・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

詩礼銀杏

「大学の道は、明徳を明らかにするに在り。民に親しむに在り。至善に止するに在り。

この句の意味は、無我境地の昇華にあり…」


糖葫芦

「いひひ、この地図を追っていけば、きっと宝物が見つかるんだ!今夜は一緒に探検しよ!」


青団子

「葫芦ちゃん、ちょっと静かに~詩先生にバレちゃうよ…痛っ!銀杏投げたの誰…」


詩礼銀杏

「業は勤しむに精しくて、嬉しむるに荒む。授業中にどうしてひそひそと耳打ちをする必要がある?」


糖葫芦

「青団子の…真ん中に当たった!うう、話すよ、この糖葫芦、何でも話すから!」

【選択肢】

・みっともないよ、糖葫芦

・詩礼銀杏、百発百中

選択肢

みっともないよ、糖葫芦

詩礼銀杏

「そうだ。古来では志士仁人は、生を求めて以て仁を害すること無し。身を殺して以て仁を成すこと有り。」


糖葫芦

「み、身を殺すなんて…ひぃ!詩杏先生の言葉は体罰より怖いよ…!わか、助けて!」

詩礼銀杏、百発百中

詩礼銀杏

「ここ数日、徳州扒鶏が何回もここへ視察しに来ました。射撃の腕が素晴らしく、思わず見習う気持ちが湧いて来た。」

共通

詩礼銀杏

「この紙には一体どんな学識があるのか、先生にも見せてくれないか。

…こ、これはまさか倉頡が作った古代文字か!今まで私が知らない文字は存在しないはずだが。」


糖葫芦

「ん?詩杏先生、さかさまに持ってるよ。これは焼乳豚が描いた――裏山の宝の地図だよ!☆」


八仙過海閙羅漢

「ん?裏山の宝の地図だと?吾の記憶によれば、裏山は空想の立ち入り禁止地区の一つとなっているはずですが。

裏山に入った食魂は、軽ければ正気を失う。重ければ記憶喪失となる。吾はもう三日ほど焼乳豚を見ていませんが、まさか彼…」


青団子

「あ、みんな来て~医館の前で餃子先生が支えてるのって、それこそ焼乳豚だよ!」


餃子

「みんな来たんだねぇ。焼乳豚は目覚めたばかりで、まだぼんやりしているよ…」


詩礼銀杏

「焼乳豚、聞こえていますか?」


焼乳豚

「@#¥%¥…*&…*G23@#@%#¥…!!」

【選択肢】

・1001011001111011

・心肺蘇生法

選択肢

1001011001111011

焼乳豚

「……」

詩礼銀杏

「今の数字はなんだい?黙る指令なのか?

先生には分からない、また今度教えてくれないか?」

心肺蘇生法

焼乳豚

「???????!!」


詩礼銀杏

「雷?いや、これは焼乳豚の心臓の鼓動?○○、やめなさい。」

共通

糖葫芦

「ううん、今の焼乳豚は普段と比べて話しにくくなったよ!お宝を見つけたのか聞きたいのに~!」


詩礼銀杏

「裏山が禁所として封鎖されているのは、恐らく危険性があるからだ。君たちはまだ宝のことを考えているのか?

餃子、焼乳豚の正気を取り戻せる薬はありますか?」


餃子

「あいやや、たしかに特効薬があるよ。だけど効果が短いんだよねぇ…」


詩礼銀杏

「すべての事は事前に準備をすれば成功し、準備をしなければ失敗する。もし焼乳豚の言葉が役立てば、糖葫芦たちも冒険をせずに済んだでしょう。」


焼乳豚

「う、うんん――!!」


餃子

「あいや~、飲んですぐに省乳豚がベッドから飛び起きたよ。黄連を多めに入れたことで、良い効果が出たみたいだねぇ。」


焼乳豚

「――お前ら、財宝がほしいか!

探してみろ、この世の全てをそこに置いてきた!!Zzz…」

【選択肢】

・え…?烈炎・D・諸帝?

・事態は一段と悪化したみたい

選択肢

え…?烈炎・D・諸帝?

詩礼銀杏

「どんな名を使っても、こういう事態を悪化させる所は変わらないようだ。先生として、後悔の薬を飲みたい所だ。

事態は一段と悪化したみたい

詩礼銀杏

「…一番無意味なことを言って、また眠りについてしまったようだ。まさに腐った木は彫ることができない、ということだ!」

共通

糖葫芦

「わぁ、裏山…お宝…☆

ひとーつ、焼き肉裏山にあり。ふたーつ、焼き肉お山に眠る。みーっつ、お宝きらきら輝く!

お宝どこだ、数えてみよう、何度も数えて、1・2・3~♪」


詩礼銀杏

「焼乳豚の事がはっきりしていない限り、裏山に入るのは禁止だ!」


餃子

「ああ、詩杏先生はかなり怒っているみたいだねぇ。

ここに焼乳豚のあまりの薬があるかあ、良かったら…」


陸吾

「詩よ、事情は分かった。

でも焦る必要はない、もしのぼせたらハゲちゃうにゃ。

ほら見ろ、わしが裏山を封鎖したぞ。

今後また何かあったら事務所に来い。民の悩みを解決するのが、わしの義務だにゃ。」


青団子

「あ、詩礼先生と陸吾様だ…葫芦ちゃん逃げて、捕まっちゃう~!」

【選択肢】

・詩杏先生、彼らを捕まえよう

・w悪者が来た。逃げて。

選択肢

詩杏先生、彼らを捕まえよう

詩礼銀杏

「君子は師を尊敬し、親友に親しくする。師に命令するなんて無礼極まりない事だ。

君…ちょっと待ってくれ。」

悪者が来た。逃げて。

詩礼銀杏

「○○、君も一緒に罰されたいか?いいか、甘言は人をだめにするぞ。」

共通

詩礼銀杏

「青団子、糖葫芦、待ちなさい!

裏山の異常現象はまだ解明されていない、宝はただの外物にすぎないのだから、命と引き換えに財産を求めるのに意味はあるのか?」


糖葫芦

「ふんっ!冒険で一番大事なのは宝じゃないもん!」


青団子

「大事なのは宝探しの過程だもん!

ううん、でも詩礼先生は青たちとは違うから、わかってくれないんだ…」


糖葫芦

「あははっ!青団子、早く山へ走ろう!そうしたら捕まらないよ!」


詩礼銀杏

「早く戻りなさい!もうわがままを言うんじゃない――!」


陸吾

「○○、お前も早くついていきなさい。詩は夜に出かける事はないにゃ。

空桑の若さまであるお前は、民の事を考えないとにゃ…」


▷ページトップへ

二 奇珍異宝・弐

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

詩礼銀杏

「八仙、どうして君も?」


八仙過海閙羅漢

「先生!吾は貴方が裏山に入ったと聞いて、ここ長年人の侵入がないため、道が分からないかもしれないと心配し、故に焼乳豚が描いた裏山の宝の地図を――」

【選択肢】

・より方向を迷うと思う

・出発だ!宝へ!

選択肢

より方向を迷うと思う

詩礼銀杏

「「ここにゲロゲロと鳴くものがいる」、「力の果実」、「魔術がある穴」…八仙、この注釈が奥深いから、君が持っててくれ」

出発だ!宝へ!

詩礼銀杏

「○○、事に敏にして言に慎む。私たちがここに来たのは人を探すためであって、決して宝探しのためではない」

共通

八仙過海閙羅漢

「数個の灯籠も用意しました。少しでも夜に山道を歩く危険性は減らしたいですから」


詩礼銀杏

「余計なことを。私は子供ではないのだから、暗闇など怖がるはずが…」

「ど、どうしてここにひもがある、一体何のためのものだ!」

【選択肢】

・大丈夫、怖くないよ

・私も怖い

選択肢

大丈夫、怖くないよ

詩礼銀杏

「ゴホン、ただの蔓か。わ、…私は別に怯えてなどいない。さっきは暗いから、恥ずかしいところを見せてしまっただけだ」

私も怖い

詩礼銀杏

「怖いと感じるならば、私の後ろについてこい。う、これは…ただの蔓だ」

共通

八仙過海閙羅漢

「奇妙です。地図によれば、吾たちはもう宝からそう遠くないはずですが。宝を見つけるどころか、糖葫芦と青団子の姿も見ていません」

「天行は健なり、君子以て自彊して息まず。吾は焼乳豚に負けません、絶対に宝の地図を解いてみせます!」


詩礼銀杏

「八仙は一人で道を探しに行った。○○、荷物を渡してくれ。この灯籠に灯油を補充するから」


詩礼銀杏が荷物を開けた途端、木製の小鳥が羽ばたいて飛び出した。


詩礼銀杏

「――!!」


木製の小鳥は森の中を流星のように速く飛んでいく。

そして、雷のように急降下すれば、羽のようにゆっくりと巨大な樹木の下に落ちた。

詩礼銀杏は木の下に行き、足を止めた。

巨大な杉の陰が彼の体を覆い、彼の顔や表情も分かりづらい。


詩礼銀杏

「どうしてこの落ち葉は山になっているのか…」

【選択肢】

・小鳥を拾ってあげる

・手を繋いで前に歩く

選択肢

小鳥を拾ってあげる

詩礼銀杏

「待て、その落ち葉は怪しい――○○!?」

手を繋いで前に歩く

詩礼銀杏

「これは理にかなっていない。ここは先生である私が君を――うん!?」

共通

まだ話をしている中、地面が崩れ、二人は穴の中に落ちた。


四季折々の色が目の前で変化し、段々と全てが鉛色に褪せていく。


僅かな雫の音に、霞む視界。


詩礼銀杏

「○○、体は大丈夫か?ここに…他の仕掛けもあるかもしれない、迂闊に動くと危ない」

「はぁ、何年も経ったというのに、どうしてまた同じ過ちを…」

【選択肢】

・ここに来た事があるの?

・こんな経験をしたことがあるの?

選択肢

ここに来た事があるの?

詩礼銀杏

「いや、私がここに来たのは初めてだ。ただ、この光景は見覚えがある、疑い始めている」

こんな経験をしたことがあるの?

詩礼銀杏

「思い出したくない過去だが、確かに似ている所がある。○○、私の事を心配しているのか…」

共通

暗闇の中、三匹の蛍が飛んでいく。

その後、突如幾千の星のような光が輝き始め、夜空の星と互いに引き立てていく。


詩礼銀杏

「数え切れないほどの宝石が放つ眩しい輝きは、この世ではなかなか見られないものだ」

「洞窟の中だというのに、天の川が見える。以前に星を観たのは、もう百年以上も前のことだ…」

【選択肢】

・百年も前の星空…

・一緒に観た相手は…

選択肢

百年も前の星空…

詩礼銀杏

「星が平野に落ちる、曙の時。今夜と違うところはない」

一緒に観た相手は…

詩礼銀杏

「あの夜共に星を観た人は、今となってはもう遠くから眺めることしか出来ない…」

共通

詩礼銀杏

「見ろ、蒼龍星野の方向に月のような白い星が一つある。百年も昔から同じ場所でずっと光を放っている」

「衍聖公孔治は私に言った:もし賢徳のある人なら、亡くなる時は星になれる。あの星は孔子先生が変化したのかもしれない」

「ん?孔子先生のような宝石を拾って、私に贈ると言ったか?ありがたく思う、だが…」

「違う、その前にあるのは宝石ではない――!早く戻れ!」


冷たい潮が襲い掛かり、瞬く間に膝を上回った。洞窟鍾乳石からの水が「地面」に波紋を作り、無数の宝石が光を反射させていく。ここは、とても深い地下の淵だった…


▷ページトップへ

三 タイトル

◆主人公【男性/女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

(ここに内容)


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通




【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通



【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通





【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


体の任意の位置に触れる

触れ合い

○に触れる

○に触れる

○に触れる


共通


▷ページトップへ


▷詩礼銀杏へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (詩礼銀杏・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる