Gamerch
食物語攻略wiki

桂花酒・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い明鏡、湖、そして君たちの瞳……吾の容貌を映し出すもの、すべて好むぞ。
世間話・
其の一
空桑を本当の仙境に変えたらどうだ? 安心するがいい、美が理解できぬ者には、吾の美しさを感じさせれば解決だ。
賛美
世間話・
其の二
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 桂花酒は杭州で化霊した。人々は彼の容姿と気質に魅了され、彼を「謫仙人」と呼ぶようになった。そして彼も皆の期待を裏切ることなく、順調に広寒宮に飛び上がり、本物の仙人のようになった。

 月宮を埋め尽くすほどの桂花の霊力が、さらに彼を美しくした。彼自身も、その美しさを誇っており、常に月桂樹の美しさを前面に押し出している。中秋節では、人間界に降り立ち、桂花酒を人々へ送るだけでなく、月桂樹の種を蒔くこともある。彼の贈り物を受けた幸運な人々は皆、彼の魅力に圧倒されたという。


容姿

 桂花酒が化霊した姿は、綺麗で豪華な着物を身に着け、桂枝玉浄瓶を手にしていて、優雅な所作で凡俗離れした感じがある。桂花は彼の象徴であり、美貌の源でもある。そのため、彼はいつも桂枝をかんざしとして挿している。そして着物の裾にも桂花の模様を入れ ている。

 桂花のほかに、月と星の模様も入っていて 、首には星月琉璃玉を付けているので、自分こそがこの星と月の中に存在する広寒宮の主であると言わんばかりだ。



(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷桂花酒へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (桂花酒・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる