Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

魚腹蔵羊・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

安心できる場所・一

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

屠蘇は長いこと部屋をにらんでいた。

溜まった怒りは今にも爆発しそうだったが、薬を取りに来るはずの魚腹蔵羊は見当たらなかった。


屠蘇

「また薬をもらう時間を忘れやがって。あいつの舌もいらないようだな。

俺の時間と薬剤にもムダにして。こんなにだらしないなら、味覚がなくなるのもいい教訓になるだろう!」


【選択肢】

・ひどいことだ

・様子を見てこよう

選択肢

ひどいことだ

屠蘇

「人のことを言えるか、君の五禽戯もあんまり練習してないだろ。

まあいい。練習は後回しだ。魚腹蔵羊に伝言を頼む。」


様子を見てこよう

屠蘇

「薬はテーブルの上にある。

魚腹蔵羊に伝えてくれ。味覚を直したければ、この次はないぞって!」


それで、私は薬を持って魚腹蔵羊の部屋のドアをノックした。

返事はなかったが、ノックのせいで少し隙間が開いた。

見回してみると、部屋の中央のベッドにきれいに置かれた手紙が目を引いた。


魚腹蔵羊

「〇〇、この手紙をお前が読むころ、おれはもう空桑から遠く離れているだろう。怒らないでくれよ!前に手紙で伝えた過去のことを覚えてるか――おれを裏切った友人のことだ。

数日前にそいつから手紙を受け取った。当時のことを後悔して、一度会ってお茶でも飲みながら話がしたいと。

ちゃんと反省しているみたいだし、おれはチャンスを与えることにしたんだ!ずいぶん昔のことで、そいつの動機もずっとおれの心に引っかかってた……

考えた末、行ってみることにしたんだ。お前は心配しなくていい。お前も知ってた通り、渡世の経験なら、おれに勝るヤツはいないって!

安心してくれ、ちょっと出かけるだけだ。途中で何かあったらすぐに連絡する。おいしいものや楽しいことがあったら、お土産に買ってやるよ~」


手紙のそばにはお菓子のリストも置いてあった。



「お前はいつもおれの過去を知りたがってたな。だが、このことはやっぱ手紙に書いて伝えることにした。かつて、腕試しで知り合った友人がいた。そいつはおれの事情を知ると家にかくまってくれた。けどひそかに易牙を呼び寄せて……」


空桑から追いかけた者は、魚腹蔵羊の手紙の内容を確認するのに夢中で、周囲の木々の異変に気づいていなかった――


余腥蟹

「見つけ……うっ……」


いきなり草むらから飛び出した食魘は、目の前の人をにらみながら、ポツポツと言葉を吐き出した。


余腥蟹

「魚羊……魚羊……コロス……

コロス!!人間……コロス!!コロス、コロス、コロス!!

コロス、コロス、コロス!!」


黒い火がかすめ、食魘の襲撃を退けた。


???

「間に合ったぜ!」


足音が草原の上を猛スピードで近づいてきた。


魚腹蔵羊

「〇〇、大丈夫か!?

〇〇に襲いかかろうとするとは。やっぱりこいつは罠だったのか?」


【選択肢】

・罠?

・どうしてここに?

選択肢

罠?

魚腹蔵羊

「ゴホン、説明は後だ……今は、目の前のヤツを片づけることが先決だ。」


どうしてここに?

共通

余腥蟹

「裏切り……者……

魚羊……コロス!」


魚腹蔵羊

「もうお前の指図は受けない!」


黒い炎が魚腹蔵羊の手のひらに渦巻いた。

しばらくして激しい炎の塊になると、燃え広がって食魘に襲いかかった。


魚腹蔵羊

「ひとまず追い払ったか……」


【選択肢】

・魅力的だから、食魘に追いかけられるんだ

・ずっと追われてるみたいだけど

選択肢

魅力的だから、食魘に追いかけられるんだ

魚腹蔵羊

「ハハッ、それは事実だな。まぁ、おれなんか褒めても何も出ないんだぞ~

冗談はその辺にしようぜ……まぁ、こっそり出ていくことはあやまる。こいつらもおれの魅力に引き寄せられてるんじゃない。むしろ……」


ずっと追われてるみたいだけど

魚腹蔵羊

「それに関して、お前もいろいろ聞いてたはずだ。おれは確かにずっと易牙に追われてる。」


共通


魚腹蔵羊

「長年逃亡と流浪を繰り返してきた。易牙はずっとおれを連れ戻そうとしてやがる。しつこくてもほどがあるぜ」




春秋時代




???

「彭鏗、「羊方蔵魚」のレシピは、徹底的に研究した。

この「魚腹蔵羊」は、さらに上回るようだ!

魚腹蔵羊、お前は私が作ったモノ。今後は私の言うことを聞くんだな!」


魚腹蔵羊

「っ……はい。」


魚腹蔵羊

「今日、訪ねた食魂は雉羹という奴だ……おれと同じ料理から化霊したらしい。いい友達になれそうだぜ。

今度は手作りの点心でも持って訪ねてもよさそうだぜ!」


数日後――


魚腹蔵羊

「鵠羹も雉羹も……長時間かけて自然に化霊したんだが。なぜおれだけ……

近ごろ目の奥の痛みがひどくなってきやがる……おれにくっついてる黒炎と関係あるのか?おれがみんなと違った原因を……調べる必要があるようだな。」


宴仙壇で、魚腹蔵羊は自分を作った恩人と対峙したせいで、部屋に閉じ込められ、反省するように命じられた。


魚腹蔵羊

「最近のおれの行動が怪しいだと?お前こそ、おれになにを隠してやがる!

ハハッ……おれはお前に忠実で、何でも言うことを聞かなければならないって

おれを作ったお前はおれを壊すこともできるって!?

いいさ。お前にとっておれはただの「道具」に過ぎないんだろ!」


薄暗い地下牢の奥で、不気味な気配に包まれた食魘が大量に生み出されていた。

諸悪の根源は、そばにいる易牙だった!


魚腹蔵羊

「食魘を作ってやがったのは、お前だったのか!

この不吉な力、能力不足で化霊が不完全なせいだと思ってたが、まさか、こんな体になっちまったのはお前のせいだったとは!お前の欲望を満たすだけのために!

易牙、お前は大きく口を開けた野獣だ。今から、おれは二度とお前に操られない。

血の果てまで逃げても、これから、おれは自分のために生きる!」




▷ページトップへ

安心できる場所・二

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

回想が終わると、さらに多くの食魘に囲まれ、だんだん追いつめられていった。

そばにいる人の安全を気にしながら、魚腹蔵羊はより強力は炎を操った。

精神はさらに高ぶっていた。


黒炎は食魘を撃退したものの、魚腹蔵羊も黒炎の力に飲み込まれている。

この苦しめられている異常の感覚、彼はよく知っている。


魚腹蔵羊

「――!!!

おれに近寄るな!

危ない……言うことを聞け……なぜ急におれの手を引いてたんだ!?

このとめどない浄化の力……うっ……」


暫くそのまま経って、魚腹蔵羊の状態はだんだん落ち着いてきた。


魚腹蔵羊

「まただ……お前が近づくと、おれの目と体内の痛みは消えやがる。

こないだのあの暴走も……気がつくと、お前がそばにいた。

もしかして、お前がおれの特効薬か?」


【選択肢】

・運がいいだけかも

・それより本題に入ろう

選択肢

運がいいだけかも

魚腹蔵羊

「それもそうだな。お前はあんなに高い空から落ちてきやがるのに、木の枝に引っかかってケガ一つもしなかった。そしてこのおれと出会った。

運がいいどころか、良すぎるだろ!

だったら、これからはおれと一緒に伝説の食材を探しないか!

もしかしたら、運がいいお前がいれば、普通に出かけても夢にまで見た伝説の食材に出くわすかも。」


それより本題に入ろう

魚腹蔵羊

「本題?

なぜ食魘がお前を狙ってるのかって?ハァ、お前ってヤツは……

おれの部屋にいたから、お前にはおれの気配がしみついた。

それで、見分けがつかなくなったんだろう。

尾行されていることに途中で気づいてよかったぜ。

だが、今回おれが予想したとおり、罠だったんだ。」


共通

魚腹蔵羊は塩を取り出して口に放り込んだ。


魚腹蔵羊

「味覚がまた……

「味覚喪失」の薬を持ってきてくれたか?

しまった。きょうは屠先生から薬をもらう日だった。うっかり忘れたぜ。だからお前がおれの部屋に来たのか。

ハァ、戻ったら謝りに行かないと……

行こう。目的地の村はこの近くだ。せっかく来たんだ。ついでに案内してやる。」


入り組んだ野原の中に、かやぶき屋根が点在していて、長いこと風雨にさらされてずいぶん寂しかったようだ。

まばらな人影がゆっくりと往来している。


魚腹蔵羊

「おかしい……」


【選択肢】

・また道に迷ったの?

・また罠があるの?

選択肢

また道に迷ったの?

魚腹蔵羊

「おれに迷うわけがないだろ!

おれの記憶に間違いはずがない。ここに近づいたら、目の奥が確かに痛くなってきたぞ。

考えてたんだ。村は来たばかりのころよりずいぶん荒れ果てた。前ほどのにぎわいもない。」


また罠があるの?

魚腹蔵羊

「いや、罠の可能性もあるだろうけど。

おれが気になるのはそのことじゃない。

村は明らかにさびれてる。前ほどのにぎわいもないようだ。」


共通

魚腹蔵羊

とりあえずあいさつでもして、厨房を借りて薬を作らせてもらうって?

はいはい、言うとおりにするよ。」


村人と簡単に交流すると、宿屋を経営する親切な人が遠路はるばるやってきた2人のよそ者に厨房を貸してくれた。

魚腹蔵羊は部屋で休みながら、厨房で薬を作る同行者の帰りを待っていた。


宿屋の主人

「見ない顔だし、高価な衣装を身につけている。遠くの都からやってきたんでしょう?

まぁ、この村で客を迎えるのはずいぶん久しぶりのことなんですよ。こんな遠くまでやってきて、あなたの友達も早く薬を飲まなければならないし。きっと何か事情があるのでしょう。

私もかつては人に恩を受けました。苦難のつらさも知っています。

これはあの方への私なりの恩返しでもあるのです。とりあえずゆっくり休んでください。私は失礼します。


魚腹蔵羊

「ご主人、待ってくれ!人を探してるんだ。」


宿屋の主人

「人を探して?」


魚腹蔵羊は過去のことを少し隠しながら、ことを宿屋の主人に打ち明けた。


宿屋の主人

「……。

お客さんの言葉には誠意がこもっていて、デタラメではないと思います。その人なら、確かに知っています。ただ……

彼はもうずいぶん前にお亡くなりました。」


魚腹蔵羊

「――!」



魚腹蔵羊

「あとはこの雑草を片付けば、ここもきれいになる。〇〇、手伝ってくれてありがろう。

はぁ……」


旧友が亡くなったことは、きれいに整頓された墓碑に証明された。

魚腹蔵羊は長いこと墓前に立ちつくし、ゆっくり口を開いた。


魚腹蔵羊

「お前に昔の話をしたことはあるけど、詳しくは言わなかったな。

あれはおれが易牙の支配から抜け出し、三界を放浪し始めたころのこと……」


街の料理人

「ここを行き交う人々は、みんな腹を満たすのに必死だ。長年店をやってるが、あんたみたいに料理の作り方を教えてくれとわめくのは初めてだ。」


魚腹蔵羊

「ハァ、遠くにいてもここの料理のいい香りがした。錦箱を金の代わり交換したけど、お前の料理はすばらしいと思ったぜ!

正直、おれも料理について詳しいんだが。じゃあこうしよう。おれと料理で勝負すっか。おれが勝ったら、お前の料理のレシピを教えてくれ。」


街の料理人

「面白い。あんたみたいな旅人は初めてみだ。じゃああんたが負けたらどうする?」


魚腹蔵羊

「負けたらお前の弟子になってやる。まぁ、これで料理も覚えられるしな!」


街の料理人

「いいだろう。ちょうど注文の料理ができ上ったところだ。お客さんたちにも楽しんでもらおう!」



魚腹蔵羊

「そいつはおれが放浪に出てから、珍しく意気投合した友人だった。あまりのうれしさに、「秘密」を打ち明けてしまった。

その秘密とは、空桑に来て、お前に話したことがある――

おれは他人と勝負して作った料理を食べると、味覚喪失が収まるんだ。

だが収まるのは一時的で、完治するわけじゃない。俺が暴走したら、味覚がまた喪失する。だからおれはずっと他人と勝負しなくちゃいけないんだ。

それ以来、おれはその友人と連絡を撮り続けた。だがその後、おれはまた多くの土地を練り歩いた。いろんな食材、いろんな技巧、いろんな人や風景に出会った。

勝負はもはやおれの症状を癒す「必要なプロセス」として人生の一部となり、

欠かせないものとなった。

村に戻ったのは、しばらく外を旅した後のことだ。」



魚腹蔵羊

「手紙を読んだ。また新しいメニューを作ったらしいな。おれと勝負するつもりか?面白いぜ!」


街の料理人

「ああ、本当に来たのか……そうだ。久しぶりだな。昔話でもしよう。

中に入って座ったらどうだ?お茶でも飲みながら……話そう……久しぶりだ……別に今勝負しなくてもいいじゃないか。とりあえず、座ってくれ。」


魚腹蔵羊

「……。」


その友人はずっと目を合わせず、おれは疑念を抱いた。

やがれおれは、外でなじみのある気配が近づいて来るのを感じた。



▷ページトップへ

安心できる場所・三

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


魚腹蔵羊

「それから、おれは村を飛び出して、二度と彼とは連絡を取らなかった。

いまだにその理由を考えられない……あいつ、なぜあんなことをしたのか……おれを裏切り、易牙を呼び寄せた。」


【選択肢】

・私のことは完全に信じていいよ

・やむを得ない理由があったのかも

選択肢

私のことは完全に信じていいよ

魚腹蔵羊

「もうずいぶん助けてもらっちまったんだ。もちろん信じてるさ。

暴走したおれを見て……飛びかかってきたのはお前が初めてだぜ。」


やむを得ない理由があったのかも

魚腹蔵羊

「かもな。その疑問がずっと心に引っかかってるんだ。もともと、この度は罠だと思ってたが、この疑問さえ解ければ、悪いことでもない……

なるほど……時間はこんなに経ったんだな。」


共通

魚腹蔵羊はふとそばにいる人の顔に目を向けた。


魚腹蔵羊

「あと数年もすれば、お前はどんなふうに成長するのか、楽しみにしてるぞ。

お前の料理の腕前が年とともに落ちないといいんだが。まぁ、いいライバルがいないと困るからな。

ハハハ、冗談はよそう。今回の目的は果たせなかったし、そろそろ引き返そう……このままここに残る理由もない。」


???

「ちょっと待ったーー!」


大きな呼び声と疾走する足音が追いかけてきた。


宿屋の主人

「待って、2人とも、待ってください。思い出しました……ゼエ、ゼエ……」


魚腹蔵羊

「ご主人、どうした?」


宿屋の主人

「ふと思い出した。2人に大事な話があるんです。」


魚腹蔵羊

「大事な話?」


宿屋の主人

「そうそう。前にも言ったとおり、私はある方に助けてもらいました。

だから村の収益が日増しに悪くなっても、住民たちは村を捨てず、私もここに残って、助けが必要な人を助けているんです。

その方とは、今目の前のお墓で眠っている人……あなたたちが探している人なんです。」


魚腹蔵羊

「なにっ…!?」


宿屋の主人

「彼に親族がいたという話は聞いたことがなかったので、うっかり忘れていました。申し訳ありません。

実は、その方から頼まれたことがあるんです――

もし黒い服を着て「鮮」という眼帯をつけた侠客が恩人を探しにきたら、錦箱のことを伝えてほしいと。

何度も見てやっと思いついたのですが、あの方が言っていたのはあなたのことでしょう……その錦箱は、墓の隣の盛り土に埋められています。」


魚腹蔵羊

「錦箱……?」


宿屋の主人の言葉に魚腹蔵羊は考え込んでいた。


宿屋の主人

「話は以上です。あとは……ご自由にどうぞ。何かあったら、宿屋まで来てください。」


魚腹蔵羊

「そんなこと……聞いたこともない……」


【選択肢】

・手伝ってあげる

・やっぱりムダではなかった

選択肢

手伝ってあげる

魚腹蔵羊

「土を掘るのは、おれがやる。お前が手にケガでもしたら鵠羹に合わせる顔がないぜ。

ここまで付き合ってくれただけで、おれは十分だ。」


やっぱりムダではなかった

魚腹蔵羊

「ハァ、危険に出くわしてもお前は学習するつもりはないな。

お前と初めて会った時もそうだった。いつも自分より他人のことを心配してやがる。やさしいとほめるべきか、身の守り方を知らないな、お前は……

でも、今回は付き合ってくれてありがとうな。」


共通

魚腹蔵羊は慎重にとなりの盛り土を掘った。

すると雲の模様が刻まれた錦箱がきれいに埋められていた。



街の物売り

「そういえば、どうしていつも黒い服を着てるんだ?」


魚腹蔵羊

「そんなことも知らないのか!おれは風のように天下を吹き渡り、世間では「余大侠」と呼ばれてるぜ。全身黒ずくめはおれの印なんだ。」


街の物売り

「なるほど。私も多くの旅人から「余大侠」のことを聞いたことがある。ここ数年、ずいぶん気ままに過ごしているようだな。

でもずっとフラフラしているのも、いいこととは限らない……安住できる場所を探してみては?」


魚腹蔵羊

「いつか見つかったら、自然と落ち着くだろう!お前こそ、これからどうするつもりだ?」


街の物売り

「うちの村は隊商の通り道もなっている。だから宿屋を開いて、整理、会計、手配、調理を自分でやる。そうすれば金も稼げるし、料理を続けることもできる。

あんたが戻ってきたら、改めて勝負しよう!今度こそ負けないからな!」


魚腹蔵羊

「しっかりしてるな。じゃあがんばれよ!次の勝負を楽しみにしてるぞ!

その錦箱はお前が持っていてくれ。いつかお互いの願いかなったら、おれは取りに来る。」



魚腹蔵羊

「なるほど、あの宿屋はあいつが開いたのか……あいつの夢はかなったようだな。」


【選択肢】

・錦箱を開けてみない?

・あなたの願いもかなったな

選択肢

錦箱を開けてみない?

魚腹蔵羊

「いいぜ、一緒に開けようっか。もしかしたら、引っかかってた疑問の答えも錦箱の中にあるかもしれない。

まさか、謎が解けるこの時期になって、おれは不安な気持ちになるとはな。」


あなたの願いもかなったな

魚腹蔵羊

「つーか、お前に出会って、おれの生活は完全に変わったぜ。

おれはもう根無し草の遊侠じゃない……」


共通

魚腹蔵羊

「今回はムダではなかったな。」


魚腹蔵羊は錦箱を穴から拾い上げ、ついていた土を払い落とした。


魚腹蔵羊

「この錦箱は、食事と引き換えに彼に渡したものだ。易牙から逃げるため、ずっと放浪していたおれは、それほど金を持っていなかったな。」


錦箱がゆっくり開かれると、中身が見えてきた。

それは長い歳月を経て、すっかり黄ばんだ手紙だった。

封筒には、「余大侠へ」とはっきり書いてあった。


魚腹蔵羊

「……。」


【選択肢】

・あなたあての手紙だ

・この手紙は送れなかったんだね……

選択肢

あなたあての手紙だ

魚腹蔵羊

「余大侠……この呼び方ともずいぶん長い付き合いだな。

最初は味覚喪失を和らげるために勝負ばかりしてたな。いつかだんだん有名になり、自分でも楽しくなってきたぜ。

やっぱり世間って面白いところだな……」


この手紙は送れなかったんだね……

魚腹蔵羊

「その理由は……おおよそ見当がつく。

おれは三界を練り歩き、山河のもののけとも付き合いがある。情報を聞き出すのは難しくない。

だが彼は人間だ。連絡を保つには手紙を書くしかないだろ……


共通

魚腹蔵羊

「おれはいつも放浪し、定住することもなかった……のちに、彼に裏切られて連絡も途絶えた……

どうりで、この手紙はずっと送れなかった。」


魚腹蔵羊はしばらく黙っていた。

それから封筒を開けると、中の便箋が彼の手のひらに滑り落ちた。


街の物売り

「我が友、余大侠へ。

かつて、私はあなたと知り合い、あなたの過去、そしてあなたの病気のことも知っていた。

私たちもこれで親友となり、私は宿屋を開き、料理の腕を磨き続けるという夢を語った。」


黄昏の部屋の中は、家具が運び出されて少ししか残っていない。

1人の老人がテーブルの前に座り、

ロウソクの明かりを頼りに、書く内容に苦労していた。


街の物売り

「だが世の中はわからないもの。新しい販路が開拓され、行き交う商人は減るばかり。もともと山奥にある村は、すっかりさびれてしまった。

宿屋は……維持するのも難しく、値打ちがあるものは、かつての仲間に分け与えた……私は自分の世界が崩壊しつつあるのを感じた……絶望の中、私は不思議な人物に出くわした。

彼は、あなたと私の関係を知っていると言った。そして、あなたは迫害を受けてやむを得ず放浪しているのではなく……主人を裏切り、他人を欺く常習犯だと教えてくれた。

かつて私たちの勝負でも、あなたはイカサマで勝利を手に入れたと。あの人はあなたに裏切られた主人で、あなたを捕まえに来たと言った。

あなたに許してもらう資格などないことはわかっている。この手紙を書いたのは、すべてをあなたに伝えるため……いつの日か、錦箱のことを思い出したら、その答えがわかるはず。

申し訳ない。だが私は、あなたの願いがかなうに祈っている。」


魚腹蔵羊は何も言わず、首を振るだけだった。

手紙を折りたたむと、錦箱の中に戻る

それから、錦箱を墓碑の前に置いた。


魚腹蔵羊

「……。」


【選択肢】

・つらかったら言って。そばにいるから

・ハグしようか?

選択肢

つらかったら言って。そばにいるから

魚腹蔵羊

「……。」


魚腹蔵羊は声も出さず、自分の手を差し伸べるだけだった。


魚腹蔵羊

「お前の手、柔らかくて温かい……ホッとする。

お前がいる場所は……いつも心が安らかになるな。」


ハグしようか?

魚腹蔵羊

「ハグしたら……気分がよくなる……って

確かにおれがお前に言ったことだ。おれの言葉をよく覚えてたな……

ゴホン……もっとハグしてくれ……このままずっと……」


共通

しばらく沈黙して、魚腹蔵羊は首を振り、数歩ほど歩き出した。

彼は調理器具取り出すと、黒炎の力で薪に火をつけ、調理を始めようとしていた。


しばらくすると、香ばしさあふれた料理が盛りつけられ、錦箱のそばにそっと置かれた。


魚腹蔵羊

「お前の望みどおり、おれの願いもかなったぞ!」


魚腹蔵羊は急にずっと自分のそばにいる人の方を見つめている。


魚腹蔵羊

「おれはもうビクビクしながら逃亡生活を送らなくていい。なぜなら心から安心できるおれだけの家を見つけたからだ!」


▷ページトップへ


▷魚腹蔵羊へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (魚腹蔵羊・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる