Gamerch

コース対策

最終更新日時 :
1人が閲覧中

アプリ内で表示される対策についてまとめています。どうしてもコースアウトしてしまう場合などに参考にしましょう。


コーナリングの対策

コーナー安定のステータスをアップさせると、オーバースピードによるコースアウトを防ぐことができます。


対策① ローラーの数を増やす

マシンに装着するローラーの数が多いほどコーナー安定はアップします。最低でも3箇所は装着するのがよいでしょう。

ただし、ローラーをつけすぎるとスピードダウンにも繋がってしまうため、コースに合わせて調整しましょう。


対策② ローラーの素材と径

ゴム素材ローラーはコーナー安定をあげる効果をもっています。特にフロントにゴム素材のローラーを装着すると、減速効果がアップします。

また、ローラー径が大きいほどコーナー安定がアップします。


対策③ ローラーの装着位置

フロント、リヤにバランスよくローラーを装着するとコーナーで安定させることができます。

下のセッティング例を参考にローラーの装着位置を試してみるとよいでしょう。


対策④ スタビライザー

スタビライザーローラーよりも効果が少ないですが、コーナー安定を少しアップさせる効果をもっています。

ローラーだけで対策できないときに、スタビライザーも活用しましょう。


対策⑤ フロントステー

フロントステーを装着するとコーナー安定をアップさせることができます。


対策⑥ シャーシの種類

コーナー安定に適したシャーシの種類を選択することで、コーナー安定をアップさせることができます。


対策⑦ 改造

セッティングモードからおすすめ改造をやってみましょう。

おすすめ改造
シャーシ電池落とし
ステースラスト角の増加
ローラーローラーチェック
ローラー摩擦を強める
ボディエアロダウンフォース増加
ホイールホイールブレの精密調査

オーバースピードによるコースアウトは、コーナー速度に対して必要なコーナー安定が足りていない場合に起こると考えられます。

コーナー安定の値を上げてもオーバースピードになる場合は、コーナー速度が遅くなるようにセッティングを変更しましょう。

コーナー減速率の調整についてはコチラ>>マシン診断


走行中のバウンド対策

ジャンプ後にコース上でマシンがバウンドすると、マシンがコースアウトする確率がアップします。

マシンのスピードが速すぎること、もしくはバウンド時の反発をマシンが吸収できていないことが原因です。


対策① タイヤの素材

スポンジタイヤスリックタイヤは、バウンド時の反発を吸収する効果を持っています。


対策② ホイールの種類

ワイドタイプのホイールは、バウンド時の反発を軽減させる効果を持っています。


対策③ マシンスピード

タイヤホイールのセッティングで解決できないときは、マシンスピードを落としましょう。

落としすぎるとタイムロスになってしまうので、少しずつ調整してみるのがよいでしょう。

  1. モーターのスピードを落とす
  2. 数字の大きいギヤ比のギヤを使う
  3. ゴム素材のローラーを使う

バウンドによるコースアウトは、ジャンプ後に一度着地した後で不安定な状態のままコーナーに進入することで起こると考えられます。

バウンド時間を短くする(制振を上げるorタイヤ反発を小さくする)か、着地点が手前になるようジャンプ時の速度を調整しましょう。

最高速度を落とすのも良いですが、登り坂やコーナーの直後のジャンプであれば加速力やコーナー速度を落とすのも有効です。

また、稀に着地点を更に奥に進めることで防げる場合もあります。


ジャンプ着地の対策

ジャンプ中にバランスが悪かったり、ジャンプ前のスピードが速すぎたりすると、ジャンプ後の着地に失敗することがあります。


対策① ブレーキ効果のあるリヤステー

ブレーキ効果のあるリヤステーを装着すると、ジャンプ直前にマシンが減速するため、ジャンプの成功率がアップします。

ブレーキ効果のあるリヤステー


対策② マシンスピード

最もジャンプを安定させることができる方法は、スピードを落とすことです。

落としすぎるとタイムロスになってしまうデメリットがあるので、少しずつ調整してみるのがよいでしょう。

  1. モーターのスピードを落とす
  2. 数字の大きいギヤ比のギヤを使う
  3. ゴム素材のローラーを使う
  4. 小径のタイヤホイールを使う
  5. スポンジ素材のタイヤを使う

対策③ セッティングウェイト

セッティングウェイトには、マシンの重心位置を調整する効果があります。

一般的にフロントにローラーやスタビの多いマシンにはリヤにウェイトを、リヤにローラーやスタビの多いマシンにはフロントにウェイトを装着すると、重心が安定しジャンプを攻略できる確率がアップします。

セッティングウェイトの種類

セッティングウェイトのつけかた

マシン診断でマシンの重心を調べてもらいましょう。

診断結果に応じて、マシンに合ったセッティングウェイトを装着します。


着地失敗によるコースアウトは、マシンがジャンプ判定のままコーナーに進入することで起こると考えられます。

そのためまずはコースアウト地点よりも手前で着地するように速度を調整しましょう。

また、映像では路面を走っているように見えても、内部処理ではジャンプ中である可能性があります。(詳しくはマシン診断のジャンプ飛距離を参照)

「対策③ セッティングウェイト」で重心位置の調整を勧めていますが、ほとんどの場合は極端な重心位置でも着地失敗にはなりません。重心位置による影響についてはまだ不明な点が多いですが、今のところ重要性は低いと考えられます。


周回遅れ対策

ミニ四駆のレースでは、コースアウトしていなくても「周回遅れ(他のマシンに追いつかれる)」は失格になります。

周回遅れしないように対策をしていきましょう。


基本は「パワー」と「スピード」

他のマシンに負けないためには、パーツのパラメータの「パワー」「スピード」をアップさせる必要があります。


対策① モーター

スピードやパワーに優れたモーターを選ぶのがおすすめです。


対策② ギヤ

数字の小さいギヤ比のギヤを選ぶと最高速度がアップします。


対策③ 改造

セッティングモードからおすすめ改造をやってみましょう。

おすすめ改造
ボディ軽量化
エアロダウンフォース減少
限界軽量化
シャーシ軽量化
限界軽量化
モーター慣らし走行 ※
ブレークイン(回転数重視)
3Vブレークイン(回転数重視)
冷却ブレークイン(回転数重視)
ギヤギヤメンテ
ギヤ研磨
ギヤフローティング加工
ホイールシャフト受けの面取り
軽量化
限界軽量化
タイヤタイヤ真円出し
ステー軽量化
限界軽量化

モーター改造はスピードが上がる改造を優先しましょう。スピードが直接上がらない慣らし走行は効果を実感しにくいため優先度は低いです。


対策④ タイヤホイール

大径タイヤ、大径ホイールを装着するとスピードがアップします。

※なぜか前輪を小径、後輪を大径にするとマシンがかなり速くなります。


対策⑤ ローラーのつけかた

ローラーの数は多すぎても少なすぎてもタイムロスにつながるため、マシンをスピードをアップしたい時には、フロントとリヤーに1箇所ずつ、もしくはフロントに1箇所、リヤに2箇所のローラーを装着するのセッティングがおすすめです。


対策⑥ ローラーの素材

ローラーの素材には種類があります。特にプラベアリングローラーはスピードアップにおすすめです。

プラ、ベアリングの代表的なローラー


対策⑦ 肉抜き

ボディ肉抜きは見た目を変えるだけでなく、マシンの軽量化につながるため、肉抜きした方がスピードアップします。


周回遅れによるリタイヤ他のマシンよりも遅いということに他なりません。

基本的にはスピードの総合値を高めることが有効ですが、最高速度や加速度にはパワーロスギヤ負荷の影響も無視できず、特にスピード値が高いほどこれらの影響も大きくなります。(詳しい計算式はマシン診断の最高速度、加速度を参照)

「対策③ 改造」には主にスピード値を上昇させる改造内容が掲載されていますが、次の改造も有効です。

シャーシギヤ位置の調整
グリスアップ
ホイールタイヤの固定
ギヤ精密調整(ワンウェイホールのみ)
タイヤタイヤクリーニング
ボディオプションエアロダウンフォース減少
軽量化

「対策⑤ ローラーのつけかた」ではローラーの付け過ぎは良くないこととされていますが、アップデートによるバランス調整でローラースタビライザーなどの改造によって上がるスピード値が大きくなったため、十分な改造を施したローラースタビライザーは殆どの場合で装着するほど速くなるようになりました。(スピード値による速度上昇 > 重さによるデメリット)

ローラーローラー摩擦を弱める
スタビライザースタビ摩擦を弱める

またコーナー速度が必要以上に遅い場合はスラスト角やローラーでコーナー減速率を調整しましょう。(詳しい調整方法はマシン診断のコーナー減速率を参照)


耐久不足の対策

走行中のマシンは、衝撃などによって見えないダメージが徐々に蓄積されていきます。そして、ダメージが一定以上になるとコースアウトしてしまいます。

ステータスの「スタミナ耐久」をアップしてダメージに耐えるマシンにしましょう。


対策① ステーの種類

コースアウト防止適正のステーには、スタミナ耐久をアップするパーツも多く存在しています。ステーをつけて耐久不足を防ぎましょう。

おすすめ:フロントステー

  • FRP補強プレート・フロント
  • FRP強化マウント・プレート

おすすめ:サイドステー

  • ポール付きFRPショート・サイド

おすすめ:リヤステー


対策② 改造

改造をすることで、マシンの耐久をアップさせることができます。

セッティングモードからおすすめ改造をやってみましょう。

おすすめ改造
ステーねじ締め調整
剛性補強
シャーシ剛性補強
ホイールホイール貫通

耐久不足によるコースアウトは、ダメージの大きなコースの場合に起こりやすく、スタミナ耐久が足りていない場合に起こります。

その上、マシンの速度が速くなるほどダメージも大きくなるようで、要求されるスタミナ耐久の値も大きくなります。

どうしても完走出来ない場合は速度を落としましょう。

現在はみんなでミニ四駆SG超速GP決勝サーキットAにてデジタルコーナーへの耐性を確認しやすくなったので、セッティングの変更でどの程度の耐久力があるのかをここで比較すると良いでしょう。

また、ローラーのスタミナ耐久は数値どおりの耐久力ではない可能性があります。以下のローラーを比較した場合、なぜかスタミナ耐久値の低いほうがより多くのデジタルコーナーに耐えるようです。

ローラー用9mmボールベアリングスタミナ耐久 16.250
19mmゴム付きアルミベアリングスタミナ耐久 12.500

コメント (コース対策)

新着スレッド(ミニ四駆超速グランプリ攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ