Gamerch

コース一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ミニ四駆 超速グランプリ(超速GP)のコース一覧の解説ページです。このページではミニ四ワールドや超速グランプリ、みんなでミニ四駆にて走行可能なコースをまとめています。各種攻略の参考や、コースエディットの参考にご利用ください。

ミニ四ワールド、イベントワールドの両方で登場するコースも存在します。初出がイベントワールドの場合でも、イベント終了後にミニ四ワールドに登場しているものはミニ四ワールドの一覧に移動させています。

各種同名のコースが存在する場合末尾にEV、Ltd、GPと付けていますが、正式名称には付いていません。


もし攻略に悩んでいるのであれば、コース対策も併せて参考にしてください。


ミニ四ワールドコース

※五十音順


イベントワールドコース

※登場順


リミテッドコース

※登場順


超速グランプリコース

※登場順


みんなでミニ四駆 オフィシャルコース


エディットコース


備考

1セクションあたりの推定走行距離

超速グランプリに登場するコースセクションが現実のものを模した寸法と仮定した場合、タミヤ公式サイトのサーキットレイアウトデータの寸法から推測すると、以下のようになります。

また、ジャパンカップコースのストレートを120cmとして推測したものです。

テストコースで超速GP対策を行う際の構成セクション数などの参考にしてください。


レーン数セクション総走行距離
3レーンストレート0.54m×3周=1.62m
コーナー3周=約2.55m
5レーンストレート1.20m×5周=6.00m
コーナー5周=約4.73m

※コーナーはレーン中心(壁と壁の真ん中)を基準として推測しています。


例:同名のコースバーニングサーキットの走行距離の比較(LC、ウェーブなどをストレートセクションとして概算)

ミニ四ワールド版(3レーン、34ス、14コ)≒90.78m

超速グランプリ版(5レーン、24ス、14コ)≒210.22m


公式発表のコースの総走行距離は、コーナーの計算を外側フェンス基準(5レーン:5.16m)で算出している可能性があります。


デジタルコーナーと通常コーナーの見分け方

シーズン開始前に公式ツイッターなどで新コースが披露されることがありますが、動画のカメラアングル次第ではコーナーがデジタルかどうかの判別が難しい場合があります。

その場合はコーナーのフェンスに注目しましょう。

  • 赤ストライプ柄の場合は通常のコーナー
  • 真っ白の場合はデジタルコーナー
アングル次第ではデジタルコーナーなのかどうかが判りにくいことがありますが、フェンスの柄の有無で見分けることが可能です。

各種セクションの推定寸法

コースの画像や資料と比較し、各セクション(主にジャンプ系)の寸法について推測します。

あくまで推測の域を出ませんが、これらの寸法が合っている(もしくは近しい)場合、ゲーム中のマシン挙動の予測などに利用できるかもしれません。


スロープ(5レーン)

おそらくアイガースロープ相当のように思えます。

アイガースロープ
長さ120cm 高さ24cm
直線部斜度12.3°(推定)

ノーマルスロープ
長さ120cm 高さ15cm
直線部斜度7.8°(推定)

スロープ(3レーン)

上部の傾斜が曲面になっているため、速度によってジャンプ時の射出角度が変わると考えられます。

スロープ
長さ54cm 高さ11cm
直線部斜度約14°

ナイアガラスロープ(5レーン)

JCに登場するナイアガラスロープは斜度37°(直線部)のようです。

ナイアガラスロープ
長さ120cm 高さ60cm
直線部斜度37°
曲面部R60cm(推定)

コメント (コース一覧)

新着スレッド(ミニ四駆超速グランプリ攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ