Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

【TEPPEN】火炎の防壁リオレウスの最新デッキレシピ【テッペン】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

火炎の防壁リオレウスの最新レシピの紹介です。 バルファルクや悲しき守り手 ルシアの使うタイミングなど火炎の防壁リオレウスのデッキレシピや火炎の防壁リオレウスがどのようなデッキなのかを解説しています。

防壁リオレウスの評価

評価点9.5/10点
作成ソウル33,000
扱いやすさ★★★・・

バルファルクを採用したアグロデッキ

火炎の防壁リオレウスは「バルファルク」や「ルシア」をシールドで保護しながら相手を攻撃するアグロタイプのデッキです。また「アイルー」や「アイリス」などのMPブーストのユニットを採用することで相手にMP有利を取ることができます。

落鳳破などのメモリーデッキに対して有利

落鳳破ゼロなどのメモリー主体のデッキは終盤に強力なカードを使用して勝利するデッキです。火炎の防壁リオレウス俊敏や連撃持ちの「バルファルク」などを採用し、MPブーストユニットなどにバフをかけていくことで、試合を序盤で終わらせることを目的としたデッキになります。

防壁リオレウスのデッキレシピ

サンプルデッキ

防壁リオレウスのマリガン

主なキープ対象

MPブーストユニットを探す

マリガンではアイリスやアイルーなどのMPブースト持ちのユニットを優先的にキープしていきましょう。火炎の防壁リオレウスはアグロデッキのため序盤にMPブーストユニットを設置してMP効率を上げる立ち回りを意識していきましょう。

アクションとユニットのバランスを意識

相手のデッキの傾向にもよりますが、アクションあるいはユニットだけだと早々に手札事故を起こして負けやすくなります。アクションとユニットがバランスよくあるのが良い手札です。

また、「エージェントの記憶」などメモリーで強くなるアクションは最初の手札では少ない方が良いでしょう。

防壁リオレウスの立ち回り

アクションで損をしないようにする

三角跳び信頼の力などの攻撃力バフやシールドを使う時はなるべく2面以上展開してから使うのがおすすめです。

ユニットが2面展開した状態であれば相手の除去カードに対して保険としてもう片方のユニットにバフを使用することができます。状況を判断してアクション使用していきましょう。

落鳳破ゼロの立ち回り

落鳳破ゼロと対戦する際は基本的に相手の使用したアクションカードに対してレスポンスを返さないことを意識しましょう。アイルー、マキは「魔人の恫喝」で手札に返されることがあるので、アクションを掛け過ぎてMP損をしないように注意が必要です。また、バルファルクは「支配された頭脳」でコントロールを奪われる危険性があるため、バフを多く掛けてしまうのは禁物です。落鳳破を耐える最低限のシールドにとどめましょう。

なお、落鳳破ゼロには「権謀術数」が入っている場合もあります。特にバルファルクルシアを出した際、敵のMPが4以上ある時にアクションを返さない立ち回りが強いです。

対チャージショート戦の立ち回り

チャージショートエックスと戦う際は、基本的には個別のユニットに信頼の力などの攻撃力バフをかけて早めに処理していくことをオススメします。特に連撃持ちの「マキ」は素早く相手を倒せ、相手のライフも早く詰めれるので対策として優秀です。

手札が悪い場合は、「バルファルク」や「悲しき守り手 ルシア」などの強力な空戦持ちユニットで勝負を一気に終わらせるプランを狙います。

共通項目


コメント (火炎の防壁リオレウス)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2020/05/14 22:44
  • 表示設定

新着スレッド(TEPPEN(テッペン)攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ