Gamerch
非人類学園攻略wiki

【非人類学園】初心者向けプレイガイド

最終更新日時 :
1人が閲覧中

こちらのページでは、『mobaを知らずに始めた人が非人類を楽しく遊べるようになるまで』の大体の流れを紹介していきます。


0:MOBA?非人類学園?

 マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ。略してMOBA。ものすごく簡単に言うと、戦略ゲームの駒の一体になって戦場でドンパチするゲームです。

 プレイヤーは5人チームを組んで、各々が選んだ『ヒーロー』というキャラクター達を操作します。相手チームと殴り合ってレベルを上げたり、装備を整えたりして強くなり、最終的に敵の本拠地を攻め落とせば勝利となります。

 敵味方のチーム構成や戦略で、1試合1試合ごとに全く異なる展開になる重厚な対人戦が、こうしたゲームジャンルの魅力と言えます。また、課金要素がキャラの着せ替えなどに限られており、ゲーム本編は完全実力勝負なのも重要な点です。

(スキンの一例)

 操作キャラの入手にはゲーム内通貨が必要ですが、定期的に5体のヒーローが無料プレイ可能になるほか、ランダムなキャラの3日間のレンタル権を高頻度でもらえるので、新鮮な気持ちでプレイしつつ購入資金を溜めることが出来ます!



1:チュートリアルをやってみよう

 ゲームを開始すると、悟静/太白/紅孩児の誰か一人を選ぶことになります……が、これは次に行うチュートリアルの操作キャラを指定するだけで、チュートリアルが終われば3体とも無料でもらえます。

 使うヒーローを選んだ次は、チュートリアルのコース選択です。

 1から10まで説明する『新入り』

 実戦形式の練習だけをする『練習生』

 解説を全部飛ばす『ベテラン

 のどれかのコースを選択すると、それに対応するチュートリアルが始まります。一通り終わる頃には、ゲームの大体の内容は把握できるはずです。


 チュートリアルが終わるとすぐに対人戦に放り込まれますが、ヒーローを動かしてスキルを使い、敵の防御塔を壊す…即ち、チュートリアルで学んだことが大体出来れば問題ないと思われます。



2:AI戦でヒーローを動かしてみよう

 「まだ他プレイヤーと戦うのは緊張するなあ」「そもそもヒーローの操作もよくわからないな」……そんな時は、AI戦で練習をしてみましょう。下記の画像の『AI対戦』から、プレイヤー5人でチームを組み、AI5人と戦う模擬戦モードで遊べます。

 『新入り練習場』では、デイリーミッション形式で非人類学園の遊び方をガイドしてくれるほか、ヒーローを動かす練習場や、AI相手のチャレンジミッションで腕を磨くことが可能です。。

 また、次の項目にある通り、対人戦では『5つのポジション』に分かれて対戦をするのですが、手持ちに対応するヒーローが揃っていない!という場合もAI戦がお勧めです。(よほど適当な動きをしない限り勝てるので)

 ちなみに、AI戦に限らず、なんらかのゲームモードで勝利すると、1日1回の『初勝利ボーナス』を受け取ることが出来ます。ヒーローの購入に必要な『コイン』を入手することが出来るので、忘れずに受け取っておきましょう。



3:対人戦に挑んでみよう

 ゲームに慣れてきたら、ぜひ非人類学園のメインコンテンツ、対人戦の『熱血競技』に参加してみましょう。

 ただし、対人戦特有の注意事項があります。それは『チーム構成の重要性』です。

 それぞれのヒーローは、マップの中の何らかのポジションが割り当てられています。図にするとこんな感じです。

 トップ(上段)、ミッド(中央)、ボット(下段)の3つのレーンをそれぞれ1人のヒーローが担当し、残る空白地帯をジャングルとガンク(🍀マーク)が組んで巡ります。

(他のmobaをプレイしたことがある人は????となるかもしれませんが、非人類学園において、サポート/ガンクはボットレーンには常駐せず、ジャングラーと一緒に行動します)

 どうしてこのような形に落ち着いたのかはいろいろと理由がありますが、とりあえずは『この形式の5人チームを組まないと喧嘩になる可能性がある』ということだけは覚えておいてください。


 また、これらの希望ポジションは、ヒーローと完全に結びついているわけではなく、ヒーロー選択画面のチャットで自由に変更可能です。

(画面下部のチャット→希望するポジションをタップすればok)

 一例として、紅孩児はトップアイコンがついているヒーローですが、ジャングラーとしても戦えます。この機能で表示するメッセージは、閲覧側の国籍に合わせて変更されるため、安心してチャットしましょう。



4:色々な報酬を獲得しよう

 非人類学園には、報酬と交換できるさまざまな要素が存在します。

・ヒーローと交換可能な『コイン』

・特別な使い道のある『ゴールド』

・ヒーローやスキンと交換可能な課金通貨『五色石』


 これらのほかにも、集めることで好きなヒーローと交換できる『契約テキスト』や、特定レアリティのスキンと交換できる『スター』、消費することでヒーローをレンタルできる『体験カード』などが存在します。


 これらの要素は、ログインボーナスや前述の初勝利ボーナスのほか、イベントに参加することでも入手できます。『毎日・毎週やるべきこと』のページも参考にしてみてください。



5:ヒーローを増やそう

 このゲームには90体以上のヒーローが存在し、期間限定のコラボキャラを除いて、ショップで直接購入することが出来ます。

 ゲームを遊ぶなかでコインが溜まってきたら、ぜひ新しいヒーローを購入してみましょう。特に、値段が安く設定されているヒーロー、ゴールドで獲得できるヒーローはスキルセットがシンプルで、スキル内容さえ覚えておけばすぐに戦えるようになります。


白骨
ジャングル

蛟太郎
トップ

魍魎
ガンク

九頭虫
ボット

観音
ガンク

牛魔王
ボット

文曲星
ミッド

琰蘿
トップ

 もし購入するヒーローに迷ったら、おすすめヒーローのページも参考にするといいでしょう。



6:世界観を楽しもう

 プレイヤーレベルが8になると、非人類学園の外伝漫画として、『紅孩児達のギャグ漫画』と、『金銀兄弟VS溯の漫画』を無料で読めるようになります。またレベル10になると、過去のイベントのシナリオを読めるようになります。(こちらはコインを少量消費)

 対人戦に疲れた、ふとした時に思い出してはいかがでしょうか。翻訳の質はお察しのとおりですが、慣れてしまえば読めなくはないです。

↑web連載の漫画二種類
↓三周年記念イベント『エスパー襲来』

 なお、ゲーム中からアクセスできる『大マップ』は、このゲームにおけるメインストーリーにあたりますが、何をトチ狂ったのか事実上の期間限定要素となっており、過去の内容を読み返すのにはかなり大量のコインが必要なので気をつけましょう。



7:コミュニティに参加しよう

 チームを組むゲームである以上、避けて通れないのがプリメイド。いわゆる『知り合いと組んでゲームを遊ぶ』プレイスタイルの存在です。日中韓+αのグローバルサーバーで運営されている非人類学園において、人によっては、会話をしやすい日本人と組んでみたくなることもあるでしょう。

 ゲーム内で遊ぶフレンドを見つける方法としては、大きく分けて三つがあります。


 一つは、ゲーム内で見つけた日本語名のアカウントにとりあえずフレンド申請をしてみること。日本人の割合が決して高くない環境においては、申請が通りやすいといえます。


 次は、SNSを使用すること。ツイッターにて、#非人類学園 とハッシュタグをつけてフレンドを募集したり、lobiというゲーム用SNSで交流を試みるのも一つの手です。


 最後は、ゲーム内での部活機能を利用すること。ユーザーレベルが10以上でなければならない、という縛りはありますが、部活内での活動を通して、契約テキストやコインといった報酬を受け取ることも可能です。



 ここまでの解説は、ゲームの遊び方に絞って、細かい情報をカットしつつお届けしました。より詳しい説明、勝つための知識が欲しい方は、下記リンクから『ゲーム解説リンク』(未実装)を利用し、それぞれの内容を読んでみてください。

初心者向け記事

攻略情報

コメント (初心者向けプレイガイド)

新着スレッド(非人類学園攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる