Gamerch

【仁王2】最強スキル「遅鈍符」の習得方法と使い方

最終更新日時 :
1人が閲覧中

仁王2の最強の陰陽スキルである遅鈍符の情報をまとめています。遅鈍符の習得方法や使い方など詳細情報を紹介しています。

最強陰陽スキル「遅鈍符」

遅鈍符

遅鈍符の基本情報

名前
符術・遅鈍符
タイプスキル値仕度数術コスト
11~32.5
説明
遅鈍符を仕度できる。使用すると敵のあらゆる動作が鈍くなる。

敵の速度を遅くする

遅鈍符は命中した敵のあらゆる速度を遅くする陰陽術です。攻撃速度も遅くなるので敵の攻撃が避けやすくなり、こちらの攻撃のタイミングも多く取れるようになります。

遅鈍符は、ほとんどの敵を無傷で倒すことができるほどの強力なスキルと言えるでしょう。

強敵相手に使うのが最適

術は使用回数があるため、対峙するすべての敵に使うことはできません。常闇の主や、道中に鎮座している強敵相手に使うのが効果的です。強敵相手でも遅鈍符を1~2回使うだけで簡単に倒すことができます。

ボスは耐性がついてしまう

ボス相手にも遅鈍符は効きます。しかしボスはすぐに耐性がついてしまうため、2回目以降はすぐに効果が切れてしまいます

1回目は有効なボスも多いので、ここぞというタイミングで使いましょう。敵の攻撃が激しくなる後半戦や、ボスの気力を削り切れそうな時に使うと効果的です。

使用回数が少ないのが難点

遅鈍符は強力なスキルな半面、使用回数が非常に少ないのが難点です。乱発はできないので、明らかに周りの敵よりも強い敵が現れた時に使うようにしましょう。

遅鈍符の習得方法

遅鈍符習得

陰陽術のレベルを上げていく

遅鈍符は陰陽術の左ルートの下側にあります。差に単で習得するのには陰陽スキル値が5ポイント必要になります。

習得には、メインミッション蝮の神域をクリアして、「陰陽の道 初伝」をクリアする必要があります。

最短習得ルート

浄纏府心気清浄法遅鈍符
浄天地呪
召雷符

陰陽術の術容量も必要

遅鈍符は1回仕度するのに術コストが2.5ポイント必要です。3回使えるようにするには、7.5ポイントの術容量がなければいけません。術容量は能力開発で「呪」を上げると上昇します

薙刀鎌と一緒に使おう

薙刀鎌

陰陽術を使いこなすにはステータスの「呪」が必要になり、「呪」と相性が良い武器は薙刀鎌です。薙刀鎌は「呪」を上げると効率よく攻撃力を上げることができます。

コメント (最強陰陽スキル「遅鈍符」の習得方法と使い方)

新着スレッド(仁王2攻略wiki)

注目記事
ページトップへ