Gamerch

【白猫】ルーファス・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ルーファス・マイクロフト CV:水島大宙
元社長という経歴を持つ新米目険家。
非常に有能な研究者でもある。


メインストーリー
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



思い出1




<とある宗教団体での一件から、しばらく経ったある日――

ルーファスが飛行島にやってきた!>


こんにちは、みなさん。

きたわねルーファス!

お待ちしてましたよ♪

あの時は、どうもありがとうございました。

アンタ、わちゃわちゃと頑張ってたわね。

ホント、死ぬかと思いましたよ……

アタシたちも、ずっとわちゃわちゃしてたから……

しょーじき、『きたわね』とかいったけど、アンタのことよく知らないのよね。

そうですよね、すみません。では、改めて自己紹介を。

ルーファス・マイクロフトです。冒険家をしています。

……といっても、まだ駆け出しなんですけど。

新米ね!ニューカマーなのね!

どうでもいいけど、ニューカマーとカニカマってにてるわね!

みなさんは、ベテランの冒険家だと聞いています。

なので、色々と学ばせてもらえればな、と……

私たちでよければ、お力になりますよ!

教えるかわりに、カニカマちょーだいね♪

わかりました。未熟者ですが、これからよろしくお願いします!

あ、でもさ。アンタって、経歴は立派よね?依頼には困らなそうよね。

ウッ!

有名な研究者で、昔は会社も経営してたんだもんね~。

や、やめてください!社長時代の話は……

あぁっ、ダメだ!フラッシュバックが……!過去が僕を襲って……!

あら、聞いちゃダメだった?

……誰にでも、消し去りたい過去ってあるじゃないですか。

僕は、社長時代がそうなんです……

うぅ、色々やったなあ……色々やらかしたなあ……調子、乗ってたなあ……



TOP↑

思い出2



…………

やっほー、ルーファス。

あ、みなさん。

読書ですか?

ずいぶんとボロボロね。なんの本なの?

昔の冒険家が書いた冒険記です。

……あ、これ、知ってます。数々の島を発見したり、見たこともない魔獣と戦ったり……

読んでてすごくワクワクしますよね。

そうなんです。僕が冒険家の夢を持つきっかけになった本なんですよ。

幼いころから今日にいたるまで、何回読んだことか……

そんなに昔っから冒険家になりたかったんだ?

はい。両親には、とても言えませんでしたけどね。

親からは、魔法学の研究者になることを期待されていたんです。

やりたいことがあるなら、はっきり言えばよかったじゃない。

はは……そうですね。でも、勉強は嫌いじゃなかったし、両親の期待にも応えたかった。

冒険家はいつでもなれる――そんな風に自分を説得して、研究者の道に進んだんです。

その道でよかったと思う?

よくもあり、悪くもありましたね。

自分の技術が世の中の役に立ったこともあれば、悪用されたこともありましたし。

でも、研究者としてのこれまでの人生が、今の冒険家の人生に繋がっていることも事実です。

そうね。人生、ムダなことなんてなにひとつないもの。

ただ、体は鍛えておけばよかったって、すごく後悔してます。

冒険家をはじめた時は、自分の筋肉のなさに絶望しましたよ。

ダメよ、それじゃ!冒険に筋肉はつきものなんだから!

そうですね。だから今、必死に筋トレとかしてますよ。

アンタ、一流の冒険家になりたいんでしょ?

だったら、生半可な鍛え方じゃダメよ。

たとえば?

素振り一万回よ!

素振り一万回……!

それも!アンタが持ってる、やたら重そうな武器で、よ!

キャトラ……それはちょっと、ムチャじゃ……

なるほど……やっぱり、そのくらいしないとダメなんだな……

ルーファスさん?

わかりました、キャトラさん!

イチ!ニイ!サン!シイ!

(できないことは承知の上よ、ルーファス……

アンタに本物の覚悟があるかどうか、確かめさせてもらうわ……!)


…………

……


い……

いちまああああああんん!
やったぞおおおお!

できちゃったわね。




TOP↑

思い出3




一流の冒険家になるためには、何よりも……実戦経験を積むこと。

ということで、今日はみなさん、よろしくお願いします。

魔獣討伐の依頼よね?

わりと手ごわい魔獣が出るみたいですが、大丈夫ですか?

大丈夫です!キャトラさん達に鍛えてもらったおかげで、以前よりもずっと強くなりましたから!

素振り一万回のこと?ねえ、筋肉痛とかへーき?

平気ですよ!さあ、行きましょう!

(……ホントはまだちょっと痛いけど)


…………

……



いたわ!

……数が多いですね。ここは、僕がオトリになります。

危険ですよ!一斉に攻撃でもされたら……

僕の武器は盾にもなりますから。大丈夫です。きっと防いでみせます。

筋肉痛、大丈夫でしょうね?

ははは。キャトラさんは心配性だなあ。

では行きます!うおおおおおおおっ!

<ルーファスは魔獣の群れに飛び込み、武器を構える!>

ウゴー!

くっ!あっ……あぁっ!?

筋肉が痛い!!

やっぱり!!

ウゴゴー!

うぎゃーーーー!

ルーファスさん!

今です!僕がやられているうちに痛い!

主人公!



みなさん、本当にすみませんでした……

大きなケガがなくてよかったです。

ふんとにもう!反省しなさい!

……僕の悪いクセです。すぐ調子に乗って失敗する。

どうしてだろう。どうして直らないんだろう。もう、調子になんて乗りたくないのに……!

……自分の性格ってのは、そうそう変えられるものじゃないのよ……

アタシも、すぐ調子に乗って痛い目にあうしね……

つぎの日には忘れてるけど……

う……うらやましい……

切り替えって大事よ、ルーファス……

わかりました……メモしておきます……



TOP↑

思い出4



<日も暮れてきたので、その日は野宿をすることになった。>

みなさんは、よく野宿したりするんですか?

そうですね。遺跡調査とかだと、長丁場になったりしますし。

本格的なベースキャンプを設営する時もあるわね。

へええー。やっぱり、すごいなあ……

…………

<ル-ファスはじっと、たき火を見つめる。>

この静かな時間、たまりませんよね。

みんなでたき火を囲んで、コーヒー飲んで。……癒やされます。

キャンプが好きなんですか?

ええ。社長だった時も、研修と銘打って社員みんなを連れてったぐらいで。

その時は会社も小さかったから、社員は数えるほどしかいませんでしたが……

……ねえ。社長時代のこと、教えてくれない?

…………

興味本位ってわけじゃないのよ。ま、無理にとはいわないけど。

……起業したのは、学生の時です。僕の研究が、世の中の役に立ったら。そう考えたんです。

研究って、具体的になにを?

わかりやすくいうと、ルーンやソウルの新しい使い道について、ですかね。

事業は成功し、会社はどんどん大きくなっていきました。運もあったと思います。

僕は新進気鋭の経営者としてもてはやされ、地位と名声、そして莫大な財産を得ました。

世界の全てを手に入れたような錯覚さえ覚えました。……それが、いけなかった。

乗ってしまったのね……調子に……!

経営は次第に乱暴になり、プライベートでは、稼いだお金を湯水のごとく使い、はしゃぎ倒しました。

いくら成功したとはいえ、中身はまだまだガキでした。

あっという間に会社はつぶれ、僕は……多くのものを失いました。

……大変でしたね。

すべて僕が悪かったんです。たくさんの人に迷惑をかけてしまった……

そんで、冒険家に転身したってわけね。

今はとても楽しいですよ。本当にやりたかったことをやれてるわけですから。

……あんまり、過去にしばられないようにね?

そうですね……あ、コーヒーのおかわりいかかですか?

……本当に……

本当にあの頃は青かったな、僕……

キャンプ研修だって、みんな迷惑してたんだろうな……

そりゃそうだよな……社長に言われたら、普通断れないしな……

いったそばからしばられてる!




TOP↑

思い出5



<そして、朝を迎え――

主人公たちは、帰路へついていた。>


朝ごはんでも食べていきますか?

いいわね!ミルクが飲みたいわ。

ルーファスさん……

えっ?

ルーファスさん……ですよね?

き、君は……!

お知り合いですか?

か、彼は……その……

昔、ルーファスさんの会社で働いていた者です。

……き、奇遇だね。元気にしていたかい?

ええ、バリバリやってますよ。

……彼は、設立時からの社員だったんです。

へえ、そうなんだ。

今は、この島で働いているのかい?

いえ、市場調査の一環で来てまして。

相変わらずマーケティングの仕事を?

それしか出来ませんからね~。

またまた。君ならどんな仕事だってできるよ。

ムム……優秀な人材なのね!

ルーファスさんは、今は何を?

僕は……その。ほ、冒険家をね……

おお!やっぱり、そうですか!そんな気がしていましたよ。

えっ。

ルーファスさん、昔っから憧れてましたもんね~。

ええっ!?そうだっけ!?そんな素振り見せてたっけな……?

覚えてないんですか?お酒の席で、冒険家の誰々が最近何をしたとか、よく話してくれたじゃないですか。

酔っぱらってたせいかな?まったく覚えてない。

夢、叶えたんですね。おめでとうございます。

はは……中々大変だけどね……

…………

どうしました?

……昔のこと、思い出してた。会社を作った年のことだよ。

設立時のメンバーはみんな、本当によく働いてくれた……

…………

今さらかもしれないけど……すまなかった。

君たちの信頼を、僕は裏切ってしまった。本当に……申し訳ない。

<ルーファスは、深く、頭を下げる。>

…………



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



……確かに、私はあなたに失望しました。

…………

設立当時の社員たちもみんな、そうだったと思います。

……すまない。

でも、責任は僕たちにもあるんです。……暴走するあなたを、止められなかった。

殴ってでも目を覚まさせるべきだったと、今でも後悔する時があります。

しかし、すべては過ぎたことです。あなたにとっても、私にとっても。……それに。

楽しい思い出だって、ありましたからね。

楽しい思い出……?

あの頃……いい会社にしたいと、みんなでがむしゃらに働いていた頃。

ともに会社を大きくしていったあの経験は、私の一生の財産です。

…………

あと、キャンプ。

……え?

いつかまた、あのメンツでたき火を囲みたいものです。

……あ、すみません。そろそろ仕事に戻らなきゃ。

失礼します、ルーファスさん。今度はもっとゆっくりお話しましょう。

では、また。

……ああ。また、な。

……温かい光をありがとう、主人公さん。

どうやら、迷惑してたわけじゃなさそうですね。

キャンプ、また連れてってあげなさいよ。きっと喜ぶわよ。

……過去は、変えられない。そうですよね?

でも、それは……楽しい思い出も、同じなんですよね。

……はい。

やっちまったもんはしょうがない、って割り切るのは、今は無理だけど……

……ちょっとだけ、救われました。

過去に苦しんでばかりもいられませんね。


そうそう、その調子よ!

僕……みんなが自慢できるような冒険家になりたいと思います。

あ、それと、もう一つ。


…………

……


「師匠!はやく私を社長にしてください!」

「焦ってもいいことはないぞ、シェリル。」

「わかりました!あせりません!」

「じゃ、今日の勉強……の前に、社長道を一つ教えることにしよう。」

「新しい社長道だ!お願いします!」

「失敗から学び、未来へ繋げるべし――」



覚醒絵・覚醒画像


心身躍進スーパールーキー


TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
ルーファス・マイクロフト
元社長という経歴を持つ新米目険家。
非常に有能な研究者でもある。

人物紹介
画像説明
ルーファス・マイクロフト
元社長という経歴を持つ新米目険家。
非常に有能な研究者でもある。
シェリル(シェアハウス3)
聖歌隊の指揮者となった、社長をめざす少女。
明るく元気な指揮でシスターを導く。
ウォルター(クリスマス)
総合商社<ヴェスタWSC>代表取締役社長。
クリスマスの時期もやっぱり忙しい。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ルーファス・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ