Gamerch

ジュダ(帝国Ⅱ)・思い出

最終更新日時 :

ジュダ・バル・アーウェルサ CV:子安武人
鎖を引きずる弔い手。縛られてなお、獣は帝国の敵を追い続ける。


帝国戦旗Ⅱ
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図


思い出1



<帝国>と<連邦>をめぐる陰謀が収束し、狼は再び飛行島へと足を踏み入れた。

狼は空を仰ぎ、目を閉じている――


「…………」

「あれ、ジュダじゃない。」


<ジュダが静かに目を開いた。>


――やはり、そうか。

どうしたの?

英雄たちのたどった道を、感じていた。

多くのものが命を賭し、忠義に殉じた。

そして、耐えるだけでは到達できない、答えを、得た。

礼をいう。眠れ。安らかに……

……お話を、聞いてもいいですか?

ああ。――俺は、確かめていた。

なにを確かめてたの?

差だ。……狂人と英雄の差。紙一重の、な――

……難しいわね。

ああ。しかし、単純なことでもある。

世界と繋がっていれば、気がつけることだ。

……今回の任務も、大変だったんですね。

大丈夫だ、問題ない。

<帝国>に仇なすものに、棺を送る。

帝国軍、第十三軍団所属、<葬送>――

――俺の使命だ。

せっかく、来たのだからな……

<ふいに、ジュダが真横を向いた。>

けづくろいね! まっかせなさーい!

ふふ、狼の習性なんですよね。

――そうだ。……ふむ。なかなか、いいな。

<ジュダが反対側を向いた。>

こっちもだ。

おっけー。サラサラにしてあげる。

ほう、そう来るか。いい、腕だ。



TOP↑

思い出2



「あら、あそこにいるのはジュダじゃない?」

「本当だ。なにか持ってるみたい。」



ジュダー、それなにー?

……ふっ。

<ジュダは、大きな骨を差し出した。>

骨、ですか?

ああ。いい、骨だろう。

そうね。狼的にはいい骨よね。噛みごたえがありそうだわ。

――俺は、学んだ。

求めるものは、追うだけでは、手に入ることはない。

ふむふむ。一理あるわね。

欲しいものを、待つことはない。餌は、自分で用意する。

――撒餌だ。

<ジュダが鋭い眼光で、こちらを見据えている。>

……ふっ。

<ジュダが骨をそっと置いた。>

なに? くれるの?

<ジュダが貫くような眼光で、こちらを見ている。>

……ど、どういうことなのかな。

<ジュダが射抜くような眼光で、じっとこちらを見ている。>

そっか! わかったわ!

<キャトラが骨を取ると、勢い良く放り投げた!>

キャトラ……!?

ワオーン!!

<ジュダが骨を追って、勢い良く走っていった!>

え? ジュダさん!?


ジュダは骨を投げて欲しかったのよ。

そ、そうなんだ。

狼がこっちをじっと見てるときは、遊んでほしいときのサインでしょ?

うん。たしかそうだったね。

骨を置いて、じっとこっちを見てるなら、やることはひとつじゃない。

いわれてみれば……! キャトラ、すごい……!



TOP↑

思い出3


「ジュダ、体の調子はどうだい。」

「ふっ。俺の心配より、自分の心配をするべきじゃないのか?」

「ははは、これは一本取られたのかな?

……お互い、ボロボロだねえ。」

「今さらなにをいっている。

ボロボロだろうが、ここでくたばるわけにはいかんだろう。

――それで、要件はなんだ?」

「今日は一緒に食事でもいかがかな、と思ってね。」

「ふん。それだけなら、ここに呼びはしないだろう。

前置きはいい。俺が棺を送る相手は誰だ?」

「――そうだね。実は君に頼みたいことがある。

秘密情報部をかき回してくれた反逆者のリストをきっかけに、過去のリストを再調査したんだ。

――デイヴィッド・コノリー技官。」

「誰だ、そいつは。」

「愛国心のある、いい科学者だったよ。

人を魔物に変える<熔印のルーン>。あれへの対抗策を研究していたんだけど――

除隊します、と短い書き置きを残して去ってしまった。」

「<帝国>に仇なす人物には聞こえないが?」

「ああ、彼はいい軍人だった。だからこそ、さ。彼の愛国心に、報いたいんだ。」

「……そういうことか、わかった。」

「――頼むよ、ジュダ。」


 ***


<ジュダは、コノリー技官がいるという島へと向かった。>


…………

――!

え? ジュダがいる? あ、ホントだ。

お前たち、どうしてここにいる?

ギルドから、島の調査依頼があったんです。

魔物の目撃情報があったみたいで……

……そうか。

アンタも魔物の討伐に来たの?

いや、討伐ではない。――俺は、弔うために来た。

…………

お前たちの魔物討伐、俺も同行していいか?

アタシはオッケーよ。ジュダがいるのは心強いわ。

私も……主人公は?

――♪

決まりね! じゃ、みんなで行きましょ。


…………



TOP↑

思い出4



――欠片よ。何を迷っている?――

「迷ってなどいない。」

――ハハハ、己が我儘を、飼い慣らせたとでも?――

「黙れ。」

――甘い甘い。自惚れるな。――

「おいぼれが、ほざくな――!」

――愚かな。実に滑稽な姿よ――

「俺が、滑稽だと――!? ……<我儘>め……!」



ジュダさん、大丈夫ですか?

……ああ。こっちでいいのか?

はい。この奥の森を抜けると遺跡があるらしくて、魔物はそこで目撃されたみたいです。

……そうか。

臭うな。こっちだ。

(この気配は、人間、か……? しかし、同時に魔物とも……

どちらにせよ、すべきことはただひとつだ。

俺が迷っている、だと――? 戯言を……)


 ***


なんだか、こわい雰囲気ね。

主人公、気をつけて。

……来た。

で、出たわね! 主人公、やっちゃいなさーい!

――待て。

bあ、あと少し、ナンダ。大丈夫。ダイ、ショウブ。

…………

あと少しとは、なにがだ?

b……マモノで、なくス、はずダ。私は、ラクインの、犠牲者を……

<魔物が攻撃してきた!>

b私はギセイを、なくす研究には自信が……だから自分にラクインを……

――デイヴィッド・コノリーか?

bワタシ! 私、ワタシだ、ああああああ!


…………馬鹿者め。


TOP↑

思い出5



ちょっと、どうなってんの!? 魔物なのに喋ってるし!

こいつは帝国の、科学者だ。

どういうことですか?

人を魔物に変える、<熔印のルーン>の対抗手段を研究していた。

だが研究には危険が伴った。軍は研究の即刻中止を命じたが、この男は強引に研究を進めたのだ。

先の騒乱で、多くの仲間が犠牲になった。この男の、戦友もな。

…………

こんな悲劇は二度と起こさせない、と言い残して、消えた。帝国のために、自らを捧げると。

………そんな。じゃあ、この魔物は。

――――ああ。


「聞こえるか、同胞よ。俺は帝国軍、第十三軍団所属、大佐、ジュダだ。」

『十三軍団……大佐! オオ、来て、クダサッタんデすネ?

研究は、順調デス! ギセイはナクして、みせマス!』


いってることと、やってることが滅茶苦茶じゃない……

それくらい蝕まれているんだわ。意識を保ってるのが、奇跡的なくらい……


「――デイヴィッド・コノリー技官。」

『そうでアリマス。そうでアリマス!』

「汝に、皇帝陛下より賜りし棺を送る。謹んで、受け取れ――」

<――影の中から、巨大な棺が出現した――!>

『!? そ、ムカエ、そんな! チガウ! ワタシは! ああああ!!』

<――魔物が棺に背を向け、逃げ出した――>

「待て! ――ッ!!」


――見たか、欠片よ――


「!? おいぼれ……」

――これが下らぬ迷いの果ての、末路よ――

「黙れ!」

――門を開くのだ。思うがまま、真の<我儘>を、受け入れろ――

「黙れと、いっているッ!! ……っ!」

――献身だと? 実に愚か。正視に耐えぬ、愚かさよ――

――欠片よ、欲するままに、生きるのだ!――

「ぐ、ぐあああ! ガウウウ!!」

――抗う必要などない。己の本性を受け入れろ――

――全てを、無に還すのだ!――


 ***


苦しそう、ジュダさん――!

主人公! 頼むわ!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)


「……戯言ばかりを、並べるな。」

――なに?――

「愚かか、どうか、すべて、俺が決める。

俺は、俺の思いに、殉じている――

俺の意思は、<我儘>に等しい――!」

――儂の欠片よ。あくまでそれを、<我儘>と吹くか――

――まったく、忌々しい光よ――


 ***


……ッ! は!

ジュダ! よかった、大丈夫?

ああ、――礼をいう。――やつはどこへいった?

……奥へ逃げていきました。

――そうか。

……お前たち、この先は俺に任せてくれないか?

で、でも! アンタ――!

ジュダさん、気をつけてください。

――無理しちゃダメよ。

――ああ。いってくる。


 ***


『ドウしてダ! ワタシは帝国の、タメに! 仲間ノ、タメに!!

クルな!クルな!』

「……ッ!」

『…………ナゼ、ダ。ナゼ――』

「デイヴィッド。汝に皇帝陛下の棺を賜る――」

『…………』

「謹んで拝領するがいい。」

『アア……』


棺の蓋が開き……無数の影があふれ出す。そして魔物の体を包んでいく。


『ワタシは、ワタシは帝国の、仲間ノ、タメに――』

「――その献身、大義である。誇りを抱き、眠れ。」

『ワタシは、ワタシは、お役に……立ちましたか?』

「帝国のため、命をかけた英雄よ。俺は決して、忘れはしない――

……よくやった。」

『!!

…………あ、ありがとう、ございます……

ワタシは……こレ、デ……よかった……』



…………

<帝国の棺>か……

俺は、俺が決めた道を貫く。付き合ってもらうぞ、我が、友よ。








ストーリーまとめに戻る

注目記事
ページトップへ