Gamerch

サイファー・思い出

最終更新日時 :

サイファー・オブニアル CV:三上哲
聖王家の特務機関<V.O.X>の一員。危機的状況でもユーモアは欠かさない。


帝国戦旗Ⅱ
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



思い出1



 <連邦>の象徴的存在である、

<聖王家>を巡って起きた騒乱が収束しつつあるなか――

 ――ある男が、飛行鳥に足を踏み入れた。


「へえ、ここが飛行島か。」

『あら、見ない顔ね。』

「だろうな。なにせ、ここに来たのは初めてだ。

――サイファーだ。よろしくな。」

はじめまして、私はアイリスといいます。

キャトラよ。こっちが主人公。

見たところ、冒険家ではないわね……軍人さん?

惜しいな、猫ちゃん。当たらずとも遠からずってとこだ。

じゃあ、なんの人?

そうだなぁ。好き放題やる正義の味方ってのはどうだい。

どうだって言われてもねえ?

だよな。まぁ、あんまり気にするな。

詮索屋ってガラでもねえだろ?

そうね。ま、ここは来るもの拒まずだから、だれでもカンゲイよ。

話がはやくて助かるよ。

子猫ちゃんとなら、いい酒が飲めそうだな。

アタシは酒飲まないわよ!?

そいつは残念。

――しかし、いいところだな。視線を気にしなくていいってのは、最高だ。

別に人見知りでもないでしょーに。

残念ながら、色々と注目される立場なんでね。

知り合いが居ないってのは、ありがたいぜ。

せっかくだ。音に聞こえる飛行島ってやつを、見学させてもらっていいか。

よろしければご案内しましょうか?

ありがとさん。せっかくだから、お願いするぜ。



TOP↑

思い出2


「よう。」

 サイファーがスキットルを取り出した。

 ?

「あん? ああ、こいつはウイスキーだよ。

飲むか?」


cちょっと、主人公にお酒はダメよ!

zおっと、悪いな。冗談だよ、冗談。

cまったく昼間からお酒なんて、さてはアンタ、飲んべえね!

z酒に飲まれては、ねえけどなぁ。

c飲んべえはみんなそういうのよねぇ。

zそうか? こんなん水みたいなモンたろ。

cアンタねえ……


「その子猫の言うとおりだ。安価は、毒になるぞ。

cそーよ、そーよ。……あれ?

z来たか、アッシュ。

Aオンタイムだ。

cえ、誰!?

z悪いな。こいつはアッシュ。俺の仲間だ。

で、例のものは?

A問題ない。用意した。

cえ?なんなの? ここで秘密のお仕事しちゃうの!?

z悪いな子猫ちゃん。見なかったことにしてくれればいいさ。


 アッシュが、木箱を取り出した!


c見ちゃうの!?

アタシたち、裏の取引現場を見ちゃうの!?


 サイファーが木箱を開けた!


xこれは――!

cぎにゃー! アタシはなにも見てないわー!


zアッシュ、おまえってやつは――、この香り、まさか……

Aキガントオークの樽を使っている。

zマジかよ……ってことは?

A――シングルモルトだ。


cなに!? なんの暗号なの!?

zいいのか? 知ったら戻れないぜ、子猫ちゃん。

cうう、こわい! けど知りたいわ! どうしよう主人公!

z教えてやるよ、子猫ちゃん。答えは――

cなに!? なんなの!?

世界を滅ぼすアレなの!?


z――ウイスキーだ。

cウイスキーかい!!


TOP↑

思い出3


「もー、サイファーったら、またこんなとこにいて!」

「あん? 別に悪いことしちゃいねーぜ?」

「でも昼間からゴロゴロしてるのはよくないと思うなー。

VOXも再始動するんだから、もっとビシっとやろーよ。」

「違うぜエリス。俺はもう仕事中だ。」


 サイファーはスキットルを取り出した。


「えー、ウイスキー飲んでるだけでしょ。」

「ただのウイスキーじゃねえ。キガントオークの樽で醸造された、極上ウイスキーだ。」

「そういう話じゃないんだってばー。」

「そういう話なんだよ。なあ、エリス。見えるもんが、すべてじゃないぜ。」

「えー、ほんとかなあ。」

「エリス、ウイスキーのいいところってなんた?」

「わかんないよ。あたし飲んだことないもん。」

「その1つが香りだ。」

「香り?」

「香りにつられてどっかの虫か、誘われてくるかもしれねーぜ?」

「もう……! そんなこと言って、あたしは騙されないもんね!」

サイファー? 本当はおやすみしたいだけ――」


「失礼する。」

「……虫?」

「む?」


「なんでもないぜ議員さん。どうしたんだい、こんなところに。」

「再始動したヴォックスは<連邦>のために行動するそうだな?」

「さて、<連邦>のためなんて、言った覚えはないけどな。」

「ふん、……まぁいい。」


 議員がサイファーのスキットルに目線を落とした。


「キガントオークのウイスキーか。その産地を見学に行くのも、いいかもしれんな。」

「へぇ。いい酒が飲めるのかい?」

「キガントオークに群がる虫を払えば、あるいはな……」

「待ってください。いったいどういう――」

「エリス。やめろ。」

「サイファー、でも……」


「言っておくが、私はここに来ていないし、貴様たちは誰とも会っていない。」

「……そうかい。ご忠告どうも。」

「もしかすると、貴様たちへの認識を改める必要があるかもしれんな。」



「喜べ<01>。支度しろ。」

「え、なんの支度するの?」

「仕事だよ。<V.0.X>のな。」



TOP↑

思い出4



「ねぇ、サイファー。なんで、こんな森の奥までやってきたの?

「あの議員か言ってたろ?

「なにを?

「要は邪魔なやつがいるから、消してこいって話だよ。

「そうなの!?

「根回しと政治さ。まぁ、おまえは理解しなくていい。

「……ねぇ、サイファー。あたしは反対。なんか、そんなのイヤだよ。

「だろうな。俺も嫌いた。

「じゃあ、どうしてこんなとこまで来たの?


「さて、ここらへんかな。

「ねえ、聞いてる? あたしたって怒るときは怒るんだからね?

「金になるからだよ。お姫様。

「え?

「キガントオークのウィスキー。必要なのは、もちろんギガントオークだ。

滅多に育たないデカイ木らしいぜ。

木一本取ってくるだけで、死ぬまで豪遊できるんだから、当然だわな。

「それじゃあ、あたしたちは……

「そんな大事な木、切られたくねえよな?

木を守る邪魔なやつを、排除するのが、お仕事さ。

「――そんな。

サイファー、そんなのまちがってるよ……!


「悪いな、エリス。タイムリミットだ。

「え?

「――ダンス相手の、ご登場たぜ。



「え、熊さん?」

「そう、巨大樹を守護する、森の熊さんさ!」

「そんな! ヤダ! あたし態さんとなんて戦わないよ!」


『ガァアアア!!!!』

「きゃー!!」

「っとあぶねーな……目をつぶるなよ……」

「だ、だってぇ……!


『アンタたちね! 巨大樹を伐採に来た不届き者は!!

観念なさい! ってあれ?』

「サイファーさん?」

「ようやく来たかよ、主人公。待ちくたびれたぜ。」


「え? え? サイファー?」

「ま、つまり、こういうことだよ。」

「え? どういうこと!? 全然わかんないよー!」



TOP↑

思い出5




『なに!? アンタ悪者だったの!?』

「言ったろ子猫ちゃん。俺は正義の味方だよ。」

「え? サイファー、どういうことなの?」

「議員は金儲けのために、俺たちを送りこんだ。

断れば、別の連中を雇って、木を伐採に来ただろう。」


「えっと、サイファーさんの狙いはギガントオークではない、ということですか?」

「そうだ。

俺の狙いは最初から、悪だくみしか頭にねえ議員だよ。」


「じゃあサイファーは、悪いことに手を貸したんじゃないんだね!」

「――VOXは悪に加担する組織じゃねえんだろ?」

「……うん!」


「と、いうわけだ。

どこぞのブルジョワを懲らしめたいんだが、手伝ってくれないか?」


『そういうことなら、もちろん手を貸すわ!』

「はい♪ 私たちにできることがあれば!」


『で、具体的にはなにを手伝えばいいの?』

「ギガントオークを伐採に来た奴らがいたことを議会で証言してくれ。」

「♪」

「ありがとさん。頼んだぜ。」


 サイファーは<伝声のルーン>を取り出した。


「<04>、汚れは見つかったか?」

”ああ。手垢まみれの文書だ。ランデブーポイントで会おう。<04>アウト。”

「――了解。

……さて、ショータイムといこうじゃねえか。」


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



「キガントオークを守るために、私たちは依頼を受けていました。

『だれかが、勝手に切り倒そうとしていたのは、事実なんだから!

「それが事実ならば、完全に違法ですが……議員?」

「おっしゃるとおりです、議長。

しかし、私が関与していたという証拠にはなりません。ただの言いがかりです。

面識もない冒険家の戯言。信じるに足る説得力はありませんな。」


『なによ! アタシたちの言うことが、信じられないワケ!?』

「ああ、そうだ。よくわかったじゃないか。」

『なによ! 失礼なヤツね!』


「やれやれ。往生際の悪いおっさんだな。」

「黙れ!! 私をペテンにかけようとしたのは、貴様だろう!」

「…………」

「だいたい私が関わった証拠はあるのか! 証拠を出せ!! 証拠を!!

ふん! どうせなにもないんだろ?

貴様たち、私は議員だぞ? この私を侮辱したこと、覚悟しておけ。」

「――証拠がないなんて、誰が言ったよ。」

「……え?」

「アッシュ。」


「――逃げ場はない。」

 アッシュがいくつもの書類を机に置いた!


「っ! それは……!?」

「脱税用の二重帳簿と、ウイスキー蒸留所の記録だ。

空いてるはずのウェアハウスに、アンタの所有する樽があったぜ。

伐採許可のない、キガントオークだ。」

「!?」

「言い訳があるなら、聞いてやるよ。」

「……く!

くそおおおおおおお!!!」


「正義は勝つってことさ。よく覚えておけよ、オッサン。」

「……なぜだ!? なぜ私につかなかった!?

私に協力したほうが、貴様の利益にもなったんだぞ!」

「やれやれ、わかってねえオッサンだな。」

「なに?」

「俺は、美味い洒が飲めりゃいいんだよ。」

「それこそ私につけば、最高のウイスキーを……」

「それが間違ってんだよ。

美味い酒ってのはな、悪党のケツを蹴っ飛ばして飲むもんなのさ。」

「ぐ、ぐぬううう!! 貴様ァアア!!」

「ここで宣言してやったろ? 忘れたんなら、もう一度教えてやるよ。」

これが、<V.0.X>だ。」

「く、くそおおお!! バカなぁああああ!!」


「……その男を連行しろ。」



「ありがとな、主人公。

今日はいい酒が、飲めそうだ。」






TOP↑

その他


相関図




注目記事
ページトップへ