Gamerch

サイファー・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ



サイファー・オブニアル CV:三上哲
聖王家の特務機関<V.O.X>の一員。危機的状況でもユーモアは欠かさない。


思い出1



<連邦>の象徴的存在である、<聖王家>を巡って起きた騒乱が収束しつつあるなか――

――ある男が、飛行鳥に足を踏み入れた。


へえ、ここが飛行島か。

あら、見ない顔ね。

だろうな。なにせ、ここに来たのは初めてだ。

――サイファーだ。よろしくな。


はじめまして、私はアイリスといいます。

キャトラよ。こっちが主人公。

見たところ、冒険家ではないわね……軍人さん?

惜しいな、猫ちゃん。当たらずとも遠からずってとこだ。

じゃあ、なんの人?

そうだなぁ。好き放題やる正義の味方ってのはどうだい。

どうだって言われてもねえ?

だよな。まぁ、あんまり気にするな。

詮索屋ってガラでもねえだろ?

そうね。ま、ここは来るもの拒まずだから、だれでもカンゲイよ。

話がはやくて助かるよ。

子猫ちゃんとなら、いい酒が飲めそうだな。

アタスは酒飲まないわよ!?

そいつは残念。

――しかし、いいところだな。視線を気にしなくていいってのは、最高だ。

別に人見知りでもないでしょーに。

残念ながら、色々と注目される立場なんでね。

知り合いが居ないってのは、ありがたいぜ。

せっかくだ。音に聞こえる飛行島ってやつを、見学させてもらっていいか。

よろしければご案内しましょうか?

ありがとさん。せっかくだから、お願いするぜ。



TOP↑

思い出2



TOP↑

思い出3



TOP↑

思い出4



TOP↑

思い出5



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)





TOP↑

その他



相関図




ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ