Gamerch

エリス・思い出

最終更新日時 :

エリス・ミラージュ CV:ゆかな
聖王家の特務機関<V.0.X>の一員。主な仕事はお茶くみ。

帝国戦旗Ⅱ
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図


思い出1



<連邦>加盟国、ヴェルガ王国内で端を発した陰謀が収束しつつあるなか――

特務機関<V.0.X>(ヴォックス)の諜報員である少女が、飛行島にやってきた。


「へぇ、ここが飛行島…… 

すぅ~、はぁ~。……よし!

ちゃんと島の人に挨拶しなくちゃね。


――あ!」


こんにちはー!

あら、こんにちは。

こんにちは。

あたし、エリスといいます。不束者ですが、よろしくおねがいします!

よろしくお願いします♪

見ない顔ね。初めて来るひと?

あ、はい! え? しゃべる猫ちゃん!? わぁ、かわいい……

あら、アタシの魅力に気づくなんて、わかってるじゃない。

いいわよー。好きなだけ撫で回すといいわ!

わぁ……! ありがとう!

えへ。えへへへ。

……は!

あら、もういいの?

う、うん。ありがとう。い、いけない、ちゃんとしないと……

なんで? リラックスしてればいいじゃない。

そうしたいんだけど、今日は一応、お仕事の一環というか……

あら、そうなの?

うん、これでもあたし、とある組織のエージェントなんだよ。

そういうのって、しゃべって大丈夫なの?

……え?

あ、やっぱり……お茶くみばっかりしてるから、お茶くみのひとかも……

エージェントなの? お茶くみなの?

…………

どっちかな?

うん、どっちでもいいわね!

あたしもそう思う!



TOP↑

思い出2



よーやくおやつの時間ね!

アイリスー、はやくー!

うん。ちょっとまってね。

あたしがお茶くむね!


<エリスが手際よくお茶を並べた!>


さすが、手慣れてるわね!

ふふふ、いつもお茶ばっかくんでるからね!

いい匂いだわ! さぁお菓子よ! メインディッシュよ!

今日は色々なキャンディを用意してみたの。どうかな?

わぁ、キャンディがこんなにたくさん……!

好きなものを選んでくださいね。

やったー。どれにしようかなー。

カラフルで綺麗ね! 美味しそうね! カニカマ味はあるのかしら!?

カニカマ味はどこ? アイリス、カニカマ味は?

ごめん。カニカマ味はないの。

ぎにゃー!!!


あ、これなんかはどう?

……むぐむぐ。チョコレート味のキャンディね!

まぁまぁ悪くないわ!

これは、いちご味だね! おいしー。

ほかにもたくさんあるわよ。ほら、これなんか棒付きキャンディよ!

……あ。

それは……、<キャリーポップ>、だね。

そのキャンディー、もらってもいいかな?

え? もちろん、いいけど……なんで?

ちょっと、ね。


このキャンディは、特別なんだ。





TOP↑

思い出3



…………

あら、エリス。どうしたの? ぼーっとしちゃって。

あ、キャトラ。……うん、ちょっとね。えへへ、なんでもないよ。

元気ないわねぇ。ほら、ナデナデしてもいいのよ~?

うん、ありがとね。

<エリスは<キャリーポップ>を、取り出した。>

……あたし、恐いんだ。

自分でもよくわかってない力をもってるの。

――<支配>の、力。

支配、ですか?

……うん。ものを動かしたり、条件があえば、人を操ることもできる力。

だから、恐い。

そんな力を使うなんて……

あたしにそんな資格、あるのかな……

エリスさん……



 ***



サイファー、お茶いれようか?

ああ、頼む。砂糖は――

多めだね。わかってるよ。

さすがお茶くみエリート。いい手際だな。

もう。……はい、どーぞ。


よし、飲んだら行くか。

うん、気をつけてね。

あん? 寝ぼけてんのかエリス。お前も来るだろ?

え?

VOXの諜報員だろ<01>

…………

エリス?

――あ、ちょっと調子が悪くて! ごめんね!

……今回はお休みってことにできないかな?

…………

――やれやれ、しょうがねえな。

なら今回は俺ひとりで行くぜ。

……ありがとう、サイファー。

ゆっくり休めよ。エリス。

……うん。


ごめん、サイファー。

でもあたし……恐いよ……


TOP↑

思い出4



……はぁ。結局、お仕事休んじゃった……

これってズル休みなのかな……

でも、あたしはどうすればいいか、わからないよ……


元気がなさそうだね。

あ、あなたは――!? どうしてここに……

私も休暇でね。姿を見かけたから、声をかけた。

…………

なにかお悩みのようだね。

<アイシャはガラスの瓶を取り出した!>

……それは?

ジェリービーンズだよ。一粒どうだい。

あ、ありがとう。……あむ。……すっぱい。

ふむ、レモン味か。<決断>の暗示だな。

……決断?

悩みというのは甘美なものさ……しかしいつか別れはやってくる。

悩むだけではなにも生まれはしない。つまり、なにもしないことと等しい。

決断し、動かなければ、進むことはできない。

……進む。

もっとも、進んだところでそれが良かったなんて保障はないがね。

……それなら、進まなくてもいいんじゃないのかな?

――かもしれないね。

もし進んで、それが、間違ってたら……

そもそも私は、間違えたことがないがね。

……いじわる。

私にしては、親切なつもりだが?

……そうだね。そうだと思う。

それと、いっておくが……決断を迫る奴というのはたいがい悪人だ。

君は自分の意思で決断しなくてはいけない。

……間違っていたらやり直せばいい。間違えつづけるのもいい。それも人生さ。

……やっぱり、優しいんだ。

君と懇意にしておくことは、私にとってもメリットがある。

――うん。ありがと。

感謝される覚えはないがね。

――ううん。そんなことない。やっぱり、ありがとだよ。



TOP↑

思い出5



なのであたし、がんばることにしました!

いい心がけね!

で、なにをがんばるの?

あたしに、できることを!

だからね! 飛行島ではお世話になってるし、あたしになにか、手伝わせて!

そうねぇ……本当に? いいの?

うん。もちろん!

――そう。じゃあ、お願いするわ!


――実は、ちょうどギルドから依頼があったんです。

あ、そうなんだ。

――私たちだけじゃ、荷が重かったかもしれません。

そんな過酷な依頼が……

とても大変な依頼よ。一緒に引き受ける、覚悟はあるのかしら?

うん! あたし、頑張るよ!


 ***


エリス! カモミールティー15人分!

わ、わかった!

あっちはレモンティー、10人分!

私が茶葉をブレンドします! エリスさんはお茶をいれてもらっていいですか?

ま、まかせて!

<エリスが目まぐるしく、お茶をついでいく!>

アンタがいてくれて助かったわ!

お茶くみとしてのあたしが必要だったんだね!?

ダメだった!?

ダメじゃないよ! ダメじゃないけど!!

超人気カフェのお手伝い! これも立派な冒険家ギルドからの依頼よ!!

店主が風邪で倒れたらしいけど、お店を閉めるわけにはいかないみたいね!

主人公! お茶を注文されたテーブルにお願い!

アイリス! また追加注文だわ! カモミールティーが10人分!



――できました! エリスさん!

わかったよ! いまくむから――!

――あっ

エリス、どうしたの!?

お茶、くみすぎちゃったっ……!

どうしよう、カップが、足りないよ……!

アイリス、カップのストックは――!?

ダメ! 洗わなくちゃ! ひとつもないわ!

ぎにゃー! 万事休すよー!

……ごめんなさい! あたしのせいで……!

お茶くみとしての力も、使いこなせてないなんて――!

あたしは――!


「諦めるのはまだはやいぜ。」

「……え?」


よう、エリス。

……サイファー? どうしてここに?

さぁな。どうたっていいだろ、そんなこと。

……それより、エリス、今は大事なことがあるんじゃないか?

サイファー……

使っちまえばいいんだよ、お前の、力を。

!!

お前はお茶くみエリートだ。胸張れ。

……うん!


主人公! 今だわ!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



あたたかい、光。

そっか。そういうことだったんだ。


――力は、恐くない。

あたしが、ちゃんと力を使ってあげれば――!!



カップよ、集え! あたしのもとに――!!

カップが――

エリスの元へ集まっていくわ!

はあああ!!

お茶を、くむ!

すごい!

一斉にお茶がつがれていくわ!

そうだエリス、それでいいんだよ。

みんな! ここはあたしにまかせて!

お茶くみの仕事、あたしはやり通してみせる!


 ***


ふう、どうにかやりきったわね。

エリスさん、お疲れ様でした。

おつかれさま! 大活躍だったわよ!

ありがとう。おかげであたし、自信をもてた気がする。

<エリスは<キャリーポップ>を取り出した。>

おまえ、それは――

うん。美味しいよね!

<エリスは<キャリーポップ>を舐めた!>

……は、そうかい。

そうなんです!

なら、次の任務は俺と組んでもらうぜ? 問題ないか?

うん。問題ないよ! むしろついて来れるかい<OO>(ダブルオー)くん。

はっ! よくいうぜ。

よくいうよ!

だってあたしはヴォックスの<01>(ゼロワン)だからね!







お茶くみ諜報員


TOP↑




ストーリーまとめに戻る

注目記事
ページトップへ